セルの保護 数式。 数式を壊されたくない、数式が入力されたセルのみロック(保護)するには

【エクセル】シート保護の実用的な使い方

セルの保護 数式

入力可能なセルのロックをオフにする• シート全体をロック・保護する 入力可能なセルのロックをオフにする 今回はこのシートの黄色セルを入力可能にし、白色セルは入力不可にします。 まずは、入力可能にしたいセルを選択します。 セルを選択したら、右クリックをして「セルの書式設定」をクリックします。 「保護」タブをクリックし、「ロック」のチェックを外して「OK」ボタンをおします。 これで入力可能なセルの設定は完了です。 シート全体をロック・保護する 次に、シート全体をロック・保護します。 シート全体をロック・保護しても、先ほど設定したセルだけは入力可能になります。 「校閲」タブをクリックし、「シートの保護」をクリックします。 「シートとロックされたセルの内容を保護する」にチェックが入っていない場合はチェックを入れます。 「シートを保護するためのパスワード」は必要であれば入力します。 パスワードは設定しておくことをおススメします。 パスワードをかけないとシートのロック・保護を誰でも解除することができてしまいます。 最後に「OK」ボタンをおします。 パスワードを設定した場合は、再度パスワードの確認が求められます。 もう一度パスワードを入力してください。 これでシートを保護してシートが編集不可となりました。 特定のセルだけ入力できる・その他のセルは入力できない これで設定は完了です。 さっそく特定のセルだけ入力でき、その他のセルは入力できないことを確認してみましょう! 黄色のセルには入力できました。 B3セルを書き換えようとすると、このようにエラーメッセージが表示されます。 最初にロックを外したセルには入力できますが、それ以外はロック・保護されているので編集できませんでした。 このようにExcelの特定のセルだけ入力可にしたり、入力不可にすることが、セルの保護・シートの保護を使えば簡単にできてしまうので、入力フォームやアンケートなどでぜひ試してみてください! Officeヘルプ: 以上、Excelで特定のセルだけ保護(ロック)する方法でした。

次の

Excel VBA 数式が入力されているセルだけ保護をかける

セルの保護 数式

特定セルだけを入力編集できるようにするには? 入力許可(編集できるように)したいセルを選択します。 (画面上のB5だけを編集可能にしたい) そのセル上で右クリックして「セルの書式設定…」をクリック。 セルの書式設定画面が表示されるので、その中から「保護」タブを選択します。 「ロック」にチェックが入っているはずなので、そのチェックを外します。 次はシートの保護をします。 シートタブ(シート名が表示されている場所)の上で右クリック。 「シートの保護…」を選択します。 「シートとロックされたセルの内容を保護する」という設定画面が表示されるはずです。 「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」の中から、「ロックされていないセル範囲の選択」にチェックを入れると、先ほどのセルだけが編集可能となります。 「ロックされたセル範囲の選択」のチェックを外せば、入力や編集をできなくするセル以外は、選択すらできなくなるようになります。 シートがロックされましたが、最初に設定した特定セルだけは、編集が可能です。 その他のセルは選択できなくなっています。 エクセルの保護された特定セル(一部セル)を解除する方法 上記の作業を理解していれば、特定セルが保護されていた場合でも解除することはカンタン。 当たり前ですね。 ただし、パスワードで保護されている場合は、ファイルの管理者にパスワードを教えてもらわないと解除することはできません。 パスワードロックがされていないことを前提として、以下その手順を。。。。 まずはシート名が表示されいるところにマウスを当てて右クリック。 シートの保護を解除します。 解除されれば、保護されていたセルが編集入力可能になります。 まとめ 計算式を変えてほしくないエクセルファイルを、多数の人に閲覧してもらう場合なんかにこの方法が用いられます。 知っておくと便利。

次の

エクセルのセルを保護(ロック)する設定方法と解除方法|Office Hack

セルの保護 数式

[シートの保護]ダイアログボックスで、 そのまま[OK]を押すだけです。 クリックして選択はできますが、データを消したり、編集はできなくなります。 文字を入力しようとすると、下の画面が表示されて入力が拒否されます。 選択もさせたくない場合は、下の2か所のチェックを外しましょう。 選択もできないので、数式を見られることもありません。 パスワードを付けたい場合は、 [シートの保護を解除するためのパスワード]に好きなパスワードを入力します。 ちゃんと、確認の画面も出てきます。 使用した場合は、 くれぐれもパスワードを忘れないようにしましょう。 万が一のことを考えて、 操作ミスを防ぎたい程度であれば、パスワードを設定しない方が良いかもしれません。 ワークシートの一部をロックする 一部をロックしたい場合に注意すべきことは、 ロックしたい場所の設定を変更するのではなく、ロックした後に、 操作を許可する場所の設定を変更する ことです。 頭のイメージと逆な感じですね。 操作の流れとして2つ紹介します。 では、やってみましょう。 編集を許可する場所を選択して、 右クリックのショートカットメニューから、[セルの書式設定]をクリックするか、 もしくは、[ホーム]タブの各場所にある、 右下のボタンをクリックして、 [セルの書式設定]ダイアログボックスを表示します。 1番右側の [保護]タブをクリックします。 左上の[ロック]にチェックが入っていますね。 このチェックが入っていると、保護の命令をした時にロックされるということです。 チェックを外しましょう。 これで、選択した場所だけ、シートを保護した後も編集が可能になります。 赤枠の部分はロック(保護)されましたが、表の左は編集可能になっています。 ワークシート全体のロック設定を解除しておく方法 ワークシートを保護する前に、すべてのセルのロックを解除しておいて、その後から必要なセルをロックする方法です。 まず、ワークシート全体を選択します。 行列の 左上の角をクリックしましょう。 ワークシート全体が選択されます。 右クリックのショートカットメニューから、[セルの書式設定]をクリックするか、 もしくは、 [ホーム]タブの各場所にある、右下のボタンをクリックして、 [セルの書式設定]ダイアログボックスを表示します。 1番右側の [保護]タブをクリックします。 [ロック]にチェックが入っているので、 外します。 これで、後で [シートの保護]機能を使用しても、全てのセルが編集可能になりました。 次に、 ロックしたい範囲を選択して、 先ほどと同じ、[セルの書式設定]画面を表示して、 [ロック]のチェックを入れます。 赤枠部分だけロックされました。 ロックできる種類 ロックできる場所は細かく選ぶことができます。 上から順番に見てみましょう。 ロックされたセル範囲の選択• ロックされていないセル範囲の選択• セルの書式設定• 列の書式設定• 行の書式設定• 列の挿入• 行の挿入• ハイパーリンクの挿入• 列の削除• 行の削除• 並べ替え• オートフィルターの使用• ピボットテーブルレポートを表示する• オブジェクトの編集• シナリオの編集 以上の種類を個別にロック設定できます。 ロックする場合は、編集全体をロックしたい場合がほとんどだと思うので、あまり個別に設定する必要はないかもしれません。 初期設定の、上2つだけチェックされている状態のままで大丈夫なことがほとんどでは。 勘違いしてはいけないのが、 チェックを入れたものをロックするのではなく、 チェックを入れたものだけが使用できるようになるということです。 通常、この場所は[シートの保護]という名前になっています。 すでに保護機能が働いている場合だけ[シート保護の解除]ボタンになっています。 パスワードが掛かっている場合は、下の画面が表示されます。 パスワードを入力しましょう。 間違えると・・・。 このような画面が表示されますよ。 まとめ 初期状態で保護を設定すると、ワークシート全体が保護されてしまうのがポイントです。 保護したくない場所だけ設定の変更が必要なので、少し理解し難いかもしれません。 また、パスワードを設定する場合は慎重に。 万が一忘れてしまったら、解除が不可能になってしまいますよ。

次の