スイッチ ヒッター ルアー。 DAIWA : モアザン スイッチヒッター

モアザン「スイッチヒッター」はぶっ飛びスイミングペンシル!その使い方とインプレをまとめてみる

スイッチ ヒッター ルアー

サイズ展開は2種類!スイッチヒッターの詳細まとめ 出典: モアザン「スイッチヒッター」には、港湾部であろうがサーフであろうが河川であろうが、イワシパターンであろうがイナッコパターンであろうがハタハタパターンであろうが、どのような場面でも活用することができるよう、3つのサイズバリエーションが用意されています。 65mm、85mm、105mmの3サイズ用意されているため、使う状況下においてしっかり使い分けることが釣果を伸ばすコツ スイッチヒッター、分類としてはシンキングペンシルに該当するルアーであり、メタルジグ並みのぶっ飛び性能を活かし広範囲を攻めることが可能。 出典: スイッチヒッターはダイワの技術である「マグロックシステム」が搭載されており、レスポンス性能向上のため「ウエイトリバーアシスト」も搭載。 シンキングペンシルの良さを最大限に活かしながら、抜群の飛距離にて遠方に潜むシーバスを相手に釣りを展開できる・・・どう考えても最強です 青物狙いに最適!?スイッチヒッターDHのラインナップも 出典: モアザン「スイッチヒッター」には、より飛距離向上を可能とした「スイッチヒッターDH」のラインナップも用意されています。 その飛距離はアベレージ90m以上となっており、風が強い日、潮流が速い場所、広大なエリアなど、使用範囲の広さはシンキングペンシルの領域を超えています モアザンブランドということで対象魚はシーバスですが、その飛距離とパフォーマンスの高さからハマチやサゴシなどの青物狙いに最適。 ときにブリサイズの青物が出ることもあるため、シーバスだけでなく青物狙いに活用していくのもありと言えますね• 小場所にてスイッチヒッター65Sを使っています。 このサイズにしては抜群に飛びますし、〜80cmまでのレンジをカバーできるため、シーバスが小さなベイトを捕食している場所(主にベイエリアで使ってます)で使うと、恐ろしいほどの釣果が見込めます。 ボウズになるほうが難しい!そう言えるほどはパフォーマンス高いルアーなので、持っておいてまず損はないでしょう• 磯でのマルシーバスゲームで105Sを活用。 飛びますし表層付近をスローに引いてこれるところが良い感じ。 自分の場合、メタルバイブレーションとスイッチヒッターを使い分け、磯でのシーバス釣果を伸ばしています• 青物狙いでスイッチヒッターDHを使用。 メタルジグより釣れます.

次の

かっ飛ぶシンペン「スイッチヒッター」の魅力

スイッチ ヒッター ルアー

コンテンツ一覧• ダイワスイッチヒッターはどんなルアー? ダイワから発売されているオヌマンこと小沼正弥さん監修のシンキングペンシル。 名前の由来は昼夜どっちでも釣れるってことで『スイッチヒッター』なようです。 もう、毎釣行のように使いますから、フックが見るも無残なさびさびで申しわけない・・・ それぐらい信頼しているルアーの一つです。 ナイトゲームメインの私はカラーは65Sの 不夜城とか ゴールドレインボーの使用頻度が高いです ロスト中…。 スペック サイズ 種類 サイズ ㎜ 自重 g 価格 円 65S 65 13. 4 1,550 85S 85 20 1,700 85S-LV 85 13. 3 1,700 105S 105 21. 2 1,980 サイズは65、85、105の三種類なんですが、 85にはLVという種類があります! このLV、使用したことはないんですが、キビキビ動くノーマルと比べLVは大きくゆったりとしたS字スラロームを描くそうです。 強烈なローリングやウォブリングではないので、活性が低かったり、魚がスレているような激戦区でも有効だと思います。 しかも、 デッドスローでもアピールしながらアクションしてくれるんで、釣れるときは結構大型が釣れる印象がある。 規則正しくスラロームしてるのに 流れの変化やボラに当たったりしたときにバランスを崩すみたいですね。 不規則な動きが魚の食い気を引き出します。 特にロッドアクションを付けなくてもタダ巻きでOKなところも初心者向けでしょう。 とはいえ、リトリーブを止めてテンションフォール中もゆらゆら揺らぎながら沈んでいくのでストップアンドゴーも効果的! この魚はまさにフォール中にバイトしました。 65s レインボーゴールド 実際にアクションを動画でご覧ください!スローリトリーブでもこれだけスラローム切ってくれたら、釣れて当たり前な気さえしてしまいますww レンジは浮き上がりが早めなのでシャローエリアも可 河川やサーフ・磯・干潟などのシャローエリアや水面直下を簡単に攻略できるデイ&ナイト対応シンキング&スイミングペンシル。 DAIWA HPより 結構比重が重い、65Sで13. 4gなので飛距離は抜群! しかし、リトリーブ開始から 浮き上がりが早いため、シャローエリアも少しロッドを立てればスローに引けます。 前述のようにリトリーブを止めてのフォールも魅惑的に魚を誘えるのでレンジが深いところでも使いやすいです。 まさに使い方によっては無限の可能性的なルアーですね!! インプレ オススメの使用方法 どちらかといえばスローに誘えるところがメリットでしょうか ということは必然的にナイト釣行向けのルアーってことになります! 私はもっぱらナイト釣行で使用しています! 私のホームの汽水湖のようにはあまり大きな潮の流れが起こらず、海のように大きな波も起こらないフィールドではデイでスローに誘うと見切られる気がします。 ただ、ナイト釣行では一番信用しているルアーであり、パイロットルアーとして使用しています。 遠投もききますが、ほかのアングラーがいない時は駆け上がりに沿うように岸に対して平行に投げることが多い。 平行といっても完全に平行じゃなくて斜めにね! 足元までゆっくりリトリーブ!! ピックアップ寸前にバイトすることが多く、 多分、ずっとストーカーの様にチェイスしてきて ルアーがふわっと持ち上がった瞬間にバイトしてるんだと思う!.

次の

ダイワ「スイッチヒッター85S」は昼も夜も使えるぶっ飛びペンシル

スイッチ ヒッター ルアー

ネットでシーバスのルアーのことを調べていたら、結構、ダイワの「スイッチヒッター」が人気ということがわかりました。 いや、もともと俺は渓流でして、海はやらないんす。 でも、仕事で海のルアー釣りの雑誌の手伝いをしていたので、「ずぶの素人」というわけでもありません。 シーバス用のルアーといえば、ダイワの ラインシャイナーあたりが人気だった気が……。 いや、 は除くとですよ。 んで、スイッチヒッターが気になったので、調べてみました。 まず、カタログ情報からいくと次の通りです。 ダイワ『モアザン スイッチヒッター』 画像はダイワのオフィシャルサイトより 小沼正弥監修モデル。 デイ&ナイト、いつでもどこでもピンチな時に河川やサーフ・磯・干潟などのシャローエリアや水面直下を簡単に攻略できるデイ&ナイト対応シンキング&スイミングペンシル。 サイズ/65~120㎜ 価格(本体価格)/1,550~1,980円。 ふむふむ。 んで、巷の意見はというと……。 <アマゾンのレビューより> ・ここ数年でのヒットルアーです。 使い安くて釣果もアップしました。 ・やはり良く飛ぶことです。 シーバス釣りに使っています。 ・気に入ってます。 良く飛び、良く釣れます。 シーバス、メバル、カサゴなど 飛距離が特徴の一つなんすな。 あと、実際のユーザーのレビューによると、「スイッチヒッター65Sは、同サイズ&タイプで比べれば、おそらく最強クラスの飛距離。 スローで巻いても十分動き、フォールで食わせるらしさも兼ね備え、小型ベイトにも対応できる……。 欠点を探すほうが難しいルアーですね」とのこと。 いや、他人のフンドシですみません。 そろそろ「趣味人に聞く」でもシーバス の方にご登場いただこう。 あと、シーバスについては、「巷の意見」でも記事をアップしました(そのサイトは)。 でわでわ~。 投稿者/管理人.

次の