五反田 フランクリン アベニュー。 フランクリン・アベニュー (7025 Franklin Avenue)

五反田のハンバーガー屋「フランクリンアベニュー」が店内もハンバーガーもおしゃれでいい感じ

五反田 フランクリン アベニュー

2020年03月06日 12:33• フランクリンアベニューの店舗情報 店舗基本情報 ジャンル• ハンバーガー• テイクアウト• ハンバーグ• サンドイッチ• 野菜料理• デリバリー・宅配• ご来店時は、事前に店舗へご確認をお願いします。 定休日 毎週火曜日 ・営業時間は時期により変更になる場合あり(詳細は店舗へ要確認) カード 人気のまとめ• フランクリンアベニューの近くのお店• 五反田の洋食・西洋料理でオススメのお店• 目黒・五反田の新着のお店• フランクリンアベニューのキーワード• フランクリンアベニューの近くのお店を再検索 エリアを変更• 近接駅から探す• 行政区分から探す• 目的・シーンを再検索• 五反田周辺のランドマーク• お店の掲載テーマ•

次の

フランクリン・アベニュー (7025 Franklin Avenue)

五反田 フランクリン アベニュー

東五反田にあるグルメバーガーの老舗、「フランクリン・アベニュー」はとにかく味と雰囲気が最高。 人はたまに「肉!!!」なものを食べたくなる生き物ですが、やっぱり言い訳として野菜も取っておきたい。 そんなときに便利なのがフランクリンアベニュー。 同じハンバーガーを食べるなら、しっかりたっぷり野菜が入っているグルメバーガーの方が健康的な感じがするし、見た目的にも満足できるじゃないですか。 フランクリン・アベニューに行こう フランクリン・アベニューがあるのは、五反田駅から10分ほど品川方面に歩いたところ。 昔ながらの親しみのある五反田の商店街と、「島津山」と呼ばれる高級住宅街・清泉女子大学があるエリアの交差地点です。 チーズ好きにおすすめな「ブルーチーズバーガー」 今回食べたのは、ブルーチーズバーガー。 フランクリン・アベニューのメニューにセットはないので、必要に応じてドリンクやサイドメニューを足していくことになります。 チーズがとろっとろで、見ただけでもおいしそうなのがわかる。 トマト、玉ねぎ、レタスなどの野菜たちも瑞々しくてよいですね。 まず、一番インパクトがあったのはその香りですね。 ただでさえ独特な香りのするブルーチーズ。 それが温められたら? 好きな人にはたまんない、苦手な人には勘弁してくれと思われそうな香りがテーブルを包む……! 重ねてみた。 おっ、ハンバーガーチェーンのCMなんかで見るやつだ。 高い!楽しい!! おすすめの食べ方は「ガブッ」と ナイフとフォークがテーブルにセッティングされているけれど、ハンバーガーはやっぱりガブっとかじりついて食べたい。 お店の方におねがいすると、ハンバーガーを包むための紙を持ってきてもらえます。 一口ガブリとかじると、シャキシャキの野菜とチーズの絡みが最高。 肉汁もたっぷりです。 焼き目カリカリ、中ふんわりのバンズも控えめながら光っています。 ソースは特にかかっていないシンプルな味付けなので、チーズ、野菜、肉の旨味をダイレクトに味わうことができます。 テーブルにはケチャップとマスタードが置いてあるので、お好みでプラスしてみても。 フランクリン・アベニューは、デリバリーも可能 実は2000円以上の注文で、配達してくれるんです。 紙のデリバリーメニューは店舗レジ近くに置いてありますが、特にフランクリン・アベニューの公式ホームページなどはないようなんですよね。 メニュー画像を載せておきますが、最新内容はお店にご確認下さい。 デリバリーの場合には、このようなボックスに入れて届けてくれます。 色使いがかわいい!! デリバリーメニューは、バーガーとポテト、オニオンリング4つがセットになっています。 お店で食べるあの味が野外でも! ハンバーガーを包んでいる紙が防水ではないようなので、肉汁でびしょびしょになってきてしまうのが弱点……。 おいしいうちにささっと食べましょう! 店舗情報• 住所:東京都品川区東五反田3-15-18• 営業時間:• 月~土11:00~21:00• 日・祝11:00~18:00• 定休日:無休 飲食店で使えるお得なクーポン券の取得はホットペッパーで。 r-taro.

次の

『骨太バーガー』by かとうですよ : フランクリン・アベニュー (7025 Franklin Avenue)

五反田 フランクリン アベニュー

今や都内だけでも100店舗以上の専門店が存在するが、そんな激ウマバーガーを余すことなくお届けしていくのがこの企画「」だ。 第4回となる今回は、グルメバーガーの草分け的存在である五反田の『 フランクリンアベニュー』をご紹介したい。 お店の創業は1990年と、グルメバーガーとしては異例となる25年以上の歴史を誇る老舗である。 ・気品あふれる店構え フランクリンアベニューがあるのは、五反田駅から徒歩7分ほどの住宅街の入り口。 ハンバーガーショップに多い、ウェスタンな雰囲気でもなければアメリカンでもない、 隠れ家レストランのような気品あふれる たたずまいだ 創業から25年以上ということで、こちらのお店で修業して巣立っていた人も多く、オーナーシェフはレシピを弟子たちに全公開しているのも有名な話。 日本におけるグルメバーガーの 源流のひとつであることは間違いない。 ・フォークとナイフで食べる ランチ時や週末は行列も覚悟の人気店だが、平日の14時頃に訪れたこの日は待つこと無く着席出来た。 注文したのはパテ225グラムの「 マッシュルームチーズバーガー」で、価格は税込1960円だ。 なお、こちらでは全てのパテを112グラム・149グラム・225グラムの中から選べるシステムになっている。 都心とは思えないほど雰囲気の良いテラスを眺めながら待つこと10分ほど……ハンバーガーがやってきた。 こちらでは最初からハンバーガーの形をしていない。 片方のバンズとトマト・レタス・玉ねぎの生野菜は、自分で後のせするのだ。 また、手ではなく フォークとナイフでいただくのも、フランクリンアベニュー流である。 さっそく食べてみると、パテからあふれ出す肉汁とマッシュルームのジュース、さらにはトロットロのチーズがたまらなくジューシーな口当たり。 特にバター香るマッシュルームの風味は秀逸で、数あるバーガーショップの中でも 最高レベルの完成度だ。 ・ジャンクフードではないハンバーガー パテは塩コショウのみで味付けされているので、ハンバーガーらしさを味わいたいならば、ケチャップやマスタードでお好みの味に調えよう。 肉汁の量がスゴイから、調味料の味に少々の量では負けない。 落ち着いた雰囲気の店内でいただく老舗の味は、ひたすら丁寧な仕事が感じられるハンバーガーである。 一般的にジャンクフードといわれるハンバーガーだが、フランクリンアベニューのそれは、また違った顔を見せてくれるぞ。

次の