ヘミング ウェイ 老人 と 海。 老人と海、いいセリフ

ヘミングウェイの英語の名言・格言集。英文と和訳

ヘミング ウェイ 老人 と 海

ヘミングウェイは、モヒートとダイキリを飲むのにそれぞれ贔屓にしていた酒場があり、 『我がモヒートはボデギータにて、我がダイキリはフロリディータにて』 という賛辞を残したと言われています。 そのボデギータというのが、ホテル・アンボスムンドスから2ブロック先、ハバナ大聖堂の近くにある「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」というレストラン&バー。 世界の首脳たちにもファンが多く、日本からは橋本龍太郎氏や川島なお美さんも以前に訪れており、店内には写真が飾ってあります。 モヒートは、ラム酒をベースとし、ミントの葉やライム、砂糖を加えた爽やかなカクテル。 ヘミングウェイは、ここボデギータのモヒートが大好きで、一日に何杯も飲んだそうです。 明るく開放感のあるキューバらしい店内は、昼夜を問わず観光客で賑わっています。 葉巻をふかしながらモヒートを飲んで、のんびりキューバ時間を楽しみたいですね。 ホテル・アンボスムンドスからオビスポ通りをまっすぐ中央公園の方向に6〜7分歩くと、通りの角に建つピンク色の建物が見えてきます。 ここが、フローズン・ダイキリで有名な「ラ・フロリディータ」。 ヘミングウェイが贔屓にしていた2つ目のバーです。 お酒が相当強かったヘミングウェイは、通常のダイキリでは酔えず、ラム酒ダブル+砂糖抜きという強めのダイキリを注文していたそうです。 現在「パパ・ヘミングウェイ」という名前で正式にメニューにもありますので、お酒に強い方は是非お試しを! 店内は手前がバーで、奥は食事もできるレストランになっていますが、おすすめはバーのカウンター席。 ブレンダーを回してフローズン・ダイキリを作る様子を目の前で眺めながら、ヘミングウェイも大好きだったというバナナチップスをおつまみに、ダイキリを味わってみてください。 上の写真にも小さく写っていますが、カウンターの隅にはヘミングウェイの銅像があり、まるで店内を眺めるようにニッコリ微笑んでいますよ。 他にもまだあるヘミングウェイゆかりの地 今回ご紹介できませんでしたが、ハバナおよびハバナ近郊の町には、他にもヘミングウェイゆかりの地があります。 小説「老人と海」の舞台となったハバナ郊外のコヒマル地区。 ここは、ヘミングウェイが愛艇ピラール号を停泊させていた漁村で、小説を記念して建てられたヘミングウェイの銅像や、彼がお気に入りだったバー「ラ・テラサ」があります。 また、ハバナ旧市街から南東へ約10kmの小高い丘には、ヘミングウェイの旧邸宅があり、こちらは現在「ヘミングウェイ博物館」として公開されています。 建物内部には入れず、窓越しに中を覗くだけという変わったスタイルの博物館ですが、名作を生んだ文豪の当時の暮らしぶりを垣間見ることができます。 どちらもハバナ中心部から市バスやタクシーを利用してのアクセスになりますが、ヘミングウェイゆかりの地を巡るツアーとして、一緒に訪れてみてはいかがでしょうか?• All rights reserved. price! price! price. toString. tour[0]. toString. plans[1]. toString. text. text. text. text. origin! travel. origin! test e. shift ; if undefined! slice index,str. test iframeDep.

次の

ヘミングウェイの経歴や性格はどんな人物?生い立ちやエピソードが面白い

ヘミング ウェイ 老人 と 海

先月、ゴルフ帰りの車の中で、G君、Hさんと食文化の話題になりまして、アメリカでは魚料理はよく食べるのか?と言う話になりました。 私は若い頃10年ほどアメリカに住んでいましたから、アメリカのことになると、どうなんだ?と聞かれるのですが、時代も変わって、みなグルメになって来ているでしょうから、現在のことはわかりません。 でも30年以上前ですが、私がいたころは内地では、一般的に魚料理はあまり普及していなかったようです。 マクドナルドのフィッシュバーガーや、せいぜいフィッシュアンドチップスとかで、何だかわからない魚のフライを食べたくらいしか記憶にありません。 ただ、海の近くでは、レストランにも魚介料理はいろいろありました。 ですから、地域によってはごく一般的に文化はあったのでしょうが、内陸の殆どの人はあまり食べていなかったように思う、と言った話をしました。 ただ、ヘミングウエーの「老人と海」の中で、主人公が特大のカジキマグロと格闘して漂流しているときに、食料が無く、釣れたマグロやシイラを片手で捌いて、生で食べるシーンがあってね、「ああ、ここに塩があればなぁ、」とか言いながら食べていたから、海に隣接した地域の人はふつうに魚食ってたんじゃないの?などと話していました。 あとで考えたら、あの小説を書いたのはアメリカ人だけど、舞台はキューバとかの外国だったなぁ・・・。 と気づいて(遅いですね(笑))アメリカと関係ないじゃねぇか、とか思って笑ってしまいます。 ま、それは兎に角として、久しぶりに「老人と海」のことを思い出しまして、そういえばいいセリフがあったなぁ・・・・。 と思い起こしました。 どんなだったかなぁ? あの本は高校生の時に初めて読みました。 その前に映画で観て感動しました。 かなり古い映画でしたから、青砥の京成名画座あたりで観たのかなぁ?それともあの淀川長治さんの名解説で記憶に残る日曜洋画劇場だったでしょうか?スペンサー・トレーシーの名演技が光っていました。 原作に興味が湧き、読んでみました。 小説を映画にすると、その良さが伝わらないことが多く思います。 短編小説でなければ、2時間の映画に収めるのは難しいことと、演技が過ぎると原作本の迫力が却って薄れるような気がします。 ですが、この本は小説も映画もそれぞれ素晴らしかったです。 名作です。 そして、何故か10年くらい?たってから読み返してみたことがありました。 高校生の時には特に何も感じなかったのに、数年たって改めて読んでみると、若い時には気づかなかった心に残るシーン、セリフが多々あったことに驚きました。 それがまた面白かったので覚えています。 さて正確にどんなセリフだったのか?気になっていましたが、先日麹町の本屋さんをのぞいたら、「老人と海」の文庫本が書棚にあります。 まるで私のために置いてあるかのようです。 買ってしまいました。 かの有名な、故福田恆存氏の訳でした。 改めて読むと今度は福田さんの解説が面白かったです。 「老人と海」はヘミングウェーの最高傑作であり、アメリカ文学がヨーロッパ文学と肩を並べるように成長した最初の作品の一つである、といった事が書いてありました。 福田氏はこれを読むまでアメリカ文学は敢えて読むほどのものはないと思っていたそうです。 へぇーそうなんだぁ・・・・。 そしてもう一つ新発見です。 「ディック・シスラーの親父さんは・・・」と言うくだりがありました。 イチロー選手が破るまでメジャーリーグの年間最多安打記録をもっていた、ジョージ・シスラーのことのようです。 ディマジオの名は知っていたけど、イチローが新記録を作るまで、シスラーと言う大選手のことは知りませんでした。 でもアメリカではその頃は知られた存在だったんでしょうね。 そんな新しい発見もあり、また、自分も多少なりとも人生の荒波(さざ波?)の中を漂って来ていますと、歳を重ねるほどに、この老人(サンチャゴ)が独りでボートに乗り、大自然と格闘している姿に感ずるものが大きくなっていることを実感しています。 さて、そのセリフです。 「しかし、老人はいつも海を女性と考えていた。 それは大きな恵みを、ときには与え、ときにはお預けにするなにものかだ。 たとえ荒々しくふるまい、禍をもたらすことがあったにしても、それは海みずからどうにもしようのないことじゃないか。 月が海を支配しているんだ、それが人間の女たちを支配するように。 老人はそう考えている。 」 何十年ぶりかで読みました。 こんな訳だったっけ?ネットでヘミングウェーの名言集を見ると、泣かせるセリフがいっぱいありますねぇ。 原語で読んでみたくなってきたなぁ。 カテゴリ:,.

次の

アーネスト・ヘミングウェイ おすすめランキング (96作品)

ヘミング ウェイ 老人 と 海

ヘミングウェイは、モヒートとダイキリを飲むのにそれぞれ贔屓にしていた酒場があり、 『我がモヒートはボデギータにて、我がダイキリはフロリディータにて』 という賛辞を残したと言われています。 そのボデギータというのが、ホテル・アンボスムンドスから2ブロック先、ハバナ大聖堂の近くにある「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」というレストラン&バー。 世界の首脳たちにもファンが多く、日本からは橋本龍太郎氏や川島なお美さんも以前に訪れており、店内には写真が飾ってあります。 モヒートは、ラム酒をベースとし、ミントの葉やライム、砂糖を加えた爽やかなカクテル。 ヘミングウェイは、ここボデギータのモヒートが大好きで、一日に何杯も飲んだそうです。 明るく開放感のあるキューバらしい店内は、昼夜を問わず観光客で賑わっています。 葉巻をふかしながらモヒートを飲んで、のんびりキューバ時間を楽しみたいですね。 ホテル・アンボスムンドスからオビスポ通りをまっすぐ中央公園の方向に6〜7分歩くと、通りの角に建つピンク色の建物が見えてきます。 ここが、フローズン・ダイキリで有名な「ラ・フロリディータ」。 ヘミングウェイが贔屓にしていた2つ目のバーです。 お酒が相当強かったヘミングウェイは、通常のダイキリでは酔えず、ラム酒ダブル+砂糖抜きという強めのダイキリを注文していたそうです。 現在「パパ・ヘミングウェイ」という名前で正式にメニューにもありますので、お酒に強い方は是非お試しを! 店内は手前がバーで、奥は食事もできるレストランになっていますが、おすすめはバーのカウンター席。 ブレンダーを回してフローズン・ダイキリを作る様子を目の前で眺めながら、ヘミングウェイも大好きだったというバナナチップスをおつまみに、ダイキリを味わってみてください。 上の写真にも小さく写っていますが、カウンターの隅にはヘミングウェイの銅像があり、まるで店内を眺めるようにニッコリ微笑んでいますよ。 他にもまだあるヘミングウェイゆかりの地 今回ご紹介できませんでしたが、ハバナおよびハバナ近郊の町には、他にもヘミングウェイゆかりの地があります。 小説「老人と海」の舞台となったハバナ郊外のコヒマル地区。 ここは、ヘミングウェイが愛艇ピラール号を停泊させていた漁村で、小説を記念して建てられたヘミングウェイの銅像や、彼がお気に入りだったバー「ラ・テラサ」があります。 また、ハバナ旧市街から南東へ約10kmの小高い丘には、ヘミングウェイの旧邸宅があり、こちらは現在「ヘミングウェイ博物館」として公開されています。 建物内部には入れず、窓越しに中を覗くだけという変わったスタイルの博物館ですが、名作を生んだ文豪の当時の暮らしぶりを垣間見ることができます。 どちらもハバナ中心部から市バスやタクシーを利用してのアクセスになりますが、ヘミングウェイゆかりの地を巡るツアーとして、一緒に訪れてみてはいかがでしょうか?• All rights reserved. price! price! price. toString. tour[0]. toString. plans[1]. toString. text. text. text. text. origin! travel. origin! test e. shift ; if undefined! slice index,str. test iframeDep.

次の