楽天 比較。 楽天市場とYahoo!ショッピング出店比較

楽天モバイルが比較的広範囲の「システムメンテナンス」を告知も「誤掲載」と判明【訂正あり】

楽天 比較

ポイント• 楽天ポイントで投資信託と株式が買える• 楽天カードで投資信託が買える• 日本株、米国株共に手数料が安い• 一般信用売りの取扱銘柄が豊富• 取引に応じて楽天ポイントが貰える この5つが大きな理由です。 中でもオンリーワンなのが 楽天カードで投資信託が購入できるところです。 クレジットカードで投資信託を購入できるのは楽天証券だけ。 クレジットカードのポイントをもらいながら投資信託を購入できるため、有利に買付ができるんです。 比較1:株式売買手数料はほぼ互角 ではここから具体的な項目をピックアップして比較していきたいと思います。 まずはSBI証券と楽天証券の株式における売買手数料をそれぞれ比較していきましょう。 初心者の方はまず現物取引からスタートさせると思うので、今回は現物の手数料を比較していきますよ。 信用取引は1年以上の経験が必要 結果からいうと、株式売買手数料にはほとんど差がありません。 ただし、楽天証券だとプラン次第では楽天ポイントが付与されるので、楽天ポイントを貯めている方には魅力です。 SBI証券の株式手数料 始めにSBI証券の手数料を見ていきましょう。 SBI証券ではスタンダードプランとアクティブプランでそれぞれ手数料体系が異なります。 SBI証券のスタンダードプランにおける料金体系 スタンダードプラントは1注文の約定代金に対して手数料がかかるプランです。 スタンダードプランの料金体系は下記の通り。 最低55円、最高で1,070円となっています。 SBI証券のアクティブプランにおける料金体系 アクティブプランは1日の約定代金合計額に大して手数料がかかるプランです。 アクティブプランの料金体系は下記の通り。 最低0円ですが上限はありません。 つまり、SBI証券では取引回数が少ない人はスタンダードプラン、逆に多い人はアクティブプランを選択するのがベストです。 もちろんプランは随時変更できるので、臨機応変に対応するのもいいですね。 楽天証券の株式手数料 楽天証券も見ていきましょう。 楽天証券の超割コースにおける手数料体系 超割コースの手数料は下記の通りです。 SBI証券のスタンダードプランとほぼ一緒です。 ということで楽天スーパーポイントを貯めている方には楽天証券の方がメリットがあります。 SBI証券のアクティブプランと比較するとかなり高めに設定されています。 しかも、楽天スーパーポイントも貯まりません。 株式売買手数料で比較するとどっちがいい?? 一日に何回も取引する場合は、SBI証券。 取引回数が少なく、かつ楽天スーパーポイントを貯めたい人は楽天証券がベストです。 また、楽天証券は2019年10月に楽天スーパーポイントで株式を購入できるようになりました。 ポイントを多く保有している人ならば現金を出さずに株式を購入できます。 SBI証券では株式は現金でしか購入できませんので、ポイントを使いたい人は楽天証券を選択しましょう。 比較2:サイトの使いやすさは好みによる 次にSBI証券と楽天証券におけるサイトの利用しやすさを比較してみます。 SBI証券のウェブサイト SBI証券のウェブサイトはこのようになっています。 情報をのせすぎて、テキストリンクばかりになっています。 正直、シンプルな作りとは言えないです。 楽天証券のウェブサイト 楽天証券のウェブサイトはこんな感じです。 こちらの方がスッキリしている印象を受けます。 でも、掲載されている情報はSBI証券に比べて少ないです。 ウェブサイトの使いやすさで比較するとどっちがいい?? 利用しにくくても情報が多い方がいいという方はSBI証券がオススメ。 シンプル好きの方、直感的に操作したい方は楽天証券が適しています。 比較3:投資信託で選ぶなら楽天証券がオススメ!! 続いてSBI証券と楽天証券における投資信託で比較していきます。 最低投資金額や商品数など様々な角度から比較していきますよ。 最低投資金額で比較 投資信託の最低投資金額はどちらも100円からです。 よって引き分けですね。 投資信託の商品数で比較 楽天証券における投資信託の取り扱い数は2,680本以上で、手数料0円 ノーロード で購入できる銘柄も数多くあります。 一方、SBI証券は2,705本でこちらもノーロード投信がたくさんあります。 ややSBI証券の方が多いですが、ほぼ互角といっていいでしょう。 これも引き分けかな。。 投資信託の質で比較 投資信託の取り扱い数が変わらないので、質もほとんどかわりません。 様々な種類のファンドが用意されています。 SBI証券にしかない商品や、楽天証券にしかない商品も多少ありますが、正直どちらを選んでも、お目当のファンドが見つけられるはずです。 投資信託の購入方法で比較 購入方法は大きくことなります。 SBI証券はTポイントで投資信託を購入できる SBI証券では投資信託の購入は下記の二つから選択が可能。 楽天スーパーポイントのように、直接店舗では利用できません。 そしてSBI証券では投信マイレージサービスというものがあり、付与率は下記の通り。 楽天証券ではハッピープログラムに登録すると、投信残高10万円ごとに毎月4P貯まります。 1年だと480P貯まるので還元率は0. なんとSBI証券を超えるんです。 100万円分預けておけば年間で480Pも貯まるので、大分差がつきますよ。 投資信託で比較するとどっちがいい?? 完全に楽天証券です。 取り扱い数や質はほとんど変わらないので、楽天カードで購入できる時点で勝負あり!! 比較4:ロボアドバイザーで選ぶならSBI証券がオススメ 続いて最近人気になってきているロボアドバイザー投資で比較していきましょう。 SBI証券のロボアドバイザー SBI証券ではロボアドバイザーの国内最大手であるが用意されています。 SBI証券独自のロボアドバイザーではありませんが実績がありますので、初心者にもオススメです。 ちなみにはサービス開始からたった3年7ヶ月で預かり資産2,300億円を超えました。 WealthNaviについて詳しく知りたいという方は下記記事を一読してみてください。 あわせて読みたい IPOの取り扱い数 IPOの取り扱い数で比較すると断然SBI証券です。 楽天証券は2018年こそ例年よりも取り扱いがありましたが、SBI証券の足元にも及びません。 ちなみにSBI証券はIPOの取り扱い数はNO. 2018年3月期 毎年、トップクラスの関与数です。 つまり、100枚の割当があったら70枚を抽選で当選者を決めるということです。 もちろんこの数字は証券会社の中では比較的高い数字になります。 100枚の割当があったら100枚とも抽選で当選者を決めるということですね。 抽選割合だけを見ると楽天証券の方が有利です。 IPOのポイント制度で比較 楽天証券はIPOのポイント制度はありません。 SBI証券にはIPOチャレンジポイントが用意されています。 これはIPOに落選すると1P貰え、貯めれば貯めるほどIPOに当選しやすくなるというシステムです。 よって、SBI証券でIPOに挑戦していればいつかは絶対IPOに当選することができますよ。 これはSBI証券にしかない唯一無二の強みです。 あわせて読みたい IPOで比較するとどっちがいい?? 完全にSBI証券の勝利です。 取り扱い数は多いですし、主幹事案件もある。 さらにIPOチャレンンジポイントもありますから、楽天証券と比べるまでもありません。 しかし、 IPOは多くの証券会社で申し込みすれば申し込みするほど当選確率がアップします。 IPOでどっちに口座開設するか悩んでいる人は両方に口座開設するようにしましょう。 比較6:立会外分売は楽天証券の方が当選しやすい 立会外分売も雑誌にとりあげられるなど急激に人気になっています。 SBI証券と楽天証券、どちらでも立会外分売を申し込みできますが、個人的には楽天証券の方が当選しやすいと思います。 2017年の立会外分売の当選数を見ると下記のようになりました。 1 SBI証券が1回に対して、楽天証券は5回。 大分差がありますよね。 もちろん個人差はありますが、ネット上を見ても楽天証券で当選している人の方が多いです。 よって、立会外分売で決めるなら楽天証券で決まり。 ただ、こちらもIPO同様に多くの証券会社で申し込みすればするほど当選確率がアップします。 立会外分売用の口座で悩んでいる場合は、両方に口座開設するようにしてください。 そうすることで株価が変動しても評価損益は全くかわりません。 企業の優待権利付き日にこのつなぎ売りをすることでお得に株主優待をゲットできます。 このつなぎ売りをするために必要な部分を比較していきますね。 ポジションをクローズするときは現物渡しをすればいいので、手数料がかかるのはポジションをとる時です。 実は楽天証券は1日信用売りの手数料が無料で、その日のうちに現引きをしてしまえば支払うのは金利だけになります。 つまり、ほぼ売りポジションを取る時だけの手数料で済んでしまうんです。 一方SBI証券では楽天証券のような1日信用売りはありません。 手数料面で比較すると楽天証券に軍配があがります。 取り扱い銘柄数で比較 つなぎ売りをする時に重要なのが一般信用売りの取り扱い銘柄数です。 逆日歩がかからないので、一般的に制度信用ではなく、一般信用売りを利用する場合が多いです。 SBI証券と楽天証券の取り扱い銘柄数は公表されていないので、正確には比較できないのですが、どちらかとえば楽天証券の方が多い印象を受けますよ。 あくまで体感なのでその点はご了承ください。 比較8:米国株はSBI証券がやや有利 最近は日本株同様に米国株も大人気です!! 米国株とはAppleやアマゾン、ネットフリックスなどのこと。 こちらも比較していきましょう。 米国株式の取り扱い銘柄数で比較 楽天証券の取り扱い銘柄数は2,945件です。 若干ではありますがSBI証券の方が有利です。 ただし、有名企業の株式はどちらでも取り扱っています。 そこまで気にしなくて大丈夫です。 米国株式の手数料で比較 SBI証券と楽天証券の米国株手数料を比較していきたいと思いますが、実は両社ともに同じです。 最低手数料 0ドル 取引手数料 約定代金の0. 02米ドル以下の取引で適用されます。 こちらは引き分けです。 SBI証券と楽天証券の比較まとめ では最後にもう一度それぞれの項目でどちらが優れているかまとめます。 要点まとめ• こちらは断然、楽天証券がオススメです。 必ず楽天カードで購入するようにしてください。 一方、IPOではSBI証券の方が有利です。 取り扱い件数も多く、IPOチャレンジポイントもありますからね。 こんな感じで、楽天証券とSBI証券はそれぞれで一長一短があります。 自分の目的に応じて、どちらで口座開設するのがいいか決めるようにしてください。 ちなみに個人的にどちらか一つ選べといわれたらをオススメします!! もちろん、両方に口座開設するがベストですよ。

次の

価格.com

楽天 比較

メインカードとして使い倒すなら楽天カードがおすすめ ヤフーカードと楽天カードは共通点も多く、迷っている方も多いと思いますが、 クレジットカードとしての機能を比べると楽天カードが有利です。 楽天カードは、年会費無料のクレジットカードで不動の1番人気のカードとなっており、ポイントが貯まりやすいだけではなくメインカードとして充分に活用できます。 ここでは、クレジットカードとして重要な8項目を比較して、ヤフーカードよりも楽天カードをおすすめする理由を解説します。 ヤフーカード・楽天カードともに、• ヤフーカード:Yahoo! ショッピング・LOHACOでいつでも還元率3倍• 楽天カード:楽天市場でいつでも還元率3倍 このように、 各ネットショップでいつでも3. 0%以上の還元をうけられます。 さらに、楽天市場では「楽天SPU」が適用されますので、楽天銀行口座でのカード利用代金引き落としなどの条件を達成すれば、 最大16倍までのポイントアップが可能です。 Yahoo! ショッピングでも、ソフトバンクユーザーではいつでも10倍の特典がありますが、Yahoo! カードとの併用でも最大12倍にとどまり、楽天市場の方がお得ですね。 また、楽天市場・Yahoo! ショッピングでは、ともに「5の倍数の日」「5のつく日」に ポイントアップ対象日が用意されています。 海外旅行保険付帯条件 利用付帯 死亡・後遺障害 最高2,000万円 傷害治療 最高200万円 疾病治療 最高200万円 携行品損害 最高20万円 救援者費用 最高200万円 賠償責任 最高2,000万円 このように、年会費無料のクレジットカードでありながら、傷害・疾病治療が最高2,000万円まで補償される手厚い海外旅行保険が付帯しています。 ヤフーカードでは旅行保険は付帯しませんので、海外旅行時の補償用のカードとしてはの方が優秀ですね! ただし、楽天カードではショッピング保険は付帯しませんので、 ショッピング保険で比較すると年間100万円の補償が付帯するヤフーカードの方が有利です。 海外旅行保険でおすすめのクレカ• 楽天カードハワイラウンジを利用可能 楽天カードでは、ハワイ・ワイキキの中心地に設置された、 会員専用の「楽天カードラウンジ」を利用できます。 楽天カードラウンジでは、• フリードリンクの提供• 当日中の手荷物預かりサービス• 無料のWi-Fiサービス• 雨の日の傘貸し出しサービス• ベビーカーの無料貸し出しサービス など、ハワイ観光の際に嬉しいサービスを無料でうけることが可能です。 JCBやVISAなど、国際ブランドによって利用できる海外デスク・ラウンジはありますが、多数の会員で混み合っているのが現状です。 ハワイの楽天カードラウンジなら、 楽天カード会員専用となっていますので、快適に旅行の拠点として利用できますね! ヤフーカードでは、こうした海外ラウンジサービスは用意されていませんので、海外旅行時の特典としてもが有利と言って良いでしょう。 楽天ハワイラウンジ• 入会キャンペーンでも楽天カードがお得 楽天カードでは、 カードの入会・利用で大量ポイントがプレゼントされる入会キャンペーンを常時開催しています。 新規入会特典として2,000ポイント(2,000円相当)• 楽天カードの1回・1円以上の利用で3,000〜6,000ポイント(3,000〜6,000円相当) このように、 カード入会後1回カードを利用するだけで、誰でも5,000〜8,000ポイントの楽天ポイントを獲得可能です。 クレジットカードの入会キャンペーンでは、利用条件が厳しく設定されていることも多くなっていますので、簡単な条件でポイントを獲得できるのも嬉しいですよね! ヤフーカードでは現在、入会キャンペーンは休止されていますので、キャンペーンでカードをお得に手に入れたい方は一択です。 楽天カードの入会キャンペーン• 楽天カードならゴールドカードを目指せる 将来的にゴールドカードなどの上位カードを目指したい方にも楽天カードがおすすめです。 楽天カードでは、 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード と、高いランクのカードが用意されており、海外旅行をする機会の多い方などのニーズにも応えることができます。 楽天ゴールドカードの年会費は税別2,000円と低コストになっており、楽天市場でポイントが5倍になりますので、 楽天市場で年間10万円以上使う方はゴールドカードの方がお得です。 ヤフーカードでは、現時点でゴールドカードなどの上位カードは発行されていませんので、より上位のカードを目指したい方はを選択しましょう。 楽天ゴールド・プレミアムカードの違い• 楽天カードはETCカードが条件付き無料 楽天カードでは、ETCカードを条件付きで年会費無料で発行できます。 通常、楽天カードのETCカード年会費は税別500円ですが、ETC年会費の請求時点で 楽天ポイントクラブの「プラチナランク」以上なら、年会費が無料になる特典があります。 楽天プラチナランクの達成条件は、直近6か月間でのポイント獲得数・ポイント獲得回数です。 ヤフーカード 楽天カード JCB VISA Mastercard JCB VISA Mastercard アメリカン・エキスプレス では、 年会費無料でアメックスブランドを発行することが可能です。 アメックスでは、アメックスの優待をまとめたウェブサイト 「アメリカン・エキスプレス・コネクト」のワンランク上の特典を利用できます。 本家アメックスは年会費が高いからと躊躇している方も、年会費無料でアメックスブランドのクレジットカードを持つことができますよ! 楽天カードのアメックス• さまざまな限定デザインカードを発行できる さまざまな限定デザインカードで、個性を発揮することができるのも楽天カードの特徴のひとつです。 楽天カードでは、基本のカードデザインだけではなく、好みによってカードのデザインを選択できます。 お買い物パンダデザイン ディズニーデザイン YOSHIKIデザイン 楽天イーグルスデザイン FCバルセロナデザイン イニエスタデザイン 楽天カードは、シルバーの券面デザインがダサいからと敬遠される方も多いかと思いますが、限定デザインのカードを選択すればクレカにも自分の個性を反映させられます。 ヤフーカードでは、赤か黒の色の選択のみとなっていますので、より自由にカードデザインを選びたい方にもがおすすめです。 基本スペックを比較 ここでは、 ヤフーカードと楽天カードの基本スペックを比較します。 ヤフーカード 楽天カード カードデザイン 年会費 無料 無料 家族会員 無料 無料 ETC 税別500円 税別500円(条件付き無料) 申込資格 高校生を除く18歳以上の方 高校生を除く18歳以上の方 国際ブランド JCB VISA Mastercard JCB VISA Mastercard アメリカン・エキスプレス 還元率 1. 0% 1. 0% 旅行保険 — 国内:- 海外:最高2,000万円 このように、ヤフーカードと楽天カードでは、基本スペックでは非常に似たクレジットカードと言って良いでしょう。 ここからは、さらに細部での両者のカードの違いを比較します。 どちらもキャッシュレス消費者還元事業の対象! ヤフーカードと楽天カードは、 どちらのカードもキャッシュレス消費者還元事業の対象となっています。 キャッシュレス・消費者還元制度では、対象となる店舗でのキャッシュレス決済で最大5%のポイントが還元されます。 中小企業・小規模事業者の店舗:カード利用額の5%• コンビニ等フランチャイズチェーン:カード利用額の2% 還元の対象となるのは、 2019年10月1日〜2020年6月30日までの9か月間です。 期間中に、ヤフーカード、または楽天カードで対象店舗でお買い物をすれば、2%・5%の還元率で各カードのポイントが付与されます。 各カードの通常ポイントとは別にポイントが還元されますので、いずれのカードでも最大6%の還元率でポイントを貯められますね。 月間の還元額は15,000ポイントが上限となっていますので、9か月間でMAX135,000ポイントをゲットしちゃいましょう! ポイント還元率で比較 ヤフーカードと楽天カードの還元率は、ともに 1. 0%と同等です。 楽天カード ヤフーカード コンビニ・ スーパー ヤマザキデイリーストア・ポプラ・フジ・ピュアークック・大丸・松坂屋・ツルハドラッグなど ファミリーマート・サークルKサンクス・マルエツ・ウエルシア・三越伊勢丹など 飲食店 マクドナルド・くら寿司・ミスタードーナツ・プロント・ペッパーランチなど 吉野家・ドトール・ガスト・ロッテリア・牛角など ネット ショッピング 楽天市場・楽天トラベル・楽天ブックス・楽天マート・ラクマなど Yahoo! ショッピング・LOHACO・ヤフオク・Yahoo! トラベルなど 航空会社 ANAマイル ANAマイル 電力会社 アストモスエネルギー・楽天エナジーなど 東京電力 ガソリン スタンド 出光・伊藤忠など ENEOS その他 楽天モバイル・ホワイト急便など ソフトバンク・TONEモバイル・TSUTAYAなど ポイントの使い勝手を比較すると、 ファミリーマートやTSUTAYAでも利用できるTポイントの方が有利です。 ただし、楽天ポイントは、• 楽天Edyのチャージ• 楽天ペイでのポイント払い など、ポイント交換だけではなく、 電子マネーとも相性が良いのが特徴となっています。 ポイントを楽天Edyにチャージして利用することで、より幅広い店舗・サービスでポイントを利用できますので、使い勝手の幅が大きく拡がりますね! 楽天Edyでお得なクレカ• ANAマイル交換は楽天カードが便利 ポイントをANAマイルに交換する場合、 端数のポイントをマイルに交換できる楽天カードが有利です。 ヤフーカードと楽天カードでは、ともに2ポイント=1マイルのレートでANAマイルに交換できます。 ただし、ポイントをANAマイルに交換する際の、 最小交換単位に違いがありますので注意が必要です。 楽天ポイント 2ポイント以上2ポイント単位 Tポイント 500ポイント以上500ポイント単位 楽天ポイントでは、2ポイントからANAマイルに交換できますので、特典航空券の交換に足りない端数の交換時にも役立ちますね。 期間固定TポイントはPayPayボーナスライトに切替 ヤフーカードでのYahoo! ショッピングの利用などで付与されていた 「期間固定Tポイント」は、2019年8月31日以降、PayPayボーナスライトに切替となりました。 PayPayボーナスライトは、話題のスマホ決済「PayPay」の残高として利用することが可能となっており、 幅広いPayPay加盟店で利用できます。 これまでの期間固定Tポイントでは、リアル店舗でのTカード加盟店では利用できませんでしたので、ヤフーカードユーザーにとっては改善と言って良いでしょう。 PayPayユーザーの方も、Yahoo! ショッピングの利用で効率的にPayPayボーナスライトを貯められるのはメリットですね! PayPayボーナスライト• Tポイントはウエルシアで価値がアップ Tポイントは、ウエルシアで活用すれば 1ポイントあたりの価値を1. 5倍にアップさせることができます。 ウエルシアでは、 毎月20日に「お客様感謝デー」を開催しています。 お客様感謝デーでは、Tポイントでの200ポイント以上のお買い物で、1ポイントあたりの価値が1. 5円にアップする特典があります。 200ポイントで300円分のお買い物をすることができますので、Tポイントの使い道としては非常にお得ですね! ウエルシアでのポイント活用• 電子マネー対応で比較 ヤフーカードはPayPayにクレジットチャージできる唯一のカードとなっています。 PayPayでは、PayPay残高での支払いの他にクレジットカードでの決済も可能ですが、ヤフーカード以外のカードではクレジットチャージをすることができません。 また、キャンペーン等の際には、PayPayでのヤフーカード払いでもボーナス率がアップすることもありますので、 PayPayとヤフーカードはセットと考えて良いでしょう。 対して、 楽天カードは楽天Edyとの相性がバツグンとなっており、楽天Edyのチャージ・利用でポイントを2重取りすることも可能です。 楽天Edyは、Google Payにも登録して利用できますので、スマホ決済での利用でも困ってしまうことはありませんね。 電子マネーでお得なクレカ• 審査基準を比較 ヤフーカードと楽天カードでは、審査基準に大きな違いはありません。 ヤフーカードと楽天カードともに、申込資格は高校生を除く18歳以上の方となっています。 学生や専業主婦でも申し込みできる、申込窓口の広いカードとなっていますので、初めてのクレジットカードとしてもおすすめですね。 また、楽天カードでは、学生向けのカードラインナップとして「」が用意されています。 学生で、クレジットカードの審査に不安を抱えている方の場合、の方が申し込みしやすいと考えて良いでしょう。 どっちを持つか悩んだら両方持って使い分けもアリ! ここまで読んで、まだヤフーカードと楽天カードを決めかねている方は、2枚持ちでの使い分けもアリです。 総合的な評価では楽天カードが優秀• PayPayユーザーにはヤフーカードも捨てがたい• 年会費無料なので2枚持ちでも負担がない 総合的なクレジットカードの評価で比較すると、ネット通販・補償の面をはじめ、の方が有利なのは間違いありません。 ただし、話題のスマホ決済、PayPayにクレジットチャージできるヤフーカードが捨てがたいのも事実です。 ヤフーカードと楽天カードは、 ともに年会費無料のクレジットカードですので、迷うくらいなら両方のクレジットカードを申し込みして使い分けちゃいましょう。

次の

楽天証券とSBI証券のNISA口座で比較【2大ネット証券比較】

楽天 比較

Yahoo! ショッピングと楽天市場どっちが安い? Yahoo! ショッピングと楽天市場のどっちがお得になるのか気になっている方は、 どっちのECモールが安く買えるかを比較したい方が多いでしょう。 Yahoo! ショッピングと楽天市場を比較する際には、 獲得できるポイント還元率で比較することが重要です。 Yahoo! ショッピングと楽天市場では、同じ店舗が両方に出店しているケースが多く、どちらのサイトでも商品の値段は同じというケースが多くなっています。 ですので、 同じ店舗の同じ商品をよりお得に購入することができるのは、ポイント還元率の優れたECモールで購入した場合となりますね! このページでは、Yahoo! ショッピングと楽天市場のポイント倍率を中心に、どちらのECモールがお得に利用できるのかを多角度で比較します。 Yahoo! ショッピングと楽天市場の基本の還元率は1. 0% Yahoo! ショッピングと楽天市場では、 基本の還元率1. 0%でポイントを貯めることができます。 貯められるポイント ストアポイント Tポイント 100円に1ポイント (還元率1. 0%) 楽天ポイント 双方のECモールでは、ともに人気の共通ポイントを還元率1. 0%で貯めることができます。 ECモール大手では「Amazon」も人気ですが、ポイント還元率を考えるとYahoo! ショッピング・楽天市場の方がお得ですね! 貯められるポイントでは、 ファミリーマートなどでも利用できるTポイントが使い勝手では有利ですが、 楽天ポイントも幅広く利用できる優秀な共通ポイントです。 各ECサイトのポイントアップ特典を比較して、どちらがより多くのポイントを貯められるかが判断基準と考えていいでしょう! Tポイントと楽天ポイントの違い• ソフトバンクユーザーは文句無しにYahoo! ショッピングがお得!楽天SPUとの比較 ソフトバンクユーザーであれば、一択でYahoo! ショッピングを選択するべきです! ソフトバンクユーザーは、Yahoo! Yahoo! ショッピングでは、• 楽天カードの利用で+2倍• 楽天銀行でのカード利用代金の引き落としで+1倍• 楽天モバイルの利用で+2倍 など、 ポイントアップの条件が非常に細かくなっていますね。 楽天SPUでのポイントアップには、楽天ブックスや楽天トラベルの利用も条件となっていますので、 楽天のヘビーユーザーの方しか最大15倍の還元率で利用するのは難しいでしょう。 ソフトバンクユーザーの場合、それだけでYahoo! ショッピングをいつでも10倍還元で利用することができますので、ソフトバンクユーザーの場合は悩む必要はありません。 Yahoo! ショッピングと楽天市場のポイントアップ条件については、こちらも参考にしてくださいね! 参考• ポイントアップが可能な優待日は楽天市場の方が多い、ただしお得度はYahoo! ショッピングが有利 Yahoo! ショッピングと楽天市場では、それぞれ 通常日よりもポイントアップがある優待日が設定されています。 Yahoo! ショッピング:開催日ごとに5,000ポイントまで• 楽天市場:月間で3,000ポイントまで と、 楽天市場では+2倍の上限が月間3,000ポイントまでとなっていますので、5の倍数の日に15万円以上利用すると+2倍の特典をうけることができません。 Yahoo! ショッピングの5のつく日のポイントアップは、開催日ごとに5,000ポイントまでとなっていますので、月間で最大15,000ポイントのボーナスポイントを獲得できます。 ポイントアップの条件、獲得ポイントの上限の両面で比較しても、 Yahoo! ショッピングの5のつく日の優待の方がお得なキャンペーンと言っていいでしょう。 5のつく日のキャンペーン• では、 楽天市場でいつでもポイントが5倍になる特典があり、楽天カードとの還元率の差は2%となっています。 楽天ゴールドカードの年会費は税別2,000円となっていますので、 年間10万円楽天市場を利用する方なら、ポイントだけで年会費の元を取ることができますね! 楽天カードでは、 カードの年会費を楽天ポイントで支払うことが可能です。 楽天市場をよく利用する方なら、貯まったポイントで年会費を支払い、実質年会費無料で楽天ゴールドカードを利用することもできます。 楽天市場では楽天プレミアムで送料分ポイント還元が可能 ネット通販を利用する際の送料をお得に利用したい方は、 送料分をポイントで還元してもらえる「楽天プレミアム」がおすすめです。 楽天プレミアムでは、楽天市場でお買い物の際に 送料相当のポイントを毎月10回まで還元してもらうことができます。 1回のポイント付与の上限は500ポイントまでとなっていますので、 月間で最大5,000円分の送料をポイントとして還元してもらうことができます。 楽天プレミアムの年会費は税別3,900円となっていますが、1か月無料でサービスを体験することができますので、送料をお得に利用したい方は試してみてもいいのではないでしょうか。 Yahoo! ショッピングには、送料が無料になるプレミアムサービスは用意されていませんので、 送料の面で比較すると楽天市場の方がお得と言っていいでしょう。 楽天プレミアムのサービス内容• Yahoo! ショッピングと楽天市場をセールで比較 Yahoo! ショッピングと楽天市場では、 不定期的にお得なセールを開催しており、セールの開催を楽しみに待っている方も多いのではないでしょうか!• Yahoo! ショッピング:いい買い物の日• 楽天市場:楽天スーパーセール いずれのECモールのセールも、お得なタイムセールやクーポン、さらに「買い回り」でのポイントアップなど、一番お得にお買い物ができる特典が用意されています。 ただし、 Yahoo! ショッピングのいい買い物の日は「11月11日」前後の年に1回の開催となっています。 楽天スーパーセールは、ほぼ季節ごとに開催されていますので、セールの開催頻度では楽天市場の方が多くなっていますね。 楽天スーパーセールの開催日前後はテレビCMも多く流れていますので、楽天市場がいかにセールに力を入れているかを感じることができますね! 期間限定ポイントの使い勝手で比較 Yahoo! ショッピングと楽天市場のポイントアップで付与されるのは、 通常ポイントよりも有効期限が短く、使い道も限定された期間限定ポイントです。 期間限定ポイントの使い勝手で比較すると、 Tポイントよりも楽天ポイントの方が使い勝手は良くなっています。 楽天ポイントの期間限定ポイントは、ANAマイルへの交換や楽天Edyへのチャージには利用できませんが、 楽天ポイント加盟店で1ポイント=1円として利用することができます。 ヤマザキデイリーストア• マクドナルド• ミスタードーナツ など、身近な店舗で期間限定ポイントを消化することができますので、 通常ポイントとほぼ変わらない使い勝手の良さが魅力です。 また、楽天のQRコード決済サービス 「楽天ペイ」での利用で、ローソンで期間限定ポイントを利用することも可能です。 毎日のように利用するローソンで期間限定ポイントを消化することができますので、現金同様に楽天ポイントを利用することができますね! Tポイントと楽天ポイントの期間限定ポイントについては、こちらでも詳しく解説しています。 ネット通販利用時の補償で比較 ネット通販利用時の補償で比較すると、 楽天市場の方が補償の対象は優秀となっています。 楽天市場では 「楽天あんしんショッピングサービス」が付帯しており、 商品の未着や不良品等のトラブルを最高30万円まで補償してもらうことができます。 補償の対象は楽天市場を利用したすべての方となっており、 年会費や登録不要で補償をうけることが可能です。 Yahoo! ショッピングでも類似の補償として 「お買い物あんしん補償」が用意されていますが、こちらは Yahoo! プレミアム会員限定のサービスとなっています。 Yahoo! プレミアム会員は月額税別462円の会費が必要となりますので、補償のために会員になるのはちょっとためらってしまいますね。 ただし、 ソフトバンクユーザーの場合はYahoo! プレミアムも無料となりますので、無料でお買い物あんしん補償もうけることができますよ! 楽天カードとヤフーカードを比較 各ECサイトを利用する際には、 楽天カードとヤフーカードの保有がおすすめです。 ここでは、とのクレジットカードとしての機能を比べてみましょう。 ヤフーカード 楽天カード 年会費 無料 無料 家族会員 無料 無料 ETC 税別500円 税別500円 申込資格 高校生を除く18歳以上の方 高校生を除く18歳以上の方 国際ブランド JCB VISA Mastercard JCB VISA Mastercard アメリカン・エキスプレス 還元率 1. 0% 1. 0% 旅行保険 — 国内:- 海外:最高2,000万円 双方のカードともに 年会費永年無料で利用することが可能となっており、ネット通販用に保有しておいても損はありません。 ただし、 ETCを利用する前提では楽天カードの方がお得です! 楽天カードのETC年会費は税別500円となっていますが、楽天ポイントクラブのランクがプラチナになると無料になる、 条件付き年会費無料です。 楽天市場を良く利用する方の場合はプラチナ会員へのランクアップも容易ですので、車をお使いの方は楽天カードの方がお得ですね。 楽天カードのETCを無料にする方法• 楽天カードはアメックスを選択可能 楽天カードでは、国際ブランドに上質な特典の付帯した「アメリカン・エキスプレス」が選択可能になりました。 アメックスでは 「アメリカン・エキスプレス・コネクト」のサービスが利用可能となっており、ダイニングやホテルでの優待割引を利用することができます。 楽天カードでは、最高2,000万円の海外旅行保険も付帯していますので、海外旅行に出かける予定のある方はアメックスの特典を有効活用することができますね! アメックスブランドを選択した場合にも年会費や楽天市場でのポイントアップなど、基本の特典には変わりがありません。 楽天カードのアメックスブランド• ポイントの貯まりやすさを重視するならYahoo! ショッピング Yahoo! ショッピングでは、幅広い方がポイントを貯めやすい特典が豊富に用意されているのがメリットとなります。 もっともお得に利用することができるのは、 いつでもポイント10倍で利用することができるソフトバンクユーザーの方です。 ただし、 5のつく日にはポイントが5倍になる特典があり、ソフトバンクユーザーでなくても5倍ポイントでお買い物をすることができます。 また、月額税別462円の Yahoo! プレミアムに入会することでいつでもポイント5倍になる特典がありますので、幅広い方にポイントが貯まりやすくなっています。 期間限定ポイントの使い勝手を考えるなら楽天市場 期間限定ポイントの使い勝手を考えて貯めるなら、楽天ポイントが貯まる楽天市場の方が有利です。 楽天ポイントの期間限定ポイントは、 マクドナルドをはじめとしたリアル店舗で消化することが可能となっており、通常ポイントと同様に使い勝手のいいポイントです。 また、 楽天ペイを活用することで、ローソンでも期間限定ポイントを利用することができますので、期間限定ポイントの価値も非常に高くなっていますね。 楽天市場のポイントアップで大量に貯まる期間限定ポイントの使い勝手が良い点は、楽天市場の大きなメリットです。 デメリットは楽天SPUの条件の細かさ 楽天SPUでは、 非常に細かな条件でポイントアップが設定されていますので、楽天のサービスをよく利用する方にしか恩恵は少なくなっています。 ただし、.

次の