松屋 ネット 注文。 松屋の持ち帰りおすすめメニュー!持ち帰りの注文方法も紹介

松屋注力「持ち帰りキャンペーン」 松弁ネットを活用でさらにお得

松屋 ネット 注文

20:00以降のお申込みは、翌日10:00以降のお受け取りとなります。 お支払いは、商品のお受け取り時、お受け取り店舗のお支払方法からお選びいただけます。 ご注文後、[bentou zensho. com]から自動返信メールが届きます。 迷惑メール対策設定などにより、返信メールが受け取れない場合があります。 [zensho. com]からのメールを受信できるように設定してからご予約下さい。 また自動返信メールが届かない場合は、大変お手数ですが0120-730-489までお電話にてお問合せ下さい。 こちらでの注文では配達は承っておりません。 一部地域では販売価格が異なります。 ご注文後、内容確認のためこちらからお電話させていただく場合がございます。 ご了承ください。 キャンセル・内容変更に関しては、お受け取り時間2時間前までに下記までお電話ください。

次の

待ち時間0秒!松屋がネット注文できる「松弁ネット」を試してみた!便利だけど個人利用には難あり。

松屋 ネット 注文

松屋、持ち帰りの買い方、注文方法 それでは松屋の持ち帰りの注文方法を説明します。 松屋で持ち帰りを注文する場合は、店内飲食と同様に食券を購入することになります。 店内飲食と違うのは、食券を購入する際に持ち帰り用の食券を購入するということです。 持ち帰り弁当用食券の購入 食券を購入する方法は特に難しくありません。 券売機の右上に大きな青色の「弁当」ボタンがあるので、それを最初に押します。 店舗によっては以下のようにタッチパネルになっています。 その場合は「持ち帰り」のボタンをタッチしてください。 こちらは分かりやすいですね。 先の「弁当」のボタン、もしくは「持ち帰り」のボタンを押すと、自動的に持ち帰り可能なメニューのみ使えるようになります。 自分の好みのメニューのボタンを押してそのまま購入してください。 今すぐにチェックしたい人は別途松屋の持ち帰りメニューをまとめた記事を参考にしてください。 (参考: 持ち帰りカウンターで注文 松屋には持ち帰り専用カウンターのあるお店が多いです。 持ち帰りカウンターがある場合はそちらで店員さんに食券を渡してください。 持ち帰りカウンターでなくても特に問題ないですけどね。 基本的に流れは同じ。 店員さんに食券を渡して持ち帰りであることを伝えれば大丈夫です。 商品の受け取り 商品を受け取る際には「箸やしょうがなどをお取りください」ということで自由に持ち帰りができるものが置いていある場所を教えてくれます。 その場合は必要数を入れましょう。 ただし、最近は自分で入れるパターンのお店が減った感じがします。 おそらくは、異常な数を持ち帰りする人が多かったのでしょう。 最近は必要個数を入れてくれるだけの場合が多いです。 よって、お箸が入っているかどうか、しょうがなどが好きならばそれが入っているかどうか、野菜などを注文した場合にはドレッシングが入っているかどうかなど自分でチェックすることをお薦めします。 松屋の持ち帰り予約 松屋では持ち帰り予約注文をすることが可能です。 松屋の予約注文はネット注文と電話注文の2種類。 ネット注文ではしばらくの間、割引キャンペーンを実施しています。 お得なうちにネット注文も試してみてください。 ネット予約注文、電話予約注文の順番で以下に説明します。 松屋の持ち帰り、ネット予約方法 まずは松屋の持ち帰りネットで予約する方法について説明します。 会員登録からの流れを説明しますが会員登録が済めば次からはログインしてすぐに注文が可能です。 最初だけは登録がちょっと面倒ですが頑張りましょう。 持ち帰り専用公式サイトにアクセス 松屋の持ち帰りサイトにアクセスすると上記のように松弁ネットというサイトに繋がります(時期によってサイトデザインは変わります)。 松屋の持ち帰り、新規会員登録 アクセスしたら右上にある新規会員登録をクリック(タップ)してください。 すると上の画像のように新規会員登録画面が出てくるので「上記の内容に同意する」にチェックを入れてメール送信ボタンを押してください。 すると以下のようなメールが送られて来るので、そのメールにあるURLをクリック(タップしてください)。 それで本登録画面に移ります。 松屋の持ち帰り、新規会員登録完了 松屋からメールで送られてきたアドレスをクリック(タップ)すると上記のように会員登録の案内サイトに移動します ここでパスワードや名前、電話番号、都道府県、生年月日を入力して登録してください。 これで登録が完了します。 (パスワードは8桁以上。 数字のみでもOKです) 注文店舗を選ぶ 登録が完了したらログイン状態になるのでここで注文可能です。 まずは店舗検索から。 店舗検索には郵便番号を入力してもいいでしょう。 店舗名が分かればなおいいです。 例えば新大阪で検索するとこんな感じで出てくるので受取日時選択へのボタンをクリック(タップ)してください。 ここでクリックしてからちょっと時間がかかります。 時間指定から注文へ 「最短で受取」もしくは「日時を指定して受け取り」にチェックを入れてください。 日時を指定する時には右にある日時の設定をしてから「メニュー選択へ」のボタンをクリック(タップ)してください。 すると以下のようにメニュー選ぶ画面に移動します。 持ち帰り予約注文 あとは下がって自分の好きなメニューを選んで予約注文することになります。 各メニュー画面に移動したらサイズなどを選んで、その画面の下の方にある「買い物かごに入れる」をクリック(タップ)します。 以下はプレミアム牛めしの画面ですが盛り付け方を選択しないと「内容に不備があります」と出るので注意。 一通り選択したら下がって「買い物かごに入れる」をクリック(タップ)してください。 持ち帰り予約注文確定 一通り、買い物かごに入れたら最後に一番下まで下がって注文手続きをするをクリック(タップ)してください。 次の画面で再び下がって「この内容で注文依頼する」をクリック(タップ)すれば注文完了になります。 松屋で現金と引き換えに弁当を受け取る 予約注文が完了したら後は指定の時間に松屋に行ってください。 予約注文の場合は食券を買わずに直接店員さんに現金を渡して引き取ることができましたが、これは店舗によっても異なるかもしれません。 店員さんに確認して食券が必要なようであれば食券を買い求めてください。 松屋の持ち帰り、電話予約方法 松屋の持ち帰り予約は電話でも可能です。 自分が持ち帰りするお店に電話して予約するだけ。 電話番号の確認 電話番号が分からない場合は公式サイトの店舗検索から店舗情報を確認してください。 電話番号もあります。 お店に出向いた時に既にできているとかなりありがたいですよね。 注文内容のチェック 注文時にはメニュー内容、個数、自分の名前、電話番号を伝えることになります。 電話口であたふたしないように予めメニューや個数は決めておきましょう。 また、必ず受取時間も確認してください。 自分の希望する時間よりも遅くなる場合があるので注文すると決めたらなるべく早く予約したほうがいいでしょう。 指定時間に受け取り 予約注文が完了したら後は指定の時間に松屋に行ってください。 予約注文の場合は食券を買わずに直接店員さんに現金を渡して引き取ることができましたが、これは店舗によっても異なるかもしれません。 店員さんに確認して食券が必要なようであれば食券を買い求めてください。 松屋、持ち帰り注文の豆知識 次に松屋の持ち帰りの特徴について説明します。 いくつかのお得な特徴があるので把握しておくといいでしょう。 味噌汁について まずは残念なお知らせから。 松屋の持ち帰りには味噌汁が付きません。 松屋と言えば味噌汁無料なのでこれはちょっと残念ですね。 なぜ、お持ち帰りだと付かないのか?と不満に思うかもしれませんがこれは仕方がないでしょう。 専用の容器などを用意する必要があり、余計にコストがかかってしまいます。 もともと持ち帰りには他にも容器を用意しているのでコストがかかっています。 更にコストをかけられないというのは仕方がないところでしょう。 松屋は定食類のお持ち帰りができる なんと松屋は定食類のお持ち帰りが可能です。 これは他の牛丼チェーン店には無い特徴です。 定食類の持ち帰りをしたい場合は松屋に行きましょう! ただし、定食類もみそ汁は付かないので注意してください。 単品の持ち帰りも可(牛皿、豚汁など) 松屋の持ち帰りは単品の注文も可能です。 牛皿や豚汁といった注文も可能。 状況に応じておかずだけ欲しいということもありますが、そんな要求も松屋ならば答えてくれますよ! 松屋の牛丼持ち帰りはセパレートも可能 牛丼のお持ち帰りの難点として、ご飯が牛肉などの汁を吸ってべちゃべちゃになるというものがあります。 しかしながら、松屋の牛丼など丼類の持ち帰りはセパレートが可能です(一部不可かも)。 ネット注文、電話注文の際にもセパレートか直盛りを選べます。 ・ 直盛り ごはんに具を直接盛り付ける直盛り じかもり は「すぐに食べたい」「ごはんにタレを染み込ませたい」場合に最適。 これならば他の牛丼屋さんでと同じです。 (これが直盛り。 他の牛丼屋さんと同じ盛り方) ・ セパレート ごはんと具を別々の容器に盛り付けるセパレート。 お持ち帰り後にレンジで温めなおしても、できたての美味しさをキープできます。 セパレートができるのは松屋の特徴の1つですね。 (これがセパレート。 別々に食べることも可能です) つゆだく、つゆなしも可能 松屋では持ち帰りでもつゆだく、つゆなしの注文が可能です。 ネット注文ではプルダウンメニューで選べるようになっているので注文時には注目してください。 何もしないと普通になります。 電話予約注文や店頭注文の際には口頭で伝えてください。 何も言わなければ普通になります。 持ち帰り容器はレンジ可能 公式サイトでは直盛り、セパレート、どちらの容器もレンジで温めることが可能とされていますが、温める時間は短めにすることをお薦めします。 推奨時間は500Wで1分となっているので1分以内にとどめておいたほうがいいでしょう。 容器を触った感じでは電子レンジに強い容器ではない感じがします。 非対応メニューもある(朝定食の持ち帰り不可) 定食類も持ち帰りができるということでかなり嬉しい松屋ですが、当然ながら持ち帰り非対応メニューもあります。 その代表例は「朝定食の持ち帰り不可」でしょう。 朝からお得な朝定食メニューがありますが持ち帰りはできないので注意してください。 朝定食メニューが食べたい時は店内飲食を検討しましょう。 また、それ以外にも持ち帰りできない商品がいくつかあります。 季節によって異なる場合もあります。 持ち帰りメニューについても別途まとめているので必要に応じて確認ください。 (参考:) 松屋の持ち帰りの買い方、予約方法などまとめ• 松屋は持ち帰りもお得。 値段が安い• 店頭での持ち帰り注文は食券で• 食券を持ち帰り専用カウンターで店員さんに渡してください• ネットや電話予約も可能。 ネットだと値引きなどの特典あるかも?• 定食類、単品(牛皿、豚汁)などの注文も可能• セパレート、直盛りを選択可能• 持ち帰り容器はレンジ対応、500W1分程度• つゆだく、つゆなしなどの注文も可能• 残念ながら味噌汁付かない、朝定食など非対応メニューもあるので注意 ということで松屋は持ち帰りもお得です。 とにかく値段が安いのでお薦め。 注文方法は簡単なので上記の注文方法を参考にして注文してください。 忙しい時には予約注文も考えてくださいね。 以上、いろいろと書きましたが、、、 やはり持ち帰りも松屋がお得。 持ち帰って松屋の味を自宅でも堪能してください。 (合わせてお読みください).

次の

松屋注力「持ち帰りキャンペーン」 松弁ネットを活用でさらにお得

松屋 ネット 注文

持ち帰り限定のキャンペーン4連発 現在、飲食店では持ち帰りを重視しています。 飲食チェーンの中で、持ち帰りに特に力を入れているのは「松屋」かもしれません。 松屋では持ち帰りを多く利用してもらうべく、お得な持ち帰り限定キャンペーンを4つ実施中です。 matsuyafoods. ライス単品の場合、並盛が160円、大盛が220円ですので、 価格差の60円分がお得です。 matsuyafoods. ご飯は家にあるのでおかずだけ欲しい、という方にピッタリです。 こちらのキャンペーン、特に終了時期は決まっていません。 matsuyafoods. プレミアム牛めしを販売していない店舗では、牛めしが全サイズ20円引きです。 こちらのキャンペーンも、特に終了時期は決まっていません。 また、 5月12日10時まで、 持ち帰り限定でライス付きオリジナルカレーが並盛390円、大盛490円で復活します。 2019年12月のメニューリニューアルに伴い、オリジナルカレーは1度メニューから消えましたが、期間限定での復活です。 店内飲食では頼めないメニューですので、持ち帰って懐かしの味を堪能しましょう。 matsuyafoods. 3人家族分をトリオで賄うのもよし、1人で3食に分けて食べるのもいいでしょう。 こちらのキャンペーンも、特に終了時期は決まっていません。 matsuyafoods. matsuyafoods. マクドナルドのモバイルオーダーは、ドライブスルーに対応していないことを考えると、松屋の方が優秀です。 お店の中で待つこともなく、より安心です。 matsuyafoods. Uber Eatsや出前館などの出前代行業者も利用できますが、 松弁デリバリーは松屋の従業員が自ら配達をします。 「松弁ネット」から税込1,000円以上注文すると、注文店舗の半径2km圏内を松屋の従業員が配達するもので、 別途300円の宅配料が発生します。 ただし、Uber Eatsや出前館などの出前代行業者とは異なり、 松弁デリバリーの商品価格は店頭価格と変わりありません。 現金払いのみですが、近くに対応店舗がある人は利用する価値アリです。 1人でも家族でも、松屋は持ち帰りがお得 松屋の持ち帰りは、あらゆる人をターゲットにしています。 3人家族やおかずのまとめ買いをしたい人は、トリオおかずがお得です。 ご飯をがっつり食べたい人は、 定食の大盛り無料が使えます。 外に出たくない人は、松弁デリバリーもアリです。 (執筆者:角野 達仁).

次の