合銀 ワンタイムパスワード。 ワンタイムパスワードサービス|JAネットバンク

パスワードカード(スマホアプリ版)のご利用方法 : 三井住友銀行

合銀 ワンタイムパスワード

ワンタイムパスワードサービス ワンタイムパスワードサービスについて ID・パスワード情報の不正利用を防止するため、ネットバンクへのログイン時に通常のログインID、ログインパスワードに加えて1分ごとに更新される使い捨てパスワードを入力することによりお取引が可能になるワンタイムパスワード機能を搭載しています。 現在ご利用の携帯電話・スマートフォンのアプリケーションを利用して配信する、ワンタイムパスワードは1分間ごとに変化するため非常に高いセキュリティを確保することができます。 ログインID・パスワード等を不正に取得するフィッシング・スパイウェア対策の一つとして、ワンタイムパスワードをご活用ください (ご利用は無料です)。 取引の都度、取引内容とパスワードをメールにて通知する「取引認証パスワード」をご利用いただけます。 取引時の操作は、をご覧ください。 JAネットバンクをスマートフォンからご利用になる際はワンタイムパスワード機能のご利用が必須となりますのでご留意ください。 また、ワンタイムパスワードのご利用設定後はパソコンからご利用になる場合もワンタイムパスワードが必須となりますので合わせてご留意ください。 本手続では本人確認のため、お客様がJAにご登録されている電話番号からのお電話が必要となります 通話料無料。 ご登録電話番号は、本手続を進めていくと画面上に表示されます ただし下4桁非表示。 050から始まる電話番号からのお電話は認証できません。 また、電話番号非通知でのお電話は認証できません。 ご登録電話番号を現在使用されていない場合や、ご登録電話番号が050から始まる場合、お取引JAで電話番号変更を行ったうえでお手続ください。 本手続ではご利用開始に必要な情報をメールで送信します。 janetbank otp-auth. netからのURL付メールを受信できるように、事前にメール設定をしてください。 画面の説明・注意事項等を確認のうえ、ワンタイムパスワードアプリをダウンロードするスマートフォンのメールアドレスと端末の種類、利用開始パスワード、初回ログイン時等に登録いただいた追加認証を入力し、ご登録電話番号を確認のうえ「電話番号認証を行う」ボタンを押します。 追加認証は、初回ログイン時のお客様情報登録につづけて本手続を行う場合、入力不要となります。 利用開始パスワード・・・トークンの初期設定時にのみ必要となるパスワードです 4~8桁の任意の数字でお客様に設定いただきます。 ワンタイムパスワードアプリの初期設定を終えるまではメモをとるなどして忘れないようにお願いします。 STEP 3 ワンタイムパスワードアプリを起動します。 アプリを起動させると、初期設定画面が表示されます。 サービスID・ユーザID 受信メールに記載されています 、トークン発行処理の際に入力した利用開始パスワードを入力し、「送信」ボタンをタップしてください。 初期設定完了画面が表示されます 初期設定作業完了時のみ表示されます。 以降は表示されません。 すでにワンタイムパスワードアプリをご利用の場合 すでにワンタイムパスワードアプリをダウンロード済みで、新たにJAネットバンクでワンタイムパスワードをご利用になる場合は、トークンの追加を行う必要がありますので、以下の手順で操作してください。 STEP 1 ワンタイムパスワードを起動します。 ワンタイムパスワードアプリの画面が表示されたら「設定」ボタンをタップします。 STEP 2 「トークン追加」ボタンをタップします。 STEP 3 トークン追加の画面が表示されます。 サービスID、ユーザID 受信メールに記載されています 、トークン発行処理の際に入力した利用開始パスワードを入力し、「送信」ボタンをタップしてください。 トークン追加完了画面が表示されます トークン追加作業完了時のみ表示されます。 以降は表示されません。 機種変更時等の注意事項 ワンタイムパスワードアプリを使用しているスマートフォンを機種変更される場合や、ワンタイムパスワードアプリをスマートフォンから削除する場合は、必ず「ワンタイムパスワードサービスの利用解除」を行ってください。 「ワンタイムパスワードの利用解除」を行うことなく機種変更やアプリの削除をされた場合「JAネットバンク」にログインできなくなります。 「ワンタイムパスワードサービスの利用解除」については、以下の手順で行ってください。 JAネットバンクにログインできなくなった場合は、「各種パスワード等の初期化・再設定」から「ワンタイムパスワードの再発行」を行ってください。 「ワンタイムパスワードの再発行を」ご利用いただけない場合は、お取引のあるJA窓口までお申し出ください。 ワンタイムパスワードの有効期限について ワンタイムパスワードには有効期限の設定があり、トークンアプリ画面にて表示しております。 有効期限が近づいた場合は、トークンアプリ画面に更新画面が表示されますので、更新操作を行ってください。 ソフトウェアトークン取引認証のご利用について ソフトウェアトークン取引認証は、お客さまがJAネットバンキングでの対象取引を実行される前に、スマートフォン上のソフトウェアトークンでお客さまの取引内容が改ざんされていないかをお客さまがご自身で取引内容に改ざんが無いか確認のうえ、振込・振替を行う認証方法です。 このソフトウェアトークン取引認証を利用されることにより、お客さまは安全な取引が可能になります。 現在、ログイン時にご利用中のワンタイムパスワードにソフトウェアトークン取引認証を加えることで、不正ログインの防止と送金内容の改ざん防止の両方を実現することで、より一層安心してインターネットバンキングのご利用が可能となります。 ワンタイムパスワードの設定に引き続き『ソフトウェアトークン取引認証』のご利用をお願いいたします。 利用開始方法については以下をご参照ください。 ソフトウェアトークン取引認証のご利用は無料です。

次の

各種ご利用・操作ガイド|インターネットバンキング|群馬銀行

合銀 ワンタイムパスワード

ソフトウェアトークンをご利用いただくためには、下記2つが必要になります。 iOS、もしくはAndroid OSが搭載されたスマートフォン• クラウド版「ドラゴンクエストX」で利用券を購入してプレイされている方で、スクウェア・エニックス アカウントとのIDリンクが済んでいない方は、キャラクターデータと「スクウェア・エニックス アカウント」の「IDをリンクする」必要があります。 Wii U版「ドラゴンクエストX オンライン」の無料製品版をプレイされている場合は、有料で購入した他のレジストレーションコードを登録した、もしくは利用券を購入されたアカウントである必要があります。 STEP 2 スクウェア・エニックス アカウント管理システムにログインする 「ワンタイムパスワード」ページ下方の「ソフトウェアトークン(スマートフォン用アプリ)の設定を行う」をクリックして先へ進み、画面の指示に従ってソフトウェアトークンの登録用パスワードを発行します。 (スクウェア・エニックス アカウントに登録しているメールアドレス宛にメールで送信されます) 登録用パスワード発行手続きの途中で、ソフトウェアトークンのアプリをダウンロードするよう表示されますので、ご利用になるアプリをダウンロードしておいてください。 なおセキュリティトークンを既にご利用の場合、そのままではソフトウェアトークンをご登録いただくことはできません。 ソフトウェアトークンをご登録いただく場合は、事前にセキュリティトークンの解除を行ってください。 解除方法は。 STEP 4 ダウンロードしたソフトウェアトークンを起動する 情報を入力する画面が表示されるので、以下の3つを入力して【OK】ボタンを選択すれば登録が完了します。 スクウェア・エニックスID (登録用パスワードを発行するときに使用したID)• 登録した生年月日 (スクウェア・エニックス アカウントに登録した生年月日)• 登録用パスワード (登録しているメールアドレス宛に、メールで送信されています) 登録が完了すると、ワンタイムパスワードが表示されます。 これ以降、アプリを起動するたびにワンタイムパスワードが表示されますので、ログインを行う際は「スクウェア・エニックスID」「パスワード」「ワンタイムパスワード」の3つを入力してログインするようにしてください。 今後は、高いセキュリティでオンラインゲームなどをお楽しみいただけるようになります!.

次の

ワンタイムパスワード(ソフトトークン・ハードトークン)

合銀 ワンタイムパスワード

(ダイレクトバンキング暗証番号(数字4桁)は初期化されません。 ふくぎんテレホンバンキングセンター 0120-366-567 受付時間:平日9:00~20:00(但し、銀行休業日は除きます。 ) サービス番号[5]各種ご相談メニューからご利用ください。 最近、 「DreamBot(ドリームボット)」ウィルスに感染したパソコン等によるインターネットバンキングの不正送金被害が全国的に広がっています。 このウィルスに感染すると、お客様がインターネットバンキングにログインする際に、正規の画面と全く区別がつかない巧妙な偽画面を表示して、会員番号やログインパスワード、ワンタイムパスワードを入力させて詐取し、犯人が別のパソコンから不正にログインをおこない不正送金がおこなわれます。 ログイン画面や振込画面等で正しくログインパスワードやワンタイムパスワードを入力したにも関わらず、「入力内容に誤りがあるので、ご確認のうえ再度入力してください」等のエラー画面が何回も繰り返し表示される場合は、このウィルスに感染している可能性があります。 このような現象が発生した場合はパソコン操作をやめて、下記のフリーダイヤルまで至急ご連絡をお願いいたします。 スマートフォンやパソコン本体または各種クラウドサービス等に、インターネットバンキングのご利用に必要な会員番号やパスワード等(暗証番号、ログインパスワード、取引確認番号)を絶対に保存しないでください。 犯人が不正にスマートフォンやパソコン、各種クラウドサービスにアクセスし、保存した情報を盗み取り、インターネットバンキングを利用してお客さまの預金を不正に送金する犯罪が全国的に発生しています。 <2> ダイレクトバンキングカード(カード裏面の乱数表)を写真に撮り各種クラウドサービスに保存する。 <3> 自分宛に 電子メール等で送信してメールを保存する。 犯罪者はお客さまのスマートフォンやパソコンをウイルスに感染させ、お客様が保存した会員番号やパスワード等を詐取して、インターネットバンキングを不正に操作して、お客さまの大切なご預金を盗もうと狙っています。 尚、当行では ワンタイムパスワード認証を導入しております。 お取引(振込やネットショッピング等)の際に、1回限りの使い捨てパスワードにより、高いセキュリティをご提供するサービスです。 通常のパスワードに比べて不正な送金被害にあうリスクを低減できます。 当行では、スマートフォンで手軽に利用可能なワンタイムパスワードアプリ(福岡銀行アプリのワンタイムパスワード機能)、専用装置で利用可能なワンタイムパスワード生成機(トークン)をご用意しております。

次の