目黒 フルーツ サンド。 東京の美味しいフルーツサンド9選。ふわふわパンとたっぷりクリームの断面に萌え!|じゃらんニュース

中目黒

目黒 フルーツ サンド

人気ベーカリーが手がけるフルーツサンド専門店!代官山「フツウニフルウツ」 こんにちは!スイーツコンシェルジュの「はなとも」です。 ご紹介する「フツウニフルウツ」は、表参道にある人気ベーカリー「パンとエスプレッソと」が手掛けるフルーツサンド専門店。 旬のフルーツをたっぷりと使用したフルーツサンドを楽しめる、都内屈指の人気店です。 フルーツサンドをもっと身近に感じて欲しい」という思いが込められているそうです。 お店は代官山駅、中目黒駅のどちらからでも徒歩約5分、両駅のほぼ中間ぐらいにあります。 ひと際目立つブルーの壁には、遊び心たっぷりのおしゃれなデザインが施されています。 一つ一つ断面が見えるので、どれにするか迷ってしまいますね。 平日は約160個、土日祝日は約280個販売するそうですが、一番人気の「フツウニフルウツ」は、その半分の個数を占めるそうです。 大人気のフルーツサンドは1人2個まで購入可能。 友達同士なら違う種類をセレクトして楽しむのもアリですよ。 フルーツサンドだけでなく、生ハムの塩気とクセのないチーズの味わいが絶妙の「生ハムのモッツァレラ」(600円)や、コンポートした桃、水牛モッツァレラチーズとスイートバジルに白ワインのビネグレットを合わせた爽やかな味わいの「桃のカプレーゼ」(680円)などのお総菜パンのラインナップも。 同店はテイクアウト専門店ですが、カウンター横にある三角形の小さなテーブルで食べてもOK。 できたてふわふわのフルーツサンドを、友達と一緒に楽しめます。 特別にフルーツサンドを作る様子をイチから見せてもらいました! まずは、フルーツサンド用に作られた、ふんわりとしながら噛むとモチっとした食感のパン生地に、爽やかでさっぱりとした風味が特徴の「マスカルポーネチーズ」と、旨味とコクのある「きび糖」を少量入れた生クリームを全体にたっぷりと塗り込んでいきます。 生クリームを全体に塗り込んだ後は、フレッシュで瑞々しいフルーツを丁寧にパンの上にのせていきます。 片方のパンをその上から重ねて・・・ 最後に、パンの中央にナイフを入れれば・・・ カラフルで美味しそうな断面、「萌え断」フルーツサンドが出来上がりました!フルーツ好きな女子なら、見ているだけで幸せな気分になっちゃいますね。 全5種類のフルーツサンドを食べ比べてみた! 今回は定番メニューの「フツウニフルウツ」「ダブルバナナ」、フルーツの入荷が終了するまで販売される期間限定メニュー「イチジク」「オウゴン(ゴールデンキウイ)」「ナシリンゴ」の5種類のフルーツサンドを食べ比べてみました! 4種のフルーツが凝縮した一番人気!「フツウニフルウツ」(350円) まずは、名物「フツウニフルウツ」。 バナナ・ピンクグレープフルーツ・オレンジ・キウイが入った、欲張りなフルーツサンドです。 一度に色々なフルーツを食べたい人にオススメ。 一口食べた瞬間、瑞々しいフルーツの果汁が溢れ出し、爽やかな風味が口いっぱいに広がります。 オリジナルのふわふわパンとあっさりした甘みの生クリームは相性抜群。 フルーツ好きな女子もうっとりするほどの美味しさです。 キャラメリゼしたバナナは一口食べると、生のバナナよりも濃厚で凝縮された甘さが際立ちます。 バナナ好きには外せないフルーツサンドですね。 甘くなめらかな舌触りのイチジクと、それを引き立たせるさっぱりとした生クリームのハーモニーがたまりません! イチジクは「不老長寿の果物」と呼ばれるほど栄養が豊富なので、健康志向の強い女性にはうれしいですね。 酸味と甘さのバランスが絶妙!期間限定「オウゴン(ゴールデンキウイ)」(400円) 大きめにカットされたキウイが特徴の「オウゴン(ゴールデンキウイ)」は、キウイの酸味と甘さを味わえる期間限定のフルーツサンド。 大きめにカットされた甘くてジューシーなキウイの果汁が、口いっぱいに広がります。 果肉が大きく食べ応えがあるので、心もお腹も満たされますよ。 ナシとリンゴが交互にギュギュッ!期間限定「ナシリンゴ」(380円) ナシとリンゴが交互に詰まった期間限定の「ナシリンゴ」は、シャキシャキ食感とさっぱり風味を楽しめるフルーツサンド。 中央にはピンクグレープフルーツが、見た目と味のアクセントになっています。 一口食べると、ナシ、リンゴ、ピンクグレープフルーツの溢れ出る果汁が口いっぱいに広がります。 フルーツの自然な甘さと爽やかな酸味が、あっさりとした生クリームに良く合う一品です。 同店の販売時間は、平日なら10時と15時の2回、土日祝日は10時・13時・15時の3回のみ。 それ以外の時間帯は販売していないので要注意。 販売開始の約30分で完売する日もあるそうですよ。 特に平日の15時、土日祝日の13時・15時はかなり込み合うので、確実に食べたい方は販売開始の1時間前に並べば、スムーズに購入できるそう。 また、曜日に関係なく開店直後の10時なら、比較的空いているそうなので狙い目ですよ。 今度の休日は、フルーツ好きな友達を誘って、フルーツサンドのフォトジェニックな断面を楽しみつつ、ビタミンチャージ&リフレッシュしてみてはいかがですか?.

次の

リーベルのフルーツサンドモーニング!リニューアル初日の目黒店で一番乗りで?頂いてきました♪

目黒 フルーツ サンド

そこで、フルーツサンド専門店の店長に、大人気のフルーツサンドの作り方を教えてもらいました。 店舗外観。 3月30日にオープンしたダイワ 中目黒店 「八百屋の本気のフルーツサンド」で人気のダイワが教えてくれました 行列ができる愛知のご当地スーパー「ダイワ」。 同店では、青果担当で目利きの社長が仕入れるフルーツを使った生フルーツサンドが大人気で、特に「八百屋が作る本気のフルーツサンド」と、そのおいしさが口コミで広がり、現在はスーパーだけでなくフルーツサンド専門店を全国に展開中。 東京進出第1号店となる「ダイワ中目黒店」の成瀬郁己店長は「新型コロナウィルスの影響で、おでかけも外食も買い物も控えている今なので、お家グルメを楽しんでほしい」と、今回特別におうちでフルーツサンドの作り方のコツを教えてくれた。 ダイワで大人気の生フルーツサンド ポイント1 サンドに向いているのは水分の少ないフルーツ 家庭で作りやすいのはイチゴやバナナなど、水分の少ないフルーツ 「基本的にはどんなものもフルーツサンドにできます。 が、家庭で作りやすいのは水分の少ない、イチゴやバナナなど。 逆に難しいのは水分の多いメロン、キウイ、マンゴーです」 ポイント2 フルーツは下準備が必要 厚手のキッチンペーパーでフルーツの水分をカットしよう 「まず皮をむき、ヘタを取り、切っておきます 切り方は写真を参考に。 水分の多いフルーツはここで水分をカットするために厚手のキッチンペーパー リード紙など に包み、1時間以上冷蔵庫に。 使う前にも表面の水分を拭き取ります。 この水分カットができていないと、出来上がり時にパンがびしょびしょになってしまいます」 ポイント3 パン選びは、塩気のある12枚切り食パンがオススメ 「ダイワでは特注のオリジナルサンドイッチ用パンを使用していますが、ご家庭なら市販のサンドイッチ用食パン 12枚切り が最適。 最近流行の高級食パンのような甘いリッチなものより、一般的な塩気のある食パンがフルーツサンド向きです」 ポイント4 フルーツ別・並べ方のコツ 断面出来上がり図。 左端がバナナ、右端は2タイプのイチゴ 「生クリームを塗ったパンの対角線の上に、フルーツを並べます。 後に三角形にカットするラインなので、断面の美しさはここで決まるといっても過言ではありません。 対角線に切ったとき、バナナの丸い断面が並ぶように配置する。 サンドを対角線に切ったとき、バナナの丸い断面が並ぶように 【イチゴ】: 2タイプの並べ方を紹介。 その他の部分に1粒半ずつ、の合計6粒使用。 その他の部分に1粒半ずつ、の合計6粒使用。 イチゴの並べ方は、丸丸丸タイプ 写真左 と三角丸三角タイプ 写真右 を紹介 ポイント5 カットのコツ 生クリームは全体的に中高に盛る 「さらに生クリームをのせ、フルーツの隙間に入れ込み、さらに全体的に中高に盛ります。 側面にクリームは不要。 何も付いてないパンをのせ、ラップできつく包むのですが、このとき、切る方向を間違えないよう、断面の方向がわかる印を付けること! 」 ラップできつく包み、切る方向を間違えないように印をIN ポイント6 冷蔵庫で冷やして馴染ませる ダイワ中目黒店の店内商品ケース ここからプロの秘密の技。 「出来立てを食べたいと思うかもしれませんが、実は冷蔵庫で3時間以上寝かせると、パン、生クリーム、フルーツが馴染んでおいしくなります。 また、カットしやすくなり、出来栄えにも違いが出ます」とのこと。 なじませたら、ラップごとカット。 完成した後は、新鮮なうちになるべく早く食べるのもおいしさの秘訣だ。 最後に、成瀬店長は「当店のダイワオリジナルブレンドコーヒーもフルーツサンドに相性がよいと好評です。 皆さんも好きなドリンクと合わせて、フルーツサンドの豊かな味わいを楽しんでみてください。 フルーツが満載のためボリュームがありますが、人目を気にせず、頬張っていただけるとサイコーにおいしいです。 きれいに食べるコツは…ありません 笑 」とのアドバイスもくれた。

次の

果実園 リーベル 目黒店

目黒 フルーツ サンド

こんにちは、めぐろっこです。 目黒周辺のランチを紹介したいと思います。 今回ご紹介するのは、目黒にある人気フルーツパーラー「果実園 リーベル」です。 1.果実園リーベルのアクセス >>目黒駅西口から徒歩5分程度 目黒駅西口を出て右側に進み、権之助坂を下って、目黒シネマ、ガソリンスタンドを通りすぎたところにあります。 薬局屋さんの2階で、かつてウェスト東京が入っていた場所です。 これまでフルーツパーラーには縁がなかった めぐろっこ。 昔はあまり知らなかったのですが、権之助坂に移転してからの数年はとても人気のようで、土日はお昼から行列が絶えません。 目黒が本店で、支店として新宿、東京にも出店しているようです。 2.果実園リーベルのランチメニュー このお店、ランチも美味しくてリーズナブル! 1,080円でシーフドドリア、ハンバーグ、魚料理、ローストビーフなどが選べて、サラダとフルーツ盛り合わせが付いてきます。 このフルーツ盛り合わせが嬉しい! シーフドドリアを頼んだところ、なかなかの美味でございました。 連れはローストビーフを選択(ローストビーフは少し高めで1,280円だったかも)。 パンが2個とローストビーフ5枚だから、量は少なめ。 ちょっとお腹が空くかもしれません。 それに対してフルーツサンドのお値段は1,080円。 フルーツサンドにはイチゴも入るとな!(フルーツサンド用にイチゴを保管しているのかな?) それでは・・・と人生初のフルーツサンドを体験することに。 「フルーツサンドなんて、そんなに美味しいもんじゃないわよ」と母親に言われて育ってきたけれど、どんなもんでしょ。 いざ実食! もぐもぐもぐ。。。 4.果実園リーベルの感想 「フルーツサンドは美味しい」と認識を改める、とても良い機会となりました。

次の