スキップ シティ イベント。 SKIPシティ 映像ミュージアム

NHKアーカイブス|川口|イベントの案内

スキップ シティ イベント

企業情報 デジタルSKIPステーションは、次世代映像産業の導入と集積の拠点「SKIPシティ」の先導的役割を担うため、平成9年3月に設立されました。 SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザの運営、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の運営、SKIPシティ施設群の維持管理、世界に通用する映像クリエイターの育成、デジタル技術の特性を生かした新時代の映像文化の形成に向け、様々な事業を展開しています。 会社名 株式会社デジタルSKIPステーション(略称DSS) 代表者 代表取締役社長 粟生田 邦夫 設立 平成9年3月24日 資本金 10億8千4百万円 株主 国立研究開発法人情報通信研究機構、埼玉県、川口市、 株 パートナー、 株 埼玉りそな銀行、 株 NTTデータ、凸版印刷 株 、日本電気 株 、 株 日立製作所、清水建設 株 、 株 竹中工務店、 株 武蔵野銀行、ソニービジネスソリューション 株 、 株 NHKエンタープライズ、ソニーPCL 株 、埼玉縣信用金庫、三洋電機 株 、東京瓦斯 株 、東京電力ホールディングス 株 、パナソニック システムネットワークス 株 、三菱電機 株 、川口商工会議所、 株 紀伊國屋書店、 株 埼玉新聞社、 株 テレビ埼玉、富士通 株 、 株 NHKエデュケーショナル、 株 NHKグローバルメディアサービス、 株 NHKアート、 株 NHKテクノロジーズ、あいおいニッセイ同和損害保険 株 、SCSK 株 、セコム 株 、川口鋳物工業協同組合、川口機械工業協同組合、埼玉ケーブルテレビ連盟、損害保険ジャパン日本興亜 株 所在地 〒333-0844 埼玉県川口市上青木3丁目12番63号 彩の国ビジュアルプラザ9階 連絡先 電話 048-264-7777(代)FAX 048-264-7778 URL 埼玉県川口市上青木3-12-63 主な事業 映像制作 将来普及が見込まれる4Kでの制作も可能です。 演劇やバレエなどの舞台や、学校の合唱コンクールお祭りなどの記録撮影 平均7台のカメラを駆使し、大切な瞬間を逃さず収録。 臨場感溢れる映像をお届けします。 チャプターが付いているので検索が容易。 ご希望によりオリジナルパッケージでお届けします。 企業CM 会社案内 商品紹介、町おこし映像制作 十分な調査・お話し合いの上、専門のプロスタッフが、魅力的なPR映像を作成します。 最新鋭の施設・機材を使い合成など様々なニーズにご対応します。 イベント企画運営管理 企画立案から総合デザイン・運営まで イベントに関するあらゆるオーダーに対応いたします。 他社にはない映像による効果的な演出を実現します CG体験教室など参加型講座 等 全体の企画・講座のコンセプトの立案にはじまり、講師選定、会場の選定、機材や材料の準備、宣伝、参加者の募集、講座の進行にいたるまで、トータルに運営します。 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 世界中から、毎年多くの作品の応募がある長編部門、日本国内から募集する短編部門と2014年からはアニメーション部門が加わり、3つの部門で構成されています。 次世代を担う映画制作者を発掘するとともに、デジタルシネマの普及・発展を目的に毎年開催しています。 また、国内外の映画祭と連携し、日本作品招待上映等のスキームを構築。 さらに、Dシネマ基盤整備事業として、関連上映作品の企画・監督の選定、制作体制のサポートなど企画募集から、制作・配給に至るまでクリエイターに対して、一貫した支援を実施しています。

次の

SKIPシティ

スキップ シティ イベント

スキップシティ彩の国ビジュアルプラザ グッドモーニングの気象予報士、依田さん、今日は、「スキップシティ彩(さい)の国ビジュアルプラザ」にやってきました。 スキップシティとは SKIPシティは、埼玉県川口市にある映像制作を目的とした施設です。 NHK川口ラジオ放送所跡地の産官学連携による再開発事業として、2003年2月1日にオープンしました。 今日はその中の彩(さい)の国ビジュアルプラザのご紹介です。 29日までの「マツリミライ」は埼玉県川口市にある、お祭りを最新技術で体験できるイベントです。 こちらは、ねぶた祭に登場する山車のねぶた風に、撮影する人の顔をプロジェクションマッピングで映し出したもの。 インスタ映えしそうでしょうか。 ちょっとおもしろいですね。 スキップシティ彩の国は小学生の社会科見学にも人気の場所です。 何より遊びとしても、楽しそうですね。 最先端の映像技術を駆使して、お祭りを体験できるイベントです。 こちらは、お祭りの矢倉をかたどったもの。 そういえば、最近は、お祭りが地域で開かれることも少なくなり、矢倉を見るのを久々です。 矢倉の上に上ると、上った人の顔が映し出されて、両手をマークに合わせると、太鼓のお囃子が聞こえてきます。 ARという映像技術で、コンピューターをつかって、現実の風景に情報を重ね合わせて表示するもので、ポケモンGOにも使われているということです。 案外子どもたちにはお馴染みかもしれませんが、こちらの技術は、将来テレビにも使われるということです。 マツリミライ マツリミライのイベントは、今月29日まで。 入館料金 大人 510円 子ども 250円 入館料のみでこちらの展示物はすべて体験できます。 川口中央I. 首都高速川口線 が利用できます バスの場合 最寄り駅から、9分~13分です。 詳しくは公式HPでご確認ください 駐車場 24時間利用可能な駐車場があります。 料金:1時間200円 4時間を超え、24時間以内の利用については1,000円。 但し、24時間を超えると200円 お天気検定の主な紹介スポット.

次の

スキップシティ彩の国ビジュアルプラザ アクセス,駐車場,料金

スキップ シティ イベント

スキップシティ彩の国ビジュアルプラザ グッドモーニングの気象予報士、依田さん、今日は、「スキップシティ彩(さい)の国ビジュアルプラザ」にやってきました。 スキップシティとは SKIPシティは、埼玉県川口市にある映像制作を目的とした施設です。 NHK川口ラジオ放送所跡地の産官学連携による再開発事業として、2003年2月1日にオープンしました。 今日はその中の彩(さい)の国ビジュアルプラザのご紹介です。 29日までの「マツリミライ」は埼玉県川口市にある、お祭りを最新技術で体験できるイベントです。 こちらは、ねぶた祭に登場する山車のねぶた風に、撮影する人の顔をプロジェクションマッピングで映し出したもの。 インスタ映えしそうでしょうか。 ちょっとおもしろいですね。 スキップシティ彩の国は小学生の社会科見学にも人気の場所です。 何より遊びとしても、楽しそうですね。 最先端の映像技術を駆使して、お祭りを体験できるイベントです。 こちらは、お祭りの矢倉をかたどったもの。 そういえば、最近は、お祭りが地域で開かれることも少なくなり、矢倉を見るのを久々です。 矢倉の上に上ると、上った人の顔が映し出されて、両手をマークに合わせると、太鼓のお囃子が聞こえてきます。 ARという映像技術で、コンピューターをつかって、現実の風景に情報を重ね合わせて表示するもので、ポケモンGOにも使われているということです。 案外子どもたちにはお馴染みかもしれませんが、こちらの技術は、将来テレビにも使われるということです。 マツリミライ マツリミライのイベントは、今月29日まで。 入館料金 大人 510円 子ども 250円 入館料のみでこちらの展示物はすべて体験できます。 川口中央I. 首都高速川口線 が利用できます バスの場合 最寄り駅から、9分~13分です。 詳しくは公式HPでご確認ください 駐車場 24時間利用可能な駐車場があります。 料金:1時間200円 4時間を超え、24時間以内の利用については1,000円。 但し、24時間を超えると200円 お天気検定の主な紹介スポット.

次の