恋 は 雨上がり の よう に ロケ 地。 恋は雨上がりのように@神奈川県横浜市、川崎市

恋は雨上がりのように。映画のロケ地は?聖地は横浜!

恋 は 雨上がり の よう に ロケ 地

いよいよ本日2018(平成30)年5月25日に公開を迎えた映画『恋は雨上がりのように』。 待ちに待った封切! 横浜周辺を舞台に、小松菜奈(こまつ・なな)演じる夢を失った17歳の女子高生、橘(たちばな)あきらと、大泉洋(おおいずみ・よう)演じる夢を忘れた45歳のファミレス店長、近藤正己(こんどう・まさみ)を中心に、ひと時の雨宿りのような恋模様を描いた本作。 はまれぽでは以前にも、など作品で描かれた場所を調査してきた。 今回は、映画のロケ地として使われた横浜市内のスポット情報を独自に入手! 映画公開に合わせて原作との違いも踏まえ、一足早く紹介していく。 横浜市では映画とのタイアップ企画も始動中だ まずはみなとみらい周辺のデートスポットで貸し出している無料の「」をゲット。 スポットではデートマップも無償配布しているぞ。 調査は1人きりだけど。 この傘があれば不意の雨にも安心だ。 1人きりだけども。 なお、本稿執筆時点では映画公開前なので、筆者は映画本編をまだ未鑑賞! ロケ地以外の内容は原作やアニメを踏まえた想像も含まれるのでご容赦いただきたい。 JR桜木町駅北口 まず映画に登場するのは、JR桜木町駅の北口周辺。 原作ではあきらと近藤の初デートの待ち合わせ場所などとして登場している。 みなとみらいに面する待ち合わせスポット 映画でも、二人のデートシーンなどで登場することになるのだろうか。 なお、桜木町では北口の「CIAL桜木町」や、駅前の「Collete・Mare(コレットマーレ)」でシェア傘を借りることができる。 ピーカンだけど差してみる 晴れの日でも借りることができるので、街巡りのお供におすすめだ。 2.神奈川県立図書館(西区紅葉ケ丘) の裏手にある図書館 続いては、原作には登場していないスポットである「」。 漫画では、あきらが雨宿りに訪れた図書館で近藤と出会うシーンがあるが、それは近くにあるがモチーフになっていた。 新館側の入り口前にて。 どのような撮影が行われたのだろう こちらが横浜市中央図書館。 舞台が変更になった可能性も? いずれにせよ、原作では紅葉坂はあきらの自宅とも近い。 本好きの近藤とあきらを結びつける場所として機能することになりそうだ。 住吉橋(大岡川) 3つ目のロケ地は中区住吉橋。 桜木町方面からを渡り、住吉町へとつなぐ橋だ。 歩道橋と一体になったような構造をしている。 歩道橋かと思ったがちゃんと名前が付いていた 桜木町方面を望む。 通路が広くてロケしやすそう この場所はみなとみらいの夜景が望める絶景スポットでもある。 夜のシーンで登場しそうな予感がするぞ。 大江橋(大岡川) 続いてはロケ地橋シリーズの第2弾、中区「大江橋」。 こちらは交差点の名前になっているので分かりやすいスポットだ。 交通量も多い さきほどの住吉橋からはすぐ上流に位置する。 住吉橋から望む大江橋 こちらは車が多く通る場所でもあるので、ドラマチックな場面で登場することになるかも? 桜木町周辺でさまざまなストーリーが展開することになりそうだ。 突然の雨! でも安心 晴天の中でもシェア傘を手に舞台巡りをしていたが、ここにきて突然の通り雨が! 傘が大活躍することに 朝の時点では雨の予想はなかっただけに、通行する人たちはみんな雨宿りに走っていく。 こういうところで出会いが生まれたりするのだろうか。 筆者は傘を持っていたので、黙々と調査を続けることにする。 すぐ止みました。 ありがとう傘 5. 北仲橋(大岡川) 橋シリーズの締めを飾るのが、桜木町から馬車道方面をつなぐ中区「北仲橋」だ。 みなとみらい方面が見渡せる 汽車道もワールドポーターズも、原作では二人の初デートの場所だった 汽車道を歩いている最中に、二人の年齢差に改めて思いを馳せる近藤の姿が印象的なスポット。 その周辺エリアが映画にもきちんと登場するのはファンにとっては嬉しい演出だ。 さらに、桜木町周辺以外にも映画の登場スポットは盛りだくさんだ。

次の

映画『恋は雨上がりのように』のフル動画を無料で見る方法を解説

恋 は 雨上がり の よう に ロケ 地

実際に映画を観る際に、 ・あっ!このシーンはここでロケしてたのか~ ・あれ?撮影は近所でやってたのか~ ・小松菜奈見たかった~ などなど色々と思いがあるかもしれませんね。 映画を観る前は想像力を働かせるお手伝いを、映画を観た後は思い出すののお役に立てたら。 そんなふうに思っています。 映画本編の流れと掲載の順番には関連性はありません。 スポンサーリンク 駅ロケ(能見台駅) 11月20日 月 :駅ロケ 場所:神奈川県横浜市 時間:現場 8時30分集合~15時解散予定 仮 募集役柄:老若男女・通行人 服装:初夏の夏服 能見台駅でのロケはtwitterでも情報が出てましたね。 今朝能見台駅で撮影してた! 大泉洋とかいたらしい〜 — まつもと な MagicNumber0420 本日、能見台にて大泉洋目撃との次男情報あり。 「恋は雨上がりのように」 撮影開始しているのか・・・? — のほほん nohohon69 大泉洋(役)の目撃情報が多数あったようですが、 実際には原作の恋雨で店長があきらの学校の最寄り駅である能見台駅に来ることはありません。 また、これより数日前には氷取沢高校周辺で小松菜奈(役)の目撃情報もありました。 氷取沢に小松菜奈きた — kouga-sk8 KougaSk8 今日は氷取沢で撮影がありました。 原作では土手のような場所としてはあきらが小学生くらいのころの回想シーンで(清野菜名)やそのなんかと走ってる場面がありました。 松戸市でもロケをやっていたようです。 ランナーとか募集してるので、回想シーンではなく映画オリジナルかもしれません。 追記)映画では土手はラストシーンとして採用されてました。 ファミレスロケ 横浜市内 横浜市内でのファミレスロケは店長が足を痛めたあきらの御見舞に来た時ではないかと思われます。 あきらが初告白するあのシーンですね! 11月24日 金 :ファミレスロケ 場所:神奈川県横浜市 時間:現場 8時集合~18時解散予定 仮 募集:ハイソなお客さん役 老若男女 15名程度 服装:初夏・夏服 こちらは具体的な場所などの情報はありませんでしたが、ジョナサンみなとみらい店が有力とみられているようです。 5月に劇場公開の & 主演の映画「恋は雨上がりのように」。 原作漫画通り舞台は横浜で、予告編には「ジョナサンみなとみらい店」や「桜木町駅」も登場しています。 服装・持ち物については、別途詳細を作成いたします。 ・お車での集合歓迎です。 ・ボランティアでの参加になりますので、基本的には出演料・交通費をお支払いすることは出来ませんが、映画特製グッズ(非売品)を贈呈します。 我孫子市布佐の356号線撮影用デニーズがカフェレストランガーデンになっていた。 — ぼのぼの bonocyan 外観もガーデンに整えての撮影ですね。 埼玉県立大宮工業高等学校 校舎の屋上の塔の様子や外壁の色などから同一であることがわかります。 氷取沢高校周辺でもロケしてたので、これはの南高校とかかもしれませんね。 居酒屋ロケ 近藤とが再開する居酒屋シーンですね!原作ではちひろの登場はと結構あとの方なんです。 で出てきました。 日時:12月5日 火 場所:千代田区(最寄駅:神保町) 時間:8時集合~23時解散予定 仮 2グループに分けます! 募集:大学生のお客さん役(20~30代男女) 20名 服装:初夏・夏服 あの名言 「俺達は大人じゃねーよ。 同級生だろ。 」がどんな感じで飛び出すのかも見どころの一つじゃないでしょうか。 居酒屋が神保町付近で、その後高田馬場方面に移動して夜に高塚橋付近の撮影だったのかもしれません。 映画でちひろがタクシーに乗って近藤と話すシーン。 戸田平橋はここです。 夏祭りロケ あきらとはるかが久々に遊びに行く約束をして夏祭りに出かけます。 はるかの弟、翔太や双子の妹、風と空も一緒に来ます。 夏祭りでは偶然にも店長に出くわし、はるかは近藤の存在を知るきっかけに。 しかも、あきらが店長のことを好きだと言うことも察知します。 映画では 新田神社が使われたようです。 新田神社 大田区矢口 スポーツショップロケ 近藤店長が息子のの靴を買いに行って、喜屋武はるかと出くわすシーンですね。 () はるかは夏祭りで見かけた近藤だと気づいて、でも悪そうな男ではないと感じます。 日時:12月6日 水 場所:東京都渋谷区(最寄駅:渋谷) 時間:現場 6時集合~12時解散予定 仮 募集:お客さん役 老若男女 20名 服装:初夏・夏服 具体的な場所などは判明次第掲載します。 道ロケ 日時:12月6日 水 場所:神奈川県横浜市(最寄駅:みなとみらい駅) 時間:現場 13時集合~16時解散予定 仮 募集:通行人役 老若男女10名 服装:初夏・夏服 みなとみらいの汽車道ロケです。 あきらが遠くを見ながら佇む姿を見て近藤はハッとします。 汽車道の背景が印象的ですよね! でもその瞬間はとても綺麗でした! との交換条件デート、近藤との初デートの待ち合わせは桜木町駅でした。 こちらは正確な情報がわかったら更新します。 陸上大会ロケ 原作で陸上大会の様子としてはであきらが大会で走っている様子を倉田みずきが見に来て衝撃を受けると言うシーンがありました。 それ以外では本格的な陸上の話しはありません。 ただ、映画では競技場の撮影もあり、予告編ではあきらが走ってるので大会の話しも出てくるんでしょうね。 これがロケの最終だったみたいでした。 午前中は光明相模原高校陸上競技部に帯同してきました。 30日に撮影される映画「恋は雨上がりのように」のスタッフさんたちが出入りしていました。 まあ、コレで誰か見かけられたら最高だったんですけどね。 まとめ 今回は映画『恋は雨上がりのように』のロケ・撮影現場の様子を実際に見に行った場所も含めお伝えしました。 映画だけでなくなども参考に、ロケ地や撮影現場を訪れてみるのも面白いかもしれませんね。 特に横浜が舞台の中心なので、みなとみらいなどは行きやすいでしょう。 都内なら居酒屋ロケなどが行われた神田、神保町、高田馬場などもいいですね。 具体的なシーンなどが公開されればもっと場所がハッキリとわかってくるので、実際に訪れた時に臨場感を味わいやすくなると思います。 エキストラ募集でも夏服とか軽装とかになってます。 はじめまして GoogleマップのGoogleマイマップという機能を使って映画「恋は雨上がりのように」のロケ地マップが99%完成したので観て頂けたら幸いです。 99%の意味は、店長のアパートの室内セットが角川大映スタジオが最有力候補だが確定情報が得られない、ということです。 それ以外は劇中のロケ地をすべて網羅していると思います。 作成にあたっては、こちらで掲載されているロケ地情報に大部分を助けられました。 ありがとうございました。 一般公開マップに設定しましたので、よろしければこちらのサイトの補足情報として、マップのURLをサイトに掲載して頂けたら幸いです。 もちろんスマホでも観れます。

次の

映画恋は雨上がりのようにロケ地・撮影場所(小松菜奈、大泉洋目撃情報アリ)

恋 は 雨上がり の よう に ロケ 地

東京に行く用があったのですが、時間があったので、ついでに「恋は雨上がりのように」のロケ地と思しき場所を回ってきました。 あきらがバスを待っている能見台(のうけんだい)駅に降り、バス乗り場に行くと、氷取沢(ひとりざわ)高校まで行くバスが出ています。 これがあきらが乗っているバスですね。 氷取沢高校前バス停 バスに乗り、15分くらいでしょうか。 坂の中腹にある氷取沢高校前のバス停で降ります。 そうすると、道を挟んだ向かいに氷取沢高校があるのですが、そこにあるバス停がまさに「恋は雨上がりのように」で良く使われている場所でした。 50秒程度の動画にまとめたのでご覧ください。 気を付けてくださいね。 「ここがあのシーンのロケ地か」と思うと有難い感じがしました……と言いたいところですが、普通です(笑)。 本当に、ごく普通のバス停です。 ただ、それがマンガで丁寧に描かれている思うと、どこか特別な場所に思えてくるのが不思議でした。 このバス停前の坂を女子陸上部は登ったり下りたりしてるわけです。 そして、はるかがあきらにレアキーボルダーを渡したのもここです。 坂の中腹のバス停にいるあきらに向けて、高校の敷地のフェンス内からキーホルダーを落として渡しました。 そして尚且つ、あきらの求めていたキーホルダーを手に入れたはるかが渡すことで、はるかがあきらの事をとても気にかけているという関係性を示す上で印象的なシーンでした。 投げ渡してすぐに、下にいるあきらからは見えないように死角に身を引っ込めてしまうはるかがいじらしいですよね。 近づきたい。 でもどうしたらいいかわからない。 はるか辛すぎる。

次の