原油先物価格。 どうして原油先物価格がマイナスとなったのか、先物取引の仕組みを含めて解説(久保田博幸)

金・原油先物ブログ|ゴエモンの流儀

原油先物価格

WTIの5月限月の原油先物がマイナス37. 63ドルで取引(大引けの価格)されたようです。 マイナスと聞いてびっくりされた方が多いかと思います。 売ったのにお金を払う状態です。 普通は嫌ですよね(笑) 今回はマイナス価格とは何かご説明します。 63 per barrel. Meanwhile international benchmark, Brent crude, which has already rolled to the June contract, traded 8. 58 per barrel. 原油先物とは? 原油先物(Futures を買って先物の満期まで保有すると、その価格で買ったことが保証されます。 買った後に上がったら得しますし、下がったら損です。 当たり前ですね(笑)。 そして先物の売り手が買い手に、事前に指定された規格の原油を届けます。 変なものを届けられても困るので品質が決まっていて、受け渡す場所も決まっています。 これを現物(Spot 受け渡し決済と呼びます。 今回注目していたのはWTI原油先物の5月限月ですが、先物は4月21日(アメリカ東部時間)が最終取引日なんですね。 NYMEX CMEグループ で取引されている原油先物は「現物決済」なので、実際に受け渡しする日よりも事前に先物を終了させないと準備できないからです。 売り手が「モノ」を持ってないなら、この間にいくらでも良いのでどこかで買ってきて、「先物の買い手」に渡さないといけません。 これは受け渡し場所がアメリカのオクラホマ州のクッシングという場所です。 9000万バレルの貯蔵タンクがあり、パイプラインも周辺の州へつながっています。 現物を持っている商社が、価格リスクをヘッジするために先物をショートしたりします。 商品先物の理論価格 商品(コモディティー)の先物はコンビニエンス・イールドという保管料が発生します。 コンビニとは、英語で「便利」という意味ですよね?イールドは利回りの英語です。 先物価格の方が高くなります。 先物と現物が同じ価格だったらどちらを買いますか?現物の原油は保管するのにお金がかかります。 なので先物の方が有利なので高いです。 また金利が高いほど先物が高いのも同じ論理で、先物は証拠金取引なので買うにはお金はあまり必要ありませんが、現物は大きなお金を準備しないといけません。 銀行から借り入れてるとすると金利がかかりますね。 通常は保管コストを現物の人に負担してもらっているので先物価格の方が高いのですが、今回は先物を持ってる人が、突然現物を渡されて莫大な保管コストを負担する可能性が上がったので価格が安くなったのですね。 デリバティブの価格はマイナスになり得る さて、ここで権利義務関係をおさらいしましょう。 売り手と買い手の両方が権利を持っている金融商品は存在しません。 買い手が権利行使しようとしたら、売り手が嫌だと拒否できたら、何のための権利なのか分からないですね。 今回は原油の先物なのでお互いが義務を負っています。 これがくせ者です。 原油先物を売った人が原油を買い手に受け渡しをするのです。 モノをもらえるので、別に困らないじゃないかと思いますが、必ずしもそうではありません。 実生活でも、動かないような中古車を自分の家の庭に配送されたら嫌ですよね?価値が無いような資産は、処分するお金をもらわないと引き取りたくありません。 別の例では、リゾートマンションや中古のセスナは異常なほど安く買えます。 ただし、毎月高額の維持費を取られます。 なので維持費が払えない売り手はいくらでも安く手放そうとするのですね。 これを同じことが今回原油先物で起こりました。 クッシングのオイルタンクが満タンになってしまったのです。 ニュースでは120%までタンクに貯蔵していて、もうこれ以上入らないといった状況だったのでしょう。 パイプラインでオクラホマ州周辺の州に油送しようとも、そこまでの需要がないそうです。 売り手は持ってる原油をクッシングのタンクに入れようにも、入れられません。 何とかしなければいけないので、買い手にただでも良いので売りたいという状況になりました。 そして原油先物はお金を払って引き取ってもらう、マイナス価格になったのです。 売り手のオイルがクッシングの外にあるなら、そこで受け渡しをすればよいが、法外な保管料を取られそう。 不透明なのでマイナスでも売ってしまえという売り手が現れたのかと思います。 ただ大引けが-37. 63はいくら何でも冷静さに欠けているかと。 原油の輸送量は場所にもよりますが、20ドルくらいのイメージなので-37. 63ドルで買って輸送すれば儲かる気もしてます。 引けの価格で証拠金を清算するので、評価損益が大きくでて投資家によっては追証になる可能性があります。 これは投機的な売り手が、買い手を追証に追い込むロングスクイーズという状況な気もしています。 今日、アメリカ東部時間4月21日が原油5月満期の最終取引日ですが、恐らく、プロはOTC(相対)で先物が満期を迎えた後も取引しているかと思います。 プロ同士の戦いはまだまだ続きますが、状況が一段落したら市場は冷静になるのかもしれません。 原油先物がマイナスの価格になるという歴史的瞬間を垣間見たことはずっと記憶に残るでしょう。

次の

原油価格(NY原油・WTI原油)の推移とチャート(原油をわかりやすく解説)|株式マーケットデータ

原油先物価格

こんな疑問を解決!• 原油価格とFX(為替)はどんな関係があるの?• 原油価格とFXが相関する理由は?• 原油価格を使ったFXトレード手法は? 今回はこんな疑問を解決していきます。 FXをしていると、「原油価格が上昇し、為替が・・・」というようなニュースを耳にしますよね? ここで、「 どうして原油が為替に影響を与えるの?」と疑問に思う方も多いのでしょう。 ファンダメンタル分析を駆使しているプロは、原油価格の動向も常にチェックしており、原油と為替の関係を知らないと、その時点でかなり不利になると言えます。 そこで今回の記事では、 FXをする上で必ず知っておきたい原油価格と為替の関係を解説していきます。 原油と為替の関係を理解し、FXの勝率を上げていきましょう。 原油価格とは「WTI原油先物」が代表 原油価格とは、原油を取引する際の価格ですが「欧州産の北海ブレント」、「中東産のドバイ」、「WTI」など様々な種類があります。 その中でも、特に代表的な原油価格がアメリカのウェスト・テキサス・インターミディエイト(West Texas Intermediate)の先物価格で、通称「 WTI原油先物」と呼ばれます。 WTI原油先物は、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されているWTI(West Texas Intermediate)というアメリカの代表的な原油の先物商品のこと。 WTIとは、西テキサス地方の中質原油という意味で、この地方の原油は含有硫黄分が少なく軽質で、ガソリンや軽油が多く採れるといった特徴があります。 取引量と市場参加者が多いことから、原油価格の代表的な指標のひとつに数えられています。 WTI原油先物は、1983年5月にニューヨーク・マーカンタイル取引所に上場され、同取引所の主要商品となっています。 引用: 原油価格とFXの関係性 では、原油価格とFX(為替)にはどんな関係があるのでしょうか? 原油価格とFXの関係を理解するために、以下2つのパターンを解説していきます。 原油価格と為替の関係• 原油価格と資源国通貨(豪ドル、カナダドルなど)• 原油価格と米ドル円 原油価格と資源国通貨(豪ドルなど)の関係 原油価格が上昇すると買われ、原油価格が下落すると売られる通貨があります。 それは、 豪ドル(AUD)やカナダドル(CAD)などのいわゆる資源国通貨と呼ばれる通貨です。 資源国とは石油や石炭、金や銀などの資源を産出する国のことを指します。 資源国とは、様々な貴重な資源を産出する国々の総称を表しています。 そうした資源の中には、金や銀、プラチナなどの貴重な鉱物資源や、石油、石炭、天然ガスといったエネルギー資源、食料資源などが含まれます。 そうした国々の通貨は、商品市況に影響を受けやすく、インフレの際に買われる傾向があります。 主に、オーストラリアや、ニュージーランド、カナダや南アフリカ、ノルウェーやアメリカなどが資源国として注目されています。 引用: 資源国の経済は、商品価格に大きく左右されます。 よって、原油高になるとオーストラリアやカナダなどの景気が良くなり、世界中の資金がそれらの国に流入すると期待されるので 豪ドルやカナダドルが買われるのです。 一方、原油安になると、反対に資源国の景気が悪くなるとの懸念から、 豪ドルやカナダドルなどの資源国通貨は売られます。 原油価格と米ドル円が関連する理由• エネルギー関連銘柄の株価下落でリスクオフとなり、安全通貨の円が買われる• インフレ圧力後退で米長期金利が下がり米ドルが売られる• 輸入価格の下落で日本の貿易黒字が増えて円買い圧力がかかる 1)株価下落でリスクオフムードが高まり円買 原油価格が下がるとエネルギー関連銘柄の株価が低下するので、NYダウや日経平均株価などの代表指数も下落します。 すると、 マーケットはリスクオフムードが広がりますので、リスク回避から円が買われてしまうという仕組みですね。 リスクオフで円高(円買い)になる理由は以下をご覧ください。 記事: 2)インフレ圧力後退で米長期金利が下がりドルが売られる 米国は金融政策で「物価の安定を目標の一つ」にしており、インフレの上昇が利上げをする上での大前提です。 少し難しいので分からない方は流してくれて大丈夫ですが、これを日本のケースに当てはめると、日本のインフレ圧力が下がる場合、「実質金利=名目金利-期待インフレ」の関係式から、期待インフレが小さくなり、名目金利が変わらないと仮定すると実質金利が高くなるので、円が買われてしまうという理由もあります。 米国の金融政策の目的は以下をご覧ください。 記事: 3)輸入価格の下落で日本の貿易黒字が増えて円買い圧力がかかる 最後は貿易収支の観点ですね。 原油安になると、輸入価格が下がり、 輸出額>輸入額となりますので、貿易黒字が拡大します。 その結果、外貨売り円買いの圧力の方が大きくなりますので、円高となります。 為替が変動する理由については、以下の記事もご覧ください。 記事: 以上、原油安が円高になる主な3つの要因でした。 もちろん、それ以外にもあると思いますが、上記3つを押さえておけば十分でしょう。 原油価格を分析しFXの勝率を上げよう 原油価格とFX(為替)は以下の関係があります。

次の

原油先物価格が暴落、ついに史上初のマイナス

原油先物価格

原油とは(生産国とOPECについて) 原油(読み方:げんゆ)とは、油田から採掘されてまだ精製されていない石油です。 原油を蒸留して製品化したものとして、プロパン、ナフサ、ガソリン、灯油、重油、アスファルトなど石油化学製品があります。 このほかにも、プラスティックや繊維、紙など、原油が原材料や燃料になっているものがたくさんあります。 原油は、先進国では発電などのエネルギー源として多く利用されていますので、世界経済に与える影響は大きく、重要な国際商品となっています。 と並んでの代表格で、世界のコモディティー市場の中で最も市場規模の大きな商品となっています。 原油の主な生産国(産油国という)は、サウジアラビア、米国(アメリカ)、ロシア、アラブ、イラン、イラク、クウェートなどです。 世界の生産の割合が最も大きいのが、中東諸国で構成されているで、このOPECの原油の価格政策や生産動向が原油価格に大きな影響を与えます。 原油価格の上昇要因・原油高が及ぼす影響 原油価格の上昇要因と、原油高が及ぼす影響について、その代表的なものを紹介します(原油高とは、原油価格が上昇することです)。 原油の生産量は、OPECの総会で加盟国の生産量の上限が決められていますので、OPECの生産量の増減の決定は原油価格の変動要因となります。 原油はで取引されていますので、は原油価格の上昇要因となります。 世界紛争やテロ、国際的な政治や経済の情勢不安などの高まりは、原油価格の上昇要因となります。 時に巨大ハリケーンなどで石油精製所がダメージを受けるなど、天候要因で供給に影響が出た場合も原油価格の変動要因となります。 長い間、大規模な油田が発見されないなど、供給面の不安が出てきた際は、原油価格の上昇要因となります。 原油高は、物価上昇要因となりますし、各国のにも影響を与えます(一時的な原油高は省く)。 日本の場合、水準によりますが、原油価格が1割上昇すればGDPが0. 4%ダウンし、2兆円の損失になると試算されています。 米国は車社会ですので、原油高による経済への影響は大きくなります。 原油高は、エネルギー株やプラント株、石油元売り株などの上昇要因となる一方、化学株や物流株、海運株、電力株にとっては下落要因となります。 原油価格の下落要因・原油安が及ぼす影響 原油価格の下落要因と、原油安が及ぼす影響について、その代表的なものを紹介します(原油安とは、原油価格が下落することです)。 原油の生産量は、OPECの総会で加盟国の生産量の上限が決められていますので、OPECの生産量の増減の決定は原油価格の変動要因となります。 原油はドル建てで取引されていますので、は原油価格の下落要因となります。 大規模な油田が発見された場合などは原油価格の下落要因となります。 日本は原油を輸入していますので、原油安はプラス材料となりやすいです。 燃料コストが下がって気象収益のプラス要因となりやすいです。 原油安による金融不安が起こればマイナス要因となることもありますが、それが一時的であれば企業収益にとってはプラス要因となりやすいです。 原油安はエネルギー株やプラント株、商社株のマイナス要因となり、火力株、医療品株、電炉株、高炉株、科学株、物流株にとってはプラス要因となります。 はエネルギー関連株の寄与度が高いので、原油安はマイナス要因となります。 WTI原油・ドバイ原油・ブレント原油の違い 当ページでは、原油価格で最も注目度が高い「NY原油(WTIの原油先物)」の推移を掲載していますが、原油価格を見る場合、「ドバイ原油」や「ブレント原油」を見ることもあります。 ここではその違いについて簡単に解説しておきます。 原油は、その産地ごとに3つの市場に分かれています。 WTI原油は米国のNYMEX、ドバイ原油は東京商品取引所、ブレント原油はロンドンのICE Futures Europeで取引されています。 この3市場でのそれぞれの原油の取引価格は異なりますが、WTI原油が最も高い価格になるのが通常です。 というのも、WTI原油は不純物が少なく、商品価値が高いガソリンや軽油を多くつくれるためです。 重油や灯油が多く採れるドバイ原油やブレント原油はWTI原油よりも安い価格がつきやすいです。 ファンドの参加者も取引量もWTI原油が最も多いので、原油価格で最も重要な指標となっています。 日付 NY原油(NYMEX WTI原油) 7. 15 41. 20 7. 14 40. 29 7. 13 40. 10 7. 10 40. 55 7. 9 39. 62 7. 8 40. 90 7. 7 40. 62 7. 6 40. 63 7. 2 40. 65 7. 1 39. 82 6. 30 39. 27 6. 29 39. 70 6. 26 38. 49 6. 25 38. 72 6. 24 38. 01 6. 23 40. 37 6. 22 40. 46 6. 19 39. 75 6. 18 38. 84 6. 17 37. 96 6. 16 38. 38 6. 15 37. 12 6. 12 36. 26 6. 11 36. 34 6. 10 39. 60 6. 9 38. 94 6. 8 38. 19 6. 5 39. 55 6. 4 37. 41 6. 3 37. 29 6. 2 36. 81 6. 1 35. 44 5. 29 35. 49 5. 28 33. 71 5. 27 32. 81 5. 26 34. 35 5. 22 33. 25 5. 21 33. 92 5. 20 33. 49 5. 19 32. 50 5. 18 31. 82 5. 15 29. 43 5. 14 27. 56 5. 13 25. 29 5. 12 25. 78 5. 11 24. 14 5. 8 24. 74 5. 7 23. 55 5. 6 23. 99 5. 5 24. 56 5. 4 20. 39 5. 1 19. 78 4. 30 18. 84 4. 29 15. 06 4. 28 12. 34 4. 27 12. 78 4. 24 16. 94 4. 23 16. 50 4. 22 13. 78 4. 21 10. 01 4. 20 -37. 63 4. 17 18. 27 4. 16 19. 87 4. 15 19. 87 4. 14 20. 11 4. 13 22. 41 4. 9 22. 76 4. 8 25. 09 4. 7 23. 63 4. 6 26. 08 4. 3 28. 34 4. 2 25. 32 4. 1 20. 31 3. 31 20. 48 3. 30 20. 09 3. 27 21. 51 3. 26 22. 60 3. 25 24. 49 3. 24 24. 01 3. 23 23. 36 3. 20 22. 43 3. 19 25. 22 3. 18 20. 37 3. 17 26. 95 3. 16 28. 70 3. 13 31. 73 3. 12 31. 50 3. 11 32. 98 3. 10 34. 36 3. 9 31. 13 3. 6 41. 28 3. 5 45. 90 3. 4 46. 78 3. 3 47. 18 3. 2 46. 75 2. 28 44. 76 2. 27 47. 09 2. 26 48. 73 2. 25 49. 90 2. 24 51. 43 2. 21 53. 38 2. 20 53. 78 2. 19 53. 29 2. 18 52. 05 2. 14 52. 05 2. 13 51. 42 2. 12 51. 17 2. 11 49. 94 2. 10 49. 57 2. 7 50. 32 2. 6 50. 95 2. 5 50. 75 2. 4 49. 61 2. 3 50. 11 1. 31 51. 56 1. 30 52. 14 1. 29 53. 33 1. 28 53. 48 1. 27 53. 14 1. 24 54. 19 1. 23 55. 59 1. 22 56. 74 1. 21 58. 34 1. 17 58. 54 1. 16 58. 52 1. 15 57. 81 1. 14 58. 23 1. 13 58. 08 1. 10 59. 04 1. 9 59. 56 1. 8 59. 61 1. 7 62. 70 1. 6 63. 27 1. 3 63. 05 1. 2 61. 18 当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。 当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。 当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。

次の