アゴ なし ゲン さん。 アゴなしゲンとオレ物語

アゴなしゲンとオレ物語 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

アゴ なし ゲン さん

アゴなしゲンとオレ物語のあらすじ紹介 運送屋とは言いながら、 ほとんど仕事がない「アゴナシ運送」。 そこを率いるゲンさんは、超絶濃密な 体毛に加え、下品過ぎる行動で 奥さんに逃げられる、年端も行かない 子供にオモチャにされる等々、常識を 超えるほどの条件を兼ね備える ダメ人間でした。 社員であるケンヂもまた、一見 まともではありながらも、実は 様々なところにダメさを炸裂させる 要注意人物であり、そんな コンビのもとには、 当然いい仕事は来たりしません。 しかし、二人が個性的なためか、 何かをすればハプニングが 起こりまくるのが「アゴナシ流」。 今日も、爆笑騒動がゲンさんと ケンヂに襲いかかるのでした。 アゴなしゲンとオレ物語のネタバレと今後の展開は? いつもちいちゃんに尻に敷かれている、 あるいは完全にヒモ状態であるケンヂ。 ビッグになる! と一念発起して家を出たものの、もちろん 行き先などあるはずありません。 とりあえず路上で歌を披露しますが まったく誰にも相手をされず、 早くも心が折れかかってしまいます。 その時、ミステリアスな雰囲気を持つ 女性が話しかけてきました。 何でも彼女は芸術家の支援をする、 言わばパトロンのようなことを しているらしく、見所のあるケンヂを 家に連れて帰りたいとの ことだったのです。 彼女の家には、作詩を専門とする 「詩人さん」と、映画作りが専門の 「監督さん」がいて、志を同じくする 者同士、すぐに打ち解けます。 彼女の家で悠々自適な 生活を続けて行くケンヂ。 スリムだった体にも肉がつき、 怠けた感じが全面に出ているものの、 まったく気にしていませんでした。 しかし、家の中でケンヂは、彼女の 「計画書」を発見してしまいます。 問いただしてみるとどうやら彼女は、 かつてアーティスト気取りの男に 捨てられ、しかもその彼が 成功を収めたことで、同じような 男たちの才能をダメにするという 復讐に乗り出したとのこと。 衝撃を受けるケンヂですが、 詩人さんも監督さんも真実を知りつつ 自分をダメにする環境から 抜け出す意思を失っていました。 そこでケンヂは強引に 一発逆転に打って出ます。 サイト内で【 アゴなしゲンとオレ物語】を検索! アゴなしゲンとオレ物語の読んでみた感想・評価 色々な夢に向かって挑み、あるいは 物理的なバトルに邁進していく 主人公たちが居並ぶ雑誌の中で、 えげつないほどに夢も希望もない、 しかも人間性も超ヤバくケンカも弱い というゲンさんは、強烈なほどの 異彩を放っていました。 そのパワーは話が進んでも 切れるどころかますます増加していき、 一見まともそうだったケンヂの ダメさ加減も次々に「開花」していく という中で、ヤケッパチ的な面白さを 獲得していきました。 そのインパクトと、個性が 強過ぎるほどのキャラを操って オチをつける構成力の厚みには、 後になって「監獄学園」のヒット作を ものにする平本氏の地力の高さを 見る思いがしましたし、妙に 話を重くしたりしない辺りにも、 高いサービス精神を 感じることができました。 個人的には、当初ちぃちゃんの 彼氏という扱いだったケンヂが ヒモ的なポジションになり、 どんどんダメさを露呈していく全体の 流れをじっくり見返していくと、 社会人としても人間としても 規格外のダメさを誇る ゲンさんとの関係や、そこで 働き続けていること自体に、 変化の理由のようなものが 滲んでいることを思い至った時には ビックリするとともに 納得の苦笑いをしてしまいました。 アゴなしゲンとオレ物語はこんな方におすすめな作品!必見 昨今、色々なタイプの「ダメ男」が 主人公になる作品が多いですが、本作は そうしたものの中でもダントツの ヤバさを誇っています。 「この程度じゃ全然ダメじゃねえじゃん」 的なツッコミを入れたくなる ジャンルではあるのですが、 ゲンさんとケンヂのダメっぷりは そうした横槍を挟む隙もない 徹底ぶりで、むしろすがすがしいほどです。 脇を固める人間も常に破壊活動を 狙ってくるドドイツや、良いヤツなのに 何故かムカついてしまう茶羽根君など、 「良くある個性的」の枠には 到底収まらないほどのフリーダムな 連中ですので、記憶の中とのキャラと 被る心配も少ないです。 また、週刊連載という荒波に揉まれた 結果からか、途中から画力が 急上昇しますが、良くも悪くも 「汚さ」は相変わらずで、良くある 中盤ぐらいに至ったところでの シリアスやバトルなどへの ジャンル・チェンジもないので 安心感があります。 ハイパワーな話が連続する割に グイグイと読ませる力量があり、 しかも疲れにくいので、オチが 分かっても何度も読んでしまう 気になるのもいいですね。

次の

アゴなしゲンとオレ物語 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

アゴ なし ゲン さん

私は「アゴなしゲンとオレ物語」が大好きでした。 モチロン全巻コンプリートしています。 アゴなしゲンってみんなあまり読んだ事が無い本なので、うちに遊びに来た友達は必ずと言っていいほどアゴなしゲンを手に取ります。 それもアゴゲンは1話完結のギャグ漫画なので、ちょっと暇つぶしに見る本には最適なんです!!!しかし1冊手にとってクスっという友達の笑い声がし、2冊目に手を伸ばす。 この時が何とも言えないヤッター感に包み込まれるんです。 勝った!!って思いますよね。 そしてウチに遊びにくると何気にみんなアゴゲンを取るようになるんです。 しかし、そんなある日衝撃的だったんですがある友達が言った一言で私の中でのアゴなしゲンとオレ物語が終わってしまったのです。 えっ何・・・これアゴなしゲンじゃん!!えええええ、絵がめっちゃ上達してる。 そして面白い!! てかまだ連載してる事に驚きましたね。 そこから毎週のように先輩とアゴなしゲンの話で盛り上がり、10数年ぶりに単行本を買うようになったんです。 そして友達の「あれ、これ最終回じゃない?」に続くんです・・・・。 アゴなしゲンは1998年から連載スタートし2009年に連載が終わっています。 私が13歳の頃に始まり24歳で幕を閉じたことになります。 調べてみると、小学生の時に買ったと思い込んでいたのは間違いで中学生の事だったんですね。 よくよく思い出してみると「今まで買ったことない本買おうぜ!」と言った友達は明らかに違う小学校なので会ってるハズがないしね。 しかしそういう事なんです (何が) ゲンさんが終わってから月日が流れたという事なんです (何この展開) しかしそれでも私の中ではアゴなしゲンは生き続けているという事なのです!! それではみなさん 『デラベッピン(また会う日まで)』 以上。

次の

アゴなしゲンとオレ物語

アゴ なし ゲン さん

アゴなしゲンとオレ物語のあらすじ紹介 運送屋とは言いながら、 ほとんど仕事がない「アゴナシ運送」。 そこを率いるゲンさんは、超絶濃密な 体毛に加え、下品過ぎる行動で 奥さんに逃げられる、年端も行かない 子供にオモチャにされる等々、常識を 超えるほどの条件を兼ね備える ダメ人間でした。 社員であるケンヂもまた、一見 まともではありながらも、実は 様々なところにダメさを炸裂させる 要注意人物であり、そんな コンビのもとには、 当然いい仕事は来たりしません。 しかし、二人が個性的なためか、 何かをすればハプニングが 起こりまくるのが「アゴナシ流」。 今日も、爆笑騒動がゲンさんと ケンヂに襲いかかるのでした。 アゴなしゲンとオレ物語のネタバレと今後の展開は? いつもちいちゃんに尻に敷かれている、 あるいは完全にヒモ状態であるケンヂ。 ビッグになる! と一念発起して家を出たものの、もちろん 行き先などあるはずありません。 とりあえず路上で歌を披露しますが まったく誰にも相手をされず、 早くも心が折れかかってしまいます。 その時、ミステリアスな雰囲気を持つ 女性が話しかけてきました。 何でも彼女は芸術家の支援をする、 言わばパトロンのようなことを しているらしく、見所のあるケンヂを 家に連れて帰りたいとの ことだったのです。 彼女の家には、作詩を専門とする 「詩人さん」と、映画作りが専門の 「監督さん」がいて、志を同じくする 者同士、すぐに打ち解けます。 彼女の家で悠々自適な 生活を続けて行くケンヂ。 スリムだった体にも肉がつき、 怠けた感じが全面に出ているものの、 まったく気にしていませんでした。 しかし、家の中でケンヂは、彼女の 「計画書」を発見してしまいます。 問いただしてみるとどうやら彼女は、 かつてアーティスト気取りの男に 捨てられ、しかもその彼が 成功を収めたことで、同じような 男たちの才能をダメにするという 復讐に乗り出したとのこと。 衝撃を受けるケンヂですが、 詩人さんも監督さんも真実を知りつつ 自分をダメにする環境から 抜け出す意思を失っていました。 そこでケンヂは強引に 一発逆転に打って出ます。 サイト内で【 アゴなしゲンとオレ物語】を検索! アゴなしゲンとオレ物語の読んでみた感想・評価 色々な夢に向かって挑み、あるいは 物理的なバトルに邁進していく 主人公たちが居並ぶ雑誌の中で、 えげつないほどに夢も希望もない、 しかも人間性も超ヤバくケンカも弱い というゲンさんは、強烈なほどの 異彩を放っていました。 そのパワーは話が進んでも 切れるどころかますます増加していき、 一見まともそうだったケンヂの ダメさ加減も次々に「開花」していく という中で、ヤケッパチ的な面白さを 獲得していきました。 そのインパクトと、個性が 強過ぎるほどのキャラを操って オチをつける構成力の厚みには、 後になって「監獄学園」のヒット作を ものにする平本氏の地力の高さを 見る思いがしましたし、妙に 話を重くしたりしない辺りにも、 高いサービス精神を 感じることができました。 個人的には、当初ちぃちゃんの 彼氏という扱いだったケンヂが ヒモ的なポジションになり、 どんどんダメさを露呈していく全体の 流れをじっくり見返していくと、 社会人としても人間としても 規格外のダメさを誇る ゲンさんとの関係や、そこで 働き続けていること自体に、 変化の理由のようなものが 滲んでいることを思い至った時には ビックリするとともに 納得の苦笑いをしてしまいました。 アゴなしゲンとオレ物語はこんな方におすすめな作品!必見 昨今、色々なタイプの「ダメ男」が 主人公になる作品が多いですが、本作は そうしたものの中でもダントツの ヤバさを誇っています。 「この程度じゃ全然ダメじゃねえじゃん」 的なツッコミを入れたくなる ジャンルではあるのですが、 ゲンさんとケンヂのダメっぷりは そうした横槍を挟む隙もない 徹底ぶりで、むしろすがすがしいほどです。 脇を固める人間も常に破壊活動を 狙ってくるドドイツや、良いヤツなのに 何故かムカついてしまう茶羽根君など、 「良くある個性的」の枠には 到底収まらないほどのフリーダムな 連中ですので、記憶の中とのキャラと 被る心配も少ないです。 また、週刊連載という荒波に揉まれた 結果からか、途中から画力が 急上昇しますが、良くも悪くも 「汚さ」は相変わらずで、良くある 中盤ぐらいに至ったところでの シリアスやバトルなどへの ジャンル・チェンジもないので 安心感があります。 ハイパワーな話が連続する割に グイグイと読ませる力量があり、 しかも疲れにくいので、オチが 分かっても何度も読んでしまう 気になるのもいいですね。

次の