スケルトン トラップ 統合 版。 マインクラフト統合版雑記 : 初心者のためのマイクラPE攻略04【ゾンビ/スケルトン経験値トラップ】

【マイクラ統合版】統合版の仕様に合わせたスケルトントラップ作ってみた

スケルトン トラップ 統合 版

2018-09-07 04:50 装置の全体像 装置の仕組みについて プレイヤーは装置の中のこの位置で放置します。 すると… ファントムがプレイヤー目掛けて攻撃をしに来ます。 装置にぶつかるとファントムは上空に戻ろうと上に飛んでいきます。 上に戻ろうとしたファントムは装置の隙間に入って水流により流され始めます。 そして最後は画像の赤丸の位置に集められるという仕組みです。 集めたファントムは、はしごを登って倒しに行きます。 (プレイヤーが直接倒さないとアイテムをドロップしないため) こんな風に攻撃して倒しちゃってください。 この時、アイテムボーナスのエンチャントがついた剣で倒すとドロップアイテムが増加するのでオススメです。 基本的にドロップしたアイテムは、下に設置したホッパーの上に落ちてチェストの中に入りますが、たまに画像のようにアイテムが引っかかる場合があります。 下のチェストに溜まった「ファントムの皮膜」 ファントムトラップの作り方 必要な材料 ガラス 丸石等 ハーフ ブロック ドア ボタン 水バケツ はしご ホッパー チェスト 133個 6個 2個 1個 16個 1個 5個 1個 2個 今回装置を作るのに使ったアイテムです、目安にしてください。 とりあえず2段積んでドアを設置。 そして次に5マスまで画像のようにブロックを積んでいきます。 その後、画像の白色のブロックの場所にはしごを設置します。 次に、画像のようにガラスを設置します。 (先程積んだガラスブロックと平面になるようにして縦に2マス設置します) 正面からみるとこんな感じです。 上に戻り、画像のように2マス積んだガラスの下側全てにボタンを設置していきます。 このボタンで後に設置する水が下に落ちないようにしています。 ボタンを全て付け終わりましたら赤丸をつけた位置に水を流してください。 (装置の正面から見て左手前の場所です) 水を流すと画像のような感じになります。 この水流によって赤丸をつけた場所にファントムが集められます。 画像のようにガラスを設置します。 (説明のため見やすいようにガラスの色を変えています) ここからは斜めから見ると分かりやすいと思うのでこの角度で説明します。 画像のようにガラスを1マス積んでいきます。 殆ど左右対称の形になっています。 さらに1マス積みます。 画像のようにハーフブロックを上側に設置します。 次に、蓋をするようにガラスを積みます。 白色のブロックの部分は日光を通さないブロックにしてください。 これによって集められたファントムが昼になっても日の光でダメージを受けないようになります。 そして装置の下に戻ってドロップアイテムを回収する部分を作ります。 画像のようにホッパーとチェストを設置するためのスペースを確保します。 筆者はWindows10版 Win10版 で作りましたが、統合版であるPE版 スマホ版 、XBOX版、Switch版でも同様に動作するはずです。 何かご不明な点がありましたらお気軽にご連絡ください! 人気記事ランキング• 5,400ビュー• 5,200ビュー• 5,100ビュー• 4,800ビュー• 4,200ビュー• 3,100ビュー• 2,900ビュー• 2,500ビュー• 2,500ビュー• 2,300ビュー 最近の投稿• カテゴリー• 9 最近のコメント.

次の

超簡単な『スケルトン(ゾンビ)トラップ』を作ってみたのです。【マイクラ】

スケルトン トラップ 統合 版

スケルトンスポナーでもゾンビトラップと同じような経験値トラップを作ることができます。 しかも子供バージョンやチキンジョッキーがスポーンしないため、ゾンビトラップよりも装置の簡略化が可能。 今回はスケルトンスポナーを使った、全自動経験値トラップの作り方を紹介します。 スケルトントラップの仕組み スケルトントラップは、ワールド内でたまに生成される「ダンジョン」内にあるスケルトンスポナー(スケルトンのスポーンブロック)を使用して作る、経験値&骨粉収集トラップです。 今回作るスケルトントラップの全体像。 今回は仕分け機なども接続して、矢と骨粉を別々のチェストに回収できるようにしていますが、必要がなければ省略可能です。 なお、このトラップはゾンビのスポーンブロックを使ったトラップと仕組みがほぼ同じです。 先に以下の記事を読んでおくと、このトラップへの理解も深まります。 関連記事: 設計図 スケルトントラップの設計図。 スポナーでスポーンしたスケルトンを水流によって一箇所に集め、ソウルサンド式水泡エレベーターで上に持ち上げます。 バージョン1. 2までは看板と水源を交互に重ねていく水流エレベーターを使っていましたが、バージョン1. 13からアンデッドモンスターが水に沈むようになってしまったので、代わりにソウルサンドと水を使った水泡エレベーターを使っています。 2までのバージョンなら、下画像のような設備でスケルトンを持ち上げることができます。 上に持ち上げたスケルトンは高さ22の位置から落下させて、瀕死のダメージを与えます。 ここで普通にプレイヤーが剣で攻撃してもいいのですが、今回は「オオカミ」に活躍してもらいスケルトンを倒すことも自動化してしまいます。 スケルトントラップはオオカミで完全自動化できる オオカミはスケルトンを見つけると襲いかかる習性があり、飼いならしたオオカミがスケルトンを倒した場合は経験値オーブが出現します(飼いならしていないオオカミが倒しても出現しません)。 この性質を利用することで、経験値回収を完全に自動化することが可能です。 オオカミは森林やタイガにいます。 中立状態のオオカミに骨を与えれば懐かせることが可能。 オオカミに出会ったら、スケルトンスポナーを作るときのために捕まえておくようにしましょう。 スケルトントラップの建設手順 スポナーさえ発見できていれば、スケルトントラップの建設はそう難しくはありません。 手順を詳しく見ていきましょう。 なお、以下の解説は地下で発見したスケルトンスポナーを使ってトラップを作っていくことを想定しています。 スポーン部屋の整備 最初にスポナーの周囲を掘り広げ、スケルトンをスポーンさせる部屋を作っていきます。 スケルトンスポナーから前後左右に4マスずつ掘り広げ、上下も2マスずつ掘ります。 上の画像では、高さがわかるようにスポナーの上下に金ブロックをわざと設置してあります。 実際に作るときは取り除いてください。 例えばスポーン部屋のすぐ上に空洞があってそこにスケルトンがスポーンしているような場合は、スポーン部屋でのスケルトンの湧きに影響が出てしまうのでしっかり埋めておきましょう。 スポナーの上にハーフブロックを置いておくと、スポナーの上にスケルトンが乗ることを防げます。 部屋の端の床を掘り下げ、水路を作ります。 横から見ると、水路はこのような形になります。 水路の左端から水を流し、水流を延長するために水源から8ブロック目を一段掘り下げてあります。 この水路は、スケルトンをソウルサンド水泡エレベーターへ運ぶためのものです。 スポーン部屋の床には水路方向に水を流しておき、スポーンして床に落ちたスケルトンは水路まで誘導されます。 水路に入ったスケルトンはスポーン部屋の外へ運ばれ、水泡エレベーターで上に持ち上げられるという流れです。 ソウルサンド式水泡エレベーター 水路の先にソウルサンド式水泡エレベーターを作っていきます。 水路の先を3ブロックの高さで、奥行き3ブロック分掘り進めます。 さらに、下から二段目をもう1ブロック分ほっておきます。 掘り進めた先に、フェンス、看板2枚、ソウルサンドを設置します。 横から見るとこのような配置になります。 この配置で、水流を途切れさせること無くスケルトンをソウルサンドエレベーターに誘導できます(コメントで教えていただきました。 ありがとうございます!)。 途中で止まるポイントがなく、スケルトンの移動が非常にスムーズです。 ソウルサンドの真上を掘ります。 最上部はこのような形に掘って、落とし穴の上に看板を設置しておきます。 先ほど設置した看板の下は22ブロックぶん掘り下げます。 ここまでで、ソウルサンド式水泡エレベーターの構造部分は完成です。 次は、落下地点を整備しましょう。 落下地点の整備 経験値を回収するだけであればスケルトンが出れないようにしつつ攻撃するための隙間をあけ、オオカミを近くにつれてくれば完成です。 今回は経験値だけでなくアイテムも回収できるように、ホッパーとチェストも設置していきます。 下画像の金ブロックの上にスケルトンが落ちてきます。 作業しやすいように、落下地点の周辺は少し広げておきましょう。 落下地点にアイテム回収用のホッパーを設置し、隣のチェストにつなげます。 ホッパーの穴に経験値オーブが引っかかることがあるので、ハーフブロックでフタをします。 ハーフブロックを設置して隙間が1. 5ブロックになれば、スケルトンは外に出てこれません。 Java Editionではもっと隙間を狭くしても大丈夫ですが、統合版では1. 5ブロックの隙間がないとオオカミがスケルトンを見つけられないようです。 オオカミを連れてきましょう(稼働時はおすわりを解除します)。 オオカミはブロックの向こう側にいるスケルトンにも反応してしまいます。 スポーン部屋のほうへいってしまわないよう、一応フェンスにリードでつないでおくといいです。 おすわりした状態だとスケルトンを攻撃してくれないので、稼働時は必ずおすわりを解除するようにしましょう。 落下ダメージは必要か このやり方ならスケルトンに落下ダメージを与える必要はないのでは?とも思いましたが、オオカミが一撃で倒せるくらいにスケルトンの体力を奪っておかないと、攻撃を受けたスケルトンがオオカミに反撃し始めて、放置している最中にオオカミがやられてしまうことがありました。 オオカミが攻撃するための隙間を0. 5ブロック分にすればダメージを受けにくくなりますが、落下ダメージがないとスケルトン一体をを倒すのに時間がかかるため、スケルトンがたまっていってしまいます。 落下ダメージを与えておいたほうが、トラップの安定性は高いです。 統合版(BE)では落下地点を2ブロックに広げる 統合版で試したところ、1ブロックの落下地点にスケルトンがたまっていくとオオカミがあまり攻撃しないような状態になりました。 落下地点を広げて、スケルトンが横に移動できるようにしておくと良さそうです。 統合版(BE版)の落下地点。 Java Editionに比べるとオオカミがあまりスケルトンを攻撃してくれないので、2匹くらい連れていったほうがスケルトンがたまりすぎず安定しそうです。 最後に、水を設置してトラップが可動できる状態にしていきます。 水の設置 スポーン部屋と水路、ソウルサンド式水泡エレベーターに水を設置していきます。 スポーン部屋の奥から、水路に向かって水を流します。 壁際の床9ブロック全てに水源を設置しましょう。 水流が進むのは8ブロック分。 壁際から流すと、上画像のようにちょうど水路の手前で途切れるはず。 水路に水が落ちてしまう場合は部屋の大きさが間違っているので、改めて確認してみてください。 水を設置したらこの部屋にはもう入らないので、この時点でスポーン部屋の明かりを取り除いておきましょう。 ただスポーン部屋を暗くするとスケルトンがわき始めるので、これ以降は一時的に難易度をピースフルにして作業したほうが安全です。 水路にも水を設置。 スポーン部屋の端からソウルサンド方向に水が流れるようにします。 ソウルサンドの上に、水を設置していきます。 水を置くと泡が発生し、その泡に触れたものは上へ持ち上げられます。 ソウルサンドの横に作ったくぼみには水を設置しないので注意してください。 このくぼみにソウルサンド上の水源から水が流れ込むことで、水路からMobがソウルサンド上に引き込まれるようになります。 Java Editionの場合、ソウルサンドの上は1ブロックずつ水源を設置していく必要があります。 最上部に水源を設置すれば下に水流が降りてきてエレベーター部分が水で満たされますが、水流ではソウルサンドから泡が発生しません(統合版では水流でも泡が発生するので、最上部とソウルサンドの上にだけ水源を設置すればOKです)。 エレベーターの最上部では、落とし穴に向かって水を流します。 流されて落ちないように注意。 ここまで設置できたら、全自動経験値トラップの完成です。 水流がきちんと流れているかもう一度確認しましょう。 スポーン部屋と水路。 エレベーター接続部分。 エレベーター。 クリエイティブなら、実際に入ってみて泡が上までつながっているかチェックしましょう。 最上部。 水流がOKなら、難易度をノーマルにして機能するか確かめてみましょう。 オオカミに倒されるスケルトン。 プレイヤーが倒した場合と比べたところ、オオカミが倒したからといって得られる経験値が少なくなるということは無いようです。 スポナーから16ブロック以内にプレイヤーがいるときだけ、このトラップは機能します。 落下地点から大きく離れないようにしましょう。 落下地点に近づきすぎてもスケルトンの攻撃を受けてしまうので、スポーン部屋に近い場所で適度な距離をとりつつ待機するといいです。 アイテム回収のための設備を増設する 落下地点に設置されたホッパーで、スケルトンが死んだときにドロップする骨粉や矢を回収することができます。 しかしスケルトンは弓もドロップするため、普通にチェストにつなげただけだとすぐにチェストがいっぱいになってしまいます。 そこで落下地点にアイテム仕分け機を設置して骨粉と矢だけをチェストに保管し、弓やその他の装備品はゴミ箱に捨てるという設備を作ってみました。 アイテム仕分け機の接続 落下地点のホッパーの下に、アイテム仕分け機をつなげていきます。 落下地点のホッパーを下につながるように設置し、その下に下画像のように横向きのホッパーを設置します。 先ほど設置したホッパーの下に、さらにホッパーを設置。 一番下のホッパーの下に、下画像のようにレッドストーントーチを設置します。 レッドストーントーチの裏側で、リピーターとレッドストーンワイヤーを下画像のように設置。 リピーターはレッドストーントーチがささったブロックに向けます。 リピーターの上と、その隣(一番下のホッパーの隣)にブロックを設置し、その上にコンパレーターとレッドストーンを下画像のように設置します。 下から2段目のホッパーに、それぞれ仕分けたいアイテムを下画像のように入れておきます。 骨を仕分けるホッパーには骨を一番左のスロットに18個入れ、残りのスロットには仕分け機に流れてこないアイテム(丸石など)を1個、1個、1個、1個と入れておきます。 矢を仕分けるホッパーには矢と丸石を18個、1個、1個、1個、1個と入れます。 仕分けたアイテムを格納するチェストを設置して、仕分け部分は完成です。 アイテム仕分け機の仕組みは以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。 最上段のホッパーの先に、下向きのドロッパーを設置。 その下にはサボテンを置きます。 サボテンの下は砂ブロックになっています。 また、サボテンは前後左右がブロックで埋まっていると設置できないので、あからじめ空間をあけておきましょう。 レッドストーン回路を、下画像のように作ります。 この回路はクロック回路になっていて、ドロッパーの中にアイテムが入っているあいだずっとON・OFFを繰り返します。 ON信号がドロッパーに伝わるとアイテムが一つ吐き出され、下のサボテンの上にのって消滅します。 統合版(BE版)ではサボテンにアイテムがあたっても消滅しなかったので、サボテンの代わりに溶岩などを設置しておくといいと思います。 余計な穴を塞いでキレイに整えたら、アイテム仕分け機の増設は完了です。 スケルトントラップの効率 このトラップを稼働させると、Java Editionでは26分くらいで経験値レベルが30を超え、3スタック程度の骨と矢が手に入ります。 統合版(BE版)では、30分放置したときの獲得経験値は25レベルほどでした。 矢と骨は同じく3スタックくらい。 ゾンビトラップと違って完全放置にできるので、画面の前にずっと座っている必要はありません。 ということで、スケルトントラップ(全自動経験値トラップ)の作り方の紹介でした。 経験値を獲得するだけでなく、大量の骨粉(骨)が確保できれば木材や食料などのストックを一気に増やすことができ、サバイバル生活をより安定させることができます。 スケルトンスポナーを見つけたら、ぜひ作ってみてください! この構造足元のホッパーの、その隣のホッパーもアイテムを吸ってしまうようですね その場合、仕分け装置を一個スルーするので、意図しない仕分け漏れがでることになります すでにコメントで骨が仕分けされないとある人は、手前の仕分け装置が骨なんでしょうね さらにはこのアイテムの入れ方だと故障の原因です 単純に全アイテムが64個入った場合を考えてみてください 故障の原因はホッパー一個分の輸送速度を超える(2個以上のホッパーで同時輸送) チェストが満タンになる。 特にチェストはすぐ満タンになって壊れるでしょうね あとソウルサンドエレベーターは水流を途切れさせることなく、スムーズに流れていく構造が可能です文字で説明するのは辛いのでひとつだけ 柵の上に水を流すと、水の流れる部分に柵の当たり判定0. 5が飛び出すという特殊な状態になります.

次の

【マイクラ統合版】スポナートラップ作りました

スケルトン トラップ 統合 版

もくじ• スケルトンスポナーを見つけた ら スケルトンスポナーを見つけたら、これからトラップ作りに入りましょう。 トラップ製作中にMOBが湧いてしまうと厄介なので、最初に スポナーの『底以外の5面』を松明で湧きつぶししておいてください。 加えて、スポナーの特徴である 『空間にもMOBが湧く』のを防ぐために、適度に壁や床にも湧きつぶしを行いましょう。 関連>> お宝ボックスも撤去しておいてくださいね。 スケルトントラップの作り方 ではこれから、スポナーの特徴を活かしたトラップの作り方を解説していきます。 スポナーの特徴を先にまとめておいたので、これらを踏まえて製作していきます。 スポナーの湧き範囲は縦9横9高さ3• 湧き範囲を掘り抜き、スポーンゾーンを最大限確保する 処理場までの誘導スペースを作る 次に、 モンスターを処理場まで水流で誘導していくためのスペースを確保していきます。 これを活用すれば、 湧いたモンスターを全て1か所に集めることができるようになりますよ。 まず、スケルトン誘導中に一切の詰まりが生まれないよう、 スポナー下を2段分、掘り下げます。 次に、 水流エレベーター予定地に一番近い 1列をさらに 2段分、途中から3段分掘り抜いていきます。 少しわかりづらいと思いますので、これからは人工的に作ったスポナー施設で詳しく見ていきましょう。 上から見た図はこんな感じ。 正面から見ると、こんな感じ。 ここに後から水を流し、湧いたスケルトンたちを集めていくことになるわけです。 最初から2段ぶん下げているのには訳があって、 ここを1段にしてしまうとモンスターが水の流れに抵抗しやすくなってしまうんです。 原因は2つの水流が一部くっついてしまうことなのですが、どちらにせよモンスターが湧き範囲にとどまってしまうことは、湧き効率を上げるうえでは最悪の事態です。 たった1段深めに掘るだけで多少なりとも解消できる問題なので、ぜひ2段下げて水路を作ってください。 スポナーの下は、ひっかかり防止のため最低2段下げておく• モンスターを集める水路も2段以上下げておく 水流エレベーターを作る モンスター運搬路ができたら、今度は 集めたモンスターいったん上へ持ち上げるための水流エレベーター(EV)を作っていきます。 水流EVとは、1. 13から追加された要素、『上昇する渦』を利用した持ち上げ機構です。 水源の下にソウルサンドを置くとぷくぷくと泡が発生、これが『アイテム』『プレイヤー』『MOB』を上に押し上げてくれます。 これを作るために、まずは トラップの水が水流EVと混ざり合うのを防ぐため、 ス トッパー を設置します。 『看板・トラップドア・旗』などを使い、下の画像のように水の流れを止めましょう。 画像ではトラップドアを使っていますが、先ほど紹介したアイテムだったらなんでも機能してくれます。 水流EVの高さは22~24• ストッパーのすぐ横に作る EV用通路ができたら、 一番上のブロックから水を流します。 従来であれば、看板、水、看板、水と交互に設置し水流EVを作っていましたが、 1. 13以降、水はたった1杯で済むようになりました。 そうしたら、 流した水(水流)を『水源』にしていくため、下からコンブを植えていきましょう。 下から一番上まで抜けのないようしっかり植えると、 水流だった水が水源になってくれます。 画像のように水路をコンブで埋め尽くしたら、コンブは撤去してしまって大丈夫です。 あとは、 エレベーター下のブロックをソウルサンドに切り替えて水流EVの完成です!一応、きちんと上まで上がることができるかチェックしておくといいでしょう。 水流エレベーターの水は全て水源にする• 水流はコンブで水源になる• ソウルサンドにコンブは植えられない• ソウルサンドは最後に設置 運搬路を作る 水流EVができたら、今度はモンスターを落下させたい場所まで誘導させる通路を作ります。 水流エレベーターからさらに2段、モンスターの背丈の高さのスペースを上に掘り、長さ8ブロックまでの好きな距離で通路をつくります。 できあがりが画像のような感じになっていればOK。 今回は分かりやすいように右方向に通路を作りましたが、通路の進行方向に決まりはありません。 最後に、下の画像のように 水流EVの上のブロックに水源を置き、 落下地点にはトラップドアを設置して水の流れをストップさせておきましょう。 こうすることで、モンスターをトラップドアの場所(落下地点)までうまい具合に誘導できます。 今から行う落下距離の調整ですが、それをシビアにしているのが 『モンスターが落下直前に 水の中でジャンプしてしまい、調整した高さ以上のところから落下してしまうかどうかがランダムである』ことです。 これが起こってしまうと、 強すぎる落下ダメージによってモンスターが死んでしまい、経験値を得ることができなくなります。 これでは経験値トラップとして機能しないので、そうならないように100匹程度のモンスターで色々と高さの検証しました。 経験値&アイテム集め併用トラップにする場合 23. 5 まずは 『経験値&アイテム』用のトラップにする場合、 落下の高さは23. 5に調整することで、スケルトンを瀕死状態にさせることができます。 落下前にジャンプして余計なダメージを受けてしまうモンスターに対しても、この高さであればなんとか耐えられることを確認済みです。 『アイテムのみ』の場合は 落下距離25. 5 モンスター溜め場を作る ここまでで、スポーンしたモンスターを瀕死にすることまでが終わりました。 これから彼らを倒して経験値を稼いでいきますが、1匹ずつ倒したのでは効率悪いですよね。 ということで、モンスターたちを溜めておき(放置しておき)一気に経験値をゲットするための 溜め場を落下地点に作っていきます。 まず、 スケルトンの身長は約2ブロックなので溜め場の高さは 2ブロック以上確保しておく必要があります。 さらに、 1ブロックのスペースに26体以上のモンスターが集まると窒息ダメージを受けて死んでしまうという仕様を避けるために、2x3くらいのスペースでスケルトンが密集しすぎるのを防きましょう。 あとは、経験値のため 攻撃用のスペースを残して スケルトンが逃げられないよう囲っておけばOKです。 スポナーからモンスターが湧く条件• 明るさが7以下であること• プレイヤーがスポナーから17ブロック以内にいること 明るさは言わずもがな。 しかし大切なのはもう1つの方です。 『スポナーから17ブロック』の条件は、X・Z軸がスポナーから17ブロック離れてもいいというわけではなく、 『スポナーを中心に半径17ブロックの球形の範囲』のことを言っています。 それを図で表すと、このようになります。 この範囲にプレイヤーがいるときのみ スポナーが稼働。 最初に説明した 『スポナーを中心とした縦9横9高さ3』の範囲にモンスターをスポーンしてくれます。 いつまで経ってもモンスターが湧かないのでは困ってしまいます。 待機場所は、必ずこの範囲内に作りましょう。 またスポナーが稼働している最中は、モンスターがくるくる回り、そして火のパーティクルが発生します。 これを参考に、自分の待機所がスポナー稼働域なのかそうでないのかチェックしてくださいね。 待機所はスポナーから17ブロックの球形範囲内に作る• スポナーが稼働しているかはパーティクルで確認 スポナーの松明を外し、ハーフでスポナーに蓋をする ほぼ完成の段階まできたら、忘れずに 『スポナーをハーフブロックで湧きつぶし』しておきましょう。 こうしておかないと、スポナーの上の空間にMOBがスポーンし、スポナーの上にとどまってしまうことがあるからです。 こうなってしまうと、湧き範囲に常に1体いることになり、スポナーからのスポーン数も常に減ってしまいます。 6体以上になってしまうと、スポーンそのものが止まりトラップとして機能しなくなってしまうため、スポナーの上は必ず『MOBの湧かないブロック』で湧きつぶししましょう。 水を流す ここまでくれば、もう完成。 最後に、スポナーに設置していた松明を撤去、モンスター誘導のための水を流します。 画像のように『モンスターを誘導させたいほうの反対側』から1列の水を流してください。 今回は 赤い羊毛でその位置を示しています。 ここも同様。 スケルトントラップ完成! これで、スポナーを使ったモンスタートラップの完成です! スケルトントラップ製作 まとめ 今回は水流EVを使ってのスケルトントラップの作りかたをご説明いたしましたが、お分かりいただけましたか? スポナーを見つけたときは、絶対に壊してはだめです。 このようなトラップなどにぜひ活用してくださいね。 (毒グモスポナーとシルバーフィッシュは…例外です。 ) 特にスケルトンは、『骨・弓・経験値』を恵んでくれる貴重なキャラです。 ぜひ今回のようなトラップを作り、アイテムをがっぽり手に入れちゃいましょう。 関連動画>>こっちはもう作った? 関連動画>>.

次の