タイヨウ の うた ドラマ。 タイヨウのうた

タイヨウのうた (曲)

タイヨウ の うた ドラマ

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• そんな彼にとって、心を許しあえるのが、3人の親友 雄太・隆介・晴男。 彼らとは、孝治が生活や境遇のことを忘れ、19歳の若者らしく、自分らしくいられる貴重な関係だ。 一方、太陽の光を浴びることができないXP 色素性乾皮症 という難病を抱える少女・雨音薫は、歌手志望のストリートミュージシャン。 薫は、彗星のように音楽シーンに現れた橘麻美に憧れている。 が、コンテストに応募するオリジナル楽曲はいつも落選してしまい「あなたは、本気で誰かを好きになったことがありますか? 」とコメントされ、どうしたら人の心を打つ歌が歌えるのか悩んでいる。 親友の松前美咲が、薫の昼間の世界を見せてあげようとビデオを撮ってきてくれた。 その映像の片隅に映っていた孝治の姿に釘付けになる薫。 ある夜、薫が駅前で麻美の曲を弾き語りしていると、孝治に出会う。 運命の出会いだと思った薫は、思い切って孝治に話しかけるが、冷たくあしらわれてしまう。 その後、美咲に誘われた合コンに参加した薫は、孝治とまたもや再会する。 再会を喜ぶ薫だが、人生に対して投げやりになっている孝治と言い合いになってしまい……。 脚本: プロデュース:、 演出:、、 音楽プロデュース: 某三兄弟共々嫌われキャラになってしまった感がある沢尻エリカ ちゃんですが、演技は確かに巧かったですね。 その他のキャストも、 特にミスキャストはいなかったけど、竹中直人氏や山本圭氏らベテラン の存在感も相変わらず光るものがありました。 役者の演技は特に不満は なかったです。 歌の方では、エリカちゃんに ついては残念ながら凡庸なのは否めなかったけど、柴咲コウちゃん は相変わらず安定感がありましたね。 しかし、孝治はガラの悪い兄ちゃんで、異性を惹きつける魅力があるとは 正直思えなかった。 いや、それだけならまだしも、麻美が自らの過去等を告白した事が、 却って視聴者の共感を呼んで、香と分かり合え、孝治との蟠りが解けたのも結果的には 良かったけど、孝治を嵌めて逮捕されるように仕向けた 記者の中年男や、麻美を妬んでそいつとグルになっていた レイサが報いらしい報いを受けなかったのは正直不満でしたね。 【良い点】 ・山田孝之・沢尻エリカをはじめ、非常に演技力の高い俳優たちを揃えていた。 大根がいなかった。 ・主題歌が非常に良かった。 ・ストーリーも悪くない。 友情や恋愛の描写も文句なし。 【悪い点】 ・ヒロインの恋愛感情に共感できない。 柄の悪さばかりが目立った粗暴な男なのに何故あんなに惹かれまくっているのか。 ・上記の通り主人公のキャラクターが劣化している。 映画版のどこか憎めない誠実な青年のほうが良かった。 ・病気にリアリティがない。 元気すぎる。 ・「ムーンチャイルド」って…。 せめて実在の名前は避けようよ…。 ・ヒロインの死が少しイヤだった。 舞台に上がる前に息を引き取るって…。 【総合評価】 キレイな絵柄といい俳優たちの作品。 映画版には及ばないにしても個人的には非常に楽しく見れた作品。 「良い」で。 映画版「タイヨウのうた」の好評を受けてのドラマ化でしたが、、、、 こりゃ酷い。 映画版で感動していたので、一応期待していましたが、、、、難病を抱えて余り外に行けない主人公のケバさ!! 勝気な態度、相手方も惚れた腫れたの連続、、、、YUIの唄の焼き直しの様なエリカの歌。 もう うんざりです。 ここまで 原作を貶めて自我の「エリカ」像を強制するって、、、、 一応 最後まで見ましたが やっつけの様な本人と競演俳優陣、、、シナリオも芸能界ネタを引っ張って改悪し。 一番大事な純愛の部分がぼやけてますね。 こちらしか見てなくて此の「タイヨウのうた」がつまらないお涙ちょうだい作品だと勘違いしていたら 是非映画版レンタルしてみて下さい。 主人公達の素朴でピュアな想い、家族のそれを見守る温かい眼差し。 など 純愛映画に相応しい作品ですので、、、 評価は「最悪」で。 しかし、、、特筆はあの設定を無視した主演の派手さ、、、難病を表現しなきゃいけない最初のシーンでメイク、マスカラ、ピアスばっちりに流行りの服って、、、、、、初期は真面目な女優さんでしたが、、、、どうして演者である役者がシナリオや監督が媚びないといけないのか? 不思議ですね。 私は映画未視聴なので、比較は出来ないのですが… 最初は、撮影が地元でやっていることに感動して見ました。 しかし… このドラマによって特に取り上げられている沢尻エリカの歌は全く感動できませんでした。 あんまり歌が上手いとは思いません。 正直エンターテイメント止まり。 『1リットルの涙』の時に好感が持てた彼女の役でしたが、同じ、『病気のヒロイン』という設定は、結局『1リットル〜』の焼き直し的な感じがして…ダメでしたね。 山田孝之も、あんな隠し子騒動の後にもかかわらず、よく主役に抜擢されたな、って感じです。 最終回も… あれ? これで終わり? …みたいな感じでした。 思わず慌てて泣こうとしましたもの。 それだけ涙が全く出てきませんでした。 難病ものでも泣けないドラマってあるんですね… そこを発見できたことで、このドラマは違う意味で評価できると思いますよ、ぶっちゃけ。 評価は『とても悪い』です。 私は先に映画を観たせいか、あまりドラマの方に好感が持てませんでした。 何と言うか、沢尻エリカには重責だったのではないのでしょうか? 別に沢尻エリカの演技が下手だったと言うわけではありません。 というよりも、張り切りすぎて、役を自分で作りすぎてしまい、雨音薫が死んでしまっていたように感じました。 それにストーリーも、映画もドラマも同じ原作を元に創っているにもかかわらず、所詮映画とドラマですから違っていて当たり前ですが、共通点がなさ過ぎると感じました。 そして、イメージソングです。 映画では歌手であるYUIが歌っていた所為か、歌に関しては当時素人だった沢尻エリカには重責だったようです。 以上の理由によって、最悪という評価を出させていただきました。 作品DB内ブログ記事 1. by 陣兵... 【五所平之助監督】 「南島 の春」、「寂しき乱暴者」、「村 の花嫁」、「伊豆 の踊子」、「明治はるあき」他。 105. 【小泉徳弘監督】 「 タイ ヨウ の うた」。 106... by ELT... 与えるものになっているかな…。 そんな日記になっております…。 私は、彼女が「feel my soul」でメジャーデビューして、かなり好きになり、その後 のシングルも、買いはしなかったものの、ずっと見守ってきました つもりです それで、その才能とは比例せず、なかなか売上が伸び悩んでいたことも…。 そこで、まぁ、「 タイ ヨウ の うた」 の主題歌「... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

タイヨウのうたあらすじ/ドラマファン

タイヨウ の うた ドラマ

薫はXPの影響で喉の器官がやられてしまい咳き込んでしまいました。 治すには手術が必要で、手術をしたら薫は助かるが歌えなくなり、手術をしないと命を落とすと医者に言われました。 薫が悩んでいる時に病室に工藤さんがやってきました。 「来月の麻美のコンサートの最後にMOON CHILDに出演して欲しい」と訪れました。 薫は夢をとるか命をとるか悩みました。 薫は悩んだ末、夢をとりました。 「スポットライトという太陽を浴びたい」と。 MOON CHILDのメンバーも薫の為に協力をしました。 コンサート前、両親に、美咲に、メンバーに、そしてこうじに「今まで有り難う」と言いました。 MOON CHILDのメンバーが円陣を組んだ時に薫がいきなり咳き込みましたが、薫は力を振りしぼりステージに向かいました。 そしてスタンバイをしている時に薫は倒れました。 「私はやっぱり太陽に嫌われてるんだね」 「違う。 薫は沢山の人に愛され、沢山の能力を持っているから嫉妬しているんだ」 薫は笑って「有り難う、こうじ」といい、薫はステージに上がる事なく人生が終ってしまいました。 薫はこうじの腕の中で亡くなり、こうじは薫を抱きしめていました。 後日、MOON CHILDのCDが発売されました。 (ボイスレコードとして残して置いた薫のテープです) 「雨音薫の歌は皆の中で思い出として生きてるよ」と工藤さんがいいました。 そしてこうじにも「俺の事務所でギターを弾いて欲しい」と。 こうじは「はい」と涙目で答えました。 最後はKaoru Amaneの歌が流れ、その後の薫の両親、美咲、MOON CHILDのメンバー、こうじ、麻美、工藤さんの様子が流れました。 こうじは薫のライブ映像を見ながら思い出に浸っていました。 思い出の中での薫とこうじは太陽の下で「タイヨウのうた」を歌っていました。 歌が終ると薫は笑っていました。 こうじは太陽の下立ち上がり、ギターを持って歩き始めました。 説明が余り上手に出来ず御免なさい。

次の

昨日のタイヨウのうた最終回を見過ごしてしまいました。あら...

タイヨウ の うた ドラマ

タイヨウのうたのネタバレあらすじ 簡単なあらすじ 【起】 - タイヨウのうたのあらすじ1 主人公・雨音薫は明け方、部屋の窓から家の近くのバス停を眺めていました。 彼女の視線の先には友達とサーフィンに出かける高校生・藤代孝治の姿があり、薫は毎日自分の部屋から彼の姿を見ていました。 薫は生まれつきXPという病気を抱えており、太陽の光に当たることができない体質でした。 そのため学校にも通うことができず、部屋の窓には紫外線防止のフィルムが貼られています。 薫は昼のあいだは寝て過ごし、夜になるとギターを持って広場へ行き、ストリートライブをするのが日課となっていました。 薫がいつものように広場で弾き語りをしていると、偶然にも広場の側を藤代が通りかかります。 藤代は薫に気づいた様子もなくそのまま歩いていってしまいますが、薫はギターを友人の松前美咲に預け、藤代のもとへと走り出します。 息を切らしながら藤代に追いついた薫は、そのまま藤代の背中に激突してしまい、そんなこともお構いなしに自分のことを一方的にまくしたてるのでした。 面食らった様子の藤代は、薫の言葉を唖然とした様子で聞いており、あとからやってきた美咲は強引に薫を連れていきます。 藤代のことが気になっている薫の気持ちに気がついた美咲は、薫のために藤代について調べることを引き受けます。 藤代と同じ高校に通っている美咲は気づかれないようにカメラで藤代の様子を撮影し、薫は美咲がビデオで隠し撮りした藤代の様子を見ながら、普段の彼の様子を知るのでした。 ある日、ストリートライブの帰りにバス停のベンチでギターを弾いていると、藤代が通りかかります。 薫は藤代に、自分がストリートライブをやっていることを話し、明け方のバス停で出会った2人は少しずつ打ち解けていいきました。 しばらくして藤代が話をしていると、薫の腕時計のアラームが鳴り始めます。 見ると日の出の時間が迫っており、薫は名残惜しそうにその場をあとにしました。 藤代は別れ際に薫のストリートライブを見に行くことを約束し、薫は嬉しそうに手を振るのでした。 【承】 - タイヨウのうたのあらすじ2 ストリートライブの日、薫の顔は曇っていました。 いつも弾き語りを行なっている広場では別の男性が歌っており、薫は駆けつけた藤代とともに成す術なくその場に座っていました。 藤代は別の場所でライブをやることを提案し、薫を原付バイクの後ろに乗せ、横浜まで連れていきます。 手ごろな場所を見つけ薫が歌い始めると、吸い寄せられるように人が集まり、気づけば薫を囲むように人だかりが出来ていました。 薫は嬉しそうに歌をうたい、藤代もその様子に魅了されているようでした。 藤代は薫を海岸に連れていき、初めて出会った際に薫が自分のプロフィールをまくしたてたときのように自己紹介をすると、付き合ってほしいと告白します。 藤代は薫に自分の将来について話し、薫とは異なり、なんの才能も見いだせない自分の将来を悲観していました。 それを聞いた薫は、「なんでもできるよ」と藤代を励まします。 藤代と楽しそうに話している薫は、時が過ぎるのも忘れているようでした。 「ここから見える朝日が綺麗だ」と話す藤代の言葉を聞いて、薫はハッとして時計を見ます。 時計の針はもう間もなく朝日が昇る時間を指していました。 慌てた様子で「帰りたい」と伝える薫ですが、藤代はもう少しで出る朝日が見たいと渋ります。 藤代に自分の病気のことを言い出せず、薫はその場から走って家に帰ろうとします。 そんな薫の様子を見た藤代は慌てて薫に追いつき、薫をバイクの後ろに乗せると、全速力で走り出すのでした。 家に着いたときには、太陽がまさに顔をのぞかせようとしていました。 積んであるギターに目もくれず、薫は家へと一目散に駆け出します。 ギターを抱えた藤代が後を追いかけますが、薫は家に入るとその場で泣き崩れ、ドアを開けることはできませんでした。 藤代がバイクへと戻ると、美咲が血相を変えてやってきます。 薫のことを探していた家族も慌てた様子で家へと戻ってきて、薫のもとへと駆けていきます。 藤代は美咲から、薫が太陽に当たることができない病気であることを知らされるのでした。 それ以来薫は、藤代が自宅にやってきても追い返してしまいます。 【転】 - タイヨウのうたのあらすじ3 藤代は大切にしていたサーフボードを売り、アルバイトを始めます。 ある日、夕飯に薫がリビングへやってくると、美咲も一緒に食卓に座っており、さらに薫の母・由紀の手伝いをする藤代の姿がありました。 驚いて自分の部屋へ戻ってしまう薫。 薫はしばらくすると、よそ行きの格好でリビングへとやって来ました。 ぎこちない様子で夕食を食べ始める一同ですが、聞けば父親の謙が藤代を呼んだと言います。 「なんか変だ」と言い出す薫に、藤代はCDの自主製作について書かれた広告を差し出します。 藤代はアルバイトでお金を貯め、薫の曲をCDにしようと考えていました。 自分の歌をCDにしないかという藤代の提案に、薫は無言でうなずくのでした。 食事をした帰り、薫と一緒に歩いていた藤代は足を止め、病気のことを踏まえたうえで改めて薫に告白します。 それを聞いた薫は泣き出し、顔をそむけますが、藤代は「泣いていない」という薫の顔を見て頬を引っ張ると、キスをするのでした。 藤代はアルバイトに精を出し、来る日に備えて薫はギターの練習をしていました。 しかし時間が経つにつれて薫の病は確実に進行していたのです。 ある日、薫がギターを弾いているといつも押さえられているコードが上手く押さえられなくなっていることに気がつきます。 疲れのせいにして休憩する薫でしたが、再びギターを弾き始めると、やはり同じところで音が出なくなってしまいます。 薫は思うように動かなくなってしまった自分の左手を見て、思わず涙してしまうのでした。 両親は薫を病院へ連れていき、主治医は薫の脳の萎縮を認め、病気が進行していることを告げます。 藤代は失意に暮れている薫のもとを訪れ、バス停での思い出を話し、薫を元気づけます。 別れ際、薫は「私の声は聞こえてるよね」と藤代に問いかけ、声が出る限り歌うことを決意します。 薫の父は「どうしてうちの子が」と病院で涙を流し、薫の前では明るい顔を見せていた藤代もまた、薫と別れた後に涙を流すのでした。 【結】 - タイヨウのうたのあらすじ4 薫とその家族、そして藤代と美咲は、薫の歌をレコーディングするため、東京のレコーディングスタジオへとやってきます。 そこには本格的な機材が用意され、一緒に演奏するミュージシャンたちも待機していました。 薫の歌を聞く気まんまんでソファに座り込む家族たちでしたが、薫は「気が散るから」と両親や藤代たちを外で待機させ、いよいよレコーディングが開始されるのでした。 藤代はレコーディングが終わるまでの間に横浜でのストリートライブの様子を話し、彼女の歌が自分を含め、多くの人を魅了していたことを語ります。 そんな薫の歌がCDになったら、いろんなところに売り込んで彼女の声を広めたいと語るのでした。 歌い終わった薫は、レコーディングスタジオの中で幸せそうに微笑んでいました。 レコーディングを終えたある日、薫は車いす姿で防護服を着て、両親とともに砂浜にたたずんでいました。 海辺では藤代がサーフィンをしており、波に飲まれながら必死にサーフボードをつかんでいます。 薫は「少し暑い」と言い出し、母が防護服についている背中のファンを確認し始めますが、薫の父は側で駆け回っている幼い子どもを見かけて、思わず薫に「防護服なんて脱いじゃうか」と口にします。 薫はそんな父を笑い、「死ぬまで生きるって決めたんだから」と、明るく返すのでした。 薫はたどたどしい足取りで藤代のもとへと歩いていき、砂に足をとられて途中でよろけてしまいます。 藤代は慌てて薫のもとへ駆け寄っていきますが、実際には倒れておらず、こけたふりをする薫に藤代はだまされてしまうのでした。 薫はいつか自分がされたように藤代の頬をつかむと、楽しそうに笑ってみせます。 その後、薫は亡くなり、藤代はいつも薫がギターを弾いていた広場へと行き、出来上がったCDから流れる曲に耳をすませます。 薫が文字通り魂を込めて歌ったその曲は、ラジオでも流され、美咲や両親、また多くの人の耳に届くのでした。

次の