ドラマ まとめ 感想。 ゆるキャン△ドラマ化!キャストが豪華すぎでみんなの感想をまとめてみた

【MIU404】みんなの感想・考察※ネタバレ注意

ドラマ まとめ 感想

Sponsored Link 坂元さんの脚本はやっぱり面白い! 日常に転がる会話がテンポよく進むこの感じ! タイトルにやられた。 悪い人はどこにでも行ける」って言ってたけど、完全に、善人の「隣の芝生は青い視点」なんだよな。 たしかに悪い男に惹かれる女性も一定数いると思うけど、「善人が好きな人」と一緒にいる方が幸せ。 ほぼほぼの視聴者が思ってる — しお ドラマ mekarashio 『Lover Soul』が効いてたなぁ。 性的な関係になる前に「今あなたの体に溶けてひとつに重なろう」と歌うのは2人の精神的な関係の暗喩。 欠落でもあり2人で最強でもある。 絶対にお互いを切れないのに復讐を果たした者は幸せになってはいけないと別れ、それでも絶対離れられない2人の原点の歌。 — トオボエ toboe1202 絶対に殺したい女と絶対に阻止する男。 お互いの目的は相反してるけどお互いがいるから生きていけてるんでしょ…前半のコミカルでドライな空気を残したままこんなエモい展開ずるい😭 — もちこ mochiko81 面白かった! またあの2人に会いたい!って思えたので、スペシャルドラマまたやってほしい! — 三村たま@山口メイト会 tamapin5 大人な2人が爆発して気持ちの吐露も無く突然おっぱじめるけど笑えてきて結局止めて、そのあとフワッと距離が無くなってひとつのブランケットに入るアレ好き。 — まざ mummy96Q スイッチはラブコメ&パートナーものとしては面白かったんだけど、サスペンス部分が微妙なとこで終わってしまったので、最後までやってほしかった…! あと、結局最後は元にもどるんかーい!そして別れないんかーい! (別れると思ってた) — ねこぱんや necopanya すべてを失った二人が青春したり、誰かと話したり、怒られそうなことやってみたり、全部二人でやってきたんだねぇ……。 検事と弁護士になったのも、お互いの正義の形だったんだね。 後半が粗削りで無駄なシーンが多いという印象。 坂元裕二さんにしてはコメディ色の強い「ある意味」攻めた作品だなぁと。 最後の長回しは氷のアドリブも含めて、阿部さん松さんのなせる業。 会話がいちいち面白いし、岡部たかしさんの使い方も最高。 — スモック smock1128 おもしろすぎた すげぇ…… 軽快なやりとりにめっちゃ笑うのに、深くつらい悲しみ苦しみを丁寧に丁寧に描いて掬い上げて救い上げる 何より「殺したい気持ち」をここまで責めずに認めてくれる様子に救われた思いがした 坂元さんすごすぎる 演者さん方もまた 色んな意味でおもしろかった — 永春 eishun1992 お互いがいなければ、味気ない人生だったわけで、 それは出会った時にスイッチが入っちゃったってこと。 円は直がいるから、安心してさらなるスイッチを入れられる(そして未遂に終わる)。 そんな二人の物語を脚本と演出と役者で魅せていただきました。 余韻を残すエンディングも良き。 — uruko uruko9 素敵なドラマだった、😭😭 『私たち音立ててカルピス飲んでももう誰にも怒られないんだね』って言うセリフに込められた沢山の思い。 いろんなことが、全部、何層にも、まだら模様にも、溶け合ったりもしながら入っているからなんだけど、こういう簡単には言葉にできない思いが、胸に迫って響いてくるっていうのが、物語の力だよね。 人の身体を使って演技にして表現される価値がある。 — ぱおん swing3982 スイッチ面白かった。 最近は漫画からのドラマが多いけどやはり脚本家さんがいてのドラマは面白いなぁ。 夫婦で来週も楽しみだね〜と言ったけどスペシャルだったんだねこれ。 ふたりは同じ事件の被害者であり共犯者か。 個性強めの登場人物だらけ。 そしてどんどん深い話になってって見入ったわ。 ジュディマリのlover soulもなつかしくて泣きそうになった。 続編期待。 いちいち人間味があるやりとりが面白いんだよなぁ。

次の

【第1話〜最終話】ドラマ『ミラー・ツインズ』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 藤ヶ谷太輔)

ドラマ まとめ 感想

椿の父が七桜の母に殺されたとして疑いがかかる事件です。 これについては確実に描かれるでしょうし、付随して七桜と椿の幼少期の出会いも外せないですよね。 幼少期の二人役はに子役で引っ張りだこのFoolinのひゅうがくん・もえのちゃんが起用される気がしてきました。 笑 15年の間に二人は色々あるのでしょうが、恐らくいきなり再会となりそうです。 何故なら、全視聴者は早いところ美男美女の和服姿かつ気合の入ったシーンを見たいからです。 笑 再会シーンは撮影もすごく気合が入っていそうですよね。 桜が舞っていたり椿が咲いている背景だったりしそうです。 原作情報によると二人はとあるお茶会で和菓子対決をする事になり、敗者の七桜に椿が声をかけるということでした。 早速二人の和菓子作りの腕前が拝めそうですね! そして、偽装結婚ではありますが椿=横浜流星さんのカッコいいプロポーズも拝めるはず…! 七桜が光月庵に乗り込み、そこで様々なドロドロ展開を迎えるというあらすじですが、果たしてどうなるのでしょう。 原作ではドロドロ展開において重要な人物「女将さん」が存在しますが、ドラマのキャストは発表されていません。 しかしこの物語、私は女将さんなしには語れないと考えています。 あまりにも重要かつ意地悪なポジションになりそうなので、キャスティングも悩むところなのでしょうか? それでも私の予想では、女将さんはどなたかが起用され、1話から七桜のことをいじめ始めると思います。 笑 登場人物は1話でどこまで登場してくるのでしょう。 なんとなく発表されている方は全員出てきそうですね。 山崎育三郎さん演じる多喜川薫の登場の仕方は絶対に絶対に絶対にカッコいいと今からとても楽しみにしています! そして、和風の家屋が並ぶ街並みからひょっこりと歌いながら(美声)出てきそうです。 笑 光月庵の事情や椿のことがわかったその後など、1話のラストくらいに出てきたりするのでしょうか? もうひとつ、これは完全に他のドラマでのイメージのせいなのですが、椿が父との過去を思うシーンも入る気がします。 思わず横浜流星さんが父の復讐に燃え、そこにいない憎い相手を睨む姿が目に浮かんでしまいました。 さらには主演お二人が横浜流星さん・浜辺美波さんの人気の二人とあって余計に反響があるようですね。 横浜流星さんファンの方が横浜流星さんのクールな跡取り息子・椿役を楽しみにしているという声も多く寄せられています。 浜辺美波さんに関してはこれまでにないシリアスな役どころという事で新たな一面が見られるのでは?と期待の声が上がっていました。 また、Twitterにてドラマ公式アカウントが気になる情報を載せていてザワついています。 公式によれば2ヶ月ぶりに撮影が再会されたそうなのですが、近々「アレ」が公開されるということ。 ドラマを楽しみにして公式アカウントをチェックしていた方は「アレ」とは…?と、ざわざわとさせられています。 中にはコロナ禍の中での撮影を心配する声も上がっていて、原作を知る人からは濃厚接触は避けられないのでは…?という声も。 また、楽しみにしているが故放送日がいつになるのか気になっているという方も多くいらっしゃいました。 撮影についてはコロナ対策等に追われている時期だと思いますが、撮影エピソードも気になるところですよね。 私たちはどうかしている(ドラマ)1話のあらすじ 15年前、私は彼の一言で、全てを奪われた——— 母の無実を証明するため老舗和菓子屋に乗り込む若き和菓子職人! 周囲に敵意むき出し!老舗和菓子屋のクールな跡取り息子! 今、最も美しい2人が、美しい和菓子の世界を生きる! 15年前。 老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が何者かに殺害された。 そして、彼の息子の証言から、住み込みで働いていた女性職人が容疑者として逮捕される。 互いに初恋の相手だったはずの七桜と椿は、容疑者の娘と被害者の息子となり、憎み合ったまま離ればなれに…。 そして、15年の時を経て、二人は運命の再会を果たす。 そして、15年前の事件の真相とは———!? 2020年、夏。 世界に誇れる和の美しさ満載のクール・ジャパンなラブ・ミステリー!! (引用:) 私たちはどうかしている(ドラマ)1話への感想 ドラマ「私たちはどうかしている」第1話は今夏放送予定で、感想はまだ書くことができません。 椿のお父さんが殺された理由も、椿の証言があったとはいえ七桜の母が逮捕される理由もとても気になっていました。 そして、口を揃えて「光月庵の人間が全員怪しすぎる」と登場人物全員を疑っていました。 笑 中でも、女将さんは怪しく思うところだらけのようですね。 七桜と敵対する立ち位置なだけに描かれるシーンも多いせいかもしれません。 また、椿の証言も幼い子供のものなのに警察はちゃんと調べていたのか?と疑問に思う方もいました。 確かに、椿の証言だけで理由も思い当たらない、殺害にメリットのなさそうな人物を逮捕するでしょうか? この辺りにはきっと深い理由が隠されていて、最終回につれ明らかになっていく部分が多いと思われます。 1話ではドロドロ展開が強烈に印象に残っているようなので、恋愛の要素はまだまだ少ないところのようですね。 全員が怪しい光月庵、登場人物を演じる役者さんたちも注目され、新たにファンになる方も増えるのではないでしょうか。 加えてドラマならではの視覚的な効果や、主演お二人の美しい和装姿などにも歓喜の声が上がってきそうです。 恋愛ものとあって横浜流星さんのファンの方からの注目度が高い作品なので、横浜流星さんの話題も溢れることでしょう。

次の

TBS「私の家政夫ナギサさん」第2話ドラマ感想まとめ

ドラマ まとめ 感想

椿の父が七桜の母に殺されたとして疑いがかかる事件です。 これについては確実に描かれるでしょうし、付随して七桜と椿の幼少期の出会いも外せないですよね。 幼少期の二人役はに子役で引っ張りだこのFoolinのひゅうがくん・もえのちゃんが起用される気がしてきました。 笑 15年の間に二人は色々あるのでしょうが、恐らくいきなり再会となりそうです。 何故なら、全視聴者は早いところ美男美女の和服姿かつ気合の入ったシーンを見たいからです。 笑 再会シーンは撮影もすごく気合が入っていそうですよね。 桜が舞っていたり椿が咲いている背景だったりしそうです。 原作情報によると二人はとあるお茶会で和菓子対決をする事になり、敗者の七桜に椿が声をかけるということでした。 早速二人の和菓子作りの腕前が拝めそうですね! そして、偽装結婚ではありますが椿=横浜流星さんのカッコいいプロポーズも拝めるはず…! 七桜が光月庵に乗り込み、そこで様々なドロドロ展開を迎えるというあらすじですが、果たしてどうなるのでしょう。 原作ではドロドロ展開において重要な人物「女将さん」が存在しますが、ドラマのキャストは発表されていません。 しかしこの物語、私は女将さんなしには語れないと考えています。 あまりにも重要かつ意地悪なポジションになりそうなので、キャスティングも悩むところなのでしょうか? それでも私の予想では、女将さんはどなたかが起用され、1話から七桜のことをいじめ始めると思います。 笑 登場人物は1話でどこまで登場してくるのでしょう。 なんとなく発表されている方は全員出てきそうですね。 山崎育三郎さん演じる多喜川薫の登場の仕方は絶対に絶対に絶対にカッコいいと今からとても楽しみにしています! そして、和風の家屋が並ぶ街並みからひょっこりと歌いながら(美声)出てきそうです。 笑 光月庵の事情や椿のことがわかったその後など、1話のラストくらいに出てきたりするのでしょうか? もうひとつ、これは完全に他のドラマでのイメージのせいなのですが、椿が父との過去を思うシーンも入る気がします。 思わず横浜流星さんが父の復讐に燃え、そこにいない憎い相手を睨む姿が目に浮かんでしまいました。 さらには主演お二人が横浜流星さん・浜辺美波さんの人気の二人とあって余計に反響があるようですね。 横浜流星さんファンの方が横浜流星さんのクールな跡取り息子・椿役を楽しみにしているという声も多く寄せられています。 浜辺美波さんに関してはこれまでにないシリアスな役どころという事で新たな一面が見られるのでは?と期待の声が上がっていました。 また、Twitterにてドラマ公式アカウントが気になる情報を載せていてザワついています。 公式によれば2ヶ月ぶりに撮影が再会されたそうなのですが、近々「アレ」が公開されるということ。 ドラマを楽しみにして公式アカウントをチェックしていた方は「アレ」とは…?と、ざわざわとさせられています。 中にはコロナ禍の中での撮影を心配する声も上がっていて、原作を知る人からは濃厚接触は避けられないのでは…?という声も。 また、楽しみにしているが故放送日がいつになるのか気になっているという方も多くいらっしゃいました。 撮影についてはコロナ対策等に追われている時期だと思いますが、撮影エピソードも気になるところですよね。 私たちはどうかしている(ドラマ)1話のあらすじ 15年前、私は彼の一言で、全てを奪われた——— 母の無実を証明するため老舗和菓子屋に乗り込む若き和菓子職人! 周囲に敵意むき出し!老舗和菓子屋のクールな跡取り息子! 今、最も美しい2人が、美しい和菓子の世界を生きる! 15年前。 老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が何者かに殺害された。 そして、彼の息子の証言から、住み込みで働いていた女性職人が容疑者として逮捕される。 互いに初恋の相手だったはずの七桜と椿は、容疑者の娘と被害者の息子となり、憎み合ったまま離ればなれに…。 そして、15年の時を経て、二人は運命の再会を果たす。 そして、15年前の事件の真相とは———!? 2020年、夏。 世界に誇れる和の美しさ満載のクール・ジャパンなラブ・ミステリー!! (引用:) 私たちはどうかしている(ドラマ)1話への感想 ドラマ「私たちはどうかしている」第1話は今夏放送予定で、感想はまだ書くことができません。 椿のお父さんが殺された理由も、椿の証言があったとはいえ七桜の母が逮捕される理由もとても気になっていました。 そして、口を揃えて「光月庵の人間が全員怪しすぎる」と登場人物全員を疑っていました。 笑 中でも、女将さんは怪しく思うところだらけのようですね。 七桜と敵対する立ち位置なだけに描かれるシーンも多いせいかもしれません。 また、椿の証言も幼い子供のものなのに警察はちゃんと調べていたのか?と疑問に思う方もいました。 確かに、椿の証言だけで理由も思い当たらない、殺害にメリットのなさそうな人物を逮捕するでしょうか? この辺りにはきっと深い理由が隠されていて、最終回につれ明らかになっていく部分が多いと思われます。 1話ではドロドロ展開が強烈に印象に残っているようなので、恋愛の要素はまだまだ少ないところのようですね。 全員が怪しい光月庵、登場人物を演じる役者さんたちも注目され、新たにファンになる方も増えるのではないでしょうか。 加えてドラマならではの視覚的な効果や、主演お二人の美しい和装姿などにも歓喜の声が上がってきそうです。 恋愛ものとあって横浜流星さんのファンの方からの注目度が高い作品なので、横浜流星さんの話題も溢れることでしょう。

次の