マイル 貯め方 タイミング。 すけすけのマイル乞食

ブリティッシュエアウェイズのマイルの貯め方!『エグゼクティブクラブ』情報ガイド

マイル 貯め方 タイミング

この記事では下記のことが分かるようになります。 ユナイテッドのマイレージプラスを貯めるメリット• ユナイテッドのマイレージプラス(マイル)の貯め方• マイレージプラスを貯める為のおすすめのクレジットカード こんにちは!sasasanです。 皆さんマイル貯めていますか? 陸マイラーの大多数の方が貯めているのがANAマイル、JALマイルだったりしますが、 ユナイテッド航空のマイレージプラスって貯めていますか? 実はユナイテッド航空のマイレージって実は結構有能なんですよ! 日系以外のマイルだとよく貯めてそうなのが、ブリティッシュエアウェイズのAviosがありますね!これはJALマイルと親和性があるということもあり陸マイラーの間でも人気のマイレージプログラムです。 そしてユナイテッド航空のマイルもとても便利なマイレージプログラムなんです。 マイレージプラスの基本• マイレージプラスのメリット• UAマイルの貯め方• おすすめのクレジットカード 今回はユナイテッド航空のマイレージプログラムを紹介したいと思います。 ユナイテッド航空のマイレージプラス(UAマイル)とは? ユナイテッド航空のマイレージプログラムの正式名称は「マイレージプラス」といいます。 通称UAマイルなんて呼び方もします。 ユナイテッド航空は本拠地はアメリカのシカゴになります。 所属しているアライアンスは「スターアライアンス」です。 ANA、ルフトハンザ、シンガポール航空なども同じスターアライアンスに加盟していますね!! ユナイテッド航空の日本発着路線はアメリカ、ハワイ、グアム!! ではユナイテッド航空の日本発着路線はというとこんな感じです。 やはり本拠地がアメリカということもあり、アメリカがメインとなります。 しかし、グアム路線も非常に多く、成田、名古屋、関空、福岡からも飛んでいます。 また日本人に最も人気のあるホノルルも成田からの直行便がありますよ! ユナイテッド航空のマイレージプラス(UAマイル)を貯める6つのメリット ユナイテッドのマイレージプラスは簡単に言うとユナイテッドが扱っているマイルということになります。 しかし運用方法や利用方法などANAやJALと違う部分もあるんです。 そしてANAやJALにはないメリットがあります。 早速見ていきましょう! マイレージプラス(UAマイル)6つのメリット 会社が違うだけでマイルなんて大体同じでしょ!って思っている方は非常に多いんですが、実は結構違ったります。 マイレージプラスとANAマイルやJALマイルとの違いについてはこのようになります。 マイルが実質無期限!!• 燃油サーチャージが掛からない!無料!• 家族以外で特典航空券の利用が可能• バイマイルが出来る!• マイルの譲渡や移行が可能• 失効した場合でも復活できちゃう!• ANA国内線の利用が可能! これ、どれもANAやJALにはないメリットなんですよ。 個別に見ていきましょう! UAマイルの有効期限は実質無期限!利用、加算がない場合は18か月まで! まず、マイルの実質無期限ですがマイレージプラスの有効期限は18か月となります。 しかし利用したりマイル加算があると更に18か月延長となるんです。 つまり利用しているユーザーにとっては実質無期限というわけですね! ANAマイル、JALマイルにおいては36か月(3年)が有効期限です。 それの半分になっちゃうんですが、利用している限り延長されるので、じっくりゆっくり貯めたい人にとっては非常に嬉しいシステムです。 燃油サーチャージが掛からない!無料! UAマイルの大きな特徴として燃油サーチャージが掛からない!! これめっちゃすごい節約に繋がりますね。 ANAやJALで海外特典航空券を利用した場合、燃油サーチャージが別途費用としてかかってきます。 これが無料なんですよ!! 参考例として2019年10月~2020年1月までの燃油サーチャージはこのようになっています。 こちらは1区間(つまり片道)でかかってくる費用になります。 ハワイ往復なら一人12,000円かかってくるという感じですね!これがUAマイルの場合は無料となります。 ユナイテッド航空のマイレージプラスなら家族以外で特典航空券の利用が可能 次に家族以外で特典航空券が利用できるのも強烈なメリットです。 ANAやJALの場合、 配偶者だったり2親等以内の家族だけでしか利用が出来ません。 これ友人同士だったりカップルだったりするとNGなんですよ。。。 ところがユナイテッドのマイレージプラスなら誰でもOK!友人との旅行や、カップルでの旅行というのもすべてUAマイルで無料で旅行に行けるようになります。 またブリティッシュエアウェイズも同様に家族以外での利用もできますね!! 公式サイトでバイマイルが出来る! こちらは後ほど詳細を書かせてもらいますが、マイレージプラスは公式サイトでバイマイルをすることができます。 通常、マイルはフライトや提携クレジットカードの利用などで貯まるのですが中々貯まりません。 それをお金で解決!できるのがバイマイルというわけです。 バイマイルの考察については後ほど紹介していきますね! UAマイルならマイルの譲渡や移行が可能 こちらもめっちゃ便利なシステムです。 ANA、JALのマイルの場合だと譲渡や移行ということは基本的にできません! 家族であれば、譲渡とは違いますがマイルをシェアすることは可能です。 日系の場合だと利用範囲が限定されるという感じです。 それがUAマイルであれば、譲渡も移行もできるので気軽に友人にプレゼントしたりすることも可能ですよ! UAマイルを万が一失効した場合でも復活できちゃう! マイルをガンガン利用している方にはあまり不要な情報かもしれません(笑) ただし、普通の人の場合だと実はマイル失効というのは結構ありますね! 普通はマイルの有効期限が過ぎて失効した場合はマイルは二度と戻ってきません。 当然と言えば当然なんですけどね。 しかし、UAマイルは違います。 失効したマイルは手数料を支払うことで復元が可能なんです!! 復元する方法は2種類あります。 マイルを買い戻す!(バイバック) まず最初の方法としてバイバックというものがあります。 手数料を支払えば元のUAマイルに戻すよ!というものです。 結構な手数料ですが、ちゃんと戻ってきますよ(笑) バイバックよりも費用を抑えた復元方法 そして2つ目の方法がこちらです。 こちらも手数料を支払って復元をするんですが、ユナイテッドが出す条件をクリアした場合であれば手数料が格安になるというものです。 ただし条件があります。 どちらかを満たせば条件クリアです!• ユナイテッドの運航便を利用する• ユナイテッド・マイレージプラス提携クレジットカードにお申し込みいただき、ご入会後送られてきたカードをお買い物のお支払いにご利用ください 大量にマイルを持っていて、万が一失効させてしまったときはこの2つの方法を是非試してみてください。 ユナイテッド航空ならANA国内線での利用が出来る!実はUAマイルがお得!! 私の中で最も強烈なメリットがUAマイルでANA国内線がお得に利用が出来るというところです。 ユナイテッドは先ほど紹介したようにスターアライアンスに加盟しているのですが、同じ加盟航空会社にANAがありますよね? これANA国内線でユナイテッドのマイルを利用することができちゃいます。 飛行距離によって必要マイル数が変わります。 800マイルを超えるか、超えないかで必要マイルが変わる感じですね! 例えば都内発ということであれば沖縄なら800マイル以上の距離があります。 つまり沖縄以外なら、ほとんどが往復10,000マイルで済んじゃうというわけですね! 801マイル以上 片道:8,000マイル 片道:16,000マイル 800マイル以下 片道:5,000マイル 片道:10,000マイル 800マイル以下であれば国内線が片道5,000マイルで利用が出来るんです!これANAマイルを利用するよりもお得です。 東京発でマイレージプラスの場合、ANAの場合を比較してみましょう! 往復の場合 マイレージプラス ANA 東京-大阪 10,000マイル L:10,000マイル R:12,000マイル H:15,000マイル 東京-札幌 10,000マイル L:12,000マイル R:15,000マイル H:18,000マイル 東京-福岡 10,000マイル L:12,000マイル R:15,000マイル H:18,000マイル 東京-沖縄 16,000マイル L:14,000マイル R:18,000マイル H:21,000マイル 一見同じように見えますが、ローシーズン(Lの表記)以外の日程の場合、ユナイテッドの方がお得なんです!! 仮に家族4人で札幌に旅行をした場合こうなります。 これマイレージプラスであれば20,000マイルも節約が出来るというわけです。 ユナイテッド航空はJAL国内線の利用はできません! ANAが利用できるならJALも乗れるのかね?? 結論を先に書くと、利用はできません! というのはJALの場合、加盟しているアライアンスが「ワンワールド」で加盟アライアンスが異なるからなんです。 ちなみにブリティッシュエアウェイズ(Aviosマイル)も同じ「ワンワールド」です。 つまり Aviosマイルの利用でJALを利用することは可能です。 ANAならユナイテッド• JALならブリティッシュエアウェイズ こんな感じで覚えておくといいでしょう! ちなみにUAマイルで800マイル以下の場合の片道に必要なマイル数は5,000マイルでしたね?? 対してAviosマイルの場合は650マイル以下の場合の片道に必要なマイル数は6,000マイルとなっており、単純に国内線を利用するのであればUAマイルの方がお得という感じですね! ただ、JALをよく利用する方にとってはまだまだAviosもお得なんです。 Aviosを貯めてみたい!という方は下記の記事にまとめてあるのでよかったら読んでみてくださいね! ユナイテッドのマイルなら国際線特典航空券の片道発券が出来る! 国際線の特典航空券って片道のみ発券ができるのとできない航空会社があるのは知っていますか?• JAL:国際線の特典航空券の片道発券に対応• ANA:国際線の特典航空券の片道発券に未対応 例えばなんですが、片道をJALで取ってもう片方を他の航空会社で取るというのがJALではできますが、ANAではできないんです。 しかし、ユナイテッド航空の国際線の特典航空券は片道発券に対応しています。 そしてユナイテッド航空は「スターアライアンス」なので、スターアライアンス加盟の航空会社の特典航空券の発券が出来るというわけです。 国際線特典航空券で必要なマイル数をUAマイル、ANAマイル、JALマイルで比較してみよう 先ほど国内線での利用ですごいメリットがあることが分かりましたね! では国際線の特典航空券の場合はどうなのかというのを見ていきましょう。 通常時での必要マイル数からみると、ユナイテッド航空の方が多いんですよね。 ただ、JALにおいては「 」が導入されて必要マイル数も可変式に変わっているので一概にはお得だ!と言い切れる感じでもありません。 実はユナイテッド航空もJALと似たタイプのマイル制度となっています。 そしてANA、JALとの違いは燃油サーチャージが掛からないというところです。 必要マイル数が高いが燃油サーチャージが無料というところと、必要マイル数が低いけど燃油サーチャージが掛かるという部分を天秤にかける必要があるというわけですね! ユナイテッド航空の特典航空券は2種類!セーバー特典とエブリデイ特典の違い 先ほど国際線特典航空券の比較をさせてもらいましたが、ユナイテッドの条件は「セーバー特典」での必要マイル数にしました。 実はユナイテッド航空の特典航空券は2種類あります。 セーバー特典• エブリデイ特典 この2つの違いは何かというと先ほどちょっと話題にしたJALの「JAL国際線特典航空券PLUS」と似たものだと言えば分かりやすいかもしれないです。 セーバー特典は皆さんがよく利用する必要マイル数が固定式のタイプとなります。 その代わりに座席の開放数は限られており、利用可能日の制限などがあります。 セーバー特典にはご利用いただける座席数の制限があるため、ご利用客数の多い一部のフライトではご利用いただけないことがあります。 一部の提携航空会社では、座席数やご利用可能日が制限される場合があります。 次にエブリデイ特典というのは必要マイル数が可変式となっており、必要マイル数が残席に応じて増えていくタイプとなります。 エブリデイ特典は、ユナイテッド航空、ユナイテッド・エクスプレス、コパ航空が運航するフライトで、より多くの座席をご利用いただけます。 座席は座席数制限の対象となりますのでご注意ください。 特定のフライトではご利用いただける座席が限られるため、エブリデイ特典のほうがセーバー特典よりもご利用いただける空席があります。 要は通常マイルよりも大量のマイルを払ってくれるなら席を準備しますよ!というのがエブリデイ特典というわけです。 ユナイテッド航空のマイルの貯め方!5つの方法とは? 意外とユナイテッドのマイルが有能だということが分かってきましたか? ではそんなお得なマイレージプラスを貯める方法はというと大まかに5つのテクニックがあります。 フライトで貯める• Kaligo(カリゴ)でホテル予約で貯める• 公式サイトからUAマイルを購入する(バイマイル)• ポイントサイトで貯める• クレジットカードで貯める 個別に紹介していきたいと思います。 フライトで貯めるのは普通に乗れば貯めることが出来るのでここでは割愛しておきます。 ホテル予約サイトって聞くと、楽天トラベル、じゃらん、エクスペディアなどなどたくさんのサイトがありますが、その中の1つだと思ってください。 そしてKaligo(カリゴ)の最大のメリットは予約して宿泊をすると各航空会社のマイルが貯まるんです!! 私たちがよく利用するJAL、ブリティッシュエアウェイズなども貯まりますし、今回紹介しているユナイテッドのUAマイルだってもちろん貯まりますよ! 実は各航空会社のマイル付与率は全然違っており、その中でも 一番高い付与率なのがUAマイルなんです!! 例えばシェラトン都ホテル東京に1泊した場合、1,028マイルが貯まります。 ただ、ホテルによっては公式サイトよりもちょっと高かったりする場合もあったり、利用するホテルによって付与率が変わったりします。 あなたが泊まるタイミングで都度都度チェックをしてみてから判断をしていきましょう! ただ、外資系航空会社では公式サイトでマイルを販売していることが多いです。 そして ユナイテッド航空では公式サイトでUAマイルを購入することが可能となっています。 気になる値段ですが、こんな感じです。 マイルの最小購入単位は2,000マイルです。 最小購入単位が2,000マイルからとなり、年間最大で175,000マイル購入することが可能となっています。 マイル単価でいうところ、 1マイル=3. 8円前後がユナイテッドのバイマイル相場となります。 バイマイルの詳細ルールはこちら。 最小購入単位が適用されます。 マイルは1,000マイル単位で100,000マイルまで、5,000マイル単位で175,000マイルまでご購入いただけます。 本ページに表示の価格には、手数料または税金は含まれておりません。 マイル購入の最小購入単位は2,000マイルです。 マイルのご購入は、アカウントごとに年間175,000マイルまでとなります。 ご購入と同時にご利用のクレジットカードにご請求させていただきます。 マイルのレートおよびその他の手数料は変更されることがあります。 お客様のマイレージプラスアカウントにマイルが加算されるまで、最大48時間ほどかかります。 ご購入後のマイルの払い戻しはお受けいたしかねます。 ご購入いただいたマイルは、マイレージプラスのプレミア資格対象マイルの対象外です。 「ユナイテッド航空プライバシーポリシーとマイレージプラスプログラム規約を含む、この取引に適用されるすべてのご利用規約をご確認ください。 カナダにお住まいのお客様には、物品サービス税(GST)/統合売上税(HST)が加算されます。 ユナイテッドマイレージプラスのマイルのご購入は、明細のお取引欄に「Points United Miles」と記載されます。 先ほど紹介したように片道5,000UAマイルで都内から札幌に行けるのですが、バイマイルで換算すると約18,000円となります。 これだと正直直接ANAで有償チケットを購入した方がお得です(笑) バイマイルの真の利用法としては、どうしてもあと少しマイルが足りない!!という時に購入するのがいいですよ! ただし、 お得にバイマイルをすることも実は可能です。 それは 年に数回あるユナイテッド航空マイル購入セールキャンペーンです。 2019年の場合ですが40%オフが7月、85%ボーナスが8月にあり、11月には最大100%ボーナスがあったんですよね! このセールですが、購入マイル数に応じて最大100%のボーナスマイルが貰えるようになっています。 詳細は割愛しますが最大100%ボーナスマイルが貰える条件の場合、マイル単価は1マイル=約2円前後となります。 ただ最初にお伝えしておくと、UAマイルに限ってはそこまでお得ではありません。 なぜお得じゃないのか!?というと交換レートが低いということに尽きます。 更に交換できるサイトは1つしかありません!! 実は以前3サイトあったのですが、 2019年8月30日をもって「Gポイント」「PeX」からの交換が終了となりました。 唯一交換が可能なのが「ネットマイル」となります。 交換レートはこのようになります。 手数料を除いて 約33%で交換が出来るようになっています。 ネットマイルでポイントを貯める場合におすすめなのが「 」ですね! プリンスポイントがお得に貯めることもでき、ANAマイルの最良ルート「 」の活用もできるので陸マイラーの間でも利用者が非常に多いのが特徴です! 個人的にはポイントサイトで貯めたポイントをUAマイルに交換するのはあまりおすすめできません。 マイルに交換するならANAマイルの方が断然よいですし、プリンスポイントに至ってはとても価値をめちゃ上げて交換することが出来るので、こちらの方が良いと思います。 カード決済でマイルを貯めたい人にとっては、基本となりますが還元率としてはかなり良い感じです。 その中でもおすすめのクレジットカードを解説していきたいと思います。 ユナイテッドのUAマイルをお得に貯めるクレジットカードは2種類! おすすめできるクレジットカードは2種類です。 ユナイテッド航空の提携クレジットカードは全部で13種類あります。 意外とあるんですよね~(笑) 全部検討していると大変なので個人的におすすめをしておきたいカードを2枚紹介したいと思います。 UAマイルをお得に貯めるおすすめカード「MileagePlusセゾンカード」還元率最大1. 5% UAマイルを貯めるなら間違いなくこちらのカードがおすすめです。 提携クレジットカードの中でもセゾン系のカードがおすすめなのですが、その中でも年会費も比較的安く効率よくUAマイルが貯まるのがこの「MileagePlusセゾンカード」となります。 「MileagePlusセゾンカード」の基本スペックを見ていきましょう。 5%の平凡なカードとなります。 ただし、こちらに「マイルアップメンバーズ」に加入することで一気に高還元のクレジットカードに早変わりしますよ! マイルアップメンバーズに加入するためには追加年会費5,000円(税抜)が掛かります。 マイル還元率は驚異の1. 5%となります。 これ、ANAマイルが最も貯まる よりも還元率が高いんですよ! しかし、年間のマイル交換上限が30,000マイルまでとなります。 つまり、 クレジットカードの決済額が200万円までであれば最強のクレジットカードとなります。 それ以上のクレジットカード決済額を想定しているのであれば、MileagePlusセゾンゴールドカードが良いと思います! もしMileagePlusセゾンカードを発行するならポイントサイトを活用しよう! 陸マイラーなら間違いなく覚えていてほしいのがコレです。 ポイントサイトを経由することで、お得にポイントを貯めることが出来るのでオススメですよ! モッピーへ入会すると今なら更に!!1,000Pが貰えます!! UAマイルをお得に貯めるおすすめカード「spgアメックス」還元率最大1. 35%! 次に紹介するカードが個人的には最もおすすめするクレジットカード「 」です。 spgアメックスは100円につき3ポイントが貯まり、貯めたポイントは実質無期限です! これってホテルだけ利用が出来るって思ってる方も多いのですが、実は航空会社のマイルにも交換が出来ます。 貯めたポイントはUAマイルに3ポイント=1マイルで交換が可能なので、1%還元となります。 実はここから 1. 25%に還元率を上げる方法があります。 その方法は60,000ポイントを一気に交換することでボーナスマイルとして追加で5,000マイルが貰えちゃいます。 そして更にUAマイルだけ10%マイル増量なんですよね! つまり貰えるマイルの内訳はこうなります。 35%となるわけです。 ただ、先ほどMileagePlusセゾンカードの還元率1. 5%に比べるとレートはよくありません。 ではなぜおすすめなのか? それはUAマイルだけでなく、 ほかの航空会社のマイルにも交換ができて更にマリオット系列のホテルにポイントが利用できるからなんですよね。 例えば日本に住んでいる私たちに人気があるのはやはりANAとJALですよね!そしてブリティッシュエアウェイズもJAL国内線利用が可能で非常にお得です。 ANAマイル:1. 25%• JALマイル:1. 25%• BAマイル:1. 25% UAマイルだけ貯めたい!!という方にはMileagePlusセゾンカードが最も還元率がよくおすすめですが、その他のマイルも貯めていきたい!という方には現状最強なのはspgアメックスとなります。

次の

ユナイテッド航空(UA)マイルの貯め方と使い道を徹底解説!

マイル 貯め方 タイミング

このサイトを読めばたった一年でファーストクラスが現実に・・・ハワイ行き航空券も無料で・・・ホントです。 マイルと言えば、飛行機に何回も乗る出張族の人や、会社の決済が多い人だけが得する制度かなと。 ANAとかって運賃が高いイメージでLCC派だったし、関係ないと・・・。 そんな僕がマイルに興味を持ち始めたのは、屋久島空港のレンタカー送迎で一緒になった美女に出会ってから。 一体どないなっとんねん。 話によると、 ポイントなら 1ポイントで1円相当の価値だけど、マイルなら 1マイルで2〜15円相当にもなるということを教えてもらえった。 つまり同じ1ポイント・1マイルの場合、マイルの方が価値が高いのだ。 そして、クレジットカード決済や飛行機に乗って貯めるやり方しかないと思っているのは古い考えらしい(笑) 概要を聞くうちに「おお!それなら誰でもできそうやん!」と興奮し、SNSを交換し、後日詳しく教えてもらうことに。 僕にとっては、美女と会えるし、自分で実践してマイル貯めれそうやし、みんなに情報をシェアできるし、一石三鳥!ぐへへ・・・それでは、マイル女王に登場してもらいましょう。 いいですね!ファーストクラスでどこに行きましょう?世界一周とかもできますよ。 ここでどれくらいのマイルを貯めれば憧れの旅ができるか、必要マイル数を教えてもらった。 例えば、ANAの場合• 国内旅行・・・10,000マイル〜• ソウル・・・10,000マイル〜(エコノミー)・25,000マイル〜(ビジネス)• ハワイ・・・35,000マイル〜(エコノミー)・60,000マイル〜(ビジネス)• 北米・・・40,000マイル〜(エコノミー)・150,000マイル〜(ファーストクラス)• 欧州・・・45,000マイル〜(エコノミー)・165,000マイル〜(ファーストクラス)• ドットマネーは無料で登録できる中継サイト。 ANA東急カードがあれば貯めたポイントを81%のレートでANAマイルに交換できる 先生の説明分かりました?つまり、、、 手順1:ポイントサイト(ハピタス・モッピー等)を活用してポイントを貯める。 手順2:貯めたポイントを中継サイトのドットマネー、ANA東急カード(TOKYUポイント)経由で交換する。 このポイントサイトとANA東急カードの2つがないと始まらないようなので、最初にポイントサイトに登録し、ANA東急カードも申し込みしたほうが良さそうね。 クレジットカードって申し込みから発行まで数日かかるし。 ところで、数あるポイントサイトの中で、なんでハピタスやモッピーがオススメなのでしょう? そうやった!20年かけて2,000万円を決済するより簡単や! ここで必要なものを一気に揃えよう 先生推薦の5つのポイントサイトに会員登録をしよう(登録・年会費無料)。 詳しくは各ポイントサイトにてご確認を。 ) どのポイントサイトも ポイントが超貯まります! ・・・単価が高い案件多数。 友達が利用したときの紹介ポイントが最強。 超オススメ! ・・・最高峰のキャッシュバック率。 友達紹介時のボーナスポイントが最強。 超オススメ! ・・・陸マイラーに一番人気のポイントサイト。 超オススメ! ・・・クレジットカード案件がトップクラス。 入会ボーナス225マイル相当 ・・・プリンスホテルの宿泊券にも交換できて人気!にて ホテル好きにオススメ! ・・・ LINEポイントに直接交換できるポイントサイト。 モニター制度・覆面アンケートが豊富で貯めやすい。 ソラチカルートにオススメ! ちなみに上記のポイントサイトサイトで貯めたポイントは、下記の「ドットマネー」と「TOKYUポイント(ANA東急カード)」を経由することで、最もお得なレートで交換できます。 中継用のサイトも登録しておこう。 ・・・amebaが運営するポイント交換サイト ANA東急カードを作ったら、ログインしよう。 ・・・ANA東急カードが届いたら、ログインしてみよう。 あ、そうだ。 ANA東急カードについても簡単に教えてくださーい。 ANA POINT ClubQ PASMO マスター• 決済時のマイル還元率は0. 入会時・継続時に1,000マイルもらえる• 東急系列店で使うと3-10%のTOKYUポイントボーナス• ポイントサイトで貯めたポイントを高レートでANAマイルへ交換できる• 年会費はマイ・ペイすリボに設定して年に1回以上利用することで、年会費は751円(税別)に。 早速、マイル貯めるぜ! 了解!一番簡単なのは、クレジットカード案件だね。 ハピタスにログインしてみて。 ポイントサイトは誰でも直感的に使えるようになっています。 だけど、「こういうのを操作するのは苦手!」って人のために基本的なサイトの使い方を下記で説明しています。 試しにクレジットカードで検索して、ポイントがもらえる順に並び替えてみる。 手順は下記の通り。 あ!最後に。 陸マイラーがどんどん増えてくると、マイルの条件が改悪になる可能性があるから、 早めの参入がお勧めだよ。 とのことです。 まだポイントからマイルへ交換はしてないけど。 カード決済が月に5万円以上あって、お金に多少の余裕がある人なら、誰でもできるはず。 追記2:リッツやシェラトンの上級会員資格を初月でゲット シェラトンやウェスティン、マリオットやリッツ・カールトンの上級会員資格を取得しました。 まぁクレジットカードを作っただけなんやけど。 レイトチェックアウトに、クラブブラウンジ、客室アップグレードというおもてなしを受けることができました。

次の

マイル部

マイル 貯め方 タイミング

この記事では下記のことが分かるようになります。 ユナイテッドのマイレージプラスを貯めるメリット• ユナイテッドのマイレージプラス(マイル)の貯め方• マイレージプラスを貯める為のおすすめのクレジットカード こんにちは!sasasanです。 皆さんマイル貯めていますか? 陸マイラーの大多数の方が貯めているのがANAマイル、JALマイルだったりしますが、 ユナイテッド航空のマイレージプラスって貯めていますか? 実はユナイテッド航空のマイレージって実は結構有能なんですよ! 日系以外のマイルだとよく貯めてそうなのが、ブリティッシュエアウェイズのAviosがありますね!これはJALマイルと親和性があるということもあり陸マイラーの間でも人気のマイレージプログラムです。 そしてユナイテッド航空のマイルもとても便利なマイレージプログラムなんです。 マイレージプラスの基本• マイレージプラスのメリット• UAマイルの貯め方• おすすめのクレジットカード 今回はユナイテッド航空のマイレージプログラムを紹介したいと思います。 ユナイテッド航空のマイレージプラス(UAマイル)とは? ユナイテッド航空のマイレージプログラムの正式名称は「マイレージプラス」といいます。 通称UAマイルなんて呼び方もします。 ユナイテッド航空は本拠地はアメリカのシカゴになります。 所属しているアライアンスは「スターアライアンス」です。 ANA、ルフトハンザ、シンガポール航空なども同じスターアライアンスに加盟していますね!! ユナイテッド航空の日本発着路線はアメリカ、ハワイ、グアム!! ではユナイテッド航空の日本発着路線はというとこんな感じです。 やはり本拠地がアメリカということもあり、アメリカがメインとなります。 しかし、グアム路線も非常に多く、成田、名古屋、関空、福岡からも飛んでいます。 また日本人に最も人気のあるホノルルも成田からの直行便がありますよ! ユナイテッド航空のマイレージプラス(UAマイル)を貯める6つのメリット ユナイテッドのマイレージプラスは簡単に言うとユナイテッドが扱っているマイルということになります。 しかし運用方法や利用方法などANAやJALと違う部分もあるんです。 そしてANAやJALにはないメリットがあります。 早速見ていきましょう! マイレージプラス(UAマイル)6つのメリット 会社が違うだけでマイルなんて大体同じでしょ!って思っている方は非常に多いんですが、実は結構違ったります。 マイレージプラスとANAマイルやJALマイルとの違いについてはこのようになります。 マイルが実質無期限!!• 燃油サーチャージが掛からない!無料!• 家族以外で特典航空券の利用が可能• バイマイルが出来る!• マイルの譲渡や移行が可能• 失効した場合でも復活できちゃう!• ANA国内線の利用が可能! これ、どれもANAやJALにはないメリットなんですよ。 個別に見ていきましょう! UAマイルの有効期限は実質無期限!利用、加算がない場合は18か月まで! まず、マイルの実質無期限ですがマイレージプラスの有効期限は18か月となります。 しかし利用したりマイル加算があると更に18か月延長となるんです。 つまり利用しているユーザーにとっては実質無期限というわけですね! ANAマイル、JALマイルにおいては36か月(3年)が有効期限です。 それの半分になっちゃうんですが、利用している限り延長されるので、じっくりゆっくり貯めたい人にとっては非常に嬉しいシステムです。 燃油サーチャージが掛からない!無料! UAマイルの大きな特徴として燃油サーチャージが掛からない!! これめっちゃすごい節約に繋がりますね。 ANAやJALで海外特典航空券を利用した場合、燃油サーチャージが別途費用としてかかってきます。 これが無料なんですよ!! 参考例として2019年10月~2020年1月までの燃油サーチャージはこのようになっています。 こちらは1区間(つまり片道)でかかってくる費用になります。 ハワイ往復なら一人12,000円かかってくるという感じですね!これがUAマイルの場合は無料となります。 ユナイテッド航空のマイレージプラスなら家族以外で特典航空券の利用が可能 次に家族以外で特典航空券が利用できるのも強烈なメリットです。 ANAやJALの場合、 配偶者だったり2親等以内の家族だけでしか利用が出来ません。 これ友人同士だったりカップルだったりするとNGなんですよ。。。 ところがユナイテッドのマイレージプラスなら誰でもOK!友人との旅行や、カップルでの旅行というのもすべてUAマイルで無料で旅行に行けるようになります。 またブリティッシュエアウェイズも同様に家族以外での利用もできますね!! 公式サイトでバイマイルが出来る! こちらは後ほど詳細を書かせてもらいますが、マイレージプラスは公式サイトでバイマイルをすることができます。 通常、マイルはフライトや提携クレジットカードの利用などで貯まるのですが中々貯まりません。 それをお金で解決!できるのがバイマイルというわけです。 バイマイルの考察については後ほど紹介していきますね! UAマイルならマイルの譲渡や移行が可能 こちらもめっちゃ便利なシステムです。 ANA、JALのマイルの場合だと譲渡や移行ということは基本的にできません! 家族であれば、譲渡とは違いますがマイルをシェアすることは可能です。 日系の場合だと利用範囲が限定されるという感じです。 それがUAマイルであれば、譲渡も移行もできるので気軽に友人にプレゼントしたりすることも可能ですよ! UAマイルを万が一失効した場合でも復活できちゃう! マイルをガンガン利用している方にはあまり不要な情報かもしれません(笑) ただし、普通の人の場合だと実はマイル失効というのは結構ありますね! 普通はマイルの有効期限が過ぎて失効した場合はマイルは二度と戻ってきません。 当然と言えば当然なんですけどね。 しかし、UAマイルは違います。 失効したマイルは手数料を支払うことで復元が可能なんです!! 復元する方法は2種類あります。 マイルを買い戻す!(バイバック) まず最初の方法としてバイバックというものがあります。 手数料を支払えば元のUAマイルに戻すよ!というものです。 結構な手数料ですが、ちゃんと戻ってきますよ(笑) バイバックよりも費用を抑えた復元方法 そして2つ目の方法がこちらです。 こちらも手数料を支払って復元をするんですが、ユナイテッドが出す条件をクリアした場合であれば手数料が格安になるというものです。 ただし条件があります。 どちらかを満たせば条件クリアです!• ユナイテッドの運航便を利用する• ユナイテッド・マイレージプラス提携クレジットカードにお申し込みいただき、ご入会後送られてきたカードをお買い物のお支払いにご利用ください 大量にマイルを持っていて、万が一失効させてしまったときはこの2つの方法を是非試してみてください。 ユナイテッド航空ならANA国内線での利用が出来る!実はUAマイルがお得!! 私の中で最も強烈なメリットがUAマイルでANA国内線がお得に利用が出来るというところです。 ユナイテッドは先ほど紹介したようにスターアライアンスに加盟しているのですが、同じ加盟航空会社にANAがありますよね? これANA国内線でユナイテッドのマイルを利用することができちゃいます。 飛行距離によって必要マイル数が変わります。 800マイルを超えるか、超えないかで必要マイルが変わる感じですね! 例えば都内発ということであれば沖縄なら800マイル以上の距離があります。 つまり沖縄以外なら、ほとんどが往復10,000マイルで済んじゃうというわけですね! 801マイル以上 片道:8,000マイル 片道:16,000マイル 800マイル以下 片道:5,000マイル 片道:10,000マイル 800マイル以下であれば国内線が片道5,000マイルで利用が出来るんです!これANAマイルを利用するよりもお得です。 東京発でマイレージプラスの場合、ANAの場合を比較してみましょう! 往復の場合 マイレージプラス ANA 東京-大阪 10,000マイル L:10,000マイル R:12,000マイル H:15,000マイル 東京-札幌 10,000マイル L:12,000マイル R:15,000マイル H:18,000マイル 東京-福岡 10,000マイル L:12,000マイル R:15,000マイル H:18,000マイル 東京-沖縄 16,000マイル L:14,000マイル R:18,000マイル H:21,000マイル 一見同じように見えますが、ローシーズン(Lの表記)以外の日程の場合、ユナイテッドの方がお得なんです!! 仮に家族4人で札幌に旅行をした場合こうなります。 これマイレージプラスであれば20,000マイルも節約が出来るというわけです。 ユナイテッド航空はJAL国内線の利用はできません! ANAが利用できるならJALも乗れるのかね?? 結論を先に書くと、利用はできません! というのはJALの場合、加盟しているアライアンスが「ワンワールド」で加盟アライアンスが異なるからなんです。 ちなみにブリティッシュエアウェイズ(Aviosマイル)も同じ「ワンワールド」です。 つまり Aviosマイルの利用でJALを利用することは可能です。 ANAならユナイテッド• JALならブリティッシュエアウェイズ こんな感じで覚えておくといいでしょう! ちなみにUAマイルで800マイル以下の場合の片道に必要なマイル数は5,000マイルでしたね?? 対してAviosマイルの場合は650マイル以下の場合の片道に必要なマイル数は6,000マイルとなっており、単純に国内線を利用するのであればUAマイルの方がお得という感じですね! ただ、JALをよく利用する方にとってはまだまだAviosもお得なんです。 Aviosを貯めてみたい!という方は下記の記事にまとめてあるのでよかったら読んでみてくださいね! ユナイテッドのマイルなら国際線特典航空券の片道発券が出来る! 国際線の特典航空券って片道のみ発券ができるのとできない航空会社があるのは知っていますか?• JAL:国際線の特典航空券の片道発券に対応• ANA:国際線の特典航空券の片道発券に未対応 例えばなんですが、片道をJALで取ってもう片方を他の航空会社で取るというのがJALではできますが、ANAではできないんです。 しかし、ユナイテッド航空の国際線の特典航空券は片道発券に対応しています。 そしてユナイテッド航空は「スターアライアンス」なので、スターアライアンス加盟の航空会社の特典航空券の発券が出来るというわけです。 国際線特典航空券で必要なマイル数をUAマイル、ANAマイル、JALマイルで比較してみよう 先ほど国内線での利用ですごいメリットがあることが分かりましたね! では国際線の特典航空券の場合はどうなのかというのを見ていきましょう。 通常時での必要マイル数からみると、ユナイテッド航空の方が多いんですよね。 ただ、JALにおいては「 」が導入されて必要マイル数も可変式に変わっているので一概にはお得だ!と言い切れる感じでもありません。 実はユナイテッド航空もJALと似たタイプのマイル制度となっています。 そしてANA、JALとの違いは燃油サーチャージが掛からないというところです。 必要マイル数が高いが燃油サーチャージが無料というところと、必要マイル数が低いけど燃油サーチャージが掛かるという部分を天秤にかける必要があるというわけですね! ユナイテッド航空の特典航空券は2種類!セーバー特典とエブリデイ特典の違い 先ほど国際線特典航空券の比較をさせてもらいましたが、ユナイテッドの条件は「セーバー特典」での必要マイル数にしました。 実はユナイテッド航空の特典航空券は2種類あります。 セーバー特典• エブリデイ特典 この2つの違いは何かというと先ほどちょっと話題にしたJALの「JAL国際線特典航空券PLUS」と似たものだと言えば分かりやすいかもしれないです。 セーバー特典は皆さんがよく利用する必要マイル数が固定式のタイプとなります。 その代わりに座席の開放数は限られており、利用可能日の制限などがあります。 セーバー特典にはご利用いただける座席数の制限があるため、ご利用客数の多い一部のフライトではご利用いただけないことがあります。 一部の提携航空会社では、座席数やご利用可能日が制限される場合があります。 次にエブリデイ特典というのは必要マイル数が可変式となっており、必要マイル数が残席に応じて増えていくタイプとなります。 エブリデイ特典は、ユナイテッド航空、ユナイテッド・エクスプレス、コパ航空が運航するフライトで、より多くの座席をご利用いただけます。 座席は座席数制限の対象となりますのでご注意ください。 特定のフライトではご利用いただける座席が限られるため、エブリデイ特典のほうがセーバー特典よりもご利用いただける空席があります。 要は通常マイルよりも大量のマイルを払ってくれるなら席を準備しますよ!というのがエブリデイ特典というわけです。 ユナイテッド航空のマイルの貯め方!5つの方法とは? 意外とユナイテッドのマイルが有能だということが分かってきましたか? ではそんなお得なマイレージプラスを貯める方法はというと大まかに5つのテクニックがあります。 フライトで貯める• Kaligo(カリゴ)でホテル予約で貯める• 公式サイトからUAマイルを購入する(バイマイル)• ポイントサイトで貯める• クレジットカードで貯める 個別に紹介していきたいと思います。 フライトで貯めるのは普通に乗れば貯めることが出来るのでここでは割愛しておきます。 ホテル予約サイトって聞くと、楽天トラベル、じゃらん、エクスペディアなどなどたくさんのサイトがありますが、その中の1つだと思ってください。 そしてKaligo(カリゴ)の最大のメリットは予約して宿泊をすると各航空会社のマイルが貯まるんです!! 私たちがよく利用するJAL、ブリティッシュエアウェイズなども貯まりますし、今回紹介しているユナイテッドのUAマイルだってもちろん貯まりますよ! 実は各航空会社のマイル付与率は全然違っており、その中でも 一番高い付与率なのがUAマイルなんです!! 例えばシェラトン都ホテル東京に1泊した場合、1,028マイルが貯まります。 ただ、ホテルによっては公式サイトよりもちょっと高かったりする場合もあったり、利用するホテルによって付与率が変わったりします。 あなたが泊まるタイミングで都度都度チェックをしてみてから判断をしていきましょう! ただ、外資系航空会社では公式サイトでマイルを販売していることが多いです。 そして ユナイテッド航空では公式サイトでUAマイルを購入することが可能となっています。 気になる値段ですが、こんな感じです。 マイルの最小購入単位は2,000マイルです。 最小購入単位が2,000マイルからとなり、年間最大で175,000マイル購入することが可能となっています。 マイル単価でいうところ、 1マイル=3. 8円前後がユナイテッドのバイマイル相場となります。 バイマイルの詳細ルールはこちら。 最小購入単位が適用されます。 マイルは1,000マイル単位で100,000マイルまで、5,000マイル単位で175,000マイルまでご購入いただけます。 本ページに表示の価格には、手数料または税金は含まれておりません。 マイル購入の最小購入単位は2,000マイルです。 マイルのご購入は、アカウントごとに年間175,000マイルまでとなります。 ご購入と同時にご利用のクレジットカードにご請求させていただきます。 マイルのレートおよびその他の手数料は変更されることがあります。 お客様のマイレージプラスアカウントにマイルが加算されるまで、最大48時間ほどかかります。 ご購入後のマイルの払い戻しはお受けいたしかねます。 ご購入いただいたマイルは、マイレージプラスのプレミア資格対象マイルの対象外です。 「ユナイテッド航空プライバシーポリシーとマイレージプラスプログラム規約を含む、この取引に適用されるすべてのご利用規約をご確認ください。 カナダにお住まいのお客様には、物品サービス税(GST)/統合売上税(HST)が加算されます。 ユナイテッドマイレージプラスのマイルのご購入は、明細のお取引欄に「Points United Miles」と記載されます。 先ほど紹介したように片道5,000UAマイルで都内から札幌に行けるのですが、バイマイルで換算すると約18,000円となります。 これだと正直直接ANAで有償チケットを購入した方がお得です(笑) バイマイルの真の利用法としては、どうしてもあと少しマイルが足りない!!という時に購入するのがいいですよ! ただし、 お得にバイマイルをすることも実は可能です。 それは 年に数回あるユナイテッド航空マイル購入セールキャンペーンです。 2019年の場合ですが40%オフが7月、85%ボーナスが8月にあり、11月には最大100%ボーナスがあったんですよね! このセールですが、購入マイル数に応じて最大100%のボーナスマイルが貰えるようになっています。 詳細は割愛しますが最大100%ボーナスマイルが貰える条件の場合、マイル単価は1マイル=約2円前後となります。 ただ最初にお伝えしておくと、UAマイルに限ってはそこまでお得ではありません。 なぜお得じゃないのか!?というと交換レートが低いということに尽きます。 更に交換できるサイトは1つしかありません!! 実は以前3サイトあったのですが、 2019年8月30日をもって「Gポイント」「PeX」からの交換が終了となりました。 唯一交換が可能なのが「ネットマイル」となります。 交換レートはこのようになります。 手数料を除いて 約33%で交換が出来るようになっています。 ネットマイルでポイントを貯める場合におすすめなのが「 」ですね! プリンスポイントがお得に貯めることもでき、ANAマイルの最良ルート「 」の活用もできるので陸マイラーの間でも利用者が非常に多いのが特徴です! 個人的にはポイントサイトで貯めたポイントをUAマイルに交換するのはあまりおすすめできません。 マイルに交換するならANAマイルの方が断然よいですし、プリンスポイントに至ってはとても価値をめちゃ上げて交換することが出来るので、こちらの方が良いと思います。 カード決済でマイルを貯めたい人にとっては、基本となりますが還元率としてはかなり良い感じです。 その中でもおすすめのクレジットカードを解説していきたいと思います。 ユナイテッドのUAマイルをお得に貯めるクレジットカードは2種類! おすすめできるクレジットカードは2種類です。 ユナイテッド航空の提携クレジットカードは全部で13種類あります。 意外とあるんですよね~(笑) 全部検討していると大変なので個人的におすすめをしておきたいカードを2枚紹介したいと思います。 UAマイルをお得に貯めるおすすめカード「MileagePlusセゾンカード」還元率最大1. 5% UAマイルを貯めるなら間違いなくこちらのカードがおすすめです。 提携クレジットカードの中でもセゾン系のカードがおすすめなのですが、その中でも年会費も比較的安く効率よくUAマイルが貯まるのがこの「MileagePlusセゾンカード」となります。 「MileagePlusセゾンカード」の基本スペックを見ていきましょう。 5%の平凡なカードとなります。 ただし、こちらに「マイルアップメンバーズ」に加入することで一気に高還元のクレジットカードに早変わりしますよ! マイルアップメンバーズに加入するためには追加年会費5,000円(税抜)が掛かります。 マイル還元率は驚異の1. 5%となります。 これ、ANAマイルが最も貯まる よりも還元率が高いんですよ! しかし、年間のマイル交換上限が30,000マイルまでとなります。 つまり、 クレジットカードの決済額が200万円までであれば最強のクレジットカードとなります。 それ以上のクレジットカード決済額を想定しているのであれば、MileagePlusセゾンゴールドカードが良いと思います! もしMileagePlusセゾンカードを発行するならポイントサイトを活用しよう! 陸マイラーなら間違いなく覚えていてほしいのがコレです。 ポイントサイトを経由することで、お得にポイントを貯めることが出来るのでオススメですよ! モッピーへ入会すると今なら更に!!1,000Pが貰えます!! UAマイルをお得に貯めるおすすめカード「spgアメックス」還元率最大1. 35%! 次に紹介するカードが個人的には最もおすすめするクレジットカード「 」です。 spgアメックスは100円につき3ポイントが貯まり、貯めたポイントは実質無期限です! これってホテルだけ利用が出来るって思ってる方も多いのですが、実は航空会社のマイルにも交換が出来ます。 貯めたポイントはUAマイルに3ポイント=1マイルで交換が可能なので、1%還元となります。 実はここから 1. 25%に還元率を上げる方法があります。 その方法は60,000ポイントを一気に交換することでボーナスマイルとして追加で5,000マイルが貰えちゃいます。 そして更にUAマイルだけ10%マイル増量なんですよね! つまり貰えるマイルの内訳はこうなります。 35%となるわけです。 ただ、先ほどMileagePlusセゾンカードの還元率1. 5%に比べるとレートはよくありません。 ではなぜおすすめなのか? それはUAマイルだけでなく、 ほかの航空会社のマイルにも交換ができて更にマリオット系列のホテルにポイントが利用できるからなんですよね。 例えば日本に住んでいる私たちに人気があるのはやはりANAとJALですよね!そしてブリティッシュエアウェイズもJAL国内線利用が可能で非常にお得です。 ANAマイル:1. 25%• JALマイル:1. 25%• BAマイル:1. 25% UAマイルだけ貯めたい!!という方にはMileagePlusセゾンカードが最も還元率がよくおすすめですが、その他のマイルも貯めていきたい!という方には現状最強なのはspgアメックスとなります。

次の