的確 適確 違い。 言葉のてびき

「適確」という熟語を見たとき、私は「的確」じゃないとおかしいと思ったのですが、こういう熟語もあるのですか?|漢字文化資料館

的確 適確 違い

的確・適確の意味 まず、「てきかく」の意味を調べると 次のように書かれています。 また、そのさま。 てっかく。 出典: デジタル大辞泉(小学館) 上記のように、 「的確」と「適確」は 同じ項目として統一されています。 言いかえれば、 辞書的な意味ではどちらもほぼ同じということですね。 また、場合によっては 以下のような記述をする辞書もあります。 的確( 適確とも書く)• 的確( 適確と書く向きもある)• 的確( 適確は当て字) 多くの場合、 的確を先頭に書き、 適確は補助的(後ろ)に書くことが多いようです。 いずれにせよ、共通しているのは 「 どの辞書も別々には分けられていない」ということです。 では、そもそも同じ意味なのに なぜ2つの漢字が記載されているのか気になるかと思います。 実はこの2つには、明確な違いがあったのです。 その辺りの微妙な違いを詳しく解説していきたいと思います。 スポンサーリンク 的確と適確の違い まず、両者の語源を確認しておくと、 「 的確」の方は中国の古典にも見られる漢字です。 一方で、「 適確」の方は 中国の古典には見られません。 つまり、時系列的には 「 的確」の方が元からあり、後から「 適確」が作られたということになります。 その証拠に、一部の漢和辞典では 「適確」が載っていないものもあるのです。 「漢和辞典」というのは、国語辞典よりも 漢字の意味・成り立ちを正確に記述します。 そのため、 「適確」の方を載せていないのです。 では、なぜ「適確」という漢字も使われるようになったのかと言うと、 それは 「 適正確実」「 適切確実」を略した形が 漢字として広まったからです。 見て分かるように、現在の意味である 「大事な点を押さえ、間違いがないこと」と比較的内容が近いです。 ここから、 「適確」が「的確」に近い意味として 使われるようになったわけです。 よって、両者の違いを簡単に言うと 「 的確」= 正式な漢字。 「 適確」= 当て字。 となります。 つまり、 両者の違いは意味にあるのではなく 漢字の種類にあるということですね。 スポンサーリンク 的確と適確の使い分け 以上の事から考えると、両者の使い分けは 原則として「 的確」の方を使う ということが分かるかと思います。 すでに説明した通り、 「的確」の方が正式な漢字ということでした。 そのため、現在では 新聞やテレビなどのメディアも 「 的確」を使うことで統一しているのです。 したがって、 一般的には「的確」の方を使えば何も問題はありません。 ただし、これには例外があり、 法令用語として使う場合です。 法令用語として使う場合は、 「適確」を使う方が望ましいケースもあります。 例えば、「地方自治法」の一文には 以下のような記述があります。 普通地方公共団体の長は、条例その他議会の議決を要すべき案件があらたに予算を伴うこととなるものであるときは、必要な予算上の措置が 適確に講ぜられる見込みが得られるまでの間は、これを議会に提出してはならない。 出典:地方自治法 第222条第1項 この場合の「 適確」は、 「(予算上の措置を) 具体的かつ明確に」という意味です。 すなわち、 具体的で分かりやすい予算措置がとられて、 初めて「 適確に講ずる」ということです。 このように、法令用語としての「適確」は、 一般用語としての「的確」よりも若干意味が異なるのです。 ちなみに、 「 適確」は一般用語として使うこともあります。 例えば、以下のような使い方です。 適確な措置を講じる。 適確な任務を行う。 なぜ上記2つに「適確」を使うかというと 法令用語としての意味に近いからです。 「適確」を使うのは、 「単に間違いがない」だけでなく、 「 それが正しい方法で行われている」という意味も含む場合です。 そのため、 前後の文脈としては「措置」「任務」など 「正しい方法」が求められる単語がくるのです。 スポンサーリンク 適格の意味 似たような言葉で、「適格」があります。 「適格」の意味も確認しておきましょう。 必要な資格を十分に備えていること。 また、そのさま。 てっかく。 出典: デジタル大辞泉(小学館) 「 適格」とは、 「 必要な資格を備えていること」を言います。 ここで言う「資格」とは、 「英検」や「簿記」などの資格ではなく、 「 ふさわしいかどうか」という意味だと思ってください。 例えば、A君という人物は、 「頭が良くて統率力があり、部下からも尊敬されている」としましょう。 そんな時、 「A君はキャプテンとして 適格だ」と言うわけです。 要するに、 「キャプテンにふさわしい人物」ということですね。 「適格」という言葉は、 基本的に 人に対して使います。 なお、「適格」の対義語は 「 欠格」と言います。 使い方・例文 最後に、それぞれの使い方を 例文で確認しておきましょう。 【的確の使い方】• 的確な指示を行い、プレイヤーを誘導する。 彼女の言いたいことを 的確に伝えてください。 内容を 的確に説明して、相手に理解してもらう。 まずは状況を 的確に把握する必要がある。 専門家として、 的確な診断を下す。 【適確の使い方】• テロリズムに対する資金供与の防止に関する国際条約等の 適確な実施を確保し~【犯罪による収益~(中略)~に関する法律 第1条】• これらの行為の処罰に関する国際約束の 適確な実施を確保するとともに~【放射線を~(中略)~処罰に関する法律 第1条】• 国土交通大臣は、(中略)公正かつ 適確な実施上不適当となったと認めるときは~【建築基準法 第77条】 【適格の使い方】• 社長に 適格な人物が選ばれた。 彼はマネージャーとしては 不適格だ。 教師として 適格に欠く言動をとってしまった。 「 適格」= 必要な資格を備えていること。 ふわさしいこと。 ということでした。 一般的な場面では、 「的確」を使えば全く問題ありません。 公文書などで使う時も、 法令文以外は「的確」を使うようにしましょう。 では今回は以上です。

次の

「項目」と「事項」の違い!わかりやすく具体例で解説するよ!

的確 適確 違い

4です。 再び失礼します。 あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。 「適」と「的」の違いを考えてみます。 「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。 「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。 だから、意味がとても似ているのでしょう。 「適」は「かなう」。 資格に合っている、という意味。 反対語は「失格」(「不適格」もありますね)。 大事な点は押さえている(あるいは外していない)状態。 いずれにせよ、「的」には面積がありますので、「ぴったり」(的の中心)から一定の許容範囲があります。 法令用語としても、こう解釈すれば理解しやすいですね。 あるいは、No. 2様のご回答にある「適正確実」、「適切確実」と読み替えるのも一法。 ちなみに、このサイトでは、「適確」を「適正かつ効率的」、「的確」を「迅速・適正」の意味で使用しているようです。 もっとも、国語として吟味されたわけではないでしょうが・・・。 (さて、「適確」と「的確」はどこにあるでしょう?探してみてください。 笑) 「的確」は、的を外れず確かで間違いのないこと。 的確な判断を下す。 的確に表現する。 「適確」は、適正で確実なこと。 最もよい方法。 よく当てはまって間違いがないこと。 適確な措置を講ずる。 適確に遂行する。 意味としてはほとんど一緒ですね。 新聞では「的確」に統一してますし、かなり古いですが昭和36年の国語審議会でも一般用語としては「的確」だけでよいという扱いです。 要するに「的確」が一般的な表記です。 「適確」を用いているのは法令用語くらいかもしれません。 その法令ですが、「的確」を用いている法令は275本、「適確」を用いている法令は183本です。 う~ん、一緒ですね(笑)。 ちなみに、「適格」という語もあります。 これは定められた資格にかなっていることで、適格者、適格性、適格審査、税制適格、適格退職年金制度などがあります。

次の

「的確」「適確」「適格」の意味と違い

的確 適確 違い

適格の意味 国語辞典で調べると 「資格にかなっていること、必要な資格を十分に備えていること。 また、そのさま。 」 とあります。 ただ、私が思うに有資格者という意味ではありません。 例えばレストランの厨房で 「フグか… 誰かフグの免許を持ってるヤツいないか?」 「あっ、彼が 適格です。 」 というような使い方ではないということです。 正しい使い方の例としては 「今度のA社のコンペ、誰を行かせればうちは勝てると思う?」 「Bくんが 適格かと思われます。 」 みたいに、 それに合った資質があるという意味になります。 昨今、資格というと何かの資格を持った有資格者と考えがちですが、この場合の資格はこういう意味の資格になります。 「適確」=「的確」 「適確」は「的確」の当て字大きく分けるとこの2つの認識が主流です。 そもそも、どこからこの字が出てきたかというと、 法律の条文に記載されていました。 これが後に 国語辞典にも掲載されるようになったのです。 そして法律用語の 「適確」は、 「適正確実」「適切確実」を略したものと考えてよいだろうという認識が出てきました。 これは 「的確」とは多少意味が違うという認識でもありました。 これは国語辞典業界、また教科書業界、どちらにしても出版業界ですが、そこから広がったものと思われます。 そして現在では 「的確」とイコールとする辞典、 「的確」の当て字とする辞典、少し意味が違うとする辞典が存在することになったのです。 まとめ 今回は、同じ読みだけどちょっと意味が違う、 適格と的確の違いについて紹介しました。 アドバイスの場合は「的確な」を使うのが正解でした。 正しい使い分け以下のポイントを押さえておけばOKです。

次の