ファスティング 回復 食 メニュー。 断食後の回復食おすすめ10選!ファスティング後に必須な栄養まとめ

ファスティングの回復食で失敗しない!1日目、2日目にはどんなメニューを食べれば良い?

ファスティング 回復 食 メニュー

1週間の酵素ファスティングを終え、いよいよ回復食1日目。 昔は、この「回復食」の概念がわからず、終わったら普通食にいきなり戻していたからね。 なので、あっという間にリバウンドをした。 だけど今回は大丈夫。 準備食と回復食について勉強したからね。 ここでは、私がファスティング後の回復食1日目に朝、昼、夜とどんな食事をしたのか、その献立とレシピを公開します。 ファスティング期間中よりも準備食回復食の方が大事!? 自分がずっと昔にやった酵素ドリンクのプチ断食では見事にリバウンドし、「吸収率が高くなっているから逆に太りやすいカラダにさらになってしまったのでは!?」という不信感しか残りませんでした。 ですが、3ヶ月前にも1度ファスティングをやってみて、準備食と回復食の期間をしっかり設けてルールを守ってやれば、リバウンドを防げるということを実感しました。 自分が思うにですが、準備食、ファスティング中、回復食 で言うと、 回復食が一番誘惑されやすくなる、でも一番重要な時期。 だと思います。 ここで油断してしまったらこれまでのファスティング期間の分が水の泡に・・・。 そうなるのももったいないから、食べたくてもガマンガマンです。 ファスティングの回復食についてはあちこちで記事が出ていますが、前回も今回も参考にさせていただいたのが、 です。 かなり今までになかった知識をつけさせていただき、献立も、まずはこの記事に書いてあるとおり、忠実にやってみよう。 と思いました。 昼 ・スムージー (小松菜、りんご、人参) 昼はサラダやスムージーや野菜のすりおろしなど。 または十割蕎麦など軽いものという記載がありました。 忠実にすることを考えれば、この中のどれかにする必要があります。 蕎麦いきたいけど、しょっぱなから炭水化物?甘えすぎじゃね!? ってことで、蕎麦以外で。 でも「野菜のすりおろし」って・・・それはイヤだなぁ。 サラダもちょっとなぁ・・・ という感じで、消去法でスムージーに決まりました。 朝スーパーに行った時に、ジュース用の人参というのが売れていてそれを買ってきたんですよ。 だからそれを使いたかったってのもあるけど。 あんまり果物は入れ過ぎちゃいけないと思い、小松菜、りんご、人参にしました。 *りんごと人参も糖質が気になるけど、バナナとかミカンとかよりはマシなのかなぁとか思ったり。 (個人的な考えです) ・小松菜1茎分、りんご半分、人参小1本、ミネラルウォーター100mlくらい、レモン汁 これをミキサーに入れ、ガガガーっとやったら出来上がり。 ああ、、、ファスティング後初めてだぁ、食事っぽいのは。 米もないし、肉もないし、いつもなら「なんじゃこりゃ?」ともなりかねないメニューだけど、 固形物を口にできるっていうのは、けっこううれしいよ~~ しかも、ファスティングしてた時に、甘い物とかこってりした物は不要になった。 肉、魚もそこまで食べたくなった。 小麦系のものは、完全に「いらない」という状態になっている。 不思議だ。 どっちかというと、「アボカド」とか「もずく酢」がめちゃ食べたくなっている。 カラダがそれを欲しているという感じ? 完全に求めるものが変わった! もうこの段階で、翌日に食べる納豆とオクラが楽しみでしょうがない。 笑 米と肉にばかり興味のあった私ではありえないことですよ。 ファスティングおそるべし。

次の

【完全版】ファスティングダイエットの準備食から回復食までの成功メニュー

ファスティング 回復 食 メニュー

スポンサーリンク ファスティングにおける回復食って何? ファスティングダイエットはいわゆる断食ダイエットなのですが、キツい運動や長期間のカロリー制限をするわけではないので思い立ったら気軽に挑戦できるダイエットとしても人気です。 しかし一つ注意しなくてはならないのが、ファスティング後の食事です。 断食の間は水や炭酸水、酵素ドリンクのみしか口にしないため、胃の活動はほとんど行われていません。 ここにいきなりいつもどおりの食事をしてしまうと消化不良を起こして体調を崩してしまったり、胃を傷つけてしまいます。 なので身体にやさしい消化のいい食べ物を少しずつ食べて元の状態に戻す必要があるのです。 この時に食べる食べ物を「回復食」といい、ファスティングを成功させるには一番重要とも言えるポイントなのです。 おかゆを始め、うどんやそば等の消化にいい炭水化物、野菜や果物等のビタミン類、豆腐等のタンパク質をバランスよく食べて行くのですが、これを最低でもファスティングしていた期間から一週間は続けて、胃の活動を回復して行くのです。 ファスティングの回復食にそばやうどんが良い理由は? 回復食といえば定番は「おかゆ」です。 おかゆは風邪を引いた時はもちろん、食欲がない時やまだ胃の発達が未熟な赤ちゃんも最初に食べる事のできる食べ物です。 しかし回復食といえども毎日おかゆでは飽きてしまいますよね。 そこでオススメなのがうどんやそば等の消化にいい麺なのですが、実はこの二つが意外に優秀で是非とも回復食にオススメな食べ物なのです! 実はうどんに含まれている炭水化物はお米に含まれている炭水化物よりも吸収率がよく、消化に優しい炭水化物と言われています。 もちろんコシが強すぎたり、味の濃い汁と一緒に食べてしまうと意味がないのですが、薄めの出汁で柔らかく煮たうどんはおいしさも消化も最強の回復食ではないでしょうか。 また、そばも同じく柔らかく煮れば消化によく、ビタミンやポリフェノール等の栄養バランスのいい食べ物です。 ファスティング後の身体にそばの豊富な栄養がしっかりと届くのでそばもうどんもどちらも回復食としてはかなり優秀な食べ物ですね。 ただどちらも注意したい事は 「よく噛んで食べる事」です。 すすって食べるのが醍醐味の麺類でも、回復食の時はしっかりよく噛んで食べる事を意識しましょう。 スポンサーリンク ファスティングの回復食におすすめの他の食べ物は? ファスティング後の回復食の主食としてはおかゆ、うどん、そばがオススメですが、もちろん主食だけを食べるのではなく、バランス良く他の食べ物も食べなくてはなりません。 濃い味付けを避けた消化にいい物をよく噛んで食べるようにしましょう。 では、回復食におすすめの食べ物を紹介していきます^^• 豆腐、納豆・・・高タンパクで回復食の始めの頃におすすめ!• 大根、かぼちゃ、人参、タマネギ、ほうれん草、里芋、しょうが等の野菜・・・薄味のお味噌汁等で柔らかく煮た物からスタートしましょう。 りんご、ぶどう、いちじく等の果物・・・バナナやパイナップル等の熱帯で育った果物は身体を冷やすので注意!• ひじき、わかめ、昆布等の海藻類・・・意外と消化がよくミネラルも豊富なので煮物やお味噌汁がおすすめ!• ヨーグルト・・・乳酸菌の働きで腸を整えてくれます。 しかし消化があまりよくないので回復食を食べて2〜3日程経ってから取り入れてみて下さいね! 回復食におすすめの食べ物の調理法としては、「薄味の和食」メニューがオススメです。 堅いものは柔らかくなるまで煮たり、すりおろして消化や吸収がよくなるように調理していきましょう。 また、油の多い肉料理や揚げ物、塩分が強い濃い味付け、中華や韓国料理等の刺激が強い料理は食べたくてもしばらくは我慢しましょう。 アルコールやコーヒー等も胃に刺激が強い飲み物なので、ファスティング後は回復食が終わり、普通の食事に戻るまでしばらくは我慢しましょう。 暖かい豆乳やファスティング中に飲んでいた酵素ドリンクなら身体にも優しく胃に負担がかからないのでオススメですよ。 ちなみに甘いものも胃に負担がかかる上にカロリーが高いので回復食には向かないので注意です。 私は以前ファスティング後に普通にメロンパンを食べてしまい、見事にお腹を壊しました…。 本日のおさらい ファスティングの断食を乗り越えたら、ついつい自分にご褒美で好きなものを食べたい!お腹いっぱい食べたい! …と思ってしまいがちですが、そこをぐっとこらえて回復食でしっかり締めくくる事がファスティングの成功の鍵です! ファスティングはダイエットと健康にとてもいいのですが、回復食を間違ってしまうと身体や胃に負担がかかるだけでなく、カロリーを大幅に吸収してしまいリバウンドの原因にもなってしまいます。 おかゆだけでなく、うどんやそばが意外と良い回復食の主食になります! バランスのよい回復食でおいしく飽きないファスティングを定期的に続けてみてくださいね^^ スポンサーリンク•

次の

ファスティングの回復食おすすめメニュー

ファスティング 回復 食 メニュー

このページで分かる内容• 回復食とは 回復食とは、 ファスティングが終わった後に食べる 消化の良い食事のこと。 実は、断食後に復食期間をしっかりとると、 断食に成功できるんですよ。 なぜなら、 リバウンド防止できて、痩せ体質になれるから。 反対に、もしも復食期間をとらなかったら、胃腸がビックリして体調不良になったり、すぐにリバウンドしたりする可能性があるんです。 復食期間のメリット 体調不良を予防できる ファスティングが終えた後は、回復食は絶対に必要。 なぜなら、 消化に負担がかかるものを食べると、 体調不良になる可能性が高いから。 断食中にずっと消化を休んでいた胃腸は、いきなり普通の食べ物を受け入れられないんです。 だから、消化に良い回復食を食べる復食期間を作ると、 内臓を傷めずにもとに戻せますよ。 体内の酵素のメカニズム 体内で生成される酵素の量を 10としたら… 断食前 断食中 断食後 消化酵素 6 《最優先》 1. 5 《お休み中》 1. 5 《いきなり元に戻れない!》 代謝酵素 4 《消化のあまり》 8. 5 《ダイエットや美容に使える!》 8. 5 リバウンド防止できる ファスティング後の体は、飢餓(栄養が足りない)状態。 体に栄養を沢山ためこむために、吸収率がUPしています。 だから、 断食後に太りやすい食べ物を食べると、脂肪のもとも体に取り込み、 あっという間にリバウンドしやすいというわけ。 断食後の吸収しやすいときは、 お腹に優しい回復食を食べると、 リバウンド防止になりますよ。 参考 痩せ体質を目指せる ファスティング後は、 痩せ体質を作るのに、うってつけ。 なぜなら、 栄養の吸収率がUPしているから。 ヘルシーで、 お肉メラメラパワーが上がる食事を取り入れれば、 痩せ体質を目指せるんです。 太りにくい体を手に入れるためにも、回復食をしっかりとらないと損ですよ。 復食期間のメリットまとめ 復食期間のメリット メリット 理由 体調不良を予防できる 休んでいた胃腸をびっくりさせずにもとに戻せるから リバウンド防止できる 脂肪がつきやすい時期に、ぜい肉のもとを体にいれないから 痩せ体質を目指せる 栄養の吸収率がUPしているため、痩せやすい体を作れるから 復食期間の日数 ベストな復食期間の日数は、【 ファスティングをした日数】。 3日間断食をしたら、断食後3日間は回復食をとればOK。 胃腸がゆっくり整うから、普通の食事に戻しても負担がありません。 健康のためにも、 最低でも翌日は復食期間をとったほうがベター。 リバウンド防止や、痩せ体質作りをしたい人は、 ファスティングをした日数よりも長めだと もっと効果がUPします。 復食期間の過ごし方 復食期間は、"回復食を食べる"以外にも注意点があります。 ズバリ、復食期間は休んでいた胃腸をゆっくり戻す期間なので、" 胃腸に負担が掛かること" はNG。 注意点 復食期間の注意点 注意すること 理由 回復食を 食べ過ぎない 高カロリーになると、消化に負担が掛かる よく噛んで、腹6分目~8分目を食べるのがベスト 夜遅くに食べない 消化されにくく、翌日に残りやすい タバコを控える 有害物質を外に出す際に、消化酵素が大量に使われる アルコールを控える アルコールを分解する際に、消化酵素が大量に使われる 熱いお風呂、 長風呂、 激しい運動は断食2,3日後控える 断食後の敏感な内臓に負担をかけるため 【一覧】ファスティング翌日に食べていいもの ファスティングで翌日に食べていいものは、【 液体状の食べ物】。 なぜなら、消化に負担を掛けないから。 液体状の食べ物は、以下の通り。 手作りの野菜ジュース• 具なし味噌汁• 具なしスープ• お粥の上澄 断食翌日のお昼までは、 固形の食べ物を避けます。 そして、 夕食以降から、 消化に良い固形の食べ物を食べて OK。 消化に良い固形の食べ物で、おすすめの食材は、「 まごにはやさしいわ」の、" に:肉"と" さ:魚"以外。 肉と魚は、消化に負担の掛かる"動物性たんぱく質"のため、断食終了後2日目までは控えたほうがベター。 3日目からは、皮なしの鶏肉や、ささみ、魚介類など脂分が少ないヘルシーなものなら、食べてOKです。 回復食におススメな食材 名称 代表的な食材 ま:豆 大豆、枝豆、豆腐、納豆などの豆類 ご:ごま ゴマ、ナッツ、クルミなどのナッツ類 に:肉 ファスティング翌日と2日目はNG は:発酵食品 梅干、納豆、漬物、味噌など や:野菜 野菜、果物、こんにゃくなど さ:魚 ファスティング翌日と2日目はNG し:しいたけ しいたけ、マッシュルームなどのキノコ類 い:いも さつまいも、じゃがいも、さつまいもなどのいも類 わ:わかめ ワカメ、モズクなどの海藻類 4日目以降は普通の食事に戻してOKですが、食べ方に気を付けるとリバウンド防止効果UP! ダイエット中に良い食べ方 やること メリット 食べる順番に気を付ける 太りにくくなる よく噛む お腹いっぱいになりやすくなる 食べたものの消化がされやすくなったり、エネルギーに消費されやすくなったりする 2週間に一度、好きなものを食べる 心が満たされ、食事制限を続けやすくなる 断食のその後に食べてはいけないもの 断食の翌日に食べてはいけないものは、 消化に負担が掛かるもの。 固形の食べ物は消化に時間が掛かります。 特に、 動物性たんぱく質 卵、肉、魚、乳製品 は 避けたほうがベター。 脂っぽいもの、高カロリーな食事もNGですよ。 また、消化に負担の掛かるアルコール、タバコ、白砂糖、小麦、食品添加物等も控えましょう。 断食翌日に食べてはNGなものまとめ 断食翌日に食べてはNGなもの 食べてはいけないもの 理由 固形の食べ物 夕ご飯まで 消化するのに時間が掛かるため、胃に負担が掛かる 動物性タンパク質 肉、魚、卵、乳製品 消化するのに時間が掛かるため、胃に大きな負担が掛かる 脂っこいもの・高カロリーな食事 消化するのに時間が掛かるため、胃に大きな負担が掛かる 食品添加物 消化に大量の栄養 ミネラル が使われてしまう 白砂糖 大量の砂糖が使われている洋菓子などは、消化に負担が掛かる 小麦 パン、ラーメン 小腸を傷つけ消化しにくいたんぱく質、グルテンが含まれている カフェイン類 消化に負担が掛かる、胃に刺激を与える 回復食に使える食材・メニュー ファスティングのプロが直伝する、回復食をご紹介! ファスティング翌日のベストメニュー ファスティング翌日に食べるのにベストなのは、" 液体状の食べ物"。 きゅうりのすりおろしは、断食翌日のメニューにバッチリです。 断食翌日につかえるメニュー メニュー おすすめな人 作り方 きゅうりのすりおろし 断食効果をキープしてくれるものを食べたい お肉をメラメラ燃やしたい 、、、、醤油を合わせたものを、すりおろしたきゅうりにかける スッキリ大根 (クックパッドより:) お腹の中をキレイにしたい 大根を2〜3cm厚さに切って厚めに皮を剥く 鍋に昆布と大根を入れ、水を入れて中火にかける 煮立ったら弱火にし、30〜40分コトコト炊く 参考 ファスティング終了2日目以降のベストメニュー ファスティング終了2日目以降は、" 消化に良い食べ物"を食べます。 ただし、ただ消化にいい食べ物を食べるだけではもったいない! なぜなら、断食後は栄養の吸収率がUPしているので、食材のダイエットパワーをいつもより多く吸収してくれるから。 もずく・まいたけ・豆腐のお味噌汁のように、 ぜい肉を減らす効果があるメニューを食べるのがおすすめ。 また、 納豆サラダは断食によってデトックスされた腸を、さらにキレイにし、 排せつを促してくれます。 栄養をバランス摂取したいあなたは、 あおさとしらすの雑炊がベスト。 断食2日目以降の消化に良いメニュー メニュー おすすめな人 作り方 もずく・まいたけ・豆腐のお味噌汁 ぜい肉をメラメラもやしたい もずくはざるに上げて、軽く水洗いし、適当な長さに切る 鍋に出しを入れ 回復食は、昆布がベスト 、火にかけ、煮立ってから麦味噌をとき、豆腐ともずくをいれる 納豆サラダ 体の中をキレイにしたい うんちを出したい レタス・水菜・ベビーリーフなど葉物野菜を水洗いし、食べやすい大きさにちぎる 続いて、きゅうり、トマト、アボガドを一口サイズに切って、【味付け】と混ぜ合わせる 最後に、納豆、ちぎった葉物野菜、味付けした野菜を混ぜ、完成 あおさとしらすの雑炊 ダイエットに必要な栄養を取りたい 痩せ体質を作りたい あおさを水で戻し、水分を絞る だし汁に火をかけ、薄口醤油、みりん、塩で味をととのえる だし汁に雑穀ごはん、あおさを入れて煮立ったら火を止める 器に盛りつけ、しらすをのせ、完成 「復食期間のメニューを自力で考えるのはめんどくさい…」 そんなあなたのために、復食期間のメニューをご用意しました。 ダイエット検定一級所持者監修・ファスティングの復食期間メニュー、よかったらマネしませんか? 復食期間スケジュール 断食後 翌日 2日目 3日目 朝食 具なし味噌汁 きのこ入りおかゆ 豆腐 雑炊(しらす、あおさ) もずく 味噌汁+もずく 昼食 すっきり大根 おかゆの上澄み 納豆サラダ ひじきの煮物 そば(ささみ、ワカメ) えびサラダ 夕食 雑炊(動物性たんぱく質は使わない) きゅうりのすりおろし 雑穀ごはん 温野菜 (だいこん、にんじん、ホウレン草) 雑穀ごはん 皮なしの鶏肉焼き 豆サラダ 成功の ポイント ・どうしても間食したいときは、 細かく刻んだ生フルーツor野菜、あるいは、 砕いたナッツ ・ 消化に悪い物、アルコール、カフェイン、たばこなど、 内臓に負担が掛かるものはとらない 気になるファスティング方法をポチッとすれば、サクッとジャンプできるピヨ!• 酵素ドリンクを使うときの回復食 酵素ドリンクを断食で使った場合、 復食期間を長めにとったほうがベター。 なぜなら、酵素ドリンクはファスティング効果が強いから。 お腹に優しい発酵された酵素をドリンク化しているので、しっかり断食で胃腸を休められます。 また、野菜(パプリカ、菜葉)や果物 アセロラ、ゆず・みかんなどの柑橘類 に入っている ビタミンCをとるのもおすすめ。 ビタミンCは、 体内の働きを回復してくれたり、 リバウンドを防止したりするので、酵素ファスティング後に積極的に取りましょう。 酵素ドリンク断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を長めにとる 3日間~1週間とる ビタミンCをとる 野菜、果物などのビタミンCが多く含まれている食材をとる コンブチャを使うときの回復食 コンブチャを使ったファスティングをしたときも、 復食期間を長くとったほうがいいです。 なぜなら、酵素ドリンクと同様に、発酵された酵素をドリンク化していて断食効果が高いから。 消化器官を休める断食効果が高い反面、 体調不良を起こしたり リバウンドしやすいというわけ。 ファスティング後に健康を損なわず、スタイルもキープしたいあなたは、必ず長めに復食期間をとるのがベター。 また、コンブチャの材料である"紅茶キノコ"は、うんちを出しやすくしてくれる作用がありますが、お腹をゆるくすることも。 食物繊維は、ファスティング後の 腸の働きをしっかり整えてくれますよ。 コンブチャ断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を長めにとる 断食を行った日数~1週間とる 食物繊維をとる 野菜、果物などの食物繊維が多く含まれている食材をとる ジュースクレンズを使うときの回復食 ジュースクレンズは、 復食期間を長めにとったほうが ベター。 なぜなら、低速ミキサーによる特別に作られたジュースクレンズは、消化器官を休める効果が十分高いから。 発酵酵素には負けますが、ジュースクレンズは低速ミキサーで皮や種を除外した果物と野菜をドリンク化しているため、たっぷり消化器官をお休みさせられます。 だから、ゆっくり食事を戻す必要があるというわけ。 また、ジュースクレンズは野菜と果物のむくみを流すサポート成分・カリウムもメインで使っています。 むくみが軽くなって見た目の変化が最も大きいですが、断食後に むくむとすぐに戻る可能性が。 ファスティング後の回復食でも、 カリウムを多く含むほうれんそう、バナナ、アボカドを食べると、むくみ防止になり、 スッキリボディをキープできますよ。 ジュースクレンズ断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を長めにとる 断食を行った日数~1週間取る カリウムをとる アボカド、バナナ、ほうれんそうなど、カリウムが多く含まれている食材をとる 青汁を使うときの回復食 青汁は、 復食期間は 断食を行った日数とればOK。 なぜなら青汁は、食物繊維も粉末状にしているため、酵素ドリンクやジュースクレンズと比べると、ファスティングによる消化器官のお休み度は低いから。 青汁断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を 断食を行った日数とる 青汁断食を3日間行ったとしたら、3日間回復食を食べる スムージーを使うときの回復食 スムージーは、 復食期間は 短めで大丈夫。 なぜなら、皮や種を全てミキサーでジュース化しているため、消化器官を休める効果が少ないから。 ファスティング効果がいまいちでも、腹持ちがよく、復食期間が短めでいいから、初心者の人には成功しやすい断食方法ですよ。 スムージー断食の回復食 ポイント やり方 復食期間は 短めでOK 復食期間を翌日~断食を行った日数とる 水を使うときの回復食 水で断食をしたときは、 リバウンド対策が必須。 なぜなら、水には栄養がほとんどないため、体が飢餓 栄養が足りない 状態になるから。 そこで、 ビタミンCをとると、 リバウンドをブロック。 野菜(パプリカ、菜葉)や果物 アセロラ、ゆず・みかんなどの柑橘類 にはビタミンCが豊富なので、おすすめです。 なぜなら、泡で胃腸が刺激され、うんちが出やすくなっているから。 しかし、食物繊維は消化に時間がかかるため、翌日は避けたほうがベター。 だから、断食後2日目から 食物繊維を積極的にとれば、 腸がキレイになり、 メリット大。 食物繊維は、野菜(セロリ、ごぼう)や果物(柑橘類、バナナ)から多く取れますよ。 炭酸水の回復食 ポイント やり方 食物繊維をとる 野菜、果物などの食物繊維が多く含まれている食材をとる 味噌汁を使うときの回復食 味噌汁は、 復食期間を長めにとると ベター。 なぜなら味噌汁は、発酵食品である味噌を使うため、一種の酵素ドリンクなんです。 だから、味噌汁でファスティングを行うと、しっかり消化器官を休められるというわけ。 休んだ消化器官に負担をかけないよう、ゆっくり食事を戻すと、 体調不良防止や リバウンド防止になります。 なぜなら、野菜ジュースには食物繊維がほとんど含まれていないので、消化器官をたっぷり休ませられるから。 また、ジュースクレンズと同様、野菜ジュースの野菜と果物にふくまれるカリウムは、むくみをとるサポートをしてくれます。 でも、ファスティング後に見た目の変化を感じやすい一方、またむくんでしまうとすぐに元通りになる可能性も… 断食後も、 カリウムが入った食材 アボカド、バナナ、ほうれんそう などを食べて、 むくみ対策が必要です。 野菜ジュース断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を長めにとる 断食を行った日数~1週間とる カリウムをとる アボカド、バナナ、ほうれんそうなど、カリウムが多く含まれている食材をとる お茶を使うときの回復食 お茶で断食したときは、 復食期間を長めにとるとベスト。 なぜならお茶は、0カロリーで、ノンカフェインのものを選べば消化に負担が掛からないため、しっかり消化器官をお休みできるから。 だからだから、復食期間を長めにとると、 体に優しく、 リバウンドを防止できるというわけ。 お茶断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を長めにとる 断食を行った日数~1週間 ファスティングの回復食は、液体の食べ物から、消化にいい固形の食べ物へ。 だって、せっかくツライ断食を頑張ったのに、 回復食で台無しになるなんてイヤだし……。 「一瞬だけ痩せて、すぐデブに戻る」なんて、冗談じゃない!! でも、栄養、ダイエット効果いろいろ考えることが多すぎて悩む~。 あれは負担、これはやめたいたほうがいい…… あー、もう、お前はクレヨンしんちゃんか!!!(クレヨンしんちゃん:好き嫌いが多い5歳児の漫画) って叫びたくなるくらい、人間の体って好き嫌いがあるのね。 だけど、これだけ徹底的に調べつくしたから、安心して断食後の復食期間を卒業できました。 いやぁ、スタイルがキープされているのを鏡で毎日にやにやできるから、「回復食を頑張ってよかった~」って大満足。 あなたも回復食をちょぴっと工夫して、 鏡の前に立つのが楽しみなボディをキープしてみませんか?.

次の