確定 申告 期限 の 延長。 2020年確定申告の期間が延長!いつまでに申請すればいい?

[手続名]消費税申告期限延長届出手続|国税庁

確定 申告 期限 の 延長

申告期限の延長 国税庁は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、「所得税」「個人事業主の消費税」「贈与税」の申告・納付期限を2020年4月16日 木 に延長しました。 この発表は同業者の中で話題になったものでしたが、さらに2020年4月6日、外出自粛などにより期限内の申告が困難な場合は、4月17日(金)以降も確定申告書を受け付けると発表しました。 申告書の作成または税務署へ行くことが可能になった時点で税務署に申し出れば、申告期限延長の取扱いとなります。 申告期限の延長が認められる理由として、本来の期限までに申告・納付ができないやむを得ない理由がある場合に、 個別申請による申告期限の延長が認められるとあります。 この「やむを得ない理由」ですが、新型コロナウイルス感染症の影響による場合には、その特性に鑑み、幅広く認められるようです。 例えば、国税庁のFAQには以下のような記載があります。 コロナウイルスの影響で申告書を作成することが困難、というのであれば幅広く認められそうです。 もう一つ、今回の影響で1件税務調査が見送りとなりました。 従来から基本的に確定申告期限内は、税務署による新規の税務調査の着手はなされず、その期間において調査は少ないといわれていましたが、今回まず4月16日まで延長した時点で税務調査が行われない期間が伸びました。 弊社の関連でも4月20日の週に税務調査が予定されていましたが、今回の個別延長をうけて、いったんは見送りとするとの通知がきました。 落ち着いたら調査をする方針ではあるが、調査件数も限られるため、調査自体が無くなることもあるとのことでした。 確かに、この時期に税務調査で来られて、狭い部屋に何名かで1日中いられても不安ですよね。 しばらくはイレギュラーな対応が増えそうです。

次の

2020年の確定申告や青色申告申請の期限は?注意すべき点と安心してほしい点|Bizpedia

確定 申告 期限 の 延長

令和元年分の(令和2年確定申告)確定申告の納付期限は? スポンサーリンク 確定申告の期限は所得税は3月16日、消費税は3月31日でしたが・・ 正式に納期限延長が決まれば、 所得税、消費税がそれぞれ同一期限の、4月16日まで延長となります。 政府は新型コロナウイルスの感染が、日本でも広がりつつあるため、期限を延長する方針で、正式な国税庁からの発表待ちでしたが、即座に対応して正式発表となりましたね。 予想以上に、早い神対応でした。 政府の方針として、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 申告所得税(及び復興特別所得税)、贈与税及び個人事業者の消費税(及び地方消 費税)の申告期限・納付期限は、令和2年4月 16 日(木)まで延長することを正式に発表しました。 スポンサーリンク 感染症の感染拡大防止策で、申告会場でのマスクや消毒は? 確定申告会場においては、感染症の感染拡大防止のため、確定申告来場者の健康面と安全面から、職員の手洗い、うがいやマスクの着用されていますが 来場者も同じように手洗い、マスクの着用などの感染予防をお願いしていますね。 確定申告会場は、アルコール消毒液を設置されているので利用して感染防止に努めていけばいいですね。 申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限の延長 国税庁は下記のように、PDFでも正式に発表しています。 新型コロナウイルス環境下で、最も最適な確定申告の提出のおススメは? 個人の確定申告書等の作成では、確定申告書等は、e-Tax(電子申告)を利用して提出することができます。 e-Tax(電子申告)を利用しない場合は、印刷して郵送等、または最寄りの管轄税務署の郵便受けや専用ボックスがあるので、そこに投函するだけでも確定申告ができます。 これは、昨年自身も提出した方法で、先にその方法を自身の事例で昨年ご紹介したとおりです。 その場合は、混雑しないで人に接触しないでも提出することもできます。 スポンサーリンク.

次の

【4/16期限延長】「確定申告書3/17以降提出」で住民税や国保などへの反映遅れが起こる理由を解説します

確定 申告 期限 の 延長

申告期限の延長 国税庁は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、「所得税」「個人事業主の消費税」「贈与税」の申告・納付期限を2020年4月16日 木 に延長しました。 この発表は同業者の中で話題になったものでしたが、さらに2020年4月6日、外出自粛などにより期限内の申告が困難な場合は、4月17日(金)以降も確定申告書を受け付けると発表しました。 申告書の作成または税務署へ行くことが可能になった時点で税務署に申し出れば、申告期限延長の取扱いとなります。 申告期限の延長が認められる理由として、本来の期限までに申告・納付ができないやむを得ない理由がある場合に、 個別申請による申告期限の延長が認められるとあります。 この「やむを得ない理由」ですが、新型コロナウイルス感染症の影響による場合には、その特性に鑑み、幅広く認められるようです。 例えば、国税庁のFAQには以下のような記載があります。 コロナウイルスの影響で申告書を作成することが困難、というのであれば幅広く認められそうです。 もう一つ、今回の影響で1件税務調査が見送りとなりました。 従来から基本的に確定申告期限内は、税務署による新規の税務調査の着手はなされず、その期間において調査は少ないといわれていましたが、今回まず4月16日まで延長した時点で税務調査が行われない期間が伸びました。 弊社の関連でも4月20日の週に税務調査が予定されていましたが、今回の個別延長をうけて、いったんは見送りとするとの通知がきました。 落ち着いたら調査をする方針ではあるが、調査件数も限られるため、調査自体が無くなることもあるとのことでした。 確かに、この時期に税務調査で来られて、狭い部屋に何名かで1日中いられても不安ですよね。 しばらくはイレギュラーな対応が増えそうです。

次の