異世界の皇妃 38話 ネタバレ。 「捨てられた皇妃」最新話までネタバレ一覧!原作Yunaの漫画はピッコマで配信中!

捨てられた皇妃【第36話】のネタバレ・感想!

異世界の皇妃 38話 ネタバレ

作者:• 学校の帰り道でウサギに銃殺されました。 目覚めたら異世界で、あれよあれよと恋人ができて、しかも溺愛されてます。 隙あらば襲って来そうなイケメンをやんわりいなす、そんな話。 あぁ、神様、あなたは私にいろいろ背負い込ませすぎではないでしょうか。 ノンジャンル[ノンジャンル] 連載:全51部分• なげやり主人公 最強 ウサギ 王子 カッコいい 異世界トリップ 溺愛 ラブラブ シスコン 魔王は変態• R15• 作者:• ごく普通のOLが異世界で魔法使いの助手を務めることから始まる物語。 愛してると言いなさい全4巻、アルファポリス様より発売中です。 *2016・8・20 内容差し替えしました。 異世界[恋愛] 完結済:全2部分• 恋愛 ファンタジー ラブコメ ドキドキ ほのぼの 異世界 トリップ OL 美形 魔法使い• R15 残酷な描写あり• 作者:• ここは四竜帝の大陸関係の小話置き場です。 HPウェブ拍手に使った小話を収納しています。 (現在、HPにウェブ拍手は有りません…) お笑い・シリアス・流血・その他も有りなうえに、過去・現在・未来がごちゃまぜ状態、ネタバレ要素もあるので、本編と同じ場所に掲載するのはどうかな?と思い、ここに収納させていただいております。 異世界[恋愛] 完結済:全38部分• 異類婚姻譚 年の差 異世界 竜 ほのぼの ダーク ミニ小話 番外編• R15 ボーイズラブ 残酷な描写あり• 作者:• 帝国の皇妃フェリシエは結婚から2年が経っても子どもが出来ないと言う理由で冷遇されていた。 とうとう皇帝が側妃を迎え、やがてフェリシエ自身にも悲しい出来事が起こる。 そして彼女は決意する。 有り難う御座いました。 注意事項がありますので、活動報告をご参照下さい。 ローファンタジー[ファンタジー] 完結済:全85部分• 皇妃 皇帝 ファンタジー いちおう恋愛 友情 女性医師 騎士• 残酷な描写あり• 作者:• 後宮に入って三年目、幸運にも王の寵愛を得られなかったイリスは、規則により家に帰される事となった。 しかし荷造り中に偶然王と会ってしまい・・・。 「折角ブサイクに生まれましたのに、どうして・・・!」 コメディ時々残酷。 また、肉体的・精神的に残酷な場面があり、不快に感じる可能性があります。 それらすべてを了承した上でお読みくださいますようお願い申し上げます。 改稿版・番外を自サイトに掲載しています。 ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全74部分• あまり甘くない恋愛 異世界 コメディ ブサカワ 美形 王 貴族 溺愛• R15 残酷な描写あり• 作者:• 国1番の美貌の伯爵、ゼノ。 そして前妻の産んだ息子は天使のように愛らしい。 それに比べごくごく平凡な容姿のアイリスは子爵家にも関らず、ド貧乏。 ゼノから告白され、アイリスの人生はいろんな意味で変化していく。 落ち込むゼノに困惑するアイリス。 「私なにか言ったかしら?」• ノンジャンル[ノンジャンル] 連載:全23部分• ファンタジー 貴族 美系夫 鈍感妻 天使息子 ラブラブ• R15.

次の

捨てられた皇妃【第36話】のネタバレ・感想!

異世界の皇妃 38話 ネタバレ

第8話 ネタバレ 「うーんもう朝なのね 館でも見て回ろうかな」 イサナは部屋の窓から庭をながめて思う。 記憶がないって言っても別人として過ごさないといけないもんね 「何にしても色々知っておく方が良さそう」 家族関係や趣味 嗜好ここでの礼儀作法とか はぁ・・・私が読んだ小説の中じゃ異世界に来た瞬間全てを理解してたのに・・・現実は甘くない 「言葉が通じるだけありがたいか」 「ん?」 「!」 イサナが部屋からでると、花を運ぶ男と出会う。 男はイサナと目を合わせるとドキッと驚いた様子で 「はわわ・・・み 見てません!ホントに見てません!絶対何も見てません!」 と話、慌てて後ろを向いた。 館の人かな? 「私はただ書斎に植木鉢を置きに行こうと・・・!」 そうだ これパジャマだった。 イサナは男の言葉に自分が着てる服をつまみながら思う。 そこへアンがちょうど来てふたりをみたアンは、 「ショーン・ビーン!!何をしてるんです!?それは今朝のうちにおくようにと言ったでしょう!」 「ご安心ください私が処理しておきますから」 アンはイサナの背中を軽く押し先ほどの部屋へと連れていく。 「全て私の不注意です!本当に申し訳ありませんでした!」 ショーンと呼ばれていた男は土下座をするがむなしくも扉は閉ざされてしまった。 「おお・・・さっきのアンとは大違いね・・・お母さんみたいだった」 小さなミスでもすごく厳しい身分制だから? 「むやみに叱らないよう気を付けないと」 「お嬢さまアンです お召し物をご用意しました」 「ありがとう入って」 んんん!?ちょっと待ってーーこれが『普段着』!? ヤバっ!お腹!・・・ほっ この体スリムで良かったー 使用人たちに着せ替えられているイサナは使用人の手が震えていることに気付く。 手があんなに震えてる・・・どうしたんだろう?なんだか気まずいな 「アンその服は?」 「あこれですか?最近流行っているデザインなので準備したんですがお嬢さまがキライなグリーンだったので・・・」 「うん イヤ」 服を見たイサナは即答した。 「ですよね?色合いもそうなんですが宝石の大きさも位置もあり得ないですよね!」 ダサッ!とこたえるアン。 「そうね 真ん中のおっきな宝石なんて特に」 「近頃は みんなバルボサ家をマネしてグリーンやらパープルやらごちゃ混ぜで・・・」 「・・・」 着替えたイサナはアンに館を案内してもらい他の使用人をみかける。 なんかあまりにも丁寧過ぎるというかーー まるでロボットみたい・・・と館で働く使用人たちを見て思う。 映画とかで見たことのあるレトロな雰囲気 「こちらは書斎で こちらはティールーム」 わーあの彫刻ってガラス製?クリスタル? そしてーー 「あん あれは・・・」 「昨年 お嬢さまの18歳のお誕生日に描かれた肖像画ですよ」 去年18歳?じゃ今は19歳ってことか 「私よか年下じゃん」 「え?お嬢さま何か思い出されましたか?」 「あ・・・いやただの独り言よ」 「・・・」 肖像画をじーっと見つめるイサナ めちゃ可愛い 気品があってクールで 氷のように冷たい瞳 記憶喪失ってことにしといて正解だったわー下手に芝居してたら大炎上するとこだったしと改めて思うイサナ。 「・・・」 「イサナお嬢さま・・・本当に全て忘れてしまったのですね」 「ご自分の肖像画をまるで他人のように眺めていらっしゃるもの・・・」 アンの言葉にドキッ!グサッとくるイサナ。 「あはは・・・まだ記憶が思い出せなくて・・・」 「こちらへ」 「大丈夫ですお嬢さまのことは私が全て知ってますから」 と話うつむくアン。 イサナお嬢さまは養子でごさいました 十年前ある夜の事故でご家族を亡くされたお嬢さまを今のご主人さまが実の娘のように育てられたのです アンはもうひとつの肖像画へ案内する。 「この方です」 「お近くでご覧ください」 『かいん・ド・カスティア』伯爵 お嬢さまの伯父であり養子にしてこの館のご主人さまです 第9話につづく.

次の

プロミス・シンデレラ第39話【最新話ネタバレ】菊乃が怖すぎてサスペンス状態!!

異世界の皇妃 38話 ネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」 漫画 iNA氏、 原作 Yuna 氏の韓国漫画です。 そして愛する皇帝には虐げられ最後には反逆罪に問われ処刑される。 味覚がおかしいだの言われ、へそを曲げたアリスティア。 令嬢自ら入れてくれたお茶なのに、とシーモア卿に窘められ、謝るカルセイン。 彼の性格を理解したアリスティアは、彼を受け入れる。 一方ルブリスは、リサ王国の使節団に、アリスティアが幼すぎるため、王国の姫君を皇妃に迎えてはどうかと勧められていた。 詳しくはにてまとめてあります 全話一覧は 目次• 漫画「捨てられた皇妃」38話のネタバレ リサ王国の提案に対し、その勇気を称えると、冷たい笑みを浮かべたルブリスに、怯える使節団の男ら。 彼らが去った後、ハレンは、頻繁に使節団が出入りすることや、献上品が多かったことは、あのような思惑があったのですね、と言う。 父上に通用しないから、自分のところにきたのであろうと、ルブリスは鼻で笑う。 彼らの狙い皇妃とは、皇后と同じくたった一人にしか与えられない座であり、皇后の補佐や、緊急時の皇后の代役を務めるものだ。 次期皇后であるアリスティアはまだ幼く、皇妃となって先に子を産めば、後を継がせることができるという魂胆であろう。 そのために、自国の姫を陽の当たらない座に置こうなどとするとは、とルブリスは彼らの考えが気に入らない。 ハレンは、本当に姫君が、皇太子殿下のことをお慕いしているのかもと言うが、ルブリスに却下される。 皆に言われた通り、アリスティアは幼い。 具合が悪いのも言い出せないほどに、と彼は彼女を思い、ルブリスは口をつぐむ。 そして、モニーク家に、と言いかけ、言葉が続かずやめる。 本当は彼女の具合が気になるのだが、皇宮医が診にいったはずなので、もう回復しているだろうと思い直すのだった。 その頃、アリスティアは、アレンディスから来た手紙を、嬉しそうに読んでいた。 現在、彼がいるところは一面銀世界だそうだ。 去年の冬に、騎士団の悪ふざけから雪合戦の大乱闘になり、流れ弾がアリスティアに当たって、彼女が風邪をひいたことがあったのだが、彼女が寝込んでいる間、ケイルアンのあまりに恐ろしい形相に、練習場が凍りついたのだと書かれている。 だから出かけるときは温かくするんだよ、春になれば君のもとに白くて温かみのある甘いもののプレゼントが届くから、楽しみにしていてね、マイ・レディー、と手紙の終わりに綴られていた。 プレゼント、の文字を見て、自分も彼に栞を作ろうと思いつく彼女。 そこへちょうどカルセインがやってきて、彼女に何をしているのかと聞く。 栞と剣のお飾りを、第2騎士団の皆さんと、大切な友達に作るのだと答えるアリスティア。 突然発たれて、お見送りのときに何もできなかったので、帰りを待つ間、無事を祈って作っておこうと思ったのだと。 大切な友達と聞いて、俺には何を作ってくれんだと聞くカルセイン。 彼女は、どうしてカルセインに作らなければならないのだと言い、彼は、毎日一緒に練習しているじゃないかと言い返す。 だが、非情にもアリスティアは、そこまでの関係じゃないと思うと答える。 ショックを受けたカルセインは、先に練習場に行くと言って、やや腹を立てる。 そんな彼を見て、そんなに栞がほしいのかと、不思議そうなアリスティア。 しばらくした後、アリスティアが練習場に行くと、誰もいなかったのでウォーミングアップをしておこうと、ランニングを始める。 外はとてもいい天気だったので、心も清々しくなった彼女は、何かいいことが起こりそうだと、楽しみながら走っていた。 その姿を、草陰から誰かが見ている。 彼女は視線を感じ振り返るも、誰の姿もない。 気のせいかと思い、また走り出すと、彼女を追いかけてくる足音がする。 カルセインがふざけているのだろうと思う彼女。 おいかけてきた人物は、手を伸ばすと、彼女を後ろから抱きしめた。 冗談はやめてくださいと、叫ぶアリスティアは、聞いたことある声で名を呼ばれた。 固まる彼女。 捕まえた、マイ・レディー、というその人物は、まさかのアレンディスだったのだ。 漫画「捨てられた皇妃」38話の感想 リサ王国や他の国の魂胆がわかりましたね。 あわよくば帝国の跡継ぎを産ませてということのようですが、当たり前ですがルブリスはその考えが気に入りません。 また、他の姫君自身がこちらに来ていないので、彼が他の姫君にどのような対応をするかはわからないですね。 前世のアリスティアのように、強欲な女性だと嫌うのか、素っ気ないのか。 他の女性との交流も見てみたいです。 貴族令嬢は、アリスティア以外見たことないので、いつか登場してほしいところです。 アリスティアは、相変わらずカルセインに冷たいですね。 彼には言えないことがないのか、結構きついことを言ってしまいます。 彼はそれで腐る性格ではないからこそできる二人のコミュニケーションなのでしょう。 一方アレンディスには、とても親しみを感じているので、手紙もにこにこしながら読んでいました。 そんな彼が突然の帰還です。 アリスティアは驚きすぎて固まってしまいました。 手紙に、春になったらプレゼントが届くと書いてありましたが、一体何を持ってきてくれたのでしょう。 そしてカルセインと近衛騎士はどこに行ったのやら。 護衛できてないし。 次回どのような展開になるか、楽しみですね。 それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の