バトゥーキ 移籍。 ソイジョイのCM出演中!ヨガレッスンサンバレッスン詳細

【悲報】週刊ヤングジャンプ、改革に失敗する・・・・

バトゥーキ 移籍

バトゥーキスレ作中屈 - 二次元裏@ふたば [] レス送信モード おなまえ E-mail 題 名 コメント 添付File [ 画像なし] 削除キー 削除用. 英数字で8字以内• 添付可能:GIF,JPG,PNG,WEBM,MP4. 3000KBまで. 現在4884人くらいが見てます. メール欄に「ip表示」と入れてスレッドを立てるとスレッド全部をip表示にできます. 政治はだめ. 同人関連のアップロード依頼はだめ. delが閾値を超えるとid表示. 管理人への連絡は へ. 削除依頼は記事番号を押し delを押して下さい. この板の保存数は35000件です. 新しい板:• 755883746 20:45頃消えます バトゥーキスレ 作中屈指のめちゃシコガール このスレは古いので、もうすぐ消えます。 削除された記事が 1件あります.

次の

ヤンジャンの「隣の悪女」、「レトルトパウチ」が最終回 ←どうすんのこれ

バトゥーキ 移籍

感想逐一残したら間に合わんと思って駆け抜けました。 jogo……自由……女子高生の霊……カメレオン…集いし者たち……雪姉………悪軍連合……みつお組……奇人変人が多すぎる……— かにたま ChowhanRock1869 読み終わりがこれなので、完全に24時間ですね。 睡眠就労があるから厳密には24じゃないけどまぁ誤差だ いやぁ、本当にすごい作品だったな……24時間で一気に読んでよかった。 そして同時に、85話でギリギリだったんだから、昔のは無理だったろってしみじみ思いました。 あれは大変だった…時間に追われて漫画を読むのは良くない…。 というわけで、単純にエンタメとしても凄いんだけど、色々思うところがあったので纏めておくよの回です。 『知らない』を教えられる作品ってすごい カポエイラ、知ってますか?僕はほとんど知らなかった。 ポケモンのカポエラーと格闘技のカポエイラ、どっちの方が知ってるかって言ったら確実に後者だもん。 猫だまし使えるしがむしゃら使えるしトリプルキックが使えるからダブル・トリプル適性が高いんだけど、進化させるのが大変なんだよね。 知ってる。 で、カポエイラは全然知らないんですよね。 僕が初めて読んだライトノベルであるところの 『アキカン!』の主人公のファイトスタイルが「カポエイラ/ボクシング/カバディ」だから、普通のひとよりは知ってるけど、専門家レベルには知らない感じ。 奴隷のダンスが発祥とか歌って踊るとか、蹴りの柔軟性がすごいとか。 そんなぼんやり知識の読者を「知らない」から「ある程度知ってる」まで引き上げられる手腕、スゴイよね。 類似するものを挙げるなら、『 アイシールド21 アメリカンフットボール 』や『 ブリザードアクセル フィギュアスケート 』、『 火ノ丸相撲 相撲 』とかかな。 アメフトもフィギュアも相撲も、それぞれほとんど知らない状態から読み始めて、読み終わるころには「どういう何がすごいのか」が分かっていた。 しかも「精緻な知識を得られる」のではなく「なんとなくすごさが伝わる」っていう「ゆるい理解」なのがすごいよね。 正直アメフトの厳密な戦術はわからんし、フィギュアは6種のジャンプの得点順とか踏切特性とか覚えてないし、相撲は技より心意気だった。 でもそれでいいんだよな!解説書じゃなくて漫画なんだから。 情報量が多くなりすぎてはむしろいけないのだ。 人間ドラマ+馴染みのない情報を淀みなく伝えるのってすごいよなぁ。 逆に言えば、そういう 「皆が知らない特別」と「初めて向き合う主人公」を描くことで、読者は主人公に感情移入しやすくなる。 この副次効果を狙ってするべきじゃないだろうけれど、うまく使えたらおいしい。 さて、翻って俺がこういう風に使えそうな「特別」は、何かあるかな? 『多人数』を入り組ませるのってすごい 主人公、友人、師匠と仲間、父母、襲い来る敵、父母、襲い掛かっていくべき敵、また新たな出会い……とにかく登場人物が多い作品だと思う。 バトゥーキ組、BJ、みつお組、悪軍連合、槍、月、羚……各人が各々の思惑で動いてるし、それぞれの利害関係はぐちゃぐちゃだし、持ってる情報の量も質も違う。 ついでに使う武術もスタンスも違う。 そのミスマッチが盤面を引っ掻き回すわけだけど、そういう混沌の絵の具が描く果てが「いっちとジュンゴの二人きりのjogo」になったりするんだから、作劇が本当にお上手……。 『ワールドトリガー』で言うところの「多人数の動きや会議が巧い」とはまた違う、もっと入り組んだ相関図でのドラマは、「会話劇」を何とか磨いていきたい俺にとってひとつの突破口になるんだろうか……? まず書け だいたいなんであんなに奇人変人狂人が描けるんだよ!!引き出しが多すぎるンじゃ!!!!ひとりだけでもヤバいやつをダースやグロスで出すな!!出してください。 どんどん食べたい。 『静と動』がすごい アクションも静と動がすごいし、展開も静と動がすごい。 いっちの使うカポエイラが「現代的で実戦的な武力」と「魔術めいてゆったりとした舞い」の両立であることがそれに拍車をかけているんだけれど、アクションシーンが「じっ……くり……」だったと思ったら「一撃!!!!二撃!!!!三・四・五!!!!」だったりする。 この緩急。 他のメンバーがそれぞれ違うファイトスタイルなのもあって、絵的な飽きが来ない。 そしてドラマも、変人どもの祭りってくらいのトンチキから凄絶極まりない邪悪、さらには変人どもの凄絶極まりないトンチキ邪悪までやって、トドメに綺麗なの入れてくるんだから心が揺さぶられる。 すごいよなぁ。 緩急、意識して出来たことない気がするので、まずはそういう技法があることを認識して試すところから行きます。 まとめ バトゥーキ、スゴイ!!.

次の

ソイジョイのCM出演中!ヨガレッスンサンバレッスン詳細

バトゥーキ 移籍

リンク 【バトゥーキ】第85話 アスレチック決戦 前回のバトゥーキ84話では、 喧嘩男トーナメントを勝ち抜いた いっちと純悟の決勝戦が描かれた。 会場内で起きた乱闘を意に介さず、 決勝戦を始める二人。 いっちと純悟のjogoは、 お互いの気持ちを伝えながら 激しさを増していく。 徐々にリング上の二人に魅入られる 会場内のギャラリーたち。 その周りの人たちのアシェを 感じつつ、jogoを通して純悟への 想いも伝わっていることを感じるいっち。 そして純悟が限界を向かえ、 決勝戦はいっちの勝利で終わった。 いっちに想いを伝える純悟。 悪軍鉄馬との闘いに向けての 激励も添えて。 そして3日後。 夜のアスレチックに集まり 練習の準備をするいっち達。 そこへ悪軍連合のメンバー達が現れた! 闘いを覚悟したいっちは、 栄子ちゃんへ険しい顔で 注意を促した。 前回はここまで。 今回はこの続きから! 夜のアスレチックで始まる悪軍連合との闘い。 夜のアスレチックで練習の準備を していたいっち達の元へと現れた 悪軍連合のメンバーたち。 そしてアスレチックでは、 いっちを追う悪軍連合と 逃げるバトゥーキ組の 鬼ごっこが始まった。 そんな様子を眺める監視者の B・Jと羚ちゃん。 羚ちゃんは自分の意思でB・Jと 共に動いているのだろうか? 悪軍連合はTOPの悪軍鉄馬をはじめ、 幹部である喧嘩番長の溝ノ口春海、 ボクサーのお駿姐さんこと雨宮駿、 伝統派空手の使い手梶山丈青、 システマ使いの仙石民生と 仙石ボーイズたち、 そして幹部たちの支持を受けて いっち達を追いかけるメンバーが 多数という大人数で現れた。 さすがに人数が多すぎるが、 頑張って逃げるバトゥーキ組。 主人公の三条一里こといっち、 強面だが優しい空手家の雪奈さん、 いっちの親友である栄子ちゃん、 「ルア イ パイシャオン」の メンバーであるハーレと巴布さん。 逃げている最中に栄子ちゃんが 草むらにハマる(笑) ハーレと巴布さんが栄子ちゃんを 引き受け、逃げるいっち。 ピンチになった栄子ちゃんは お兄ちゃんへ連絡をする。 この連絡を受けて空手家である 栄子ちゃんのお兄ちゃんも 参戦するのだろうか? いっちと雪奈さんが悪軍連合メンバーに囲まれる! 頑張って逃げていたいっちと 雪奈さんが悪軍連合の5人に 追いつかれ、囲まれてしまう! 用を訪ねるいっちに対し、 悪軍連合のメンバーの一人が 「一緒に来てくれればいい」と言う。 了承したいっちは、5人のうちの 1人を指名し、その相手が自分に 勝ったら付いていくと伝える。 指名を受けたのは、近藤魁斗という男だ。 「俺は加減ができんよ」 と、強者の様なセリフを口にする 魁斗であったが、いっちに呆気なく 倒されてしまう。 その様子を無言で見つめる 残りの4人。 4人になった悪軍連合メンバーを いっちと雪奈さんの二人で ノックアウト! 男4人を難なく倒すとは、 二人とも流石の強さだ! 悪軍鉄馬とは絶対に戦うが、 戦う場所はこちらで決める。 場所を伝えるようにと倒した 悪軍連合のメンバーに言い、 また逃げるいっちと雪奈さんだった。 徐々に集まるバトゥーキ組。 まずやってきたのはあの二人。 そうこうしているうちに、 徐々に集まるバトゥーキ組の面々。 まずは翔也と桜が現れ、 栄子ちゃんに声をかける。 そこにハーレと巴布さんが やってくるが、 大人数の悪軍連合メンバーに 追いかけられていた。 必死に逃げている感じの二人。 悪軍連合メンバーのセリフから、 ハーレはフィガをしながら 逃げていたようだ(笑) そして、その追いかけっこに 巻き込まれる翔也と桜と栄子ちゃん。 アスレチックを駆使して逃げつつ、 己の中に培った「力」を使い、 悪軍連合メンバーを倒していく。 翔也はテコンドーの使い手であり、 桜は柔道家である。 丈青の背景。 そして現れる甲斐君・・・甲斐君? ここで初めて丈青の背景が 明らかになる。 妹らしき女の子に髪を 編んでもらっている丈青。 そして疲れた表情の母親と、猫。 トランスルーセントじゃないか! 甲斐君の飼い猫である トランスルーセントは、 甲斐君が襲われた時に丈青が 連れ去っていたのだが、 普通に飼っていたとは。 しかもおそらく兼勇にケージを 踏みつぶされた時に負ったであろう ケガまで治って元気になっている。 なんていう可愛さだ! そして丈青は借金の返済をする ために悪軍連合にいるようだ。 お金の返済中にも拳を鍛えている 丈青に対し、借金取りの強面 おじさんは 「そんな拳必要なの?」 と問う。 その事を思い出し、イライラ している様子の丈青だった。 そこに現れる空手着を 身にまとう一人の男。 実践派空手の使い手、 甲斐圭だ! おお、甲斐君がリベンジしにきたぞ!! いいぞ!いいぞ!! と思ったのだが、あれ・・・甲斐君? なんか表情おかしくない?? あれ、発言もなんかおかしくない?? うわー!甲斐君がおかしくなっちゃったー!!! 今週はここまで。 次話へ続く。 バトゥーキ85話の感想まとめ バトゥーキの85話もめっちゃ面白かったですね! WEBに移籍して1発目のバトゥーキで、 久々なのもあってか最高でした! アスレチック決戦ということで、 悪軍連合との闘いも最終局面と なるようです。 いっちと悪軍鉄馬の闘いも 気になりますが、 他の幹部たちとバトゥーキ組の 闘いも気になります! 特に「喧嘩百段の番長」という 異名を持つ、溝ノ口がどんな戦いを するのかが気になりますね! そして丈青の背景が明らかに なりましたが、 その結果甲斐君の方がやべぇやつに 見えてしまう感じがしました(笑) 次回は丈青と甲斐君の闘いが 描かれるので楽しみです! おかしくなっちゃった甲斐君 どうなっちゃうのかなぁ。

次の