紹介で入った仕事辞めたい。 「仕事を辞めたい」と思ったら読んでほしい!理由や状況別の解決策

仕事が毎日全く楽しくない・つまらない・辞めたい。4つの理由と5つの解決策

紹介で入った仕事辞めたい

Contents• コネで入社したものの辞めたくなる方は珍しくない 最近はあなたのように、知り合いのコネで入社したものの辞めたくなってしまう方というのも珍しくありません。 特に最近はブラックな会社も増えてきていますからね。 知り合いの紹介であれば、ブラック企業などは紹介しにくいので、普通に仕事を探すよりはブラック企業を避けられる傾向にはありますが…。 会社なんて入ってみないとわかりませんし。 ある人にとってはホワイトな環境でも、ある人にとってはブラックな環境と感じるようなこともあるでしょうし。 実際ネットやSNSなどを見てみても、 今の会社は知り合いのコネで入ったんだけど、もう辞めたいわ…。 まだ入って半年ぐらいだけど、労働環境のいい会社って聞いてたのにブラックな部署に配属されたからさぁ。 残業も毎月たくさんさせられてるし。 辞めにくいけど、このままずっと働くなんて考えられんからもうやめるわ…。 俺コネで入社した会社をバックれたことあるよw 紹介してくれた人との関係は切れてしまったけど…。 ただコネ入社って羨ましがられるけど、本当に会社によるからね。 俺なんて社会保険すらない会社で騙された気分だよ。 今の会社はコネで入った会社だけど、もう辞めたいわ。 入ってみたらかなりブラックな会社だったし。 紹介してくれた人には悪いけどもう転職活動してるよ。 こんな意見が散見されますからね。 やはりコネ入社とは言ってもそれほどいいとは限らないようです。 そもそも入ってみないとやはりわからなかったりしますし。 人間関係に馴染めるかどうかもその人の性格によって変わってきますからね。 誰かにとってはいい会社でも誰かにとってはブラックな会社と言うことも大いにして起こり得ます。 幸い今は仕事は多いので、辞めても何かしら仕事は見つかる可能性は高いが… コネ入社だけど仕事辞めたいというのは、ありがち悩みではありますが…。 幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も一倍を越えてきています。 つまりは仕事がたくさんあるということであり、 コネ入社で辞めたとしても仕事は沢山ある傾向にあります。 今ならばあまりの人で不足で中高年の方でも未経験で入れる業界があるぐらいですし。 コネ入社で辞めたいけど次の会社見つかるかなぁなんて懸念している方は心配は無用です。 ただやはりコネ入社ですと、辞めにくいというデメリットがありますからね。 その人の顔を潰してしまう可能性がありますし。 辞めても仕事はありますが、コネ入社なので辞めるのが大変ということです。 辞める前に紹介してくれた人に話を通すことは必要 コネ入社で辞めるにはやはり紹介してくれた人の顔を潰してしまう可能性がありますからね。 紹介してくれた人に対して最大限配慮することは必要でしょう。 なので、 辞めると言い出す前に紹介してくれた人に話を通して相談はするべきです。 相談もせずに人事に退職の意思を告げると、• なんで俺に話を通さなかったんだ!• 俺の顔を潰す気か!• せっかく紹介してやったのに挨拶もなしに辞めるのか!? こんな風な事になってしまいますからね。 まあその紹介してくれた人との人脈が途絶える覚悟であれば、どんな辞め方をしても構わないと思いますけどてん。 その人とこれからも会う機会があったりする場合は、最大限配慮しておいた方が良いかもしれません。 でないと次会った時に気まずくなってしまいますからね。 紹介してくれた人の顔を潰さないよう余裕を持って退職の意志を告げるべき 後はコネ入社ですと、紹介してくれた人がその会社にいるケースが多いですよね。 なので、 紹介してくれた人の顔を潰さないように、やめ方にも工夫をする必要があります。 具体的には 余裕をもって退職の意思を告げた方がいいですね。 これが辞める1週間前とか1ヶ月未満の場合は、あなたが辞めた後の代わりの人間がなかなか確保できないでしょうし。 そうなると今の会社にも迷惑がかかってしまいます。 そうなると当然紹介してくれた人も、社内で• あんな無責任な奴をよく紹介したな!• あんなやつ採用しなければよかったよ• お前の紹介はあてにならんなぁ• やっぱりコネ入社なんてろくなもんじゃないよ こんなことを言われる可能性が高いですからね。 その紹介してくれた人は良かれと思ってあなたを紹介してくれた訳ですからね。 例え入ってみたらブラックな会社だったとしても最大限礼を尽くして辞めるべきです。 なので、 ある程度余裕をもって退職の意思を告げた方がいいですね。 そうすれば会社も代わりの人材を手配する時間的余裕がありますし。 迷惑はかけてしまうかもしれませんが最低限に抑えることができるんです。 精神疾患などを装い「やむを得ず退職」みたいな体にする手もあるが… あとやはりコネ入社ですと、どうやっても辞めにくいというのは、事実です。 そもそも辞めるなんて言い出したら、その紹介してくれた人が• 俺の顔を潰さないでくれ!• もう少し長く勤めてくれないか!?• 俺が後で社内で色々言われるだろ!• せっかく紹介してやったんだぞ! こんなこと言ってくるに決まっています。 ですが そこで止むを得ない事情ですと、退職を言い出しやすいと思います。 具体的には精神疾患などを装って、 「働き続けたいがこれ以上働き続けることができない」みたいな体にすると辞めやすいかもしれません。 それならば紹介してくれた人としても「まあ仕方ないか」ということになりますからね。 特に最近はストレス社会と言われていますし、10人に1人はうつ病になるとも言われていますし。 決してこういった精神疾患は人事ではありませんからね。 まぁ大抵の 精神科や心療内科などを受診して精神的に落ち込んでいる素振りを見せれば、何かしらの精神疾患などの診断書は書いてもらうことができると思います。 そういったものを根拠に退職を言い出すのも良いかもしれません。 コネ入社でもバックレで辞めるというのも手段の一つではありますね。 お恥ずかしい話ですが、実は私もコネ入社で入った会社をバックレて辞めたことがあります。 入社する前はいい会社だと聞いていたんですが、入社してみたら社会保険もボーナスもないような正社員の会社で、話が違うということで揉めてしまいました。 もうやめると言ったのに「代わりがいないから働け」なんて言われたので、そのまま強引にバックレてしまいました。 まぁ その紹介してくれた人との関係は完全に切れましたけどね…。 そういった覚悟があるのであれば、辞めるのも良いかもしれません。 まぁちゃんとした会社であれば、こんなことをするのは論外ですが…。 最初の話と違ったり、あまりにも環境が悪すぎる場合はズルズル働いてもデメリットしかありませんからね。 まあ最低限やめるとは伝えるべきですが、辞めさせてくれない場合はこの位強引に行くのも良いかもしれません。 今は人手不足の会社が多いので、できれば他の人を代わりに紹介する手も コネ入社が辞めにくい理由としては、やはり紹介してくれた人の顔を潰す可能性があるからですが…。 そうではなくても 最近は人手不足に陥っている会社が多いですからね。 少子高齢化による生産年齢人口の減少によって人手不足に陥っている会社が多いのです。 今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますし。 正社員で募集をかけてもなかなか人が来ない会社が多いんですね。 帝国データバンクの2018年の調査によれば約半数の企業が正社員が足りていないと回答していますし。 なので、 辞めるのであれば、出来れば他の人を代わりに紹介してあげると言うのも手段の一つです。 それならば会社としても採用コストもかかりませんし、辞めやすくなります。 まぁただ都合よくそんな紹介できる人がいるかどうかと言う話ですが…。 特に最近はなかなか人が来ない会社が多いので、騙して入社させる悪質な会社も多いですからね。 そうなると変な会社を紹介してしまうと、その人との関係がこじれる可能性もあります。 まぁできるのであれば、やってみるのも良いかもしれません。 あまり気にしてると一生辞められないので… やはりコネ入社ですと、辞めにくいというデメリットはありますが…。 こんなことあんまり気にしてたら一生やめることができません。 特に最近なんて人手不足の会社が多いですから、知り合いに手当たりしだいに声をかけて紹介して、入社させようとしている方もいらっしゃいますし。 そういう人ですと、 いい会社だから紹介するというわけではなく、ただ単に人手不足だから誰でもいいから入社させたいという感じで入社させようとしてきます。 それも一応コネ入社ですが、ブラックな会社の可能性も高いので長続きするかどうかは別問題です。 幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますからね。 今ならば他にもいい会社はたくさんありますので、今のうちにさっさと辞めてしまって良い会社を探し行った方が良いかもしれません。 まとめ コネ入社ですと辞めにくいのは事実ですが、あんまり気にしても仕方がないことかもしれません。 そこでズルズル働いても、あなたの人生にとってデメリットしかありませんし。 その会社でこれから先もずっと働いていく姿が描けないのであれば、早めに転職を検討すべきです。 幸い今は有効求人倍率も高く正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますし。 今ならは仕事はたくさんありますからね。 まぁ紹介してくれた人の顔を潰さないように最大限配慮はすべきですが、あんまり気にしているとずっとやめられませんし。 やるだけやったら早めに辞めて、次の会社を探して行った方がいいでしょう。 転職したいけど、何からやればいいか分からない! そういった悩みをお持ちの方は今のご時世かなり多いです。 特に最近は有効求人倍率も高止まりしており、同僚がどんどん転職していっている方も多いのではないでしょうか? 最近は特に人手不足の企業も多く、会社自体がブラック化しているケースが多いですからね…。 ただそこで 「自分も転職したい」と思っても、「まず何からやればいいのか?」わからずに一歩踏み出せない人が多いのが現状です。 「転職したいけど、何をやったらいいかわからない!」という方は、自分の転職市場価値を診断するところから始めてみるのがお勧めです! 幸い最近は、転職希望者と企業側の求人データ、過去の転職者のデータから、転職市場価値を診断できる転職アプリが出てきています。 登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。 特に2020年の東京オリンピック後は景気が後退する可能性が指摘されていますし、 「また就職氷河期が再来するのではないか?」なんてことも言われています。 そうなったら 「あの時転職しておくんだった…」となりかねませんからね。 今の仕事に不満があるのであれば、今のうちに一歩踏み出しておくと良いでしょう。

次の

紹介した仕事をすぐに退職されました。私の大切な友人に職場を紹介しま...

紹介で入った仕事辞めたい

人間関係が悪い• 給与が安い• パワハラやモラハラが蔓延している• 業務量が多い この辺りが多い理由です。 一つづつ確認しましょう! 人間関係が悪い 一番、会社を辞める理由が多い問題です。 人間関係の悪化は業務に支障をきたすどころか、自身の体調をも悪くしかねません。 ストレスによる鬱病の発症が多いのもこの理由からです。 給与が安い 給与が安いと思う理由に「 自分の仕事量」とあって無いと思う所が多いでしょう。 職種や業種によって異なりますが、業界の平均値よりも大幅に低いと原因は会社である可能性が非常に高いです。 更に現在の給与が「 自身の価値」となり、価値が低いと認識するとストレスが溜まっていく原因になります。 パワハラやモラハラが蔓延している パワハラ・モラハラは問題外です。 ただし相手は パワハラやモラハラだと 気づいていない場合が多く、注意できるならばした方が賢明です。 できるような環境ではない場合は、環境を変える為に転職した方が賢明でしょう。 業務量が多い 業務量が多いと過労に繋がっていきます。 人間の 集中力は1日3時間しか持ちません。 過酷な残業等をし続けるとミスが発生し更に注意され ストレスになるでしょう。 また残業代等が支給されない職場は論外です。 筆者の実体験、3年ほどパワハラが横行してる会社で我慢して勤務してました。 自分ができる最大の訴えを会社に起こしました。 結果2~3日くらいしか改善されなかったです。 「環境の改善」を目指していましたが、最終結果ストレスからくる「慢性蕁麻疹」に悩まされる事になりました。 現在会社を辞めて1年経ちますが、未だに治ってません。 辞めない方が良い場合 仕事を辞めない方が良い場合はどういう時でしょうか? 答えは、 辞めたく無いけど選択肢として辞める事も可能な時です。 既に答えがでていますが、 辞めたく無いと感じるのであれば辞めるべきではありません。 今の現状で自分のスキルアップや仕事に対しての充実感があるからです。 この内容で悩む方は、自分発信では無く周りの影響です。 一番の心配は「 お金」の面だと思うので参考に 失業保険の記事を見てください。 まとめ 以上が辞めた方がいいと思う理由でした。 再度結論となりますが、 「 悩んだら辞めるべき」と思います。 悩んだ時点で自分にとってはマイナスでしかありません。 このまま悩んで長期放置したり我慢し続けるといい結果はやってきません。 必ず自身で動いて行動を心がけると良い結果に繋がります。 不安もあると思いますが、その不安が筆者のように病気に繋がるので 根本から根絶やしにしてよきライフを送ってください。

次の

仕事辞めたい・辞める理由【男/女別・建前/本音別】ランキング!!

紹介で入った仕事辞めたい

Contents• 【男性・本音編】仕事辞める理由ランキング 男性・本音編ランキング1位『給与や福利厚生が不満』 仕事辞めたい理由ランキング、男性の本音第1位に輝いたのはやはり「お金関連」。 給料が少ない、福利厚生が悪すぎるといった不満が仕事を辞めたい大きな理由になるようですね。 男性・本音編ランキング2位『職場の人間関係・労働環境に不満』 職場・労働環境に不満というのが男性本音編のランキング2位でした。 やはり労働時間が長いことや、嫌な上司や同僚との人間関係にストレスを感じるということが不満で辞める人が多いという声が多くありました。 劣悪な環境の会社が多いということを表しているかもしれませんね。 男性・本音編ランキング3位『将来への不安』 男性の本音編での3位は「将来への不安」です。 会社そのものへの不安や、このまま出世していけるんだろうかという不安、このままでいいんだろうかという漠然とした不安を抱えて仕事を辞めたいと考える人が多くいるようです。 【女性・本音編】仕事辞める理由ランキング 女性・本音編ランキング1位『会社の経営方針への不満』 女性の場合、本音第1位は「会社へ経営方針への不満」でした。 これは意外だったのですが、自分が入った会社の入社前のイメージと、実際の会社のギャップに不満を感じて辞めることが多いようです。 女性の方が、明確なビジョンを持って入社している人が多いということかもしれませんね。 女性・本音編ランキング2位『給与や福利厚生が不満』 第2位は「給与の不満」です。 やはり男性と一緒で、給料の不満が仕事を辞めたいというきっかけになることは多いみたいですね。 女性・本音編ランキング3位『職場の人間関係・労働環境に不満』 3位は職場環境や労働環境の不満です。 やはり男女ともに、職場の人間関係や労働環境への不満は離職の引き金になりやすいようですね。 女性は男性以上に人間関係が難しい側面もありそうですね。 女性・本音編ランキング4位『人間関係』 仕事を辞める理由を厚生労働省が調査した結果は? 建前ランキングを見る前に、厚生労働省が調査した結果を紹介すると、次のようになります。 厚生労働省の無記名調査なので、当然 「本音の理由」ということになりますね。 参考: 厚生労働省のデータ【男性編】 1位 給与・報酬が少なかったから 2位 事業又は会社の将来に不安を感じたから 3位 労働時間が長かった・休暇が少なかった 4位 能力・実績が政党に評価されなかったから 僕の独自調査と多少は順番が前後していますが、ほとんど変わらない結果になっています。 厚生労働省のデータ【女性編】 1位 会社の経営方針に不満を感じたから 2位 給与・報酬が少なかったから 3位 労働時間が長かった・休暇が少なかった 4位 事業又は会社の将来に不安を感じたから 女性の方も、僕の独自調査とほとんど変わらない結果になっています。 やはり、このデータから見ても 給与や労働環境が原因で辞めるという人がほとんどのようですね。 【男性・建前編】仕事辞める理由ランキング では、建前の方も見ていきましょう。 建前というのは、上司に仕事を辞めたい時に伝える理由です。 男性・建前編ランキング1位『キャリアアップ』 男性・建前編のランキング一位は「キャリアアップ」です。 これは、ほぼほぼ 「キャリアップのための転職先がすでに決まってしまっている」という理由でした。 男性は転職先を決めてから退職を伝えることが多いということですね。 男性・建前編ランキング2位『家庭の事情』 建前ランキング2位は「家庭の事情」です。 「親の跡を継ぐ」、 「両親の介護」などが多くありました。 嘘をついても、こういった理由であれば波風立たずに辞められると考える人が多いということが表れていますね。 男性・建前編ランキング3位『他の分野に挑戦したい』 ランキング第3位は「他の分野に挑戦したい」です。 これは、 「独立」や 「他職種への転職のための資格勉強」などです。 ポジティブな理由は円満に仕事を辞められると考える男性は多いようですね。 実際の効果的な退職理由4パターンについては次の記事をご覧ください。 【女性・建前編】仕事辞める理由ランキング 女性・建前編ランキング1位『家庭の事情』 女性の場合、建前ランキングは圧倒的に「家庭の事情」でした。 「親の介護」などの他にも、 「結婚して家庭に入る」や 「彼氏が転勤になるから引っ越す」などといった女性特有の理由も多くありました。 しかも、 このほとんどが「嘘もしくは一部嘘」というのが特徴です。 女性は男性よりも嘘をつくのがうまいということでしょうか。 女性・建前編ランキング2位『キャリアアップ』 女性建前ランキングの2位はキャリアップです。 1位とは大きく票が離れたのですが、キャリアップを建前にする、つまり「転職先がすでに決まっている」ことを上司に伝えるという意見も多くありました。 女性・建前編ランキング3位『体調不良』 1位と2位の票数がほとんどだったのですが、中には「体調不良」という理由を使って辞めたいことを伝える人もいました。 「体調が良くないため、仕事を続けられない」といった理由ですね。 体調を理由にされるとなかなか引き止めにくい上司の心理をついているなと思います。 上司が引き止めにくい理由については次の記事に詳しくまとめているので、良く読んでみてください。 仕事辞めたい理由ランキングまとめ このように、仕事辞めたい理由ランキングは男女で変わってきますが、共通点はやはり 本音と建前をうまく使い分けているのが分かります。 ただ、この理由ランキングを見ても、どうやって上司に辞めたい理由を伝えたらよいかわからない人もいるかもしれません。 そんな時は退職理由として効果的な4パターンを次の記事に書いているので参考にしてみてください。

次の