パラレル ワールド と は 意味。 パラレルワールドの実話が日本にもある

パラレルワールドとは?パラレルワールド(並行宇宙)の意味について

パラレル ワールド と は 意味

パラレルワールドの実話が日本にもある こんにちは。 今まで研究してきたパラレルワールドについて友人と面白い体験をしました。 実名を伏せることを条件に公表の許可をもらったので日本のパラレルワールドの実話として投稿させていただきます。 ここでは友人のことをA、パラレルワールドからやってきた男のことをBとさせていただきます。 わたしとAは小学校からの仲で共に幼いころから普通の人には見えないもの、いわゆる幽霊が見えていました。 わたしの父は科学者でオカルトやスピリチュアルなものを毛嫌いしていたので幽霊の話を信じてくれなかったし、そういうことを話すのを止めるように厳しく言ってきました。 物心つくころには他の人には霊が見えないんだ、このことを話すのはダメなんだという考えを持っていました。 Aにもそれらのものが見えると気付いたのは10歳の時です。 (ちなみに漫画やアニメで見る幽霊とは違って怖いという印象はまったくありませんでした。 向こうからこちらは見えていないようなので話しかけられることもなかったし、まるで生きていたころのように生活しているみたいなのでハッキリ見えるタイプのやつだと普通の人間みたいでした。 薄らと見えるタイプもいて背景が透けて見える感じです) わたしの家に初めてAが遊びにきたときリビングの隅で誰かと会話しているように笑っている女性の霊 この時はハッキリ見えるタイプ をうちの母だと思ったらしく「お邪魔します」と挨拶をしたんです。 「もしかして見えるの?」と驚いて聞くとAは「しまった」というような顔をしていました。 でもそのあとすぐに「え?お前も見えるの?」みたいな感じで聞き返して来ました。 やっぱりAもこのことを誰かに知られてはいけないと思っていたみたいです。 その時は仲間ができたみたいでとても嬉しかったです。 そのことを話したくなり家には家族がいたので近くの小さな公園に行きました。 いつも人がいないのでここなら気兼ねなく話せると思ったんです。 Aも今まで人に話せなかった体験や心細かったことなどを話してくれました。 二人でブランコに座りながら夢中で話していたんですが、突然「こんにちは」という声が後ろから聞こえました。 二人でビックリして振り向くとベンチに初老くらいの男が座っていました。 公園に入った時はわたしたち以外誰もいなかったのでまた幽霊かと思ったんですが自分たちのことが見えるし話しかけられたので違うと気付きました。 その男はとっても優しそうで微笑みながらAの隣のブランコに腰掛けました。 男はグレーの着物を着ていてパラレルワールドの日本からきたBだと名乗りました。 当時パラレルワールドの意味が分からなかったわたしたちはBが過去から来た人だと思っていましたが、未来の日本から来たんだよと教えてくれました。 日本の文化が見直され今はこれが流行ってるんだみたいなことを言いながら嬉しそうに着物の帯をぽんぽん叩いてました。 Bが住んでいるパラレルワールドの世界では争いも少なくて、一人一人が自分や他者をとても愛していると教えてくれました。 見えない世界のことやエネルギーのことも科学的に解明されてきてほとんどの人が上手に使えるようになっていること、悟ってBのようにいろんなパラレルワールドを自由に移動できる人たちが増えてきたことも教えてくれました。 まるで映画のような話が飛び出てきたのですごくワクワクしながら話を聞いていました。 世間一般からみたらにわかに信じがたいことだったけれど、普通じゃないものが見えているわたしたちは話をすんなりと受け入れていました。 Bはパラレルワールドにいるまだ悟ってない自分をヒーリングしたり覚醒を促すためにやってきたのだと言っていました。 それがわたしだったんです。 そこでBは人間や神の仕組みの話を教えてくれました。 専門的な用語が飛び交っていたのでよく覚えていないのですが、すべては1つに繋がっているというのが印象的でした。 その時これからの日本で起こることも教えてもらいました。 その中には東日本大震災などの大きな地震のこともありました。 これは覚醒する日本人が増えると被害も最小限で済むということも教えてくれました。 実際わたしが今生きているこのパラレルワールドの東日本大震災はBから聞いていた話よりも規模が小さかったです。 Bは話の最後に自分を愛するように他人を愛してくださいと言っていました。 また会えるかと聞いたら令和でまた会いましょうと言ってそのまま消えてしまいました。 そのとき令和という地名かと思っていたんですが、新しい元号のことだと気付いた時は興奮してAに電話をかけました。 わたしたちはさっそく5月1日にあの公園に向かったんです。 20年経ってもその公園は変わらずそこにありました。 しかし、いつものように誰もいなかったんです。 令和といってもまだ先のことかもしれない。 場所がここなのかも分からない。 大人になってからもっと詳しく聞いておけばよかった、あのことについてもっと質問すればよかったと後悔したものですが、その時もまた後悔しました。 Aと一緒に違ったねとガッカリしながら公園を去ろうとしたとき、後ろから「こんにちは」と声を掛けられたんです。 あの時とまったく変わらないBがそこにいました。 その時の喜びは本当に文章では表しきれません。 わたしたちはBに詰め寄り興奮気味にいろんなことをマシンガントークで話したり聞いたりしました。 Bは微笑みながら最後まで話を聞き、質問に答えてくれたんです。 彼はすべてを知っているようでした。 そして、最後にまた自分を愛するように他人を愛して下さいと言っていました。 次はいつ会えるのかとAが聞いたらBはわたしを指差して微笑みそのまま消えてしまいました。 未だにその意味がなんなのか分かりませんが、わたしが今まで研究してきたパラレルワールドのことについて正しい道を歩んでいたことが分かりました。 そして、日本がこれからどんどん良くなっていくことも。 わたしたちは現在日本人の覚醒を促すため全国を回っています。 その際、二度と大きな災害が起こらないようにと祈りを込めて土地の浄化もしています。 実は東日本大震災が起こった時にこの話を公表しようと思ったのですが、Aがまだ早いと言ってきました。 令和という新しい時代を迎えたことでそろそろ良いだろうということで今回の体験談投稿に至りました。 現在パラレルワールドのことについて徐々に明らかになってきて、実話を語られる人も増えてきました。 この話はあくまで実話の1つに過ぎません。 パラレルワールドが本当に存在するのかではなく、Bのような存在が伝えてくれた教えです。 自分を愛するように他人を愛してください。 これに尽きます。 自分は誰か?そして他人だと思っている相手が誰なのか?それに気付くことができれば日本はもっと平和になります。 この実話を信じられなくても構いません。 パラレルワールドを信じなくても良いんです。 信じなくてもそれは空気のように当たり前に存在しています。 でも、人々がこれらの世界を信じ、実際に体験した時に奇跡と思えるようなできごとが当たり前の日常になっていくと思うんです。 せっかくの地球旅行です。 自分がなぜここに来たのかを思い出し、楽しみましょう。

次の

「パラレルワールド」の意味を教えてください。

パラレル ワールド と は 意味

現在では、TVや映画など、さまざまなメディアがトピックにしていますので、みなさんも、パラレルワールドという言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。 果たしてこのパラレルワールドとは、一体なんでしょうか? ウィキペディアによれば、「パラレルワールドとは、ある世界(時空)から分岐し、それに並行して存在する別の世界(時空)を指しており、並行世界、並行宇宙、並行時空とも呼ばれているもので、SFの世界でのみならず、理論物理学の世界でもその存在の可能性について語られている」とあります。 かみ砕いて表現しますと、あなたが今いる世界とは別の世界が存在していて、そこでは、今とは別の人生を歩んでいるあなたがいるわけです。 二つの世界は通常交わることはありません。 こうしたパラレルワールドは、説によっては1つとしているものもありますが、無限に存在するというのが、筆者の解釈です。 Contents• パラレルワールドとはなにか? まずは、科学的な見地から見たパラレルワールドの説明になります。 パラレルワールドは、米国人物理学者のヒュー・エヴェレット三世が提唱した「多世界解釈」がそもそもの発端とされています。 プリンストン大学で物理学を学んだヒュー・エヴェレット三世は、量子力学の観測問題の観点から多世界解釈を提唱し、量子力学の分野で一躍有名となりました。 量子力学とは、一般相対性理論と並び現代物理学の根幹となる概念として知られており、分子や原子レベルのミクロな物理現象を学術的に説明する学問です。 多世界解釈とは、「人がとある時点で選択した出来事は重なるように存在していて、選択肢の数だけ同時並行的に別々の世界がある」という考え方になります。 言い換えるなら、パラレルワールドとは、「人の選択によって枝分かれした無数の現実世界」である、ということです。 この概念を提唱したのが近年の物理学者であったことから、パラレルワールドは理論的には、存在しうるものである、というのです。 けれども、私たちが選択できる現実は常に1つであることから、パラレルワールドは、沢山のSFやファンタジーで採り上げられているにも関わらず、「存在するしないは別として、現実世界には一切影響を及ぼさない、理論上だけの概念」というのが一般的な考えとなっています。 パラレルワールドが単なるオカルトと一線を画している最大の理由が、「現代物理学者が提唱し、理論的にありうると考えたから」なのですが、こういった観点から、異次元世界や霊界とはまったく異なった概念となっています。 異次元や霊界が、単なる想像の産物とみなされているのとは対照的に、パラレルワールドの方は実在し、人間が自らの意思で自由に行き来できる時代が、来ないとも限らない、というわけです。 パラレルワールドはなぜ存在するのか? パラレルワールドが存在する理由ですが、これは、勿論推測に過ぎませんが、宇宙が「異なる体験」をしたいがために、クローンを作っている、というものがあります。 私たちは、時として、こんなイメージをすることはないでしょうか。 宇宙も同じように考え、様々な選択をすることによって生じる別々の体験を味わうために、異なる世界を創造している、というのです。 これを可能にするために、宇宙は、自らの意思によって、クローンを創っており、この一つひとつのクローンが、パラレルワールドだ、というわけです。 私たちが一つひとつの選択をすることで人生を作っていくように、宇宙も、各々の選択によって生じる異なる世界を形成していくのです。 私たちが複数のパラレルワールドの中に存在して異なる人生を送れるように、宇宙もそれぞれのパラレルワールドで異なる運命を包含しています。 こうして、選択の違いによる全ての結果を体感しているのです。 3.実は、誰もがパラレルワールドの行き来を頻繁に体験している!? パラレルワールドのシフトは、アセンションのエネルギーが地球に降り注いでいる現在においては、決して特殊なSF的現象ではなく、実際には誰もが気づかないうちに行ったり来たりしているものなのです。 どういうことか、具体的に説明いたしますね。 例えば、現代の日本から、中世のヨーロッパに突如として移動してしまったとか、自動車が空を飛んでいる近未来のパラレルワールドへシフトするというと、これは、劇的なシフトです。 こうしたパラレルワールドのシフトは、なんらかの強力な変異が土地や本人のエネルギー場に及んだり、急激な磁場の変化などが起こらないと、体験することはないかもしれません。 けれども、パラレルワールドAAAAからパラレルワールドAAABレベルのシフトなら、誰しも体験しているものなのです。 このような経験をしたことはないでしょうか? 例えば、愛する人から告白された、夢が叶ったなど、なんらかのきっかけで人生の素晴らしさに感動したら、全てがバラ色に映り、出逢う皆が優しくなり、「生きるってこんなにも最高だったんだ」と感じるようになる。 これは、明らかにポジティブなパラレルワールドにシフトした時に体験することです。 逆に、解雇されてしまった、彼/彼女に裏切られた、財産を奪われたなどの体験から希望を失い、全てが灰色に映り、出逢う皆が敵に思え、人生ってなんでこんなにも酷いんだと感じるようになる。 これは、逆にネガティブなパラレルワールドにシフトした時に体験することです。 何が要因で、パラレルワールドのシフトが起こったのでしょうか? 体験する出来事でしょうか? それはトリガーではありますが、直接的な要因ではありません。 では、何が要因かというと、ご自身の 周波数、言い換えるなら 波動です。 自身の「周波数」「波動」が変わったので、パラレルワールドをシフト出来たのです。 全ての物・事・場所は、特定の周波数を有しています。 人間もそうです。 「類は友を呼ぶ」の法則の如く、特定の周波数のものは、基本的に似たような周波数のものを引き寄せるのです。 なぜなら、それが「波動の法則」だからです。 俗に「住む世界が違う」という表現をしたり、「億万長者と物乞いは出逢うことはない」、と言われているのはこれが所以です。 周波数があまりに違い過ぎるもの同士は、基本的に、同じ場に存在できないようになっているのです。 先程も使いましたが、「基本的に」というのは、「なんらかの人為的作用が及ばない限りにおいて」、という意味になります。 一例を挙げますと、物乞いが、「どんな手段を使っても、億万長者に逢いに行ってやろう」という意志を持って億万長者に逢いに行く場合などがこれに当ります。 そして、物乞いは、億万長者に逢いに行くことで、億万長者のパラレルワールドへシフトをすることが叶い、そこから人生が大きく変容するかもしれません! 4.パラレルワールドを乗り換えるにはどうすればいいのか? さて、パラレルワールドが実在するということが判ったら、次に多くの人達が考えるのは、「では、自分の望むパラレルワールドをシフトするには、どうすればいいんだろう?」ということではないでしょうか? 上記3.から、既に答えが出ていますよね? そう、 「自身の周波数を変えること」です。 すなわち、「自分がターゲットにしているパラレルワールドに似つかわしい周波数を帯びること」です。 具体的には、億万長者だったらどんな感情を抱くだろうか、とイメージしてその感情を抱く、それが叶ったつもりになって気分を味わってみるなど。 そうすることで、波動の共鳴が起こり、自分の存在する「場」を変えてしまう訳です。 引き寄せの法則、前祝の法則なども、まさにこの法則を応用したメソッドなんですね。 自分の身に起こる出来事、自分の現在の状況に関わらず、それに左右されず、ひたすらターゲットとなるパラレルワールドに似つかわしい感情を抱き続ける、ということです。 しかしながら、これは、「言うは易く、行なうは難し」で、私たちのほとんどは、自分の身に起こる出来事に「反応して」生きているものです。 そうして、沢山の方が挫折し、「波動共鳴の法則など存在しない」と結論付けてしまうのです。 むろん、感情や心の持ちよう以外にも、さまざまな要因が関与している可能性はありますが、自分の望むパラレルワールドをシフトし、そこにとどまり続けるには、「起こる出来事に自分の感情を左右されない」習性を身につける必要があるのです。 これは、強靭な精神力を要しますが、これをマスターしたなら、真の「魂の自由」を手に出来るでしょう。 何が起ころうと、誰から何を言われようと、幸福でいること。 その時、あなたは、幸福なパラレルワールドの住人になれるかもしれません。 5.パラレルワールドの報告事例 ここまで解説してまいりましたが、「パラレルワールドなんて、実際に目にするまでは、マユツバ物で、信じられない」という方もいらっしゃるでしょう。 そこで、この項目では、実際にパラレルワールドが存在する証拠となるような、信憑性を深める事例をご紹介してまいります。 5-1.東日本大震災 2011年、日本では東日本大震災が発生しました。 そのとき、信じがたい超常現象が起こっているという報告が相次いでいたそうです。 ある夫妻も被災し、車で荒廃地を走っていました。 すると突然、光る霧のようなものが現れたため、車を降りて近づいていったそうです。 そこには、日本の江戸時代と英国のビクトリア王朝時代をミックスしたような不思議な町並みが垣間見えました。 大勢の人でにぎわう活気に満ちたその世界は、震災後の土地とは明らかに別世界でした。 ところが、次の瞬間、夫がその世界に飲み込まれ、光る霧と一緒にこつ然と消えてしまったのです! その後、一人の刑事が興味深い証言をしました。 大震災が起こる何10年も前の1981年、この消えた夫と同姓同名の男性が警察署に駆け込んできたことを記憶していると証言したのです。 その男性はこう言ったそうです。 「一度1960年の世界にタイムスリップした後、再度パラレルワールドに引きこまれ、今度は1981年にタイムスリップしたようだ。 警察はこの事件をイタズラだと処理したため、この男性のその後の行方はわかっていません。 他にも何人もの被災者が、封建時代から1940年代とおぼしき時代までの世界、あるいは時間軸が微妙にズレているパラレルワールド的別世界の光景を垣間見たという報告があったそうです。 大震災による地球の磁場の強力な変容や原発のメルトダウンによって、時空連続体の基本構造に、時空の穴が生じ、パラレルワールドを生じさせたのかもしれません。 5-2.パラレルワールドからタイムトラベルしてきた男 2017年3月、不思議な出来事がニュースに流れました。 北海道函館市のコンビニで偽1万円硬貨を使用した男性が、詐欺の疑いで逮捕されたのです。 この硬貨には、昭和65年と刻印されており、裏面には、日本に存在しない橋のような図柄が描かれていたそうです。 でも、ご存知の通り、私たちの現在の日本には、1万円硬貨など存在しませんし、昭和も64年で終わっていますから、昭和65年も存在しないのです。 そもそも、実際に使用されている硬貨の偽物ならまだしも、偽の1万円硬貨など、使った瞬間に発覚し、逮捕されるような犯罪を行なう人間がいるでしょうか? 捜査当局がこの偽1万円硬貨を鑑定にかけてみると、高価な希少金属が使われており、鋳造技術も大蔵省造幣局と遜色ないレベルなのだそう。 そこで、この男性は、別のパラレルワールドからこちらの世界に迷い込んでしまい、自分が日常的に使用している1万円硬貨を使ったのではないか、と推測されるわけです。 さらには、この事例以外にも、昭和65年発行の1万円硬貨は、2012年に茨城県で発見されたことをはじめとし、報告事例が他にもあるようです。 パラレルワールドをトラベルしている人達がいて、そちら側のパラレルワールドには、昭和65年も1万円硬貨も存在しているのかもしれませんね。 5-3.マンデラ・エフェクト なにかの現象や事柄について、今持っている記憶と、現在の「事実」が異なっている場合があります。 これがマンデラ・エフェクトと呼ばれているものです。 あなたは、ネルソン・マンデラ氏について、どのような記憶をお持ちでしょうか? 現在の記録では、マンデラ氏は大統領になった後2013年に亡くなったことになっている一方で、マンデラ氏が獄中死したという記憶を持つ人たちもいるのです。 このマンデラ・エフェクトは一例に過ぎず、この他にも、俗にいうマンデラ・エフェクトはいくつも存在するわけですが、このように、記憶と現在の記録が異なるのは、その人達がパラレルワールドをジャンプしてきた証しだと言われています。 6.まとめ いかがでしたでしょうか? パラレルワールドは、知れば知るほど、興味がつきない、夢のあるテーマであると共に、まだまだ研究途上にあるテーマです。 これからさらに研究が進み、パラレルワールドの正体や劇的なシフトのメソッドが解明されるといいですね。 その時には、人類は文字通り「タイムトラベラー」になれるのかもしれません。 人気の投稿• 96,356件のビュー• 85,398件のビュー• 81,923件のビュー• 78,289件のビュー• 68,003件のビュー• 44,658件のビュー• 33,695件のビュー• 33,231件のビュー• 33,106件のビュー• 31,048件のビュー• 28,413件のビュー• 28,268件のビュー• 27,239件のビュー• 27,006件のビュー• 26,147件のビュー• 25,374件のビュー• 24,920件のビュー• 24,659件のビュー• 23,914件のビュー• 23,433件のビュー• 20,959件のビュー• 20,955件のビュー• 20,347件のビュー• 18,997件のビュー• 18,484件のビュー• 18,139件のビュー• 18,070件のビュー• 17,658件のビュー• 17,169件のビュー• 16,370件のビュー• 16,175件のビュー• 15,638件のビュー• 15,594件のビュー• 14,922件のビュー• 14,688件のビュー• 14,599件のビュー• 14,517件のビュー• 14,456件のビュー• 14,401件のビュー• 14,081件のビュー• 13,913件のビュー• 13,594件のビュー• 12,947件のビュー• 12,941件のビュー• 12,609件のビュー• 12,509件のビュー• 12,374件のビュー• 11,338件のビュー• 10,622件のビュー• 10,305件のビュー.

次の

物品移動現象が起きる意味。物がパラレルワールドに運ばれる理由。

パラレル ワールド と は 意味

パラレルワールド パラレルワールドとは? パラレルワールドとは、私たちの現行世界と並行して存在すると考えられている「もうひとつの世界」です。 よく勘違いされがちですが、パラレルワールドはいわゆる四次元空間や異世界とは異なり、現行世界と同じ次元に存在する「並行世界」になります。 しかし、その時空は私たちが暮らす世界とは異なっているといわれています。 画像: パラレルワールドは物理学的にはその存在の可能性はあるとされながらも現時点では肯定も否定もできない理論であるとされています。 現行世界に対してもうひとつの可能性を示唆する存在であるため、映画や小説などのSF作品では古くから題材として取り上げられてきました。 しかし、その中には先述した四次元や異世界と混同したものも多く存在しています。 パラレルワールドに行った人の体験談 世界には何らかの理由によりパラレルワールドに入り込んだとものとみられる事例がいくつか報告されています。 ここではパラレルワールドに行った人の体験談をご紹介します。 避難していた被災者の団体が行方不明者の捜索に向かっていたときのことです。 荒れた小道を走っていた車が突然濃い霧のようなものの中に侵入しました。 その中で車に乗っていた全員が揺らめくように光る霧の合間から不思議な光景を目にしたというのです。 画像: それはビクトリア王朝時代のイギリスと江戸時代の日本が混ざり合ったような奇妙な街並みでした。 その街並みは人々で溢れて活気に満ち、まるで車が走っているはずの被災地から突然別世界に迷い込んでしまったように感じたといいます。 数秒の後に霧を抜けるとそこには元通りの被災した地元の光景が広がっていたそうです。 他にも被災地では同様の報告が複数存在しているといいます。 ある夫婦も他の報告者と同じように不思議なパラレルワールドを目撃しました。 しかし、この目撃報告が他と大きく違っていたのは夫が妻の前でパラレルワールドに引き込まれてしまったことです。 妻の話によると男性はほんの一瞬だけ垣間見えたパラレルワールドに引き込まれ、そのまま姿を消してしまったといいます。 画像: この男性の行方に関して非常に興味深い証言が存在します。 東京警視庁に勤務するある刑事が1981年に消えた夫と同姓同名の男が警察署に駆け込んできた記憶があるというのです。 その男は一度は1960年の世界に移動していたが再度パラレルワールドに引き込まれ、気が付くと今度は1981年に移動していたと説明しました。 当時の警察は男性の話をまともに取り合わなかったため、男性のその後の行方はわからないといいます。 ある男性が恋人との待ち合わせをしていましたが、時間を過ぎてもその場に彼女は現れません。 心配していると彼女から電話がかかってきて今どこにいるのかと聞くのです。 男性が待ち合わせしたベンチにいると答えると彼女も同じベンチに座っているといいます。 電話の向こうで彼女が不機嫌になるのがわかりました。 男性が嘘を付いていると思ったからです。 しかし、彼女こそ嘘を付いているのではないかと感じた男性も納得ができず、険悪な雰囲気になってしまいました。 画像: すると彼女がベンチの前を自転車で横切った人の恰好と性別がわかるかと質問しました。 しかし、男性は彼女が見た人物の特徴をピタリと言い当てました。 どうやらお互いに嘘を付いていないと感じた二人は自分たちが見ている光景を写真に撮ってメールで交換しました。 するとそこには時計の針や雲の形までそのままの同じ風景が写っていたのです。 彼らは場所を変えて何とか会おうと試みましたが結局うまくいきませんでした。 一旦お互いの家に帰り、次の日になってやっと二人は顔を合わせることができたといいます。 ある男性が食事を終えて駅に向かっていたときのことです。 飲酒などはしていないにも関わらず、突然激しい吐き気に襲われました。 トイレに駆け込むこともできなかった男性はビルの陰に隠れてそのまま嘔吐してしまいます。 ようやく気分が楽になった男性が周囲を見ると、何やら様子がおかしいことに気が付きました。 画像: 先ほどまで夜だったはずなのにいつの間にか昼になっていたのです。 さらに街の看板は日本語で書かれてはいましたが、字体があきらかに不自然でとても奇妙な街並みだったといいます。 その後、男性は再度吐き気に襲われて嘔吐してしまいます。 するといつの間にか夜に戻っており、街並みもいつもどおりになっていたといいます。 また、時間も最初に吐いてから数分程度しか経過していなかったそうです。 その女性は現行世界よりも3年進んだ世界からやってきたといいます。 ある日、女性は帰宅した夫の様子がおかしいことに気が付きます。 夫は女性が見えていないかのように振る舞い、妻の問いかけにも答えないのです。 さらに夫は女性の実家に電話かけ始め、女性が帰っていないかと尋ね始めました。 うなだれた夫の様子はまるで行方不明になった妻を探しているようだったといいます。 女性は泣きながら夫に抱き付きますが、信じられないことに彼女の体は幽霊のようにすり抜けてしまいました。 画像: 気が付くと女性は知らない家にひとりで倒れていました。 ふと鏡が目に入ると何故かひどく痩せており、少し若返っているような気がします。 女性は外に出て警察署に助けを求め、気が付いたら知らない家に倒れていたと話しました。 しかし、警察の調べでその家は女性が一人暮らしをしている家だということがわかったのです。 また、夫とは結婚しておらず、数年前に恋人として別れていることもわかりました。 現在、女性は実家の母とふたり暮らしをしながら精神科に通っているそうですが、以前の世界では生きていた父はすでに他界しており、妹は生まれてすらないことになっているといいます。 パラレルワールドに行く方法 世間ではパラレルワールドに行く方法として有名なものがいくつか存在しています。 これらは都市伝説として扱われており、オカルトの一部となっています。 しかし、中には実際にパラレルワールドに行ったと証言する人もいるようです。 ここではパラレルワールドに行く方法をご紹介します。 くれぐれも実践は自己責任で。 まずはひとりでエレベーターに乗ります。 そして4階、2階、6階、2階、10階の順番で移動していきます。 10階に着いたら今度は5階に移動します。 すると女性が乗って来ますが、彼女には決して話しかけてはいけません。 画像: 女性がエレベーターに乗り込んだら1階のボタンを押します。 しかし、エレベーターは1階には向かわず10階に向かって上がっていきます。 そして10階でエレベーターを降りるとパラレルワールドに行けるといわれています。 この方法は5階の女性以外に人が乗ってくると成功しないといわれています。 まず5センチメートル四方の紙に大きく六芒星を描きます。 そして六芒星の中に赤い文字で「飽きた」と記入します。 この紙を手に持ったまま眠り、次の日目覚めたときに手の中の紙が無くなっていれば成功です。 画像: 無くなった紙は自身の身代わりとして現行世界に残されており、代わりに自分がパラレルワールドに飛ばされているのだそうです。 また、この方法は現行世界に飽きた人でなければパラレルワールドに行けないとされています。 深夜の2時24分にお風呂場の鏡の前に向かって立ちます。 そして手鏡をお風呂場の鏡に向けて持ち、鏡越しに手鏡の中を覗きます。 するとそこにこの世の者でない何かが写るというのです。 画像: その何者かと目を合わせるとパラレルワールドに行くことができるといわれています。 しかし、この方法はパラレルワールド意外にも何も存在しない「無の世界」に行く可能性があるとされています。 用意するものは戻りたい当時に使用していた物と蜂蜜10cc、牛乳10cc、水30ccを混ぜたドリンクです。 まずはドリンクを枕元に用意して、過去に使用していた物を抱きながら眠ります。 画像: そして、午前3時30分に自然に目を覚まし、枕元のドリンクを飲み干して再度眠りにつきます。 このときに時計や携帯電話のアラームを使って起きてはいけません。 あくまでも自然に目が覚めないといけないといわれています。 そして朝になって目覚めると過去の世界にタイムスリップしているのだそうです。 パラレルワールドとタイムスリップの類似性は昔から指摘されています。 タイムスリップに関しては関連記事にまとめています。 関連記事: パラレルワールドの実在の可能性 パラレルワールドは本当に実在しているのでしょうか?ここではパラレルワールドが存在する可能性を示唆する説をご紹介します。 しかし、最近の研究でビッグバンの前にもうひとつの宇宙が存在していた可能性があることがわかってきました。 また、ビッグバンの起こるための条件がブラックホールの中であれば整うため、私たちの宇宙は他の宇宙のブラックホールの中に存在するのではないかとする説も存在します。 ブラックホールについては関連記事にまとめています。 関連記事: 画像: これが事実であるとすれば私たちの宇宙にあるブラックホールの中にも別の宇宙が存在している可能性があり、この世に無数の宇宙があったとして不思議ではないのです。 これらは量子レベルで干渉しあっているため、何かしらの影響でその境目が不安定になることもあり得るといいます。 世界各地では昔から地球空洞説というものが存在しており、地球の内部にはもうひとつの世界が存在すると考えられてきました。 画像: 南極を撮影した衛星写真には穴のようなものが写ることもあり、これらが地下世界への侵入口なのではないかともいわれています。 同じ地球にパラレルワールドが存在するならば、それらに干渉を受ける人が多いことにも頷けるかも知れません。 現行世界は生きている人間の価値観によって定義付けられているに過ぎず、生きている生命には認識できない次の段階の世界が存在してもおかしくないというのです。 画像: 幽霊や精霊など私たちと住む世界が違うとされる存在は古くから目撃情報があり、科学がこれだけ進歩した現在においても完全に否定されるには至っていません。 死後の世界が何かしらの影響で現行世界に干渉してきたとするのなら、幽霊はパラレルワールドの住人だということになるのです。 出典: 画像: いかがでしたか?私たちが暮らすのとは別のもう一つの世界、パラレルワールドについてご紹介しました。 世界にはまだまだ不思議が溢れています。

次の