スナップ エンドウ 茹でる。 スナップエンドウ(スナックエンドウ)の栄養や食べ方は?さやえんどうとの違いも解説

【気になるむくみに】チェリーとスナップエンドウの白和え(フィガロジャポン)

スナップ エンドウ 茹でる

よくレストランでのサラダには開いておしゃれに出てきますよね。 お家でもレストラン・カフェのようなサラダを再現しちゃいましょう。 スナップえんどうは筋を取っていれば簡単に開くことができますよ。 包丁の先を少し差し込んですき間を作ったら、あとは手で開くことができます。 さやを斜めに切って立てると、お弁当のすき間がきれいに埋まります。 彩りもいいですよね スナップエンドウの調理例 スナップエンドウは何にでも合う野菜ですが、春らしくいくなら新じゃが、茹で卵とごまドレッシングで和えるのもおススメです。 子供も好きな一品ですよ。 小さい子には、小口切りでも豆粒がのぞいてかわいらしく盛り付けできます。 切り口から水分が出るので、お弁当の時は水切りをして入れて下さいね。 水分が多いと食材の傷みが早いので十分水を切っていれるのがコツです。 スナップエンドウを切ってから炒めるといいことが! スナップエンドウを切ってから油で炒めると、さやの中に出汁や味が染みているので、口に入れ噛みしめるとジュワァ〜っとうまみが溢れてきますよ! ガラスープの素などで味付けすると甘みにも相性抜群。 粗びきこしょうをパラパラっとふれば、おつまみ完成です。 パーティーに合いそうですね。 いろんな料理の幅を広げてくれるスナップエンドウ。 スポンサーリンク スナップエンドウのレシピ 作り置き以外 鮮度が命!のスナップエンドウ。 買ってきたらその日にでも食卓に出したいですよね。 レンジでジャガイモが柔らかくなるまで温めます。 目安は箸がスッと入るくらいがベストです。 鍋に、卵が全部つかるほど水を入れ、お好みの硬さに茹でます。 8分だと柔らかめの半熟くらいなので、目安にして茹でる時間を調節してくださいね。 卵を茹でている鍋でもいいのですが、気になる方はフライパンなどにお湯を沸かします。 沸騰手前の熱湯に30秒ほどくぐらせましょう。 サッと茹でたら水分を飛ばすためしばらく置きます。 サッと茹でて下さいね。 大きさはお好みで大丈夫です! カリカリがお好みなら長めに、柔らかい方が好きならベーコンから油が出たところで刻んだニンニク、スナップエンドウを入れ、1分炒めます。 ニンニクが透きとおり、全体が絡んだら完成です。 スナップエンドウづくしの食卓が完成しました。 この通りに作らなくても、1袋を小分けに使うのも、日々の食卓のバリエーションとしていいですね。 油が全体にわたったら、水を50CC入れ蒸し煮します。 水分を飛ばしたいので、蓋はしなくていいですよ! これで、まだ少し生の状態から程よく食感を残しながら火を入れられます。 冷蔵庫で3日ほど日持ちしますよ! 3日を過ぎてしまうと、味や食感が変わってしまうため3日以内がお勧めですが、スープとしてなら頂けます。 なのでこってりしたものや、甘辛い料理とも相性がいいです。 例えば、豚の生姜焼きにスナップエンドウのサッと炒めたものを付け合わせにしたり、スナップエンドウのサラダがあれば、唐揚げなどが合いそうですね。 少し大人向けなら、醤油・酒・みりん・砂糖で甘辛くした肉団子にサッと茹でたスナップエンドウを合わせるとおつまみにもなります。 スナップエンドウなら+濃い味で考えたらいいのであまり迷わなくてすむのも助かりますね。 スナップエンドウの栄養素 実は「絹さや」と「スナップエンドウ」は同じ種類です。 ストレスの多い春先に食べるにはもってこいの野菜ですね。

次の

きりっと色が冴える! スナップエンドウの茹で方

スナップ エンドウ 茹でる

スナップエンドウはさやが柔らかく、ヘタや筋取りをして塩茹ですれば丸ごと美味しく食べることができます。 豆類ですがさやごと食べられるので、ビタミンなどの 栄養も丸ごと食べることができます。 そんな栄養満点なスナップエンドウの下ごしらえの正しい方法を知っていますか?スナップエンドウには硬い筋があり、ヘタや筋取りなどの下ごしらえを丁寧に行わないと口の中に嫌な筋が残り、食感を楽しめません。 スナップエンドウは弾けるような シャキシャキとした食感が美味しさの決め手です。 今回はスナップエンドウの 茹で方、 茹で時間、美味しい 食べ方を紹介します。 春になると出回る緑が鮮やかで栄養満点なスナップエンドウ。 甘くてどんな食べ方でも美味しい、春の味覚スナップエンドウの調理のコツをみていきましょう! スナップエンドウはどんな食べ方でも美味しいのですが、 大切なのは茹で時間です。 茹で時間が短すぎると硬く青臭さが残り、逆に茹で時間が長すぎるとふにゃふにゃで、美味しさのポイントであるシャキシャキとした歯ごたえがなくなってしまいます。 また、さやごと食べることで得られる栄養も逃さないよう茹で時間に注意してください。 スナップエンドウを美味しく食べるには、ちょうど良い茹で時間を知っておくことが大切になってきます。 スナップエンドウをサラダやそのまま塩茹でして食べる場合の 基本の茹で時間を見ていきましょう。 スナップエンドウはヘタや筋を筋取りし、下ごしらえしておきます(下ごしらえの方法は詳しく後述するので省略しておきます。 ) たっぷりのお湯を用意したら塩を入れ、スナップエンドウを茹でます。 基本の茹で時間は スナップエンドウ10本で2分、と覚えておきましょう。 スナップエンドウの茹で時間は 1分から4分と、調理する人によって好みは大きく変わります。 ですが、食感は 2分をすぎるとどんどん悪くなると言われていますので注意してください。 基本的にはこの茹で時間でさっと茹で、シャキシャキ食感を楽しんでください。 スナップエンドウはそのまま塩茹でや、マヨネーズをつけて食べる食べ方も人気ですが、炒め物など一手間加えた食べ方もおすすめです。 スナップエンドウの歯ざわりとさやの甘み、鮮やかな緑色が料理を美味しそうに引き立ててくれます。 炒め物にするときはさらに火を通すので、 茹で時間は基本の茹で時間より短めにしましょう。 そうしないと炒めているうちにどんどん火が入り、食感が失われてしまいます。 また、冷凍するときも茹で時間は短めにして、固めに仕上げましょう。 あまり茹ですぎると水っぽく、べちゃっとして美味しさは半減します。 固めに仕上げる 茹で時間は1分が目安です。 このように食べ方や保存方法によって茹で時間は調整するのが美味しい食べ方のポイントです。 スナップエンドウは豆類ですが、さやごと食べられるので さやの栄養もとることができます。 スナップエンドウは鮮やかな緑色の見た目通り、とても栄養が豊富です。 含まれる栄養素は、 ビタミン、葉酸、カリウム、食物繊維などで、含まれる栄養のバランスがとてもいいのが特徴です。 しかし、スナップエンドウの栄養素であるビタミンなどは熱に弱く、茹ですぎると失われてしまいます。 上手に栄養を摂りたいと思ったら、茹で時間は短めにしましょう。 また、鮮やかな緑色のために水にさらす場合がありますが、これも栄養が流れてしまう原因になります。 ざるにスナップエンドウを間隔をあけて並べ、10分ほど置いておきましょう。 自然に冷めるのを待つ方法を「 陸揚げ」(おかあげ)と言います。 スナップエンドウは陸揚げで冷ましておくと水っぽくならず、栄養も必要以上に流れるのを防げます。 スナップエンドウを美味しく茹でる茹で方はお湯に塩を入れることです。 スナップエンドウを筋取りしている間、たっぷりのお湯を沸かしておきます。 お湯はたっぷりがおすすめです。 スナップエンドウに対してお湯の量が少なすぎると一気に温度が下がり、茹で上がりにムラができることがあります。 それを防ぐためにも、たっぷりのお湯を用意しましょう。 お湯が沸いたら塩を加えます。 たっぷりの塩を入れることで冷めても美味しく、お弁当の彩りやそのままでも美味しく味わえます。 塩を入れることで、スナップエンドウの緑が綺麗な鮮やかな色になる効果もあります。 また、筋取りした時の筋を一緒に茹でるとスナップエンドウの香りがついて、より香り良く仕上がるそうです。 また、スナップエンドウは茹でている時、軽いので浮いてきてしまいます。 もし落し蓋があったら使用することで、ムラなく均一に茹でることができます。 それでは筋の取り方を具体的に見ていきましょう。 筋取りはスナップエンドウを調理する前に必ず行いましょう。 まず ヘタを持ちます。 ヘタを持ったらポキっと折ります。 そうするとヘタに筋がついてきます。 そのままヘタについたまま筋を取ります。 取り方は、 ヘタを持ったまま引っ張るように筋取りをします。 内側にも筋があるので同じように、 ヘタの方から先端に向かって筋を引っ張るように取っていきます。 取り方には逆に、ヘタの反対側から筋取りする取り方もあります。 ヘタとは逆の先が少し曲がっているので、 先端を内側に折ります。 そのまま筋を引っ張るように取り、ヘタまで取ったら、そのままヘタを折って同じように筋取りしていきます。 つまようじを使った筋の取り方もあります。 まず、スナップエンドウの ヘタの付け根につまようじを刺します。 刺したつまようじを 少し持ち上げるようにして、ゆっくり筋に沿って スライドさせていきます。 片方の筋が取れたら、もう片方もつまようじを刺して筋を取っていきます。 最後にヘタを取って下ごしらえ完了です。 手でとる取り方でも、つまようじを使う取り方でもやりやすい方法で筋取りしましょう。 筋取りは手間のかかる下ごしらえですが、美味しく食べるために頑張りましょう。 スナップエンドウはさやが柔らかく、さっと茹でればシャキシャキの食感が残ります。 甘さと食感を活かしてサラダや和え物にしてもとても美味しく食べられます。 サラダはレタスなどと一緒に食べてもいいのですが、スナップエンドウを主役にしても美味しく食べられます。 「エビとゆで卵とスナップエンドウのサラダ」「スナップエンドウとハムのサラダ」など、シャキシャキのスナップエンドウを主役にして楽しんでください。 和え物はいんげんのように「胡麻和え」「白和え」「おかか和え」「ツナマヨ和え」など、どんな和え物でも美味しく食べられます。 サラダや和え物にするときは先ほど説明した通り、しっかり水気を切って水っぽくならないようにしましょう。

次の

スナップえんどう、茹でるコツと茹で時間! 下ごしらえの基本も紹介

スナップ エンドウ 茹でる

スナップエンドウを茹でる前の下処理 スイスイできる下処理 春野菜のひとつ、スナップエンドウ。 少し歯ごたえを残して茹でるのが美味しく、ハリのあるさやの中から、はじけるように甘い香りがして…春の訪れを感じます。 さて、スナップエンドウの茹でる前の下処理は、キヌサヤや、サヤエンドウよりも筋が太いので、丁寧に行いましょう。 残っていると食べた時に硬い筋の食感が邪魔をします。 スナップエンドウは両側の筋を取る必要があります。 サッと水洗いした後、しっかり取り除いてください。 ———先端からスタートして、先端に戻る…くるっとさやを一周して筋をとる• スナップエンドウを先端が尖っている方を左手に持ちます。 尖っている先端をぽきっと折ってヘタに向かって、すーっと硬い筋を取ります。 そのままヘタをぽきっとカーブしている筋側に折り、カーブにそって、反対側の筋を取ります。 この方向で筋を取ると途中で切れることが少ないです。 もし途中で切れたり、ヘタや筋が硬くて取れにくいときは爪をたてるか、ナイフで切り込みをいれてください。 スナップエンドウのゆで方 お湯をわかす 鍋に1〜1. 5Lほど、沸騰した湯に、塩を小さじ1. 5杯ほど入れます。 茹で上がったときに、スナップエンドウにほんのりと塩味がついていると野菜の甘みが引き立ちます。 スナップエンドウを鍋に入れる 丁寧に筋を取ったスナップエンドウを沸騰したお湯が入った鍋に入れます。 スナップエンドウのゆで時間 食べる用途に合わせて、時間を計ってください。 鮮やかな緑がふわっと立ち上がった頃がだいたい1分〜1分半です。 そのまま食べる時:1分半• 柔らかめが好みなら:2分• 茹でた後、料理に使うとき:1分 冷やす ざるに上げて、サーッと流水をかけます。 その後、3分程冷水につけさまします。 ざるに上げてすぐに冷水にいれると冷水がぬるくなってしまうので、流水であらかた熱を取ります。 冷水につけると色が鮮やかになります。 これを「色止め」といいます。 茹で上がりは冷水につけるがよし! 茹でたあと、そのままざるにあげて冷ますことを「陸上げ(おかあげ)」または「生上げ(きあげ)」といいます。 水で冷ますことで、水っぽくなることを嫌う場合にこの方法を使います。 確かに、「陸上げ」したものの方が味が少し濃く感じました。 ただスナップエンドウのシャキシャキッとした食感、鮮やかな色は冷水につけた方が美味しく仕上がります。 スナップエンドウはかつてはスナックエンドウとよばれていたこともありました。 スナック…そう!スナック感覚でポリポリと!花見弁当に添えてもよし。 春味を楽しんでください。

次の