白い 巨塔 20 話。 白い巨塔 2004年3月11日(木)放送 #20 最後の審判

岡田准一「白い巨塔」高視聴率も…残念コメントが相次ぐ→演技が酷かったよ。

白い 巨塔 20 話

あらすじ 日本でも何度もドラマ化された山崎豊子著 小説「白い巨塔」の韓国版リメイク。 最高の腕を持ち、患者の気持ちよりも自らの野心を満たそうとする外科医のチャン(キム・ミョンミン)とその友人で良心を持つ内科医チェ(イ・ソンギュン)を中心に、韓国の医学界を背景にした病院の裏側や医療訴訟を描く。 日本版であらすじをほとんど知っていても楽しめた。 見ている側も愛憎入り乱れた心情でチャンの生き様から目が離せない。 リメイクの枠を超えて素晴らしいドラマ。 主人公の配役は唐沢寿明&江口洋介バージョンになんとなく似せている。 原作に忠実なので話の内容はほぼわかっていたが、本当に良かった。 最高の演技力をもつ俳優陣たちによって完璧な仕上がりとなっていた。 3話くらいまではあまりはまり込まず楽に見ていたのだが、7話くらいからは止められないほどいっきにのめり込んだ。 科長選挙ではチャン先生を応援していたが、裁判編ではあまりの憎らしさに早く死んでしまえと思う。 けれどやっぱり最後は・・・。 壮絶な演技はまさに本物のよう、脚本家にまんまと感情ををコントロールされてしまうのを感じる。 原作に忠実ではありながら、オリジナルなテイストももりだくさん。 リメイク版だからこそ、純粋に韓国ドラマの演出と縁起のクオリティがわかる逸品。 ぜひ見てほしいと思う。 Filed Under: , , 関連タグ:.

次の

白い巨塔 | コミックバンチweb

白い 巨塔 20 話

ドラマ「白い巨塔」2003年の無料動画リンク(全21話) 第一話 再読 白い巨塔 第二話 贈り物 白い巨塔 第三話 土下座 白い巨塔 第四話 落選 白い巨塔 第五話 祝宴 白い巨塔 第六話 父の姿 白い巨塔 第七話 毛嫌い 白い巨塔 第八話 決戦 白い巨塔 第九話 正念場 白い巨塔 第十話 無情 一部最終回 白い巨塔 第十一話 天国と地獄 二部 白い巨塔 第十ニ話 捨て身 白い巨塔 第十三話 カルテ改ざん 白い巨塔 第十四話 母の涙 白い巨塔 第十五話 判決 白い巨塔 第十六話 妻たち 白い巨塔 第十七話 一年後 白い巨塔 第十八話 師動く 白い巨塔 第十九話 嘘だ!真実の叫び 白い巨塔 第二十話 最後の審判 白い巨塔 第二十一話 財す前死 白い巨塔 ドラマ「白い巨塔」2003年の主な出演者 財前五郎 演: 野望に燃える天才外科医。 里見脩二 演: 財前と同期の医師。 東貞蔵 演: 財前の恩師。 財前と仲違いし敵に回る。 鵜飼良一 演: 金と権力欲しさに悪に染まっていく。 財前杏子 演: 財前五郎の妻。 財前又一 演: 財前マタニティクリニック院長。 娘婿の財前五郎を有名大学の教授に据えることで医学界の権力を得ようと画策する。 花森ケイ子 演: クラブ「アラジン」のママで、財前の愛人。 ドラマ「白い巨塔」2019年の無料動画リンク(全5話) 第一話 金か権力か!? 天才外科医の闘い 白い巨塔 第二話 命と権力が乱れる教授戦! 外科医の頂点へ 白い巨塔 第三話 天国から地獄!? 財前疑惑のオペ 母子の涙 白い巨塔 第四話 夫は財前医師に殺された! 遺族VS大学病院!! を専門としている。 天才的なオペの名手であり、ゆえに実力主義で自信家である。 浪速大学医学部第一外科 教授を目指している。 里見脩二 演: 浪速大学医学部第一内科 准教授。 財前の同期。 財前とは対照的に出世欲はなく融通がきかない一方、研究と患者の立場を第一に考えた診察を旨とする。 陰謀の的になり関西がんセンター先端医療研究所に転勤する。 花森ケイ子 演: 財前五郎の愛人。 バー「ラディゲ」ホステス。 財前に正論を助言する。 東貞蔵 演: 浪速大学医学部第一外科 教授。 財前の横暴ぶりに財前の敵となる、教授線を機になにわ大学病院を去り近畿労災病院 院長となる。 鵜飼裕次 演: 部長、第一内科 教授、第一内科 部長。 財前又一 演: 財前五郎の義父。 財前産婦人科 院長、大阪中央医師会副会長。 財前杏子 演: 財前五郎の妻。 財前又一の娘。 黒川キヌ 演: 財前五郎の母。 岡山で農家を営んでいる。

次の

岡田准一「白い巨塔」高視聴率も…残念コメントが相次ぐ→演技が酷かったよ。

白い 巨塔 20 話

あらすじ 日本でも何度もドラマ化された山崎豊子著 小説「白い巨塔」の韓国版リメイク。 最高の腕を持ち、患者の気持ちよりも自らの野心を満たそうとする外科医のチャン(キム・ミョンミン)とその友人で良心を持つ内科医チェ(イ・ソンギュン)を中心に、韓国の医学界を背景にした病院の裏側や医療訴訟を描く。 日本版であらすじをほとんど知っていても楽しめた。 見ている側も愛憎入り乱れた心情でチャンの生き様から目が離せない。 リメイクの枠を超えて素晴らしいドラマ。 主人公の配役は唐沢寿明&江口洋介バージョンになんとなく似せている。 原作に忠実なので話の内容はほぼわかっていたが、本当に良かった。 最高の演技力をもつ俳優陣たちによって完璧な仕上がりとなっていた。 3話くらいまではあまりはまり込まず楽に見ていたのだが、7話くらいからは止められないほどいっきにのめり込んだ。 科長選挙ではチャン先生を応援していたが、裁判編ではあまりの憎らしさに早く死んでしまえと思う。 けれどやっぱり最後は・・・。 壮絶な演技はまさに本物のよう、脚本家にまんまと感情ををコントロールされてしまうのを感じる。 原作に忠実ではありながら、オリジナルなテイストももりだくさん。 リメイク版だからこそ、純粋に韓国ドラマの演出と縁起のクオリティがわかる逸品。 ぜひ見てほしいと思う。 Filed Under: , , 関連タグ:.

次の