警察 官 挑発 動画。 【「警察には肖像権がない」は誤り!?】警察を煽る動画の問題点についても解説しました!

【「警察には肖像権がない」は誤り!?】警察を煽る動画の問題点についても解説しました!

警察 官 挑発 動画

警察官やパトカーの前などで、挑発的なダンスや言動を繰り返す模様を撮影。 それを動画投稿アプリ「TikTok」などで公開する行為が、全国的に広まっている。 しかも、アクセス数を増やすためなのか、内容はどんどん過激化。 ワイドショーなどでも、これらの問題を連日のように取り上げている。 そんな挑発的な動画を、なんと芸能人も公開していた。 アイドルグループ「Hipps(ヒップス)」などで活躍した、グラビアアイドルの山内えりかだ。 「山内といえば、現在は林家三平の妻として有名な国分佐智子らと共に、97年に『ベイキャニオンズ』として活動。 その後、98年には当時の人気番組『THE夜もヒッパレ』(日本テレビ系)に出演していたダンサー4人で結成された『Hipps』に参加しました。 写真集なども発売するなど、当時は人気グラドルのひとりでした」(スポーツ紙記者) 今年6月に発売されたイメージDVD。 アイドル時代を彷彿とさせる見事なプロポーションだ 19年6月にはイメージDVDを発売するなど、現在も現役グラビアである彼女。 YouTubeに《山内えりかのドライビングテクニック》と題し、複数の動画を公開。 シリーズ化されているようで、現在はPART16まで作られている。 「動画は主に山内がひとりで運転するところを自撮りしている動画なのですが、明らかに運転中にスマホを使用しています。 しかも、シートベルトはしないで運転している動画もありましたし、警察官に詰め寄っているシーンもありましたね」(前出・スポーツ紙記者) 彼女が公開している動画を見ると、走行中に運転しながらスマホを片手に自撮りしている様子が、サイドミラーに映り込んでいるのが確認できた。 また、トランプ大統領来日のため道路が封鎖されていることに怒っているのか、交通整理の警察官に対し、 「詐欺師とか暴力団とか捕まえてくれないのに、こういうことだけはうるさいんだね!」 と詰め寄るシーンも自撮りされている。 しかも、YouTubeの動画紹介欄には、 《元ベイキャニオンズ、元Hippsで有名な(笑)山内えりかです! 私の超絶ドライビングテクニックを公開しちゃいます。 警察なんか怖くない! 逮捕できるもんならしてみなさいよ(笑)》 と、かなり挑発的な言葉が並んでいる。 「警察なんか怖くない!」など挑発的な言葉が並ぶが、本人は画像を公開したことも、メッセージを書いたことも否定した(YouTubeより) 運転中に携帯電話やスマホなどを使って自撮りし、公開することはいったいどんな罪に問われるのか。 交通違反に詳しい『弁護士法人・響』の坂口香澄弁護士はこう解説する。 また、事故など交通の危険を生じさせなかった場合であっても、反則金として普通車で6,000円の支払いが命じられます(反則金を拒否した場合、刑事罰に移行し、5万円以下の罰金の対象となります)。 なお、スマートフォンの操作による重大事故の増加を受けて、罰則を強化する道路交通法改正が行われ、19年12月の施行が予定されています。 また、このような違反行為をYouTubeなどのSNSで公開すること自体が罪には問われることはありません。 FacebookとかLINEでライブ配信しているものを、誰かが公開しているんです。 なので、YouTubeは見たことないんです。 ただ、動画自体は私が撮ったもので間違いないです。 仕事の移動中とかに、配信していたんですね。 ただ、それは残さずに1回1回、消しているんですよね。 仕事の宣伝になればいいかなと思ってFacebookとかやっているんですけど、YouTubeもやりたいなと思っていたんですけど、やり方が分からなくて。 なので、そこに書いてある《警察なんか怖くない!》なんて言葉は、私が書いた言葉ではないです」 とYouTubeでの公開は否定する。 「動画は盗撮されたもの」「知らない」などと話し、一方的に電話を切られてしまった。 過去には松本伊代と早見優が線路内に立ち入った写真をブログに上げ、書類送検されたこともある。 影響力のある芸能人が、軽々しく「危険運転」動画を公開するというのは、なんともお粗末すぎやしないか。

次の

【警察官挑発動画】警察おちょくり動画(tiktok)で未成年の少年逮捕・補導や刑事罰・罰金は?【ビビッド,めざましテレビ】

警察 官 挑発 動画

ニュースを見ていたら「 警察挑発動画」が話題になっていた。 2010年頃はコンビニの冷蔵庫に入ったり、吉野家の牛肉を粗末に扱う様子をツイッターに上げた若者が炎上し、彼らは 「バカッター」 と呼ばれていた。 2019年のバカッターは舞台をTikTokに移し、今度は「警察を挑発する」という謎の行動を繰り返しているらしい。 警察車両を挑発するティックトッカー ニュースによると、警視庁の前でダンスしたり、警察車両の前でダンスしたり、コンビニにいる警察の前でダンスしたり、とにかく警察を見つけたら目の前でダンスすることを生業としているようだ。 ニュースではたびたび、 「なぜ彼らは警察を挑発するのか」 と考察していたが、腑に落ちない回答ばかりだったので僕も彼らの動機を考えてみる。 権威をおちょくることで相対的に自分の立ち位置を上げる 警察を挑発する若者を見て、僕は自分の過去を思い出した。 DQNの巣窟・田舎の公立中学校にいた「教師を挑発するなんちゃってヤンキー」である。 何を隠そう僕だ。 学校のヤンキーヒエラルキーでは下層。 真面目で優しい生徒に偉そうにして、自分より強いヤンキーにはひれ伏す、人間の醜さを凝縮したような中学生であった。 愚かな中学生は、教師に反抗する。 授業中に教師に口答えし、授業を聞かず、教室から出ていく。 これは全てパフォーマンスだ。 心の中では「教師が自分をボコボコにすることはない」と安心していた。 だからこそ、本当にヤバい体育教師を挑発するような真似はしなかった。 「教師に反抗する」パフォーマンスの先に求めたのは、 仲間内でのヒエラルキーの向上である。 教師に反抗する目的 教師という「権威の象徴」に屈しない姿勢を見せて目立つことで、仲間に認められ、ヒエラルキーの上に行こうとしたのだ。 遠回しな承認欲求とも言える。 教師に反抗する中学生は、仲間内の、自分より強い生徒には逆らわない。 逆らうと自分の立場が危うくなることを知っているからだ。 警察を挑発する若者も同じようなものだろう。 自分たちのヒエラルキーの外にある「反撃してこない権威」を攻撃し、仲間に認められ、自分の立ち位置を向上させようとしていたのだ。 全ては目立つため、そしてモテるため ヒエラルキーの向上以外にも権威をおちょくる効果はある。 「警察」という国家権力を相手にして挑発すれば、目立つことができるのだ。 目立つって... 何を当たり前のことを言っているのだ... と笑われるかもしれないが、中高生にとって「目立つこと」はとても重要な問題だ。 目立って、注目されて、話題にされたい。 みんなに自分のことを知ってほしい。 なぜ? 目立ったほうが、モテる気がするから。 「モテる」なんて低俗な欲求に突き動かされるなんて馬鹿なの?と大人は考えてしまいがちだが、中高生男子の「モテたい欲求」の強さを侮ってはいけない。 大人はもう忘れてるかもしれないが、思春期は四六時中女のことばかり考えていた男がほとんどのはずだ。 悪目立ちして注目を集めるのは、 彼らにとっての繁殖戦略なのだ。 元々イケメンで、周りからチヤホヤされている青年であれば、わざわざ警察を挑発しない。 そんな無駄なリスクを背負わなくても、欲しいものはもう持ってる。 目立つグループ内にいるがブサイクで、特にモテることもなく悶々としている青年は、起死回生の手段として国家権力に喧嘩を売る。 周りの奴らよりも目立つために。 注目を集めるために。 そして全てはモテるために。 彼らにしてみれば、学校で何か成果を残してみんなにチヤホヤされるよりも、時間をかけて修行して強くなるよりも、国家権力を挑発した方が手っ取り早く目立てるのだ。 周りの生徒も馬鹿ではないので、警察を挑発する行為の薄っぺらさは見抜いている。 見抜いていながら、アホをおだて、乗せて、挑発を止めないのは罪深い。 「モテたい」に漂うチープな香り なぜ若い男が警察を挑発するのか色々と考察してきたが、• 目立つ• 承認欲求を満たす• ヒエラルキーの向上を目指す などの動機は「モテたい」=「女を手に入れたい」という欲求につながっていると考えた。 ここで「モテるため」と書いた瞬間、なんだか力が抜けるくらい主張がお粗末になった気がした。 「全てはモテるため」 なんてチープな響きなのだろう。 「お前のそれ、モテるためだろう?」なんて言った瞬間、安っぽい知ったかぶり博士感が出てしまう。 しかしだ。 「モテるため」というのは、実は男の様々な行動の隠された動機になっている。 良い服を着たり、金持ちに見せたり、いい車に乗ったり、SNSで成功してそうに見せたりするのは、みんな絶対に言わないけど、女の子に「すごい!」とチヤホヤされたいみたいな、下卑た動機がある。 我々は自らが望まなくても、「モテたい」と切に願ってきた先祖の血を引いているのだ。 この「モテたい」モチベーションが暴走すると頭のおかしいバカッターを生み出してしまう。 我々は「モテたい欲求」を昇華し、世のため人のために何かを生み出すモチベーションにつなげるべきだ。 「モテたい」から目をそらすでもなく、馬鹿にするでもなく、人を幸せにするためのエネルギーに変えよう。 もしも両津勘吉が挑発されたら テレビによると、警察内では「ティックトッカーの挑発に乗るな」という司令が徹底されているそうだ。 目の前で 「カモンベイビーアメリカ!」 などと踊られ、挑発された警察の中には、殴りたくなった人もいることだろう。 僕ならこっそり殴ってしまうかもしれない。 動画を撮られているのだから、殴ったら全世界に「暴力警官」として拡散されてしまう。 挑発された警官達はプルプルと拳を握りながら、怒りを抑えていたのだろうか。 ジャンプの名作に『こち亀』という漫画がある。 『こち亀』主人公の両津勘吉は破天荒な警察官だった。 テレビで挑発される警察を見たとき、僕は両津のことを思い出した。 「もし両津が挑発されたらどうしただろう?」 考えるまでもない。 発砲していたはずだ。 しかし残念ながら、現実世界では誰も両津にはなれない。 発砲してしまうと始末書では済まないし、アホを殴ると世界中に動画が拡散されてしまう。 せめて一緒にダンスして、「ダンス対決で小僧を倒す」みたいな復習ができればいいのだが、勤務中にダンスバトルするわけにもいかないだろう。 警察官の皆様は、どうか挑発に乗らず、敵を拳で打ちのめすのでもなく、法に則り法を用いて敵を倒してほしい。 どうしてもイライラしたときは、こち亀を読んで深呼吸しよう。 こち亀は本当に良い漫画ですよ。 hideyoshi1537.

次の

【炎上】警察挑発動画が多数見つかりネット上で波紋…犯人特定も!逮捕はされないの?

警察 官 挑発 動画

警察官をターゲットにした挑発動画がSNS上に相次ぎ、その悪質さが物議を醸している。 警察官の目の前、パトカーや警察署の前で腕や腰を振りまくって踊り狂う若者たちの動画が、動画投稿アプリ「TikTok」などに次々と投稿されているのだ。 警備中の警察官を後ろから殴る真似をするものまである。 目に余るものばかりだが、バカにされても警察官はじっと耐えている。 警備中の警察官を後ろから殴る真似をするものまで なぜ、こんなバカげた動画が急増しているのか。 若者文化評論家の原田曜平さんはこう説明する。 「『いいね』や拡散が少なかったら、本人たちとしてもやっている手ごたえが少ない。 トレンドに乗っかったうえで過去以上のことをやっているうちにどんどん過激になっていっている」 問題の若者たちにとって、権威の象徴である警察官をターゲットにすることはハードルが高く、面白いというのだ。 「チキンレースや肝試しという要素はあると思います」と原田さん。 イマドキの度胸試しというわけだ。 しかし、警察官を狙った悪質動画で実際に逮捕者が出たケースもある。 2017年には、警察官の目の前で小分けにしたグラニュー糖をわざと落として逃走した「覚せい剤ドッキリ」動画が投稿されたが、仕掛けた男は偽計業務妨害の疑いで逮捕された。 「ただ踊っているだけ」の若者たちも今後、偽計業務妨害の罪に問われる可能性がある。 さらに、車道で踊ったり騒いだりした場合は「道路交通法違反」、警察車両をふさげば「威力業務妨害」もありえる。 しかしなぜか、動画の警察官たちはじっと耐えていた。 動画を撮られているので、下手に動けないと思っているのだろうか?スタジオでは「黙っている必要ない」「注意くらいすべき」「優しすぎる」と疑問の声が相次いだ。 米国のおふざけダンス男は放り投げられてオシマイ これが、アメリカだと全く対応が違う。 ニューヨークの路上で、日本の挑発動画と同じように警察官の横で踊り出した男性。 「どうした?」「ふざけているのか、お前。 何がやりたいんだ」と警察官から阻止されるも、「躍っているだけだよ」と徹底して挑発し続ける。 しかし、「クソ野郎」と、屈強な警官になすすべなく投げ出されて道路に倒れ込むと、背中を丸めてすごすごと去っていった。 アメリカでは危険人物の可能性があると判断されたらすぐに取り押さえられてしまうのだ。 千原ジュニア(お笑いタレント)「これは、まともな対応だと思います。 警察官じゃなくても目の前であれやられたら、『お前なんや』ってなる。 ましては仕事中なわけですから」 堀尾正明(フリーアナウンサー)「あまりにも悪ふざけの映像が溢れすぎている。 バイトがふざけて投稿した動画でお店の経営が悪化してつぶれちゃったり...。 民法上でSNSの新しい法体系みたいのを作る時代なのかも知れません」 外部サイト.

次の