メダカの卵 カビ。 メダカの卵にカビが生えたようなのが増えてしまって・・

メダカの卵が白く変色する原因は水カビと無精卵!?白化する主な要因と対策・対処方法について

メダカの卵 カビ

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク メダカの「繁殖の悩み」として、卵に水カビが生えてしまう・・・と、いうものがあります。 水カビは、他の正常な卵に移ってしまうので、水カビを放置してしまうと卵が全滅なんてことも珍しくありません。 そんな水カビ対策として、メチレンブルーといった魚病薬を使った方法や、カルキを抜かない水道水を使用するといった方法などがありますが、ここで紹介するカビ対策は「生体」を使った方法です。 その生体というのが「エビ」なのですが、、、 ミナミヌマエビといえば、コケ掃除として水槽に導入されることが多い存在で有名ですが、実はこのエビ、、、メダカの卵の水カビの除去にも一役買う存在として知られているんですね。 以下では、なぜミナミヌマエビがメダカの卵に付着したカビだけを食べてくれるのかをご説明しますね! 目次• ミナミヌマエビとメダカの相性が抜群!? まず、ミナミヌマエビがどんなエビかをちょっぴりご説明しますね! アクアリウムで、水槽のコケ掃除をするエビといえば、間違いなく「ヤマトヌマエビ」と「ミナミヌマエビ」の2つの名前が真っ先にあがるでしょう。 それほど古くから親しまれてきたエビなんですね。 ちなみに、ヤマトヌマエビは体長が5cm~6cmと大きいのに対し、ミナミヌマエビは3cmほどと、ヤマトの半分ほどの大きさまでしか成長しません。 故に、小型の魚との混泳に適したエビなんですね。 ミナミヌマエビがメダカを食べる心配はないか!? 結論から言いますと、ミナミヌマエビが元気に泳ぎ回っているメダカを捕食してしまうことは、まずあり得ません。 逆に、体長さがありすぎるとメダカがミナミヌマエビを捕食してしまうリスクがあります。 生まれたばかりの稚エビなんかがそうですね! 口に入らないサイズであれば全く問題はありませんが、稚エビは格好の餌食になってしまう恐れがあるので、ミナミヌマエビを繁殖させる場合は、隠れ家を多く作ってあげる必要があります。 スポンサーリンク ミナミヌマエビがメダカの卵の水カビを食べる真相はいかに!? ミナミヌマエビが、メダカの卵に付着する水カビを綺麗に食べてくれる。。。 卵は食べないで、水カビだけを食べてくれるなんて、そんな都合のいいことがあるのかって疑問に思いますよね。 ただ、これは効果が実証されていることなのですが、以下のことが考えられます。 メダカの卵って、有精卵はかなり弾力性があって丈夫なんですね。 卵を回収する時に、指で掴んでも、そう簡単に潰れてしまうようなことが無いくらい丈夫なんです。 (あんなに小さいのに凄いですよね!) ミナミヌマエビは、とても小さいエビなので、卵に付着した水カビは食べられても弾力性があって丈夫な卵を食べることは出来ないのでしょう。 つまり、ミナミヌマエビの小さな口(歯)では、メダカの卵の殻を破ることが出来ないということですね。 ちなみに、ヤマトヌマエビでは普通に卵を食べてしまうようですので、体長の小さなミナミヌマエビじゃなきゃダメ見たいですね! ただ、エビからしてみると卵は「餌」に過ぎないので、もしかしたら成熟した大きな個体では、ミナミヌマエビであっても卵を捕食してしまうことがあるかもしれません。 とはいえ、水カビ対策としては有効であることは間違いないので、水カビが付着して悩んでいる方は試してみる価値は大きいですよ! それに、メダカの繁殖水槽に常に混泳できる存在でもあるので、卵のカビ取りの他に、コケ・食べ残し掃除など、いろいろと活躍してくれますよ。 そういえば、ミナミヌマエビといえば、他にも似たような種がいます。 例えば、スジエビなんかは、日本の川にも普通に生息しているエビで、ミナミヌマエビと同じくらいの大きさなので、これを混泳させてもいいんじゃない?、、、って思うかもしれません。 が、ミナミヌマエビ以外のエビ類は、獰猛な種が多く、そもそも混泳には向いていないことがあります。 なので、効果が実証されているミナミヌマエビに限った方がいいでしょう。 メダカとミナミヌマエビは屋外でも混泳可能 上で、メダカとミナミヌマエビは相性がいいと書きましたが、これは大きさが似ているため混泳させやすいというだけじゃなく、「飼育条件」もほぼほぼ同じで飼うことが出来るからです。 ミナミヌマエビもメダカも、日本の川に生息している生き物なので、基本的には熱帯魚のようにヒーターを使わなくても飼育することが可能なんですね。 メダカは屋外でビオトープを設置して飼育する方が多いですが、そのビオトープに混泳させる生体としてもミナミヌマエビは最適と言えるんです。 他にも、メダカと相性の良い生体は下記リンクにまとめていますので、いろんな生体と混泳させたいとお考えの方は、ぜひ一度ご覧になってくださいね! 他のメダカの卵に付着する水カビ対策については、以下の記事をご覧ください! カテゴリー•

次の

メダカの卵がカビてるか孵化しそうか水草の汚れなのかわからないですが、見...

メダカの卵 カビ

2017-04-07 21:51 日本の何処に住んでいるかの地域差が出ますから、里山の住んでいる愛知をベースに話を進めます。 産卵し始める4月というのは、実は孵化させ辛い時期です。 慣れた人なら良いのですが、初心者の場合はダメにしてしまうことが多いかと思います。 6 となっています。 水温はヒーターを使用していない限り、気温(室温)と同じになろうとします。 卵の正常孵化に必要な最低ラインです。 最高気温もそこまで高くなく、孵化までに要する時間は必然と長くなってしまいます。 この間、発育不良でダメになってしまう卵もいくつか出て来ることでしょう。 また親メダカも抱卵したりしなかったりで、産卵自体が安定していません。 GWからが狙い目 里山がイチオシの時期は5月です。 4月と比べ日照時間が長いのはもちろん、気温の温かさを実感出来る時でもあります。 5 4月と比べてどうですか?卵を孵化させるにはちょうど良い気温になっていると思いませんか? 気温だけで見れば6月の方が温かいのですが、その頃は梅雨時。 カラッと晴れている日が減り(=雨空で外が暗い)、ジメジメとした嫌な日が長く続きます。 それが過ぎ7月、8月が来ると、逆に温度が高過ぎることで水温の管理が必要になって来ます。 高水温は孵化が難しいだけでなく、孵化しても奇形が多いなど良い影響がありません。 水温の管理はしたくない、ほったらかしで孵化させたいというのなら、気温と相談してみて下さい。 産卵シーズン内でベストな月があるはずです。 ただし晩夏を過ぎると採卵のチャンス自体がなくなります。 そのことだけは忘れずに。 卵の管理をどうするか 卵の管理は水道水でOKです。 蛇口から出て来る水が冷た過ぎる時は、汲み置いて温かくなるのを待ちます。 (軽く湯煎しても良いです。 ) 雑菌の繁殖を防ぐために、2~3日置きに水を交換します。 ) ツヤツヤした光沢のある有精卵と違い、無精卵には次第にカビが生え始めます。 見つけたら即取り出し、他の卵がカビに侵されないよう注意します。 付着糸を取って卵をバラバラにしておくと後々の管理がし易いというのは、こういう時のためです。 卵が複数絡んでいると処理し難いのですが、バラバラならカビの生えたものだけを簡単に取り出すことが出来ます。 里山はお掃除にスポイドを使用しています。 ホームセンターの文具売り場(習字道具のところ)で安く買ったもので、吸い込み口の大きさが卵より一回り大きく先が詰まることもありません。 便利です。 卵の中に姿が見える こまめに水を換え、ダメになった卵を処分しと、ちまちま世話をしていると、次第に卵の中に稚魚の姿が見え始めます。 こうなってきたら今までよりも少し丁寧に水の管理をしましょう。 優しくゆっくり水を注ぐようにするとか、汲み置いてカルキを飛ばした水を使うとか、その程度です。 難しくありません。 その内、卵の中に小さな目が見え始めるはずです。 くるんと卵膜の中で寝返り(?)をうつ姿を確認出来るようにもなります。 孵化まであと僅かです。 メチレンブルーを使う? メチレンブルーという観賞魚用の薬品があります。 この溶液に卵を浸すと有精卵の判別が簡単に出来る上、雑菌もわかないのだとか。 基本、里山は薬を使用しません。 なのでこの件に関しては何もお伝え出来ません。 やってはいけない 採卵日のあまりにも違い過ぎる卵を、一括で管理するのは止めた方が良いです。 例えば、1週間前に採卵した卵の水槽に、1週間後に採卵した卵を入れたとします。 この場合、前者と後者では孵化する日がかなりズレます。 2~3日前後のズレなら良いのですが1週間以上ズレ込むとなると、最初に生まれた稚魚の給餌が始まってしまいます。 つまり、エサで汚れた水の中で卵を管理することとなります。 与えるエサによっては卵が死んでしまいます。 写真はエサで汚れた水槽です。 実はコレ、ミジンコ用のエサの残骸なんです。 「ミジンコ以外にも稚魚にも与えられます」とのことだったので、与えてみたらこんなことになりました。 別に大量のエサをぶちまけたわけじゃないですよ? 茶色い沈殿物が目立つので、数日で稚魚用のエサに変えたんですが、時既に遅しでした。 初めて使用したエサとはいえ、こんなことになるとは……。 稚魚たちは至って元気なのですが、このエサの残骸のせいでダメになってしまった卵がいくつかあります。 また、卵膜についた汚れのせいで、きちんと殻を破れずにもがいていた子もいました。 採卵した日によって水槽は分けておきましょう。 親メダカも毎日卵を産んでいますし、朝から元気に泳いでいます。 「エサちょうだい!」とおねだりも忘れません。 4月の卵より5月の卵の方が初心者には育て易いと思います。 卵が沢山採れる上に、ほぼ放置で孵化しますから。 5月生まれなら3ヵ月後(=夏)に卵を抱える可能性も大です。 うまくいけば早々と2世を見ることが出来ます。 この時期にワクワクしない飼い主がいるんだろうか?毎日が楽しみで仕方ありません。 また明日続きを書きます。

次の

メダカの産卵方法と注意点。稚魚を上手に育てる方法も

メダカの卵 カビ

メダカの卵を見つけ次第取る理由 メダカが産卵を行うとメスのお腹に卵をぶら下げたままの状態でいることをよく見かけます。 メスはその後、水草の陰などに卵を産み付けますが、卵はそのまま放置するよりも人為的に取り、隔離して育てたほうが生存率が飛躍的に高まります。 その理由の一つは卵が食べられてしまうことを防ぐことができるからです。 メダカは卵を餌として認識してしまうようで、見つけ次第食べてしまいます。 それは親のメダカであっても同じことで、自分で産んだ卵でさえ食べてしまうのです。 よって水槽のような閉鎖的空間でメダカを繁殖させる場合には、いかに親のメダカたちから卵を守るかが繁殖を成功させる鍵にもなります。 他にも水カビから卵を守るという点においてもメリットがあります。 メダカが卵をどこかに産み付けた後の取り方はわかったけれど・・・うちのメダカはなかなか卵を産み付けない。 そんなこともよくある話です。 水草などに産み付けずにメスがお腹に抱えている姿を見つけたらどのように取ればいいのでしょうか。 そのような場合でも、取り方がわからないからと言ってそのままにしておくと他のメダカに卵を食べられてしまうこともありますので、すぐに取ってあげましょう。 綿棒やハケを使った卵の簡単な取り方 卵を抱えているメダカを見つけたらまずはネットで優しく掬いあげます。 浅い容器に水槽の水を汲み取り、そこにネットごと入れ、扱いやすいようにします。 メスのお腹から卵にかけてハケや綿棒などを使い、削ぎ取るように優しく擦ると思っている以上に簡単にお腹から卵は取れるはずです。 その温度差がメダカにとっては負担となってしまいますのでメダカに手で触ることは出来るだけ避けるようにします。 お腹から取れた卵は卵糸と呼ばれるベトベトした糸のようなもので繋がっていますので、その卵糸からもピンセットなどを使い外すようにします。 卵糸は卵が水草や流木などにくっつきやすいように卵の周りにまとわりついているものですが、そのままつけておくと水カビなどが生えやすくなりますので取り除くようにします。 卵は生まれた状態では卵糸によって纏められていますが、まとまったまま育てると育成途中に一つでも卵がカビに侵されてしまったときなどに感染のリスクが高まります。 よって卵一つ一つをバラバラにして管理するようにすると水カビの被害を最小限に抑えることができるのです。 卵を取るタイミング メダカの卵はメスが産卵した後にオスが受精して初めて受精卵となります。 そのような仕組みから卵の隔離が早すぎるとまだ受精していないのでは?というような疑問や不安を抱くこともあるかもしれません。 しかし、そのような心配はいりません。 メダカの受精は産卵と同時に行われますので、飼育者が卵の存在に気がついた時には産卵行動はすでに終了しています。 よっていくら時間をかけても無精卵は無精卵のまま、受精卵は受精卵なのです。 このような理由から卵は見つけ次第取っても全く問題はありません。 逆に先延ばしにすると気がついた時には卵が無くなっている可能性の方が多くなってしまいますので気をつけましょう。

次の