さつまいも甘露煮 アレンジ。 さつまいも甘露煮の人気1位レシピ!レンジで簡単やはちみつ入りなどおすすめ

さつまいもレシピ人気1位と殿堂りTOP10!おやつに簡単なお菓子系メニューも!

さつまいも甘露煮 アレンジ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

さつまいもの甘煮をアレンジ!砂糖とはちみつどちらがいい?レモンで日持ちが変わる!

さつまいも甘露煮 アレンジ

15〜30分• 《保存・期限》 煮る時に糖度が高いほど、保存性は高まります。 清潔な容器にさつまいもをシロップごと入れ、さつまいもがシロップから出ないようにして保存してください。 また、調味料以外の材料がさつまいもだけならばさつまいものみを保存袋に入れ空気を抜いて冷凍可。 食事用や、フルーツを使ったものなどは、密閉容器に入れて冷蔵保存し、悪くならない数日中の間に食べきります。 《アレンジ》 家にあるものや、目的によってお好みで加えてください。 《食事用として》 食事用に、控えめな砂糖 水の10~30%程度 だけで煮たり、そこに好みでみりん 砂糖の半分程度 を加えて照りを出したり、醤油や酒 砂糖の半分程度かそれ以下 も加えて塩味をつけても美味しい箸休めになります。 量は目安なので、味を見ながらお好みで。 冷凍できますし、お弁当用や、お茶受けにも。 ワンポイントアドバイス 砂糖だけで甘く煮るさつまいもの甘露煮は、そのまま食べるのはもちろん、甘みが少ないさつまいもを美味しく食べたい時や、パンやお菓子作り用として便利。 出来上がったものを賽の目に切って蒸しパンにトッピングしたり、パン生地に混ぜ込んだり、バター系ケーキの具にするのもおすすめです。 崩れても、皮を剥いて潰したものを栗きんとんの材料にしたり、シロップや生クリームを少量ずつ加えながらペーストにしてパイやタルトのフィリングに、また裏ごしすればモンブランのクリームに。 洋酒を加えて大人味に、りんごやレーズンを加えてフルーティーに、またシナモンなどのスパイスとも好相性。 フルーツと煮たものは、バニラアイスやクリームを添えてデザートにも。

次の

さつまいもの甘煮をアレンジ!砂糖とはちみつどちらがいい?レモンで日持ちが変わる!

さつまいも甘露煮 アレンジ

さつまいもの甘煮には砂糖とはちみつどちらがいいの?違いは出るの? さつまいもの甘煮を作るのに、さつまいもの糖分だけでは少し甘さが足りないと感じる時がありませんか? そのようなときには、砂糖やはちみつを加えて甘さをUPさせましょう! さてここで、加えるのは砂糖とはちみつどちらがいいのでしょう? 結論から言ってしまいましょう。 さつまいもの味に加え、はちみつの風味もプラスして楽しみたい方や、カロリーが気になる方は、はちみつをおすすめ! 反対に さつまいも本来の味を楽しみたい方は砂糖を入れることをおすすめ! どちらにも違った良さがあるのでどちらを入れるかは味や香りで判断してみてください。 それぞれの仕上がりの違いの理由は、砂糖とはちみつによる甘さや風味の違いにあります。 それぞれに分けて説明します。 甘さの違い 甘さは甘味度という指標で表し、「砂糖:はちみつ=100:130」となります。 つまり、はちみつは砂糖の1. 3倍甘いとされています。 甘さは感覚的で少しわかりにくいかも知れませんので、これを容量に変換して計算することができます。 詳細は割愛しますが、容量に変換すると「砂糖3さじ=はちみつ1さじ」となります。 つまり、はちみつは砂糖の1/3の量でも同じ甘さということです。 結局、甘さという点からいうと、容量を調整すれば、砂糖とはちみつはどちらでもいいということになります。 しかし、実は、はちみつは砂糖よりカロリーが低いのです。 少ない量で甘さを感じられるはちみつは、カロリーが気になる女性の方にはおすすめですね。 風味の違い 砂糖には風味というのを感じることはあまりないかも知れません。 ですが、その分、食材であるさつまいも本来の風味を感じられます。 一方、はちみつは砂糖に比べて、独特の風味がありますね! ですので、さつまいもの甘煮も砂糖を入れて作るのと、はちみつを入れて作るのでは仕上がりの風味が変わるのです。 さつまいもの風味を楽しみたい方は砂糖を、はちみつの風味を楽しみたい方ははちみつがおすすめです。 さつまいもの甘煮にレモンを加えれば日持ちのいいはちみつレモン煮に! さつまいもの甘煮のアレンジ方法の一つとして、レモンを加えてみましょう。 作り方は通常のさつまいもの甘煮と変わらないので簡単です。 レモンがない場合はポッカレモンのようなレモン汁でも代用可能です。 レモンを入れることにより日持ちがよくなり6日〜7日保つようになりますよ! さらに、さつまいもの甘煮はレモン煮以外にもたくさんアレンジできます。 それぞれ、ご紹介しますね。 ・10分後、さつまいもとさつまいもが浸かるくらいの水を鍋に入れます。 ・その後砂糖とレモンを一緒に入れ、落としぶたをし火にかけます。 ・さつまいもに串などを通し、スッと貫通するくらいの柔らかさになるまで煮込みます。 お弁当に入れる時は一個、二個潰してラップで包んで丸めていれると、そのまま入れるより隙間が埋まるのでおすすめですよ! まとめ ・さつまいもの甘煮に甘みを追加したい時、はちみつの風味もプラスして楽しみたい方や、カロリーが気になる方は、はちみつがおすすめ。 ・さつまいも本来の味を楽しみたい方は砂糖がおすすめ。 ・レモンを加えると、日持ちのいいはちみつレモン煮の出来上がり! 短時間で簡単に作れるさつまいもの甘煮。 皮を剥かずにそのまま調理できるので無駄もなく、手間もかからずにいいですよね。 しかし煮崩れはしやすいので、煮る際はアルミホイルなどを使って落とし蓋をするといいでしょう。 完成してから少し時間を置くことで味がしみこむのでさらに美味しくなります。 より彩りがよくなるのでおすすめですよ! さつまいもの消費に困った時や、あと一品なにかほしい時などにぜひ試してみてください! 関連記事:.

次の