スプラ ウデマエ ヒビ。 【ウデマエXが教える】ガチマッチで勝てない人の特徴と対策【スプラトゥーン2】|スマトゥーン通信

【スプラトゥーン2】ウデマエとは?飛び級条件+昇格の勝率目安について

スプラ ウデマエ ヒビ

今この記事をご覧になっているあなたは、 「 スプラトゥーンの回線落ちが多すぎて困っている」 「 イカ達のラグがヒドすぎて死ねる」 といったお悩みを抱えていることかと思います。 こうした回線系のトラブルはめちゃくちゃストレスたまりますよね・・・。 勝率にガチで影響するのでちゃんと対策したいところです。 結論から先に言えば、 200Mbps上限の旧来型フレッツ光回線から次世代回線へと乗り換えればトラブルはほぼ解決すると思います( など)。 この記事が悩めるイカちゃん達の参考になれば幸いです。 【原因】通信状態が不安定になるのはどんなときか なぜNintendo Swtichの通信速度が不安定になるのでしょうか。 それは多くの場合、Nintendo Swtichのネットワーク環境が 以下のいずれか1つ以上に該当していることが原因となります。 スマホのテザリングは味方・敵チーム双方に迷惑をかける事になるご法度行為なので、絶対にやめましょう。 テザリング、ダメ、ゼッタイ。 通信状態が不安定だと「回線落ち」や「ラグ」が起きる Nintendo Switchの通信強度が貧弱な状態だと、スプラトゥーン2ではオンライン対戦中に以下のようなトラブルがしばしば発生します。 ・ タイムラグ(キャラのモーション遅延) 敵に当てたはずなのにキルできていない、撃ったはずなのにインクが塗れてない、敵が見えない状態でローラーに轢かれる など ・ 回線切断(対戦ルームからの強制退出) 味方チームの欠員、数的不利による敗北 など (通信切断の画面) こうしたトラブルから逃れるためには、やはり 自宅のネットワーク環境の通信速度を安定化させることが重要になってきます。 通信速度が不安定になる原因さえきちんと取り除けば、スプラトゥーン2は快適にプレイできるでしょう。 【最適な対策】回線の乗り換え(ただしエリア制約あり) こういう回線系のトラブル発生時は、 適切な性能を持つネット回線に乗り換えるのが最適かつ正攻法の対策です。 もし可能であれば旧来型のフレッツ光回線から適切な性能を持つ光回線にすぐにでも乗り換えるといいでしょう(おすすめの回線は後述)。 とはいえ、ご家庭の事情や現在お住いのエリア(建物)によっては 「 回線を乗り換えたくても乗り換えられない…(泣)」 といったジレンマに陥ることはままあると思います。 例えば通信系のエンジニアやコンサルタント、格ゲーマーなどが御用達のNURO光回線は、 関東1都6県以外のエリアでは契約できないといった制約があります。 (対応エリアの検索はこちら)• 関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)• 東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)• 関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良) 【コスト別の対策】通信速度を少しでも安定・高速にするためのテクニック 以下に 回線乗り換え以外にも考えられる対策をコスト別にまとめてみました。 お財布事情と相談しながら、各対策を自宅に取り入れてみてください。 【0円 無料 】(効果:小)「Google Public DNSサーバー」の登録 Nintendo Switchに「 Google Public DNSサーバー」を登録する対策をご紹介します。 この対策は 気軽にできるコスト0円の対策でありながら、自宅のインターネット環境によっては通信品質が目に見えて改善される場合もあります。 多くの場合は気休め程度の効果しか得られないことの方が多いのだけど、費用がかからず0円ということもあり一度は試してみても損はないとか思います。 任天堂のお墨付きです。 8」、「代替DNS」に「 8. 4」を入力し「保存する」を選択する 以上でGoogle Public DNSサーバーの登録は完了です。 【1,620円〜】(効果:中)無線接続 Wi-Fi から有線接続 ケーブル への変更 Nintendo Swtichが標準で装備している通信機能は無線接続(Wi-Fi接続)のみとなっています。 もしスプラトゥーン2のようなP2Pのオンライン対戦ゲームをNintendo Switchでプレイするのであれば、 無線接続ではなく有線接続をするようにしたいところです。 なぜか?それは、 無線接続は有線接続と比較してノイズに弱く瞬断が発生しやすいためです。 近年の無線技術は遮蔽物による電波障害や他の電子機器からの電波干渉に対しては強くなってきていて従来の無線技術と比較すると格段に進歩はしています。 とはいえ、 無線接続は有線接続の安定性や信頼性にはまず敵いません。 パソコンでやるようなWebサーフィンならともかくとして、瞬断が命取りになるようなP2Pのオンライン対戦ゲームでは極力無線接続を使わないことを僕はおすすめします。 通信コンサルタントの僕が選ぶ「オンライン対戦ゲーム向き」のネット回線・プロバイダをまとめました。 参考ノウハウ(通信速度目安など) 回線落ちのペナルティは5~10分のプレイ禁止&ウデマエ影響 事故や故意(わざと)にかかわらず回線落ちを何度か繰り返してしまうと、 警告画面が表示されたのちペナルティが発動します。 一度ペナルティが発生してしまうと 5~10分ほどのあいだ新しく通信プレイを始めることができません。 警告画面(この状態が何度も続くと、しばらく通信プレイに…) 前回のプレイが正常に終了しませんでした この状態が何度も続くと、 しばらく通信プレイに参加できなくなる場合があります 通信環境をご確認の上、もう一度お試しください 発動画面(新しく通信プレイを始めることができません…) 前回のプレイが正常に終了しなかったため、 新しく通信プレイを始めることができません 通信環境をご確認いただいたうえで、 1分後にもう一度お試しください。 味方プレーヤーの回線落ちでもウデマエダウン 回線落ちを起こしたのが自分ではなく味方プレーヤーの回線落ちだった場合でも、敗戦の結果として ウデマエダウンのペナルティは発生します。 理不尽に思えるかもしれませんが、回線落ちを起こしたプレイヤーの離脱時間が比較的短いあいだだった場合は ふつうにウデマエメーターにヒビが入りランクゲージが下がってしまいます。 ただし、回線落ちを起こしたプレイヤーの離脱時間がある程度長い場合は 「人数不足が長く続いたためウデマエメーターは変化しません」 と表示され、ウデマエへの影響はなくなります。 Nitendo Switchの接続テスト 以下、参考まで。 Nintendo Swtich本体で接続テストをする方法です。 スプラトゥーン2のようなプレイヤー同士のオンライン対戦ゲーム(P2Pといいいます)の場合、 できれば30Mbps以上の安定した通信速度が欲しいところです。 ラグ指標(Ping)を測定する方法 Nintendo Switchでタイムラグ指標(Ping)を計測する方法はありません。 今後のアップデートで本体に測定機能が追加されることを期待しましょう。 とはいえ、 上記の「通信速度(Mbps)」と「タイムラグ指標(Ping)」は常に比例関係にあるので通信速度から類推することが可能です。 上に書いた通り 30Mbps以上の安定した通信速度であればPing値も比例して安定するため、タイムラグに悩まされるようなことはないはずです。 ざっくりとした 通信速度の目安&Ping値の目安は以下の通りです。 ~15msec:超サクサク• ~35msec:問題なし• ~50msec:たまにラグが気になる• ~100msec:かなりラグい• 101msec以上:ゲームするってレヴェルじゃねぇ もしPing値そのものがどうしても気になる場合は、Nintendo Switchと同じホームネットワーク上にあるパソコンやスマートフォンから以下のサイトにアクセスしてみましょう。

次の

【スプラトゥーン2】ウデマエを上げたければ〇〇〇を増やせ!!!

スプラ ウデマエ ヒビ

ガチマッチとは ガチマッチとは、ナワバリバトルで経験を積み、ランク10以上になったプレイヤーだけが参加できるエクストリームバトル!• ステージ内の指定エリアを確保しあう「 ガチエリア」• ヤグラに乗って敵陣まで押しこむ「 ガチヤグラ」• ホコを奪って相手のゴールにタッチダウンする「 ガチホコ」• アサリを集めてゴールにシュートする「 ガチアサリ」の4つのルールがあります。 ウデマエの仕様 ガチマッチでのプレイヤーの実力を示す目印「ウデマエ」 プレイヤーの経験値を表す「ランク」とは違い、ウデマエは負けると下がっていきます。 今作では、 ウデマエがルールごとに分かれるようになりました。 エリア・ヤグラ・ホコ、アサリそれぞれのルールごとに求められる力も異なるので、自分の得意なルールや苦手なルールがわかりやすくなっています。 ウデマエゲージ 上のウデマエに上がるためには、ウデマエゲージをいっぱいにしないといけません。 ウデマエゲージは、ガチマッチのバトルで勝つとたまっていきます。 増える量はバラバラですが、これには 「ガチパワー」が関係しているようです。 ガチパワーとは、プレイヤー個人の強さを独自の計算式で求めたものです。 自分では確認することはできませんが、バトル開始時の左下に8人のガチパワーの推定が表示されます。 ガチパワーの高い相手に勝つとウデマエゲージは大きく増えますし、逆にガチパワーの低い相手に負けてしまったらマイナス評価が貯まってしまいます。 マイナス評価がたまるとゲージにヒビがはいっていきます。 ヒビが4つ入ってしまうとアウトなのですが、 OKラインというものがあります。 このOKラインを越えているなら、ヒビが4つで割れてしまってもゲージが減るだけ!ウデマエは下がりません。 ガチマッチをプレイしていると、敵や味方のイカが蒸発するように消えてしまう「回線落ち」に遭遇します。 味方がひとりでも回線落ちしてしまうとそのバトルはほぼ確実に負けてしまいます。 その場合は、味方が落ちてしばらく時間が経過していたら、ウデマエゲージは変化しません。 しかし、落ちてすぐにバトルが終了してしまうとウデマエゲージは減ってしまいます。 理不尽ですが。 敵や味方が回線落ちするのは祈るしかありませんが、自分の回線落ちは対策できます。 回線落ちはネット回線が不安定だと起きてしまうので、ネット回線を安定させることが大切です。 MEMOネット回線を安定させるにはSwitchを有線接続にしましょう。 有線接続にしても回線が安定しないときはネット回線のプロバイダを変えるしかありません。 有名な光回線であるや、ゲーマーに人気の速くて安定したがおすすめです。 ちなみにガチマッチのリザルトの順番は、 ブキルール別での直近32戦の勝率順説が濃厚のようです。 バトル開始時にブキがピカリと光るのは、ブキルール別で勝利数が多いプレイヤーです。 飛び級について その名の通り、ウデマエを飛ばして上がっていける仕組みのことです。 この飛び級にも、ガチパワーが関係しています。 要は 強い人相手に勝てたら飛び級できるってことです。 いくらキルしたり活躍したりしても飛び級には全く関係ありません。 飛び級の最大は 4 段階。 前作の経験者で強いひとがすぐに上にあがれるように、また各ルールごとにウデマエがあり時間がかかることから導入されたようです。 この値は自分しか確認できませんが、実力を示す指標になります。 ウデマエXについて ウデマエXとは、エクストリームなプレイヤーを集めた、より挑戦的なウデマエとなります。 ウデマエXになるとウデマエメーターはなくなり、かわりに「 Xパワー」という、リーグパワーやフェスパワーのようなスコアが表示されるようになります。 マッチングはXパワーが近いプレイヤーで行われる• バトル終了時にXパワーと順位の変動が表示される• 4つのガチルールそれぞれでXパワーが高いプレイヤー上位500人は、毎月一回「イカリング2」上で発表される• 特定のブキにおいて、Xパワーが一番高いプレイヤーも同時に発表される• 月1回の発表と同時に、Xパワーは「計測中」の状態にリセットされる• リセットは毎月1日の午前9時• 月の頭に複数のブキを一度に追加• ステージ追加はリセットのタイミングで• ルールごとに出現するステージを8種類程度に制限• 1か月ごとのリセットのタイミングで出現するステージを変更 Xパワーの仕様は少し複雑ですが、 勝てば上がる負けたら下がる月1リセットくらいの認識でも大丈夫です。 飛び級はガチパワー依存で最大10段階• 連勝しても飛び級するとは限らない• ウデマエゲージが割れても一度に最大5段階までしか降格しない• ちまたで噂の「ブキを持ち変えると飛び級しやすくなる」は デマ• ウデマエ10以降はウデマエXに• Xパワーはフェスパワーと似た仕様• 引き続き、エリアやヤグラなどの各ルールごとのポイントを解説していきます。 1ヶ月ごとにそれぞれのルールで出現するステージが8種類選ばれます。 今月のステージを把握しておくと有利です。 ガチエリア 「ガチエリア」ルールは、ステージ内に配置された「ガチエリア」を奪い合い、確保し続けたチームが勝利するルールだ。 ガチエリアは、自分のチームのインクで染め上げることで奪うことができるぞ。 今回は、ガチエリア内の塗り状況が中央のインジケーターに表示される。 参考にしよう。 ステージの中央付近にある「ガチエリア」を自分のインクで塗って確保しつづけるバトル。 エリアを確保すると、画面の上にあるカウントを100から減っていきます。 カウントが0になるか(ノックアウト)、相手よりも少ない状態で5分経過すると勝利です。 いったんカウントを減らしても、相手にエリア確保されてしまうと、 ペナルティがつきます。 このペナルティをなくさないとカウントは減りません。 相手に確保されてペナルティを与えられないように、エリアを守り抜くことが大切です。 逆に、相手のカウントがリードしているときは、いったんエリアを確保してペナルティをつけることが非常に大切になります。 スペシャルゲージの増える条件• エリアを取られている時は、カウントの状態に関わらず 40秒でゲージが満タンになる早さで増加する。 エリアが中立かつ カウント劣勢時は 120秒でゲージが満タンになる早さで増加する。 慌てて突っ込まずにスペシャルを味方と合わせて打開しましょう。 ガチヤグラ 「ガチヤグラ」ルールは、レールに沿って動く「ガチヤグラ」を奪い合い、相手の陣地のゴールまで運んだチームが勝利するルールだ。 今回は、レールの途中の重要地点に「カンモン」が設置されている。 「カンモン」上ではヤグラが一時停止するので、イカに仲間と連携して突破するかがカギになるぞ。 ステージに設置されたヤグラの上に乗ると、ヤグラが敵陣地へ進みます。 進んでいくと上のカウントも減っていきます。 カウントを0にするか、ゲージをより減らしたほうが勝利です。 ヤグラの進行ルートには 「カンモン」があり、そこで一時停止するようになっています。 ステージごとに3か所、各カンモンにカウントが定められていてそのカウントの間は静止するようです。 いちど通過したカンモンはもう止まることはありません。 前作とは異なり、 ヤグラが動いているときは何人で乗っても速度は変わりません。 カンモンで止まっているときだけは、複数人で乗るとカウントの減りがはやくなるようです。 スペシャルゲージの増える条件• ヤグラに乗っている時は、カウントの状態にかかわらず 40秒でゲージが満タンになる早さで増加する。 ヤグラが 中立時かつ カウント劣勢時は 80秒でゲージが満タンになる早さで増加する。 カウントで勝っていても乗らないと相手のスペシャルがたまっていくので、最後まで攻める気持ちを持ち続けること。 今回のガチホコから発射できるガチホコショットは、最大までチャージすると着弾した地点に爆発を起こす。 「守り」よりも「攻め」が得意になっているぞ。 ガチホコを持ったプレイヤーが進むとカウントが減ります。 カウントを0にするか、より減らした方の勝ちです。 ホコには バリアがあり、インクをぶつけることでバリアをふくらませ割ることができます。 割れるときに爆発するので、ふくらんでいたら近づかないように。 ホコを持ったプレイヤーはチャージして放つ ガチホコショットしかうてなくなります。 また、移動速度も遅くなります。 ホコは割られたまま放置されていると一定時間で中央に戻るようになりました。 それでも割ったまま放置は、一気に持っていかれる危険があるのでしないように。 ステージごとに、どこまで進むとカウントがどのくらい減るのか、攻めやすいルート、守りやすい場所などがあります。 スペシャルゲージの増える条件• ホコショは強いが、前に進まないとカウントは進まないし、敵のスペシャルで全滅することになりかねません。 ガチアサリ 「ガチアサリ」ルールはステージに散らばるアサリを集め、ガチアサリを作り敵のゴールに投げ入れてカウントを減らしたチームが勝利するルールだ。 互いをフォローしあうチームワークで押し上げるか、一瞬の隙をつく個人技で突破するか、様々な方法でゴールを目指せ! ステージに散らばる「アサリ」を集めて敵のゴールにシュートします。 アサリをいれるとカウントが減り、よりカウントを減らしたチームが勝利します。 敵陣のゴールにはバリアがあり、通常はアサリが弾かれてしまいます。 アサリは10個集めて作る「 ガチアサリ」をぶつけることでバリアを壊して、アサリを投げ入れることができます。 バリアは一定時間で回復してしまうので、 チャンスタイムの間にたくさんアサリを入れてカウントを稼ぎましょう。 チャンスタイムが終わりバリアが回復すると、反撃用のガチアサリがゴール下に出現します。 ガチアサリを持っているプレイヤーは、ホコの時のように居場所がバレてしまいます。 狙われたときはA or Lボタンで投げ捨てることもできます。 ガチアサリは20カウント、アサリは3カウントが入ります。 ペナルティカウントもあるので、ガチアサリ単体をゴールにいれるだけではカウントはなかなか減りません。 カモンを使って味方と連携し、アサリをパスしてガチアサリを作って、スペシャルを合わせて協力することが、勝利の秘訣です。 ガチマッチのルールについての解説は以上になります。 意外と知らないことが多かったのではないでしょうか?バトルに勝つにはまずはルールを知っておくことが重要です。 しっかりルールを把握して、ガチマッチをより楽しんでください。 最後までありがとうございました。 ななし S+飛び級の一般的パターン 4勝1敗くらいのペースで2個くらいゲージを埋めて昇格する。 それによりガチパワーが上がる(2100台のマッチばかりになる) ガチパワーの高い状態でまた8勝1敗とか2敗で昇格すると飛ぶ。 飛んだ後にまた1敗か2敗でゲージを埋めるとさらに10飛んだりする。 7勝や6勝でゲージを埋められる時 格上に勝つと20%伸びるため は ガチパワーが上がりまくるオイシイ勝ち試合が多いと言うこと。 数字的には2160~2210に数回召還されるようになると飛び級する。 イカウィジェットで18か20くらいが目安に飛ぶことが多い。 32戦で25勝7敗、もしくは26勝6敗。 ガチパワーは恐らくフェスパワーと同じ感じで上下する。 自分のフェスパワーが2400以上になったことがある人には上がり難さがわかるはず。 5、負けたら-70されることもある鬼畜仕様。 これと同じようにガチパワーが上下するため「ガチパワーを下げないため」に連勝する必要がある。 1敗しかしていなくてもその1敗が極端な格下相手だったらガチパワーが大きく下がってしまうので飛び級はできない。 逆に3ヒビでの昇格事例もあるが、それは負け試合の敵が全て格上でガチパワーが下がらなかったから。

次の

【スプラトゥーン2】ウデマエを上げたければ〇〇〇を増やせ!!!

スプラ ウデマエ ヒビ

ウデマエゲージの意味と貯まり方 ウデマエゲージは、バトルに勝利すると貯まっていきます。 増え方がちょっとだったり多かったりバラバラなのはなぜ? スプラトゥーン2ではある程度ガチマッチをすると、 独自の計算式からそのプレーヤーの ガチパワーが計算されます。 このガチパワーをプレーヤーが確認することはできませんが、ガチマッチスタート時に画面左下に8人の合計ガチパワーが表示されます。 プレーヤー個人のガチパワーは、合計ガチパワーが初め何回かガチマッチを経験しないと表示されるようにならないことから考え、過去のバトルのデータを蓄積して出されるもののようです。 自分のチームより格上のチームに勝った時程多くゲージが貯まり、逆に自分のチームより格下のチームに負けてしまうと多めにマイナス評価が貯まっていきます。 マイナス評価の時はガラスが割れるような音がしてゲージが震えます。 何度かマイナス評価を受けてしまうと、ゲージにヒビが入り始めます。 ヒビがたくさん入って割れると? そのルールを始めたばかり、ウデマエC-の場合、ヒビがたくさん入ってゲージが割れてしまうと、C-のまま、ゲージがかなり減ってしまいますがヒビは消えます。 C以上の時は、ゲージにある縦線に注目してください。 ゲージがこの線より右に行っている状態で割れてしまった時は、ゲージがかなり減ってしまうもののウデマエは維持できます。 逆に割れた時に ゲージがこの線より左だった場合、残念ながらウデマエが降格するシステムです。 飛び級の基準って何?! スプラトゥーン2で今みなさん疑問に思っているのがこの「 飛び級」システムです。 実力があると判断されたプレーヤーは、ウデマエアップの時 何段階か飛ばして昇格することができます。 ・たくさんキルを取ったのに飛び級しなかった ・ヒビがたくさん入ってピンチだったのに飛び級できた 等、様々な声が聞かれます。 飛び級の基準は上で述べた「 ガチパワー」です。 1回のバトルでキルした数、倒された数には関係なく、サポートの度合いやスペシャル使用回数、どれだけ勝利に貢献できたかなど 様々なプレイ結果を総合して、格上の相手に勝てばそれに見合った飛び級をするようになっています。 飛び級の意味 スプラトゥーン2は初心者からガチプレーヤーまで、様々なレベルの方が楽しめるゲームです。 しかしプレイし始めの時はどうしても、WiiU版スプラトゥーンをプレイしたことがある方や元々ゲームが得意な方が有利になり、まだあまり上達できていないプレーヤーが上級者にボコボコにされてしまう事案が発生します。 飛び級は、 上手なプレーヤーを早目に昇格させ、きちんと実力にあった対戦相手と対戦できるようにするためのシステムです。 またスプラトゥーン2ではガチマッチのルールごとにウデマエが分かれているため、 上級者が全てのルールで上に行くのに時間がかかってしまうことへの配慮でもあります。 まとめ ウデマエの上下はバトルのやる気を奮い立たせてくれる楽しい要素です。 なんとなく「上がった!」「下がった!」と一喜一憂するのも楽しいですが、「なんでこのウデマエなの?」なんて疑問を抱いた時は是非これらの要素を参考にしてみてくださいね。

次の