遊戯王 バスター ブレイダー デッキ。 大会で結果を残した【バスターブレイダー】デッキ考察

《バスター・ブレイダー》デッキレシピ/遊戯王研究所/カードキングダム

遊戯王 バスター ブレイダー デッキ

その美しいウロコは古の王の名を冠し、神秘の象徴とされる。 2 7 2600 2300 このカードの攻撃力は、相手フィールド上及び相手の墓地に存在する1体につき500ポイントアップする。 2 準制限 7 2600 0 このカード名の、 1 の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、このカードは手札から特殊召喚できる。 2 :自分フィールドの1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 7 2600 2300 1 :このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限りとして扱う。 2 :相手フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、破壊されたそのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。 3 :1ターンに1度、このカードが装備しているモンスター1枚を墓地へ送って発動できる。 墓地へ送ったそのモンスターカードと同じ種族の相手フィールドのモンスターを全て破壊する。 1 4 1900 100 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードを対象とするの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後、相手のEXデッキを確認し、その内の1枚を選んで除外する。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから以外の1体を特殊召喚する。 2 3 0 1800 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。 その効果を無効にする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 このターン、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキからカードを1枚ドローする。 この効果は相手ターンでも発動する事ができる。 は1ターンに1度しか発動できない。 1 1 0 0 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドのモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 2 :このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 自分の手札を1枚選んで捨て、対象のモンスターと同じ種族・属性でカード名が異なるモンスター1体をデッキから手札に加える。 3 1 0 0 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 2 :自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、手札・墓地のこのカードを除外し、このカード以外の除外されている自分の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 1 1 0 0 1 :このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル5以上のドラゴン族・1体を対象として発動できる。 そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はしかEXデッキから特殊召喚できない。 3 1 400 300 の 2 3 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 デッキから以外の1枚を手札に加える。 2 :このカードをリリースして発動できる。 自分の手札・墓地から1体を選んで特殊召喚する。 3 :このカードが墓地に存在し、自分フィールドにが存在する場合、手札から1枚を捨てて発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 3 1 400 300 の 3 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分メインフェイズに自分フィールドの1体を対象として発動できる。 自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。 2 :このカードが装備されている場合、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。 3 :このカードが装備されている場合に発動できる。 装備されているこのカードを特殊召喚する。 1 1 400 400 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分フィールドのリンク状態のモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 2 :墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。 1 1 500 0 の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから1体を手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 3 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分フィールドに表側表示のカードが存在しない場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。 3 1 :自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。 デッキからレベル4以下の通常モンスター1体を特殊召喚する。 1 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :このカードの発動時に、自分の墓地の1体を対象にできる。 その場合、そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。 2 :1ターンに1度、自分フィールドの1体を対象として発動できる。 その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。 3 1 :デッキから1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。 1 の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分の手札及び自分・相手フィールドからカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、を融合素材とするその1体をエクストラデッキから融合召喚する。 2 :このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。 墓地のこのカードを手札に加える。 3 1 :相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外する。 次のターン終了時まで、この効果で除外したモンスター及びそのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。 1 1 :手札から1枚を捨てて発動できる。 デッキから1体を特殊召喚する。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 によって決められた融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、その1体をエクストラデッキから融合召喚する。 3 は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :デッキから以外の1枚と1体を墓地へ送って発動できる。 自分のエクストラデッキ・墓地から1体を選んで特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 このターン、自分フィールドのは戦闘・効果では破壊されない。 1 8 2800 2500 + このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。 1 :このカードは直接攻撃できない。 3 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドのは守備表示になり、相手はの効果を発動できない。 4 :このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が越えた分だけ戦闘ダメージを与える。 1 9 3200 2500 +チューナー以外のドラゴン族・1体 の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、自分の墓地の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 2 8 1200 2800 +チューナー以外のモンスター1体以上 1 :相手フィールドのモンスターは、このカードが表側表示で存在する限りドラゴン族になる。 2 :自分フィールドにが存在しない場合、1ターンに1度、自分の墓地の1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 3 :相手ターンに1度、自分フィールドの1体を対象として発動できる。 自分の墓地の1体を装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。 1 8 3000 2500 +チューナー以外のモンスター1体以上 このカード名の 3 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 自分の墓地から1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。 2 :このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。 3 :相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にする。 1 禁止 5 1800 2100 +チューナー以外のモンスター1体以上 このカードをS召喚する場合、自分フィールドの通常モンスター1体をとして扱う事ができる。 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから1枚を手札に加える。 2 :S召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 自分のデッキ・墓地から以外の1体を選んで特殊召喚する。 1 制限 - 1500 - 1体以上を含むモンスター2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 手札・デッキからレベル3以下の1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 2 :相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。 EXデッキからの1体をS召喚扱いで特殊召喚する。 LINK - 2 1 - 3000 - 効果モンスター3体以上 1 :このカードは戦闘では破壊されない。 2 :1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示にする。 このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。 この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 :1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。 ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。 LINK - 4 2 - 400 - モンスター2体 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから1枚を墓地へ送る。 その後、手札から1体を特殊召喚できる。 2 :相手フィールドにモンスターが存在しない自分バトルフェイズ終了時に、このターン攻撃宣言をしていない自分フィールドの1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。 LINK - 2 1 - 300 - 1体 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。 その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。 2 :このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの1体をリリースして発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 LINK - 1 1 禁止 - 1000 - 1体 自分はを1ターンに1度しか特殊召喚できず、その 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はしか特殊召喚できない。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 2体以上ののリンク先となる自分フィールドに、手札・デッキから1体を特殊召喚する。 LINK - 1 1 - 2400 - トークン以外のモンスター2体以上 1 :1ターンに1度、ダメージステップにモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。 その発動を無効にする。 2 :このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。 3 :このカードをリリースし、自分の墓地のリンク2以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 その後、手札から1体を特殊召喚できる。 この効果はこのカードが特殊召喚したターンには発動できない。 LINK - 3 1 制限 - 2800 - カード名が異なるモンスター2体以上 1 :このカードは、このカードのリンク素材としたモンスターの数によって以下の効果を得る。 そのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。 手札からモンスター1体を特殊召喚する。 自分はデッキから4枚ドローし、その後手札を3枚選んで好きな順番でデッキの下に戻す。 LINK - 4 1 - 1000 - 1体 自分はを1ターンに1度しか特殊召喚できず、その 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はしか特殊召喚できない。 2 :自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、1体を対象として発動できる。 そのモンスターを、2体以上ののリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。 LINK - 1 閲覧数 7258 評価回数 2 評価 20 ブックマーク数 0 - NEW -.

次の

新規「バスター・ブレイダー」デッキレシピ2019の回し方を紹介!リンクモンスターが加わった竜破壊の剣士!!

遊戯王 バスター ブレイダー デッキ

2 :自分フィールドに「バスター・ブレイダー」モンスターが存在しない場合、 1ターンに1度、自分の墓地の「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 3 :相手ターンに1度、自分フィールドの「バスター・ブレイダー」モンスター1体を対象として発動できる。 自分の墓地の「破壊剣」モンスター1体を装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。 手札に「伴竜」と適当な特殊召喚出来るモンスター 以下、Aとする がいれば… 1. Aを特殊召喚し、「伴竜」を通常召喚。 効果で「揺籃」をサーチしてセット。 Aと「伴竜」で「絆竜」をリンク召喚。 効果で「ドラゴンバスターブレード」を墓地に落とす。 相手ターンに「揺籃」を発動。 「追憶」と「バスター・ブレイダー」を墓地に送って「蛮竜」を特殊召喚。 「追憶」を除外し、「バスター・ブレイダー」と「伴竜」を除外して「竜破壊の剣士」を融合召喚。 「蛮竜」の効果で「ドラゴンバスターブレード」を「竜破壊の剣士」に装備。 1 :このカードは直接攻撃できない。 3 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 相手フィールドのドラゴン族モンスターは守備表示になり、相手はドラゴン族モンスターの効果を発動できない。 4 :このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。 フィールドのモンスター2体で融合、墓地から除外して融合素材を効果無効・攻守0にして蘇生させる通常魔法。 「伴竜」の効果で「バスブレ」を並べられるので意外と決まりやすい。 新マスタールール以降はリンクマーカーを2つ以上用意しなければならなかった為に存在感が薄れていったが、2020年4月の改訂でリンクマーカーが不要となった為に価値が再び上昇。 ライフコストがかかる上に場に素材を揃える必要があるものの、「揺籃」と違い「蛮竜」に自壊デメリットがなく、正規の方法で召喚する為に蘇生制限も満たしているのがポイント。 【新マスタールールによる影響】 []• 諸事情でバスブレとドラゴエクィテス絡めていた自分にとっては強化方向がなかなか良かったな -- 名無しさん 2017-01-12 22:48:05• GXだと、最終回の遊戯とのデュエルの時に、「亜空間バトル」の効果でカオス・ソルジャー、マグネット・バルキリオンと一緒に呼び出されてるけど、あれはノーカン? -- 名無しさん 2017-01-12 23:15:57• こいつの項目今までなかったのか -- 名無しさん 2017-01-12 23:22:28• FGOで似たようなことやっている聖人がいるな -- 名無しさん 2017-01-12 23:27:51• 青眼と並ぶ9期での初代リメイク群の勝ち組筆頭 -- 名無しさん 2017-01-12 23:51:23• 良く良く考えると当時の遊戯デッキって魔導師師弟にこいつ、少し後には神と、無茶苦茶重いデッキだったんだよなぁ。 正直アテムじゃないと回さないというか、本人も持て余してたのかも。 -- 名無しさん 2017-01-13 00:21:00• 聖ジョージかな? -- 名無しさん 2017-01-13 08:27:09• 神の生け贄確保の名目で磁石の戦士だの絵札の騎士だのが入ってようやくましなレベル( -- 名無しさん 2017-01-13 09:41:31• なんかめっちゃ強そうだけど手札消費が荒すぎな気がする -- 名無しさん 2017-01-13 09:46:14• とりあえず蛮竜の種族変更が地味に面倒、餅カエルだせなくなって負けた事あるし。 -- 名無しさん 2017-01-13 10:42:53• 今まで項目なかったのか…ちなみにステータス的にパンドラ戦の初手で師匠ではなくこいつを召喚していたらすぐに決着ついたんじゃねーかなとたまに思うことがあるんだ… -- 名無しさん 2017-01-13 13:42:13• こんなに強化されていたとは驚いた -- 名無しさん 2017-01-13 16:28:55• そのうちヴァリアブルブックとかで伴竜とかの関係をきっちり説明して欲しい、ついでに竜角の狩猟者を救ってあげて。 -- 名無しさん 2017-01-13 17:21:27• 超越融合で融合バスブレと蛮竜を一気に揃えると楽しい -- 名無しさん 2017-01-14 08:06:48• 昔は鳴り物入りで出てきたわりにはたいして強くなく活躍もしなかったやつだったよね -- 名無しさん 2017-01-14 20:42:12• 竜破壊の剣士なのに作中じゃドラゴン倒してないとか言うけど、わざわざ素のバスブレで直接ドラゴン族倒すシーンを描写しなきゃダメなのか?オシリスと激闘したり、海馬戦でブラパラになって自慢の打点アップ能力で青眼を一掃したのに、それだけでも大活躍だろうに -- 名無しさん 2017-01-18 16:55:39• 明らかに対海馬用に差し込んでるカードだなと思うし、2600でサポートなしでも戦えるから遊戯のデッキの中でも結構頼もしい感じしたんだけどなあ…アニメだと最後は表遊戯が使ってたし、このカード入れるのは彼の意見だったんだろうか -- 名無しさん 2017-01-18 18:40:24• -- 名無しさん 2017-01-18 19:03:44• このデッキもリンク召喚で(イグナイトほどではないにせよ)被害が出るか?竜破壊の剣士+破戒蛮竜の布陣を作りづらくなったし。 リンク召喚組み込むにもアド消費が荒いし。 -- 名無しさん 2017-02-25 13:38:21• 問題は蛮竜蘇生の一手分の消費がバスブレだと結構荒いということか?揺籃や復活の福音やら手はあるとはいえ -- 名無しさん 2017-03-05 14:23:28• バスブレも今までかなり不遇だったよなぁ。 特にティマイオスの眼が出たときなんて、一時期完全にいらない子になってたんだし・・・ -- 名無しさん 2017-03-23 14:13:11• バルムン・・・ -- 名無しさん 2017-06-27 18:08:06• ドラゴンスレイヤーVSゴブリンスレイヤー -- 名無しさん 2018-12-03 20:23:47• 2019年1月現在、デュエルリンクスでは環境トップレベルの活躍。 揺籃や破戒蛮竜はい実装されてないものの、DNA改造手術と組み合わせて強力なロック盤面を作り上げている。 手札誘発がまだないこの段階では先攻で整えられてしまうと崩すのは一苦労する。 -- 名無しさん 2019-01-17 00:59:24• 死してなおバスターブレイダーに寄り添い「プレイヤーもドラゴン族です」と囁いてくる伴竜・・・ -- 名無しさん 2019-11-07 14:48:26• 剥かれまくって余りまくってるっていうが揺籃も追憶も今じゃ200円くらいするようになっちまったなぁ… -- 名無しさん 2020-03-26 17:29:04• コイツをはじめ、相手のカードに依存する効果のモンスターは大して強くない印象 デザインは格好良いんだけど。 -- 名無しさん 2020-04-06 02:45:05.

次の

新規「バスター・ブレイダー」デッキレシピ2019の回し方を紹介!リンクモンスターが加わった竜破壊の剣士!!

遊戯王 バスター ブレイダー デッキ

はじめに 初代「遊戯王デュエルモンスターズ」でも武藤遊戯が用いていたモンスター《バスター・ブレイダー》は2015年10月発売のパック「ブレイカーズ・オブ・シャドウ」にて新規カードを貰うと同時にカテゴリ化を果たしました。 ドラゴン族を切り倒していく力強いイメージがあった本家ですが、それが当パックから種族コントロールという形に昇華されて対ドラゴン族デッキ以外でも活躍が出来るようになりましたね。 そんな【バスター・ブレイダー】ですが、相手フィールドのモンスターをドラゴン族にするシンクロモンスター《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》とドラゴン族に対して強力な効果を持つ融合モンスター《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》が存在しており、この2体を同時に並べる必要があることからリンク召喚の導入によってやや弱体化を受けていました。 今回「LINK VRAINS PACK 3」で登場したリンクモンスター《破壊剣士の守護絆竜》はリンクマーカーの問題を解決しつつデッキの更なる強化を実現してくれました。 新規カードとの噛み合いも見ながらこれまでの強化カードも確認していきましょう。 デッキコンセプト紹介 【バスター・ブレイダー】は相手モンスターの種族をドラゴン族に変更することで、ドラゴン族に対応している各種効果による封殺を行うコントロールデッキです。 制圧のキーカードとなるのは以下の3枚となります。 そのモンスターを特殊召喚する。 自分の墓地の「破壊剣」モンスター1体を装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。 自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。 装備されているこのカードを特殊召喚する。 また、《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》は直接攻撃をすることはできませんがそれを手助けしてくれるのが新規のリンクモンスターです。 デッキから「破壊剣」カード1枚を墓地へ送る。 その後、手札から「バスター・ブレイダー」モンスター1体を特殊召喚できる。 そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。 これによって戦闘が行えない場合でもしっかりダメージを与えることが出来るようになりました。 他のサポートカードも駆使しながら最強の盤面を作り上げましょう。 そのモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。 墓地へ送ったそのモンスターカードと同じ種族の相手フィールドのモンスターを全て破壊する。 このデッキの主人公でもある「バスター・ブレイダー」はこの2種類となり、それぞれがそれぞれの長所と短所を持ち合わせています。 通常の《バスター・ブレイダー》は昔からあるためか効果はこざっぱりとしてますが《竜破壊の証》という魔法カードでデッキからサーチすることができ、《破壊剣の使い手-バスター・ブレイダー》は攻撃力の変動こそありませんが手札・デッキでは「破壊剣」モンスターとして扱うことができます。 デッキから「破壊剣士の伴竜」以外の「破壊剣」カード1枚を手札に加える。 自分の手札・墓地から「バスター・ブレイダー」1体を選んで特殊召喚する。 このカードを墓地から特殊召喚する。 デッキの展開において非常に大きな部分を占めるのがこのカードとなります。 自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。 このカードを装備していたモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。 墓地のこのカードを手札に加える。 融合モンスターである《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》を融合召喚するにはこのカードが役立ちます。 何と言っても相手フィールドのカードを巻き込むことができるのも魅力ですね。 《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》は《バスター・ブレイダー》とドラゴン族モンスターが融合素材の為、《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》で相手のモンスターをドラゴン族に変換するとこのカードでも巻き込みやすくなります。 墓地のこのカードを手札に加える。 墓地除外で攻撃力を上げられる効果ですが、基本的には相手のデッキを選ぶ運用をすることになります。 手札コストは「破壊剣」カードを要求しますが《破壊剣士融合》を間に挟むことで全てのカードを回収のコストに充てることができるようになります。 デッキから「バスター・ブレイダー」モンスター1体を特殊召喚する。 「竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー」によって決められた融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。 罠カードとやや遅めですが、手札1枚消費でデッキから「バスター・ブレイダー」モンスターを特殊召喚できるのはとてもありがたいことです。 2:1交換とはなりますが元々特殊召喚手段が多くない「バスター・ブレイダー」の展開に一役買うでしょう。 《破壊剣士の揺籃》 《破壊剣士の揺籃》 【 通常罠 】 「破壊剣士の揺籃」は1ターンに1枚しか発動できない。 自分のエクストラデッキ・墓地から「破戒蛮竜-バスター・ドラゴン」1体を選んで特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。 このターン、自分フィールドの「破壊剣」カードは戦闘・効果では破壊されない。 デッキから疑似的なシンクロ召喚を行えるカードです。 リンクマーカーさえ揃っていればこれ1枚で《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》《破壊剣の使い手-バスター・ブレイダー》の2体を並べることができ、【バスター・ブレイダー】の初期の盤面形成を力強くサポートしてくれます。 墓地除外で破壊耐性を付けられるのも嬉しいですね。 相手フィールドのモンスターを全て除外する。 その効果を無効にし破壊する。 ここまでのおさらい 以上で【バスター・ブレイダー】の基本的なカードとなりますが、改めてリンクモンスターの《破壊剣士の守護絆竜》が強力な新規だと言うことが分かったと思います。 「破壊剣」カードは墓地で発動する効果を持つものが多いため能動的に発動できるようにする墓地送り効果が強力に作用するわけですね。 【バスター・ブレイダー】は融合モンスターの《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》、シンクロモンスターの《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》を並べてロックを仕掛けながら戦うコントロールデッキ。 《破壊剣士の伴竜》《破壊剣士の追憶》《破壊剣士の揺籃》でサーチ&リクルートを行いながら盤面を完成させよう!• 準備が整ったら《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》《破壊剣一閃》等で相手を一掃だ! 名前とは裏腹なコントロール色の強いデッキですが、うまくロックが決まってから行う守備貫通攻撃はまさに「バスター・ブレイダー」の名に相応しい超火力となります。 融合とシンクロを同時に扱うことでやや難易度は高めですが、それを実現させる様々なサポートカードを駆使しながら頑張っていきましょうね。 そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 ダメージを与えた場合に墓地のチューナーを蘇生できることから追撃からの更なる展開も望めますね。 ここまでシンクロ召喚を繋げるかは状況次第ですが選択肢にはなり得ます。 手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。 EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。 カテゴリ外のカードをどれくらい入れるかにもよりますが、デッキの「破壊剣」カードにそのまま触れるこのカードは、他のデッキでもそうだったように、【バスター・ブレイダー】でも展開を支える活躍を見せてくれます。 お試しデッキレシピ メインデッキ 3 バスター・ブレイダー 3 破壊剣の使い手-バスター・ブレイダー 3 破壊剣士の伴竜 3 破壊剣-ドラゴンバスターブレード 2 破壊剣-ウィザードバスターブレード 2 破壊剣-アームズバスターブレード 3 青き眼の賢士 3 エフェクト・ヴェーラー 3 竜破壊の証 2 破壊剣士融合 1 破壊剣士の宿命 2 調和の宝札 3 破壊剣の追憶 3 破壊剣士の揺籃 2 破壊剣一閃 2 リバイバル・ギフト エクストラデッキ 2 竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー 3 破戒蛮竜-バスター・ドラゴン 1 魔王龍 ベエルゼ 1 琰魔竜 レッド・デーモン・アビス 2 破壊剣士の守護絆竜 1 水晶機巧-ハリファイバー まとめ かつて強化された時に脚光を浴びた「バスター・ブレイダー」も今はあまりお話を聞かなくなりました。 しかしカテゴリ自体が弱いわけではなく、ロックが決まった時の支配力は一級品で相手によってはデッキを機能不全に陥れることも可能なポテンシャルを秘めていました。 他のデッキの隆盛によって忘れられていたカテゴリに光が当たったわけです。 シンクロ召喚と融合召喚を行うデッキ、となると召喚法専用のサポートカードが使いづらい印象がありますが、この【バスター・ブレイダー】は「破壊剣」サポートカードでその辺りの問題をうまく解決しています。 特にシンクロ召喚の大きな支えである《水晶機巧-ハリファイバー》から《破壊剣士の守護絆竜》に繋げることができるのは大きなことです。 巷では「お前ドラゴン族だな?」と変な言いがかりをつけては攻撃しているネタが流行ることもありますが、それに違わぬ理不尽さで相手を叩ききることができるのもデッキの魅力の一つでしょう。 みなさんもやってみませんか? 「お前、見た目は〇〇族だけど実はドラゴン族だな?」と言いながら攻撃するのは癖になりますよ。

次の