福田明日香 ヌー。 【朗報】元モー娘の福田明日香さん(35)、ヘアヌード解禁

福田明日香「衝撃ヘア全脱ぎ」で気になる元「モー娘。」次のマッパ候補とは!?

福田明日香 ヌー

Contents• 福田明日香の学歴は高校中退?モーニング娘。 脱退後の経歴が凄い 福田明日香さんですが、冒頭でも言及しましたが、 モーニング娘。 で約1年半年ほど活動された後脱退されています。 奇しくも 「LOVEマシーン(1999年9月9日)」で大ヒットする直前の1999年4月18日に脱退されていました。 当時の 脱退理由は「学業に専念するため」という理由で脱退されていたようです。 narinari. html なんて回答されていました。 実際に確認してみたところ 高校を一度中退されているみたいです。 先程の引退理由でも言及されていましたが、 普通の生活に戻りたかったとのことで引退されたそうですが、 実際に引退して高校に進学してみると投稿するだけで騒がれてしまったらしく、 それに耐えきれず中退されたとのことです。 当時のアイドルって言えばモーニング娘ぐらいの時代でしたから、めちゃくちゃ騒がれてしまったんでしょうね。 福田明日香さんの生もとを思うといたたまれないですね。。 ただ、その後パン屋やスーパーの裏方でアルバイトをして 3年くらいしてから再度高校に入学し直したそうです。 学歴も東京都立小山台高等学校卒業となっていますので高校中退は途中の経歴しか見なかった方の噂のようですね。 背景もありますし、相当苦労されたんだろうなと思います。 福田明日香の現在の活動はバンド? そんな福田明日香さんですが、 モーニング娘脱退後は実家のスナックの手伝いをしていたみたいです。 スナックの名前もわかったんですが、 「ボンジュール」というお店らしいです。 ちなみにこんな感じのメンバーで活動されているみたいです。 をされていたときの福田明日香さんです。

次の

【朗報】元モー娘の福田明日香さん(35)、ヘアヌード解禁

福田明日香 ヌー

福田明日香『PASSIONABLE』(講談社)より 元モーニング娘。 の福田明日香のヘアヌード写真集『PASSIONABLE』(講談社)が6月19日に発売されることが発表され、大きな話題を呼んでいる。 すでにAmazonで予約が開始され、税込4180円という価格ながら、タレント写真集部門で1位を獲得。 万単位の予約が入っていると見られる。 この写真集を仕掛けたのは、モッツ出版の高須基一朗氏。 雑誌「サイゾー」で長年にわたり連載をしていた、出版プロデューサー・高須基仁氏の長男である。 父である基仁氏は、1990~2000年代にかけて、藤田朋子、天地真理、島田陽子など、大物女優のヘアヌード写真集を数多く手掛けた「ヘアヌードブーム」の立役者だった。 脱がせたい女優がいると、しゃぶしゃぶ店に誘い、ヘアヌードになる意義を説き、手付金として現金ウン百万円を目の前に広げ、最後は土下座をしたという逸話は業界内では有名だった。 「毛の商人」との異名を取るほど、女優たちのヘアーを晒させることに情熱を注ぎ、そのことが、ビジネスとしても、新たな表現としても、女優たちのその後の人生を変えると信じていたようだ。 だが、昨年9月、基仁氏はがんで逝去。 2010年代に入ると出版不況の中、基仁氏がヘアヌード写真集を手掛ける機会はなくなっていき、本人は常に「あの女を脱がせたい」と野心を抱いていたが、基仁氏の作品を見ることは二度とできなくなった。 しかし、血は争えなかった。 その長男が今回、世間をあっと驚かせたのだ。 高須基一朗氏のヘアヌード写真集プロデュース第一弾が、福田の『PASSIONABLE』となる。 「福田さんの所属事務所とは懇意にしており、彼女の活動をサポートするという話をもらっていました。 あらたな活動として、小説家などいろんなアイデアがあったのですが、そんな時、父ががんで亡くなったんです。 父なら間違いなく『ヘアヌードをやるべき』と福田さんに檄を飛ばし、口説いていたでしょう。 自分はそれまで、父と同じことはしたくないし、厳しい人なので、やったらやったでいろいろダメ出しされるだろうなと思っていたのですが、父が余命宣告をされて、もう長くないとわかったときから、気持ちが変化していきました。 父がこだわってきた、ヘアヌードの火を再びここで灯したいと」 そうと決まれば、父譲りの豪腕を発揮し、写真集実現に向けて一気に動き出したという。 「福田さんが信頼を寄せている女性カメラマンの和多田アヤさんにまず話をして、協力を取り付けました。 その後、2人で福田さんと説得。 ヌードをやることの意義やその後の可能性を理解してもらったんです。 そして、『まずは2人きりのセッションでヌードを撮ってみてください。 その写真をサンプルに出版社を口説きますから』と伝え、この時点で手付金として、それなりの金額を払いました。 出版社は決まってませんでしたが、その金額を軽く回収する自信があったので(笑)」 高須氏は、上がった写真の出来を見て、大手出版社が手を挙げること、そして写真集がヒットすることを確信。 案の定、最初に話を持ち込んだ講談社が好条件で出版を引き受けたという。 「最初に福田さんにこの話をしてから、写真集の発表まで半年もかかっていません。 父の仕事を傍らで見ながら教わったのは、怒涛のスピード感が大事ということ。 そして、『決して安売りはしない』というスタンス。 出版社との交渉の仕方も細かく見てきましたから。 講談社さんには『FRIDAY』という強力な媒体もあり、そこで先行カットを出すことで同誌の売上が上がるし、写真集の宣伝にもなる。 掲載料は別途発生するので、我々のビジネスとしても上積みできる。 もちろん、これで講談社さんに損をさせてしまったら、自分のプロデューサーとしての信頼はなくなるので、絶対に出版社も儲けさせるという自信の上でやっています」 現在のところ高須氏の目論見通り、幸先は好調だ。 「まず10万部は行けると思う」と自信を覗かせる。 「今は暗いニュースが多いですが、かつてのスーパーアイドルがヌード写真集を出すっていうのは、芸能ニュースとしても面白いじゃないですか。 もちろん、すでにいろんな意見が出てますけど、毀誉褒貶あっての芸能界。 父が90年代にヘアヌード写真集ブームを作りましたが、僭越ながら令和のヘアヌードブームが作れればいいなと思っています。 エロに限らず、エンタテイメントの世界は、デジタルの映像や画像に押されてきましたが、最近はボードゲームユーザーが増えたり、女性タレントの写真集が数十万部売れたりと、アナログ回帰の流れは出来つつある。 紙にこだわった、ヘアヌード写真集ブームも再び作れると思ってます」 すでに高須氏の中には、二の矢、三の矢が込められるようで、「今、みんながもっとも見たいと思っているだろう女優とアイドルの写真集の計画があります」と微笑む。 4月23日、高須氏は父の墓を訪れ、『PASSIONABLE』の発売が無事発表までこぎつけたことを報告したという。 二代目「毛の商人」が誕生した瞬間だったのかもしれない。

次の

福田明日香ヘアヌードの仕掛け人を直撃! なぜ彼女を脱がせたのか? 舞台裏では深イイ物語も|日刊サイゾー

福田明日香 ヌー

来歴 [ ] 母に「『』に出たい」と言ったことをきっかけに、、4歳の時に習い事の一環として「歌とダンスが習えるから」とに入り 、「」のCMに出演して芸能界デビュー。 、『』でドラマデビュー。 、『』で映画デビュー。 同年、9歳の時に出演した『』で1人の役者として扱われたことで芝居の虜となり、本格的に女優の道を目指すこととなる。 、フラームに移籍。 同年の『』、翌の『』で注目を集める。 2006年、の公演『』で舞台デビュー。 、『』でアニメ声優デビュー。 、『』で長編映画初主演 W主演。 12月、所属事務所公式ウェブサイト上にて携帯向けブログを開始。 、『』で初の長編映画単独主演。 中学・高校・大学と学業と芸能活動を両立する一方で「このまま映画やドラマの撮影現場だけで生きていたら、空っぽな人間になってしまう」と思い立ち、高校から大学にかけては一般の学生と同様に友人を作り、肉体労働のアルバイトを経験するなど青春を謳歌。 に大学を卒業する。 度後期放送の『』に演じるヒロイン・喜美子の妹・百合子役で出演し、に初出演する。 人物 [ ] 好物はイカ、メロン、ケーキ、。 嫌いな物はきゅうり。 趣味はと。 休みの日は一日中本を読んでるときもあり、好きな作家は、、など。 特技はピアノ。 好きな言葉は「やってやれないことはない、やらずにできるわけがない」。 勉強熱心で、小学校5年生の3学期のときにはオール5を獲ったことがある。 犬好きで犬を3匹飼っている(とと)。 やなどをよく聴き、特に前者は関連作品を全て集めるほどの大ファン。 も大好きで踊ったりしている。 父親は、バンド「カステラ」の元ドラマーの [ ]。 一人っ子。 出演 [ ] 役名の 太字は主演作品。 テレビドラマ [ ]• (2000年7月30日) - 役• (2001年1月7日 - 12月9日) - 篤子 役• 第40回・(2007年10月7日・12月31日) - 役• 真夏の恐怖劇場 「前世の女」(1999年7月26日、) - 門倉りお 役• (2000年7月7日 - 9月15日、TBS) - ゆかり 役• 監察医薮野善次郎8(2000年8月7日、TBS)• (2000年8月21日 - 12月18日、NHK)• 韓国のおばちゃんはえらい(2002年1月2日、NHK) - 伊藤梨江の娘 役• (2002年8月9日、)• 第5 - 6・10話(2002年11月7日 - 14日・12月12日、フジテレビ)• (2003年1月18-3月15日、) - 麻由子 役• (2003年8月25日 - 9月22日、NHK) - 上島真子 役• (2004年4月14日 - 6月23日、日本テレビ) - 古賀麻由子 役• (2004年7月7日 - 9月15日、日本テレビ) - 小田歩 役• 「旅立ちの靴音」(2004年11月1日、フジテレビ) - 田村宏美 役• 税理士楠銀平の事件帳簿2(2004年11月15日、TBS) - 漆原毬江(幼少期) 役• (2005年1月11日 - 3月22日、フジテレビ) - 寺泉千尋 役• 救命病棟24時 第3シリーズ 「アナザーストーリー」(2005年3月29日)• (2005年7月2日 - 9月17日、日本テレビ) - 進藤ひかる 役• (2005年11月1日、日本テレビ) - 澤野はな 役• (2006年1月12日 - 3月23日、TBS) - 西本雪穂(唐沢雪穂の少女期) 役• (2006年3月17日、日本テレビ) - 進藤ひかる 役• (2006年4月14日 - 6月23日、) - 沢井やす子 役• (フジテレビ) - さくらさきこ 役• 1(2006年4月18日)• 2(2006年10月31日)• (2006年10月3日、日本テレビ) - (13歳 - 15歳) 役• 190(2006年12月29日、) - さゆり 役• 「最後の翼」(2006年12月30日、NHK) - エリカ 役• (2007年1月13日 - 3月17日、日本テレビ) - 信友幸子 役• Story3 「セレンディップの奇跡」(2007年3月12日、日本テレビ) - 少女 役• (2007年5月4日、フジテレビ) - 河野有沙 役• (2008年6月14日、フジテレビ) - 戸部明日香 役• (2008年8月25日、日本テレビ) - 中村瑞枝(少女期) 役• (2008年9月13日、フジテレビ) - 山中一枝 役• (2009年1月12日、TBS) - 井上裕子 役• Case5 - 6(2010年5月11日 - 18日、フジテレビ) - 沢井春菜 役• (2010年8月28日、日本テレビ) - 岡崎美波 役• (2010年10月16日 - 12月11日、日本テレビ) - 富士野月子 役• (2011年7月7日 - 9月15日、フジテレビ) - 遠山灯里 役• (2011年10月2日 - 11月20日、) - 結城香恵 役• (2012年4月21日 - 6月30日、フジテレビ) - 沖江春奈 役• 第2話(2012年4月23日、フジテレビ) - 高澤美樹 役• (2013年12月14日、) - サチ 役• 戦後70年 千の証言スペシャル「私の街も戦場だった」ドキュメンタリードラマ(2015年3月9日、TBS)• 第7話(2015年5月15日、) - おすみ 役• 25周年記念! 秋の2週連続SP〜傑作復活編〜「昨日公園」(2015年11月21日、フジテレビ)- 町田隆子 役• (2016年4月26日 - 6月14日 、NHK BSプレミアム) - 有賀千恵 役• (2016年3月19日、NHK BSプレミアム)• 第3話(2016年5月6日、) - 藤原流美 役• 第4話(2016年11月12日、WOWOW) - 小川真央 役• 第2シリーズ 第6話(2017年11月17日、TBS) - 神谷カエ 役• (2018年8月23日、フジテレビ - 倉田菜々子 役• (2019年9月30日 - 2020年3月予定、NHK総合) - 川原百合子 役 映画 [ ]• (2004年5月29日、) - 竜ヶ崎桃子(幼少期) 役• HERO? 天使に逢えば(2004年6月12日、エンターテイメント倶楽部) - 高瀬千夏(幼少期) 役• (2005年11月19日、) - 杉山エミ(幼少期) 役• (2006年1月14日、) - 路木麻里(幼少期) 役• (2006年7月15日、東宝) - 倉木美咲 役• ハヴァ、ナイスデー 「夕凪」(2006年10月21日、パノラマ) - あずさ 役• (2006年12月23日、) - ファーン・エラブル(吹替) 役• (2007年7月21日、) - 丸山誉子(声) 役• (2007年12月15日、デスペラード) - 海乃たまき 役• (2008年2月9日、) - 二階堂真希 役• (2008年3月15日、松竹) - 斉藤あかり(少女期) 役• (2009年2月7日、) - 白石春海 役• (2009年8月29日、東宝) - 磯乃サナエ 役• (2009年11月21日、松竹) - 青木新子(声) 役• (2013年4月6日、) - 野口正美 役• (2014年4月26日、アイモーション) - 三井フレア 役• 恋愛奇譚集(2017年2月4日、) - ユリ 役• 疑惑とダンス(2019年3月2日、フラーム)• (2019年4月5日、アークエンタテインメント) - 加瀬ゆかり 役 テレビ [ ]• (2019年10月20日、NHK)司会アシスタント 舞台 [ ]• (2013年5月16日 - 26日、) - 高木春菜 役• (2017年4月20日 - 23日、 1号館) - ジュリア 役• (2017年8月2日 - 6日、) - 森本千代 役• (2017年10月25日 - 29日、) - 瑞樹 役 WEB [ ]• JJIDOL. com(2005年8月6日 - 26日)• 無料動画番組 Talking Japan Vo. 034(2006年2月15日)• テレビ朝日メールマガジン「a-friends ドラマ」(2006年6月14日)• jp 夕凪(2006年6月21日) - あずさ 役• 携帯電子書籍サイト 動く!! 写真集 「天使の放課後」(2007年10月6日)• (2009年10月27日、) - 神崎ナオ 役• 3枚目のボディガード〜ボクはキミだけを守りぬく(2011年6月1日 - 全13話、) - 福澤なつみ 役 ドキュメンタリー [ ]• 少女と鉄道・2013春 「鉄道、一筆書きの旅」中国地方1000キロの旅(2013年2月27日、フジテレビ) PV・その他 [ ]• 「」(2006年1月25日) - PV出演• 「」(2008年4月30日) - ジャケット写真 雑誌 [ ]• vol. 35 表紙、グラビア、インタビュー、ピンナップポスター付き• 雫-しずる- 大人ではない少女の瞬間。 (2008年11月11日発売) CM [ ]• (1998年・2004年12月)• バブバブハナちゃん(2000年3月)• カビキラー洗濯槽クリーナ-(2000年10月)• (2001年)• ブロードバンド(2003年1月)• ココパット(2003年3月)• QUOQ(2004年1月 - ) - ゆうこちゃん 役• コーンフレーク(2004年6月)• はるさめヌードル(2005年3月)• (2005年4月)• 企業広告 ミックスガーデンつくば(2006年4月)• スペシャルCM (2008年8月) - ナレーション• (2011年9月) - ナレーション• Xiタブレット(2011年9月) - ナレーション 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• インタビュアー:坂田正樹. シネマトゥデイ. 2019年12月21日閲覧。 『婦人公論』2006年8月22日号、p. 134。 「TVnaviセレクション 春ドラマのフレッシュスター(女優編)福田麻由子」、『』2006年7月号、p. 『』2006年4月号、107ページ• シアターガイド 有限会社モーニングデスク. 2006年6月6日. の2011年7月3日時点におけるアーカイブ。 2020年1月10日閲覧。 2008年1月2日時点のよりアーカイブ。 2020年1月10日閲覧。 アニメ!アニメ! イード. 2007年5月21日. 2020年1月10日閲覧。 [ ]• 『日本映画magazine』 2014年vol. 40、90ページ。 『週刊文春』4月24日号、121ページ• MANTANWEB. 2019年2月21日. 2019年12月21日閲覧。 インタビュー. ORICON NEWS. 2019年12月21日閲覧。 『』2009年1月号、p15。 『ダ・ヴィンチ』2012年10月号、p158。 「ニコラ」 2008年4月号 56ページ• 福田麻由子 2019年9月8日. インタビュアー:酒匂里奈. ナターシャ. 2019年12月21日閲覧。 『』2006年8月22日号、p. 134。 、2015年3月9日閲覧• Sanspo 2015年10月30日. 2015年10月30日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2017年11月17日. 2017年11月17日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2018年4月12日. 2018年4月12日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2018年11月20日. 2018年11月20日閲覧。 NHK 2019年2月21日. 2019年2月21日閲覧。 NHK 2020年2月4日. 2020年2月26日閲覧。 NHK 2020年2月4日. 2020年2月26日閲覧。 朝日新聞デジタル 2013年2月18日. 2013年2月15日閲覧。 シネマカフェ イード. 2016年12月18日. 2017年11月22日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2018年3月10日. 2019年4月10日閲覧。 外部リンク [ ]• fukudama1994 -• - (英語).

次の