尽力 させ て いただき ます。 【尽力を尽くす(つくす)】とは?ビジネスシーンで間違いやすい敬語の意味

「お力添え」「ご尽力」の正しい意味と使い方を解説【例文あり】

尽力 させ て いただき ます

「ご尽力」と「お力添え」の意味 「ご尽力」の「尽力」は、「力を尽くす」と書きます。 文字通り、「力を尽くすこと」「骨折り」という意味の言葉です。 精一杯努力して力を尽くす、ということですね。 「ご尽力」は、そこに丁寧な「ご」がついていますので、目上の人に対して、努力して助けていただいた感謝の気持ちを込めた言葉ということになります。 一方、「お力添え」の方はどうかというと、「力添え」は「力を添える」ですから、そのまま「援助」「助力」という意味です。 これも「お」がついていますので、「お力添え」は目上の人に対して、協力していただいた感謝の気持ちを込めた言葉ということになります。 「ご尽力」が「努力して助けていただくこと」であるのに対し、「お力添え」は「力を貸していただくこと」ですから、「努力して」という意味は含みません。 同じ「助けていただくこと」という意味でも、「ご尽力」と「お力添え」ではニュアンスが異なるんですね。 「ご尽力」と「お力添え」の使い方 上で述べたように、「ご尽力」と「お力添え」では少し意味合いが違ってきます。 しかし、どちらも「助けていただいてありがとうございます」というような意味合いではあるので、一般的に助けてもらったお礼を述べる際には使えます。 【例文】• ご尽力いただきありがとうございます• ご尽力を賜り、感謝申し上げます• 日頃よりお力添えを賜り、まことにありがとうございます これらの文のような場合は、「ご尽力」と「お力添え」を入れ替えても大丈夫です。 「ご尽力」「お力添え」は、相手を敬う敬語表現です。 どちらも社外の人や上司など、目上の人に対して使うようにしましょう。 部下など目下の人に対して「お力添えありがとう」などと使うのは不自然です。 「尽力」の使い方 「ご尽力」と「お力添え」には、先に述べたようなニュアンスの違いがありますので、必ずしも常に同じように使えるというわけではありません。 例えば、「ご尽力」の「尽力」は、「力を尽くす」「努力して力になる」というような意味合いですので、自分に対して使うことができます。 目上の人に対して「努力します」「頑張ります」と伝えるときに、尊敬(丁寧)語の「ご」を取って、「尽力いたします」のように使えます。 「お力添え」は、自分が主体となっていることに相手が協力してくれる、という意味ですから、「力添えいたします」とは使いません。 「お力添え」が適切な場合 逆に、「ご尽力」は不適切だけれど「お力添え」は使える、という場合もあります。 それは、相手に協力をお願いするときです。 「ご尽力」は「努力して助ける」意味なので、「ご尽力おねがいします」などと言ってしまうと、目上の人に努力することをお願いすることになってしまい、失礼に当たるからです。 【例文】• お力添えを賜りますようお願い申しあげます。 今後ともお力添えのほどよろしくお願いいたします。 類語 「ご尽力」「お力添え」に似ている表現としては、「ご協力」「ご支援」「お手伝い」などがあります。 いずれも力を貸してもらうことを丁寧に表していますので、目上の人に対してお礼やお願いをするときに使うことができます。 【例文】• ご協力賜り、まことにありがとうございます• ご支援のほどよろしくお願いいたします• お手伝いくださいましてありがとうございました 「ご尽力」「お力添え」に比べると、普段から使う言葉ですよね。 メールや書面ではなく、口頭で挨拶する場合にはこちらの方が言いやすいかもしれません。 ただし、これらは決して失礼な表現ではありませんが、耳慣れた言葉なので、どうしても丁寧さの度合いが低く感じられてしまいます。 「ご尽力」「お力添え」の方が書き言葉的で、かしこまった印象になります。 どのような内容の書面か、相手がどのぐらい目上の立場かなど、時と場合によって「ご尽力」「お力添え」を選ぶと良いのではないでしょうか。 まとめ 「ご尽力」と「お力添え」についてご説明してまいりました。 二つの言葉の意味や使い方をお分かりいただけましたでしょうか。 決して普段の会話の中で気軽に使う言葉ではありません。 だからこそ、使い方をきちんと理解して使うことができると、相手に自分の感謝や尊敬の気持ちを伝えることができますよね。 「ご尽力」と「お力添え」の使い方をしっかりマスターして、ぜひ使ってみてくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

「ご尽力いただき」の意味と使い方・例文・類語|相手別/メール

尽力 させ て いただき ます

尽力とは? 「尽」には「ことごとく」という意味があり「尽力」で、ことごとく出す力、つまり力を出し切ることです。 同じように「力」を使った言葉があります。 「努力」は目標に向かって成し遂げるという意味があり「尽力」とほぼ同じ意味と言えます。 それに比べて「注力」は、これらに比べると少しトーンが落ち、100%の力はかけないニュアンスがあります。 「尽力いたします」と「ご尽力いたします」 「尽力」だけでは、誰が力を出すのかが明確ではありません。 「尽力いたします」となると自分、或いは自分達が力を出すという意味合いを持つことになります。 「ご尽力」は、相手が自分、或いは自分達のために力を出してくれる意味合いを持ちます。 自分達が、力を出すことを「ご尽力いたします」とは使いません。 つまり、「ご」が付くつかないで誰が力を出すのかがわかる訳です。 「尽力いたします」は敬語なのか? 敬語には、三種類あります。 一つ目が相手に尊敬の意の表す尊敬語であり、二つ目が自分を下において相手を敬う謙譲語です。 三つ目は、語尾に「です」「ます」を付けて丁寧さを表す丁寧語です。 「尽力いたします」は「尽力する」を謙譲語にした言い回しです。 尊敬語にすると「ご尽力」であり、「これまでのご尽力に対しまして、深く感謝申し上げます」と使います。 丁寧語にすると「尽力します」となります。 「尽力いたします」の使う場面と手段 「尽力いたします」は、自分、或いは自分達のこれから向かうべく未来に対して、抱負、意気込みを宣言する際に使う言い回しです。 従って「尽力いたします」を使う場面は、晴れがましく・明るく・希望に溢れた行事や式典において多く使われています。 人事異動の挨拶 転勤の発令を受けて、自社の各部署や取引先への挨拶の際、或いは送別会の際のスピーチにおいて「尽力いたします」を使い、新任地へ向けての抱負を語ります。 また、新任地に着任した際にも新任地の上司、各部署や取引先に対して「尽力いたします」を使い、新任地での仕事への取組み姿勢を誓います。 就職・転職の際の履歴書 経歴欄や志望動機欄に「尽力いたします」を使い、志望した企業への意気込みを表現します。 開店・新規事業開始・イベント開催・記念式典などの挨拶 これらの主催者が、相手(お客さま、取引先など)に対しての意気込みを「尽力いたします」を使い、宣言します。 使う手段(媒体) 「尽力いたします」を使う手段には、使う人の意気込みや気合が表現できる「口頭(スピーチ)」があります。 遠方、或いは時間的制約がある場合は、「電話」「メール」「紙面」という手段で「尽力いたします」を使います。 前述の開店・新規事業開始・イベント開催・記念式典などの挨拶では、「口頭(スピーチ)」が当たり前ですが、事前に案内状を送りその中で「尽力いたします」を使うのも効果的です。 本日、発令を受けまして〇月〇日付で支社〇〇部〇〇課へ転任することになりました。 振り返りますとこの職場での5年間は、あっと言う間でした。 この間、皆様には大変お世話になり、深く感謝いたしております。 何もできない私に対しまして、手取り足取りのご指導をいただき営業に関わるあらゆるスキルを身に付けることができました。 新任地におきましては、皆様にご指導していただいたスキルなどを活かし、精一杯尽力いたしますので今後ともよろしくお願いいたします。 前任地(取引先) 〇〇物産の〇〇でございます。 お仕事中失礼いたします。 本日、発令を受けまして〇月〇日付で本社〇〇営業本部へ転任することになりました。 3年という短い期間ではありましが、御社には大変お世話になりました。 お蔭様で私の在任中は、御社との取引量は順調に推移し、現在では着任時の2倍に達しており、大変感謝いたしております。 新任地の〇〇営業本部においても、御社との関わりの多い業務に就く予定でございますので、今後とも御社発展のために尽力いたしますので引き続きよろしくお願いいたします。 前任地(送別会) 〇〇です。 本日は、私のためにこのような盛大な場を設けていただき、誠にありがとうございます。 また、先程は、〇〇部長から過分なるお言葉を頂戴し、大変恐縮いたしております。 私は、本日、発令を受けまして〇月〇日付で本社〇〇本部〇〇担当へ転任することになりました。 振り返りますと、あっという間の5年間でした。 何もできない私に対しまして、何から何まで、手取り足取り辛抱強くご指導して下さった皆様には深く感謝しております。 そんな中、1年目の秋の社内運動会は、大変楽しい思い出として今でも鮮明に覚えています。 部署対抗リレーでは、私がバトンを落としたばかりに、優勝を逃したことは今でも悔しさが残っています。 思い出は、この他にもたくさんあり、誠に充実した5年間でした。 今後におきましては、この〇〇支店で皆様にご指導いただき身に付けたスキルと根性で本社において、我が社のために力の限り尽力いたしますので、よろしくお願いいたします。 本当に、5年間ありがとうございました。 お世話になりました。 新任地(所属職場) 本日付で〇〇支店より参りました〇〇です。 よろしくお願いいたします。 入社以来5年間、現場でのコンシューマー営業をやっておりました。 本社勤務は初めてであり、しかも法人営業も、初めてですので多少の不安はありますが、皆様方のご指導をいただきながら1日でも早く戦力になるよう精一杯尽力いたしますので、どうかよろしくお願いいたします。 新任地(取引先) 〇〇製造の〇〇でございます。 お仕事中失礼いたします。 本日、弊社〇〇支店へ着任いたしましのでご挨拶に伺いました。 これまでは、本社の〇〇部門で5年ほど従事しておりました。 その中で、御社との取引経験もございます。 今後におきましても、御取引きを通して、御社のために精一杯尽力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。 人事異動の挨拶(電話) 前任地 〇〇支店〇〇担当の〇〇です。 いつもお世話になっております。 本日の発令で、〇月〇日付で支社〇〇部〇〇課へ転任することになりました。 〇〇課長には、公私ともに大変お世話になりました。 本来なら直接お会いして、お礼を申し上げるべきところですが、お電話になったこと本当に申し訳ございません。 今後におきましても、我が社発展のため尽力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。 新任地 〇〇物産でございます。 いつもお世話になっております。 私、〇〇の後任として本日付けで着任いたしました〇〇と申します。 お電話でご挨拶を申し上げるのは大変失礼であり、恐縮いたしております。 弊社は、今後とも全社を挙げて御社発展のため尽力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。 人事異動の挨拶(メール) 人事異動の挨拶(はがき) 拝啓 陽春の候ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 さて、私ことこのたび〇月〇日付で東京本社〇〇営業本部勤務を命ぜられ過日着任いたしました。 今後も精一杯我が社のために尽力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら御礼かたがた御挨拶申し上げます。 敬具〇年〇月〇日 就職・転職の際の履歴書 ・〇年〇月 〇〇大学工学部卒業 ・〇年〇月 株式会社〇〇入社 〇〇開発部門で〇〇開発に従事 ・〇年〇月 同社〇〇本部で〇〇プロジェクトに従事 ・〇年〇月 同社〇〇本部の〇〇プロジェクトの責任者に着任 ・〇年〇月 同社〇〇研究所〇〇開発部門の責任者に着任 ・〇年〇月 株式会社〇〇退社 以上つたない経験ではございますが、御社のために力の限り尽力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。 開店・新規事業開始・イベント開催・記念式典などの挨拶.

次の

ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

尽力 させ て いただき ます

「お力添え」と「ご尽力」はどちらも「助ける」という意味です。 ただ、ニュアンスが異なるため、まずはそれぞれの正しい意味をご紹介します。 力を貸すこと。 援助」という意味の言葉です。 「お力添え」は何かを成し遂げるため奮闘しているときに、力を貸してくれるようお願いする言葉です。 「ご尽力」は何かを成し遂げるため奮闘しているときに、かなりの労力をかけて助けてくれること指す言葉です。 「お力添え」……軽め。 手を貸してもらう・助言してもらうという程度 「ご尽力」……重め。 助けてもらう・実現のために走り回ってもらうという程度 相手からの手助けに対してどちらを使うかは、助けてもらった人の主観で判断します。 客観的に、このくらい手伝ったから「お力添え」を使う、などという基準があるわけではありません。 「ご尽力」と言えるほど助けてもらったのか、「お力添え」が適切な程度に助けてもらったのかを、助けてもらった人が判断します。 「お力添え」が適切な場合 ・プロジェクトメンバーではないが、軽く仕事のアドバイスをもらった ・商品宣伝のために、自主的にSNSで発信してくれた ・イベント主催者ではないが、参加して集客に貢献してくれた 成功のために手は貸してくれたが、外部からの軽い協力程度であれば、気にせず「お力添え」を使いましょう。 ここで「ご尽力」を使うと「もっと手伝ってくれればよかったのに」という嫌味と受け取られるリスクがあります。 「ご尽力」が適切な場合 ・上司がプロジェクト成功のために全面的に協力してくれた ・イベントのために出資してくれた ・寝る間も惜しんで一緒に仕事をしてくれた 成功のために、できる限りの力を貸してくれたなら、「ご尽力」が適切です。 一生懸命協力してくれた相手に「お力添え」を使うと、相手は軽視されたように感じて不快になってしまうかもしれません。 意味は同じでも、失礼な印象を持たれる危険があると意識するだけで、正しい選択ができる言葉です。 お礼編 ・日頃からお力添えを賜り、心より感謝しております。 ・この度はSNS拡散施策にお力添えを賜り、誠にありがとうございました。 ・今後とも、より一層のお力添えをいただけますと幸いに存じます。 お礼編 ・ この度のプロジェクト完遂にあたり、関係各位の皆様のご尽力には心から感謝申し上げます。 ・ 平素よりご尽力を賜り、厚く御礼申し上げます。 ・ このプロジェクトが無事終わりを迎えられたのも、皆様のご尽力あってこそでした。 本当にありがとうございます。 ・プロジェクト完遂に向けて、尽力して参ります。 ・精一杯尽力させていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。 自分に対して使う「尽力」は、 「力を尽くします」「がんばります」というニュアンスをスマートに伝える言い回しとして、とても便利な言葉です。

次の