ゆず 終わらない歌 歌詞。 「終わらない歌 / ゆず」の楽譜一覧

終わらない歌 歌詞 / ゆず

ゆず 終わらない歌 歌詞

Scenario! modal-header-title'. modal-header-title'. modal-header-title'. amountReduction'. html response. payType'. html response. totalBackPoint'. html response. modal-header-title'. amountReduction'. html response. totalBackPoint'. html response. PointReductionOriginal; if response. modal-header-title'. pointReduction'. html response. totalBackPoint'. html response. modal-header-title'. pointReduction'. html response. totalBackPoint'. html response. PointReductionOriginal; if response. modal-header-title'. amountReduction'. html response. pointReduction'. html response.

次の

ゆず 終わらない歌 歌詞

ゆず 終わらない歌 歌詞

Scenario! modal-header-title'. modal-header-title'. modal-header-title'. amountReduction'. html response. payType'. html response. totalBackPoint'. html response. modal-header-title'. amountReduction'. html response. totalBackPoint'. html response. PointReductionOriginal; if response. modal-header-title'. pointReduction'. html response. totalBackPoint'. html response. modal-header-title'. pointReduction'. html response. totalBackPoint'. html response. PointReductionOriginal; if response. modal-header-title'. amountReduction'. html response. pointReduction'. html response.

次の

終わらない歌/ゆずの歌詞

ゆず 終わらない歌 歌詞

4月15日に発売した『映画クレヨンしんちゃん オラの引っ越し物語 サボテン大襲撃』主題歌の「OLA!! 」が41作連続でTOP10入りするなど、デビューから17年を経てなお安定した人気を獲得しているゆず。 8月15日〜17日には約9万人を動員予定の神奈川・横浜スタジアム公演、10月からは全国アリーナツアーも控えているなか、『めざましテレビ』テーマソングとしてオンエア中の新曲「終わらない歌」が届いた。 「ここまでマーチを前面に押し出したシングルっていうのはなかったと思います」と岩沢厚治が話す通り、軽快なマーチング&ブラスに乗せた明るい曲調のメロディが印象的な、1日のはじまりにぴったりの曲となっている。 このアレンジは「OLA!! 」に引き続き前山田健一によるもの。 今回、前山田は北川悠仁とともに作詞・作曲にも参加している。 2013年12月のORICON STYLEのインタビューで、前山田に対して「ももいろクローバーZの作品を聴いて、ポップスの既成概念を打ち壊すような展開やメロディや歌詞に衝撃を受けたんですよ。 あえてヤツと呼ばせてもらいますけど、どうせやるならこれくらい振り切ってるヤツとやった方が面白そうだなと思った」と話していた北川。 本作については曲の核となる部分ができていったなかで「いろんな世代に届いてくれるような温度感に曲を落としこんでいきたいなと。 自分のなかの情熱を全部曲にぶつければ、それが一番いいのかというと、そうではないと思っていて」と話しており、第三者的なクリエイティブの視点も入ることで、メッセージ性を含みながらも幅広い世代の心に響く作品に仕上がった。 争いがなくならない世の中で、音楽を通して未来に何を伝えていけるのか、何を残していけるのか。 きっかけは、17歳にして史上最年少のノーベル平和賞を受賞したパキスタン出身の少女・マララさんだった。 たまたまテレビでマララさんを目にした北川は、インタビューやスピーチを聞いたり、本を読んだりするなかで「こんなに若い少女が世界を敵に回して懸命にメッセージを投げかけてる。 そのメッセージが、こんなアジアの片隅にいる自分にも届いて。 それと同時に、日本も今年戦後70年という、ある意味節目の年で、その2つが自分のなかでリンクした」(北川)という。 「『WONDERFUL WORLD』のときに歌っていたものとは少し変わってきていて。 自分に子どもができたことがすごく大きいと思うんですけど、やっぱり自分だけの未来じゃないという意識は以前にも増して感じています。 いままでも「未来の子どもたちに大人としてなにを残せるのか」ということを考えてきたけど、 より具体的に考えるようになったし。 共作といっても、「北川からほんのワンフレーズだけデモをもらって、そこからちょっとずつ、日記を交換するように(笑)、進めていきましたね」(岩沢)、「共作という言葉のくくりにしてしまうと共作なんだけど、面と向かって、五線譜を机に並べてこうしようああしよう、でもなく、個人制作の結晶ですね。 お互い、曲を完成させちゃいけないんですよ。 このメロディができたから次は…一旦やめて、バトンを渡すことでまた次のメロディが生まれる。 あ、転調した!みたいな(笑)」(北川)という手法をとったそうだ。 今年4月の「OLA!! その思いを感じさせられるのが、3曲目に収録されている「みらい」の弾き語りによるセルフカバー。 よりライブテイクのように音が身近に感じられる仕上がりとなっている。 それもそのはず、レコーディングは「一般的に録ると、リハでやっている聴こえ方や手応えが消えちゃうなと思ったので。 スタジオの広いスペースにマイクを立てて、限りなく一発録りに近い形で」(北川)行われた。 岩沢は「こういうやり方は『ゆずの素』(97年発売のミニアルバム)以来じゃないですかね。 もっとちゃんとした綺麗な音で!というよりは、このくらいの部屋であそこにゆずがいて、マイクがあって、この距離で歌っていて... と、臨場感を聴いていただけたら」と続ける。 8月15日、16日に横浜スタジアム公演は、そんなゆずの真骨頂である弾き語りライブとなる(17日にはFCイベント)。 そのうえで『弾き語りいいじゃん! 』って思われる説得力というか。 音の数ではバンドに絶対勝てないから、4 本の手と2 つの顔でどれだけできるかっていうのはすごく楽しみです。 音が小さかったら耳を澄ましてほしいし、細かいことをやってたら目を凝らして観てほしい。 『ゆずってこうだったね』と『ゆずってこういうことやるんだ』というライブをお見せできればと思います」(岩沢)。 常に進化していながらも、原点を大事に活動を続けていることが、ゆずが長年にわたって支持されてきた理由なのだろう。

次の