いも きり けん ちゃん。 干し芋のタツマ(ほしいも・干しいも)

けんちゃん家

いも きり けん ちゃん

スポンサーリンク 愛媛の人って「芋けんぴ」が大好きなんですよ。 僕も食べ始めたら止まらなくなるし、高知土産に芋けんぴ買ってきたらみんな喜びます。 高知・芋けんぴの有名販売店の芋屋金次郎、松山に出店して4年ぐらい経ちますが・・・このほど2号店が道後に出来たそうです。 桑原の愛媛1号店は口コミでも評判良いので期待です。 芋屋金次郎は商店街に入ってスグの場所です。 道後店限定の12時間以内に揚げた、出来たのの「ゆあがりけんぴ」が展示しています。 試食も出来ましたが・・・芋けんぴなのに固くなくて食べやすい!さすが出来たてです。 とりあえず一袋買ってみました。 1袋400円と結構なお値段。 内容量は120gと食べきりサイズですね。 揚げたてのためか、家に持って帰る頃には芋けんぴの油が袋についちゃいました。 国内の契約農家の新鮮なさつま芋を利用し、南予地方の海藻ホンダワラの藻塩を利用したそうです。 せっかくの出来たて、早く食べないと損ですね。 さっそく開封して食べてみましたが・・・ やっぱり柔らかい、食感がいつも食べている芋けんぴとだいぶ違いますね。 下手すりゃ口の中を芋けんぴで切っちゃう市販品とはだいぶ違います。 程良い甘さと塩加減が丁度で止まらなくなります!こいつはダイエット中には危険だ 名前通り、道後温泉に入った後の湯上がりにぴったりのお菓子でした。 今まで安物の大容量品ばっかり買ってましたが、たまにはちょっとお高い芋けんぴもいいですね。 贈答用にも使えそうです。 購入したら芋をくれるそうです。 昔はちょっと古臭い土産屋が多かったのに、道後ハイカラ通りはだいぶ垢抜けてきてますね。 エイトワンの 10ファクトリーなどオシャレなお店が増えています。 試食したら美味しかったので、観光地価格のお菓子でもついつい買っちゃいます。 周囲には六時屋や豆吉本舗など名店が揃っていますが、芋屋金次郎も観光客を惹きつける魅力的な店舗になりそうです。 道後温泉にきた人は、是非試食だけでもしてみて下さい。 お客が多いので試食しやすかったです 😛 店舗情報・アクセス 定休日 年末年始 開店時間 09:00 — 21:00 駐車場 なし 住所 愛媛県松山市道後湯之町6-12 最寄り駅 道後温泉駅.

次の

【楽天市場】干しいも

いも きり けん ちゃん

スポンサーリンク 愛媛の人って「芋けんぴ」が大好きなんですよ。 僕も食べ始めたら止まらなくなるし、高知土産に芋けんぴ買ってきたらみんな喜びます。 高知・芋けんぴの有名販売店の芋屋金次郎、松山に出店して4年ぐらい経ちますが・・・このほど2号店が道後に出来たそうです。 桑原の愛媛1号店は口コミでも評判良いので期待です。 芋屋金次郎は商店街に入ってスグの場所です。 道後店限定の12時間以内に揚げた、出来たのの「ゆあがりけんぴ」が展示しています。 試食も出来ましたが・・・芋けんぴなのに固くなくて食べやすい!さすが出来たてです。 とりあえず一袋買ってみました。 1袋400円と結構なお値段。 内容量は120gと食べきりサイズですね。 揚げたてのためか、家に持って帰る頃には芋けんぴの油が袋についちゃいました。 国内の契約農家の新鮮なさつま芋を利用し、南予地方の海藻ホンダワラの藻塩を利用したそうです。 せっかくの出来たて、早く食べないと損ですね。 さっそく開封して食べてみましたが・・・ やっぱり柔らかい、食感がいつも食べている芋けんぴとだいぶ違いますね。 下手すりゃ口の中を芋けんぴで切っちゃう市販品とはだいぶ違います。 程良い甘さと塩加減が丁度で止まらなくなります!こいつはダイエット中には危険だ 名前通り、道後温泉に入った後の湯上がりにぴったりのお菓子でした。 今まで安物の大容量品ばっかり買ってましたが、たまにはちょっとお高い芋けんぴもいいですね。 贈答用にも使えそうです。 購入したら芋をくれるそうです。 昔はちょっと古臭い土産屋が多かったのに、道後ハイカラ通りはだいぶ垢抜けてきてますね。 エイトワンの 10ファクトリーなどオシャレなお店が増えています。 試食したら美味しかったので、観光地価格のお菓子でもついつい買っちゃいます。 周囲には六時屋や豆吉本舗など名店が揃っていますが、芋屋金次郎も観光客を惹きつける魅力的な店舗になりそうです。 道後温泉にきた人は、是非試食だけでもしてみて下さい。 お客が多いので試食しやすかったです 😛 店舗情報・アクセス 定休日 年末年始 開店時間 09:00 — 21:00 駐車場 なし 住所 愛媛県松山市道後湯之町6-12 最寄り駅 道後温泉駅.

次の

道後に新規開店した芋屋金次郎へ。限定商品の「ゆあがりけんぴ」が美味しい!

いも きり けん ちゃん

国内でも数少ない自然栽培に取り組む「けんちゃん農場」 新潟市で10代に渡り米農家を続ける「けんちゃん農場」は、代表の齋藤憲一さんと、妻の陽子さんが夫婦で営んでいる。 新潟市秋葉区に水田を所有し、一般的な慣行栽培と合わせて、国内でも数少ない「自然栽培」にも取り組む。 自然栽培とは、肥料や農薬を全く使わずに、自生に近い環境下で農作物を育てる方法のことだ。 慣行栽培では、苗が雑草に負けないよう、田植え後に除草剤を撒く。 一方の自然栽培では、稲が根を張るまで、『人の手』で根気よく除草を行う。 多くの手間を要するが、自然の力・稲の成長力を最大限に引き出す上では欠かせない。 また、あぜの除草においても、薬剤に頼ることはしないばかりか、短く刈り切る事もしない。 それは、水田に元々いる虫や蛙を生かすためで、それによって、水田の生き物が防虫の役割を担ってくれるからでもあるという。 肥料や農薬に頼らなくとも、自然の力を生かすことによって、作物を育てられることを実感した齋藤さんは、米だけでなく、他の作物でも自然栽培を実践し始めている。 薬を使っていない安全な作物を食べるため 元々農業に興味を持っていた陽子さん。 結婚を機に農作業ができることを楽しみに思っていたという。 しかし、実際に従事し始めると、農薬を使うことに対して違和感を感じるようになり、なるべくなら使わずに育てたいと考えるようになった。 更に、子どもが生まれてからは、「健康な体にしてあげたい。 そのためには、体により良い物を作って、たくさん食べさせてあげなければ」と、安全な作物に対しての想いが増していったそうだ。 出来る範囲で農薬の削減に取り組んでいた最中、あるイベントの出店で肥料も農薬も使用せずに育てた「自然栽培」産の商品が並んでいたのを発見。 思わず店主に「やってみたいんです」と伝えると、「じゃあ教えてあげるよ」と話が進み、すぐに取り組みを始める事が出来た。 まずは、所有する水田の一部からスタート。 不慣れな作業もあり、試行錯誤しながらではあったが、薬剤に頼らない栽培はとても気持ちが良く、清々しい気分になったという。 肥料や農薬、除草剤を使わないため、環境にも体にも優しい。 「自分自身には、この栽培方法が合っている」と、陽子さんは確信した。 20a(アール)から始めた作付け面積も今や130a。 有機JAS認定にも申請し、けんちゃん農場は自然栽培を行う農家として着々と歩みを進めている。 生産者紹介 新潟市出身。 元々は車修理のエンジニアをしながら、家業である農業を手伝っていたが、先代が亡くなったことをきっかけに専業農家へ転向した。 妻の陽子さんと手を取り合って取り組んでいるのが、無肥料・無農薬の「自然栽培」。 これは、一般的な慣行栽培と比べて手間がかかる上、面積当たりの収量も多くはないものの、「自然栽培を始めてからは、田んぼに虫や蛙の姿が多く見られるようになり、安全性を肌で感じ取れて嬉しい」と語る。 やっただけのことが作物の味わいや田畑の様子に表れていく様子から、自然と共生しながらの栽培にやりがいと楽しさを感じるという。 また、自然栽培産の作物は全国的にも珍しく、栽培量が少ないことから「高級品」としても扱われる中、「収量を増やしていくことで、『気軽に食べられる』ように提供していきたい」というのが今後の目標となっている。 店舗詳細 店舗名称 けんちゃん農場 住所 新潟県新潟市中央区長潟946 アクセス.

次の