髪の毛 塗り方。 アニメ塗りで髪の毛を塗ろう!

髪のツヤベタ!綺麗に魅せるポイントと塗り方

髪の毛 塗り方

株式会社セルシスが監修した、CLIP STUDIO PAINT PRO唯一の公式ガイドブック 予備知識がゼロでも、表現したい気持ちさえあれば大丈夫! インストールの手順にはじまり、基本的な操作や環境設定から、わかりやすく丁寧に解説しています。 また、プロクリエイターによる作例のメイキングを通して、ビギナーがつまずきがちなポイントもフォローし、実践的な技術もしっかりと習得できます。 画像の加工やロゴデザインの作成など、デザインワークで役立つテクニックも多数掲載。 作例データをダウンロードし、レイヤー構造や設定を紙面と照らし合わせることもできます。 CLIP STUDIO PAINT PROの多彩な機能を使いこなして、もっと自由に創作できる、エントリーユーザー必携の入門書です! 華やかな瞳にするテクニック 記事内ナビゲートキャラクターイラスト:はとはね 瞳が描き上がるまで 作例で瞳を描き込んで完成させるまでを見ていきましょう。 まつ毛は瞳を飾る役割のほか、その濃い色が見る人の視線を誘導します。 これ以降、ほとんどの塗りは[不透明水彩]ツールを使います。 POINT 不透明水彩の設定 作例では[不透明水彩]は[サブツール詳細]パレットで[下地混色]の設定を オフにしています。 そうすると、描画時に下地の色が混ざらない設定になります。 キャラクターイラストの場合、瞳の 上のほうを濃く塗ることが多いです。 [不透明水彩]を使い弱い筆圧で描いたところは、やや半透明になります。 これを利用して、反射光の透明感を出したいところは筆圧を弱くして不透明度をコントロールします。 [Gペン]なので、くっきりと色が出ます。 筆圧の加減で濃淡を出して、ハイライトの端を少しにじませます。 ハイライトを入れるとキャラクターの表情も生き生きしてきます。 瞳の塗りの完成です! 美しいツヤのある髪を塗る 髪の塗りができるまで 髪の塗りについて作例で解説します。 さまざまな髪の塗り方がありますが、一例として参考にしてください。 修正するときも 透明色にした[不透明水彩]で行います。 ところどころのエッジを、透明色を使った[柔らか]でぼかします。 最も明るい色は白を描画色にしました。 すべて[不透明水彩]で塗っています。 何本か書き加えると、軽い髪のサラサラした感じが出せます。 髪の塗りの完成! CLIP STUDIO ASSETSの髪色カラーセット CLIP STUDIO PAINTで使える素材サービスでは、セルシス公式から無料素材「」が公開されています。 右上の「ダウンロード」をクリックしてダウンロードします。 CLIP STUDIO PAINTを起動し、[カラーセット]パレットの右上にある[カラーセット素材の読み込み]アイコンをクリックします。

次の

髪の毛の塗り方

髪の毛 塗り方

柔らかい塗りを目指したブラシ設定をしてみよう はじめに、柔らかい質感を表現するためにブラシ設定を変えてみましょう。 今回使用するブラシはSAIにデフォルトで入っている「筆」の設定を変えたものです。 ペン設定は人によって手に馴染むものと馴染まないものが大きく分かれてしまうため、一概に正解と言える物はありません。 一度デフォルトの枠から外れて自分に合ったペン設定を模索するのも、自分の塗りを見つける第一歩と言えるのではないでしょうか。 髪の塗りの工程 それでは早速塗っていきましょう。 今回ご紹介する髪の塗りは 下から、 1. ベースカラー 2. 1影 +グラデ 3. 2影 4. 3影 色味 5. ハイライト 6. 肌透け 7. オーバーレイ 仕上げ の レイヤー構成 を 基本構成 として塗っていきます。 仕上げ以外の塗りは 基本的にレイヤー効果を使わず通常レイヤーで色を表現していきます。 レイヤー効果を多用しない最大の理由は、自分の出したい色を出すのが難しいからです。 また、乗算などのレイヤー同士を重ねたときに色のズレがムラのようになってしまったり、ソフトによっては互換性のないレイヤー効果などがあったりすることも理由のひとつです。 もちろん、場合によってはレイヤー効果に頼るべきこともあります。 「レイヤー効果を使ってはいけない!」ということは、決してありませんので適材適所で臨機応変に対応していきましょう。 1影で物体の立体を表現しよう 1影は特に物体の立体を表現する重要なレイヤーです。 今回はメインの陰影を1影と2影の2枚で表現するので、 1影は光源を意識して大きめに影を配置していきます。 キャラクターの顔は見栄えの関係で平面的に描くので、髪の塗りで豪華さを表現します。 そのためにも 1影の段階では多少、影の量を盛って塗るくらいが丁度良いでしょう。 ただし大きく塗る分、1影の色の選択は慎重に行う必要があります。 1影 は ベースカラーの大部分をカバーしてしまう 為、ここで 色の選択を誤ると配色の印象そのものを変えてしまう 事になりかねないのです。 1影の色を選択する際は彩度や明度に気を使いつつ ベースカラーの印象を変えてしまわないことを意識しましょう。 このとき、色を置き過ぎてしまわないように、あらかじめ1影のレイヤーとエアブラシのレイヤーを分けておくと塗り範囲や不透明度などを調整しやすくなります。 2影で陰影にメリハリと深みを与える 1影で大まかな髪の質感を表現しましたが、このままではメリハリがありません。 そこで 2影(1影よりさらに濃い影)を使い、陰影にメリハリと深みを増した表現していきましょう。 1影よりも濃い色でもう一段階、影を落としていきます。 同時に 1影の輪郭に沿うように色を置いてあげると 塗りが全体的にリッチに見え、近年流行りの可愛らしいテイストに仕上がります。 色味を加えて柔らかさや女の子らしさを追加する 2影まで塗り終えた段階でも問題はありませんが、2影の中に ほんの少し赤~紫がかった彩度の低い色を置くと、柔らかさや女の子らしさが追加できます。 これにより 立体感や空気感を追加し、陰影の単調さを取り除いていきます。 色味を追加する際、注意する点は 2影とあまり明度の差を作らないことです。 あくまで自然に2影に色を追加するものであり、 3影そのものが主張し過ぎないように2影と同じ明度、または それよりもほんの少し明るいくらいの色を選ぶと良いでしょう。 ハイライトは一度描いてから削るのがオススメ ハイライトは ベースカラーよりも明るく彩度の高い色を選択します。 また、光源の色やベースカラーとの兼ね合いを考え今回は黄色み掛かった色を置いていきます。 髪を一本一本描くような感覚で髪の流れを描きつつ、後で形を整えるので、はじめは 縦の幅を広めにハイライトを塗っていきます。 好みによっては広めのハイライトのままでも悪くはありませんが、 コントラストが高くなりすぎると光が目立ち過ぎて収拾がつかなくなってしまっています。 ブラシ濃度を下げた輪郭の柔らかい消しゴムブラシでハイライトの形を削り、整えていきます。 直接ハイライトをその形のまま描くよりも、 一度描いてから柔らかい消しゴムで削るほうがハイライトのエッジが優しく柔らかな仕上がりになり馴染みます。 毛先はスクリーンとオーバーレイで柔らかく仕上げる ここまでくればもうあと一息です。 前髪の毛先あたりに エアブラシを使って 肌の色をスクリーンで薄く乗せてぼかし、 肌の透け感を表現します。 このとき 広範囲に塗り過ぎたり、色を濃くしっかり置き過ぎたりして陰影の輪郭を潰してしまわないように注意しましょう。 また、後ろ髪の毛先にも同様に明るい色をスクリーンで入れると髪全体に透明感が現れ、軽く柔らかな印象を持たせることができます。 最後に オーバーレイで 薄く赤みがかった色を 光の当たる箇所に エアブラシで軽く塗って髪の塗りは完成です。 髪はキャラクターの命! いかがでしたか。 キャラクターの髪は質感によって、ストレートで艶やかな髪や、柔らかくボリューミーな髪など色々あると思います。 髪はキャラクターの命です。 テンプレート化された塗りだけではなく 質感に合わせた臨機応変な塗りが出来るよう、 髪をしっかりと立体として捉え厚みや凹凸などを意識して より魅力的なキャラクターを描けるよう心がけていきましょう! [著・画:漆原六花(うるしばらりっか)] pixiv Twitter 2015年1月からフリーランスで活動を始めた駆け出しイラストレーター。 どこまで行ってもゴールなんて無いお絵描きというジャンルにやり甲斐を感じています。

次の

髪のツヤベタ!綺麗に魅せるポイントと塗り方

髪の毛 塗り方

髪はキャラクターの印象を決める重要な部分。 色を塗るときは、 サラサラツヤツヤな髪を表現したいですよね。 今回の講座でもこの順番に従って解説をしていきます。 使用するブラシ 髪の塗りで使用するブラシを紹介します。 主に使用するブラシは、 [不透明水彩] [濃い水彩] [丸ペン]の3つです。 不透明度は80%くらいにして、少しだけ下の色が透けるようにしています。 線の入り抜きはほとんどありません。 線の入り抜きがあるので髪の流れを表現するのに便利です。 水彩のブラシとは違い、線の輪郭がハッキリしているので絵にメリハリを つけるために少しだけ使います。 ベタ塗り 肌や服が塗り終わった状態から作業を進めていきます。 最初に、ブラシや塗りつぶしツールを使って、線画にそって髪の範囲を1色で塗りつぶしておきます。 はみ出しや塗り残しが無いように塗りましょう。 ベタ塗りする色は、あとで影を塗っていくうちに暗い色になってしまいがちなので、ベタ塗りの段階では理想の仕上がりイメージよりも 明るめの色を選ぶとよいでしょう。 今回の髪色は濃い目の青に仕上げたいので、ベタ塗りの段階ではグレー寄りの落ち着いた青を選びました。 大まかな明暗をつける まず、顔まわりのおおまかな影から塗っていきます。 こうすることでべた塗りの外にはみ出なくなります。 頭の形を意識しながら円弧を描くように、 [不透明水彩]でベタ塗りの色より一段階暗い色をざっくりと置いていきます。 影の上部分は毛束ごと円弧を描くように、透明色を選択した [不透明水彩]ブラシで削ります。 髪の流れに沿って塗る 続いて髪の流れにそって色を塗っていきます。 髪の流れは、 頭の頂点から毛先に向かっていくイメージです。 [不透明水彩]でざっくりと影を描いてから、 [濃い水彩]の透明色で削っていくことで流れを表現します。 身体に隠れる部分、髪が重なっている部分などを重点的に、流れにそって影を足していきます。 濃い影を置く 流れにそって塗れたら、もう一段階濃い影を [濃い水彩]を使ってより奥まったところや髪の重なるところに描き入れます。 [丸ペン]を使ってさらに濃い影を描きます。 この影を塗りすぎて髪の色全体が暗くなりすぎないように気を付けます。 以上で影を塗る工程は終わりです。 髪のツヤを表現する方法 ハイライトを塗る 続いて、髪のハイライトを塗っていきます。 影を塗ったレイヤーの上に新規レイヤーを追加します。 ハイライトを塗るときは、髪色にメリハリができるように、 かなり明るい色を使うのがポイントです。 ただし、白色では髪らしさが薄れてしまうため、なるべく髪色となじむ色を選ぶようにします。 今回は青髪の女の子なので、青みがかった色にしました。 顔まわりの影と同じように [不透明水彩]を使って円弧状にハイライトを塗ります。 ハイライトを [不透明水彩]で上下から透明色で削ります。 髪の毛束に沿って色を削り、髪のツヤを表現します。 [濃い水彩]も使い、ハイライトを描き足します。 髪の毛先にも細いハイライトを入れると繊細な印象になります。 以上でハイライトの工程は終わりです。 最終的な仕上げ 最後に色の調節を行い、髪の透明感を出します。 髪の色に変化をつける [エアブラシ(柔らか)]というブラシを使います。 ふんわりとしたグラデーションを表現したいときなどに便利です。 新しくレイヤーを作り、髪の毛先側半分くらいに明るい水色のグラデーションを入れます。 このレイヤーの合成モードを「通常」から「ソフトライト」に変更すると、暗い色から明るい色へ、髪の色になだらかな変化をつけることができます。 レイヤーの合成モードについてはで詳しく説明されています。 同じ手順で新規レイヤーを作り、髪の毛先にもう1色入れて、透け感を出します。 このとき前髪にも肌色を入れると、顔まわりが優しい印象になります。 最後に、新規レイヤーに [丸ペン]で細い髪を描き足します。 情報量が増え、髪の繊細さも表現できます。 レイヤー構成の例 まとめ これですべての工程が終わりました。 でも描き方を紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね! また、パルミーでは「髪型の種類を紹介した講座」も公開しているので、ぜひ参考にしてみてください。

次の