伊勢丹 株価。 三越伊勢丹ホールディングス (3099) : 株価チャート [IMH]

(株)三越伊勢丹ホールディングス【3099】:時系列の株価推移

伊勢丹 株価

アベノミクスのバブルが弾け、株価が半分になった三越伊勢丹ホールディングス。 不安で株価予想に助けを求めても、割安で買い場だと言われ、傷口を広げるだけでしょう。 洗練された投資家は、いつ買うのか?それは、あなたのようなカモ投資家が保有株を投げ売る時です。 バーゲンセールを狙わないと、資産なんて増えませんよ。 三越伊勢丹ホールディングスで儲けるポイント• 猛烈な株価の下落が続く時に手を出すな。 落ちたナイフを拾う行為は危険だ• 長期のレンジで現在の株価を眺めてみると、上昇トレンドは続いている• 年末から春先まで株価が上昇する事が多く、損切価格を決めて買い場を探そう• 安易に割安だから買い場だと煽る、株価予想なんて信じるな! 唸るほど銘柄があるので、暴落中の株に手を出す必要なんてない (2016年9月30日公開) 割安な株価から更に下落しても割安です。 そんな判断で株を買うと凍死家の仲間入り では木村佳子氏の株価予想を見てみます。 暴落が続いて割安な水準に達したので「買」推奨です。 残念ながら 予想が外れて、31万円の投資 300株 に対し損失が1万円です。 株価予想には目標株価が1320円と記載されてますが、4か月たっても株価が停滞しています。 割安だからお得との言葉を信じて買ったカモの人は、おそらく含み損に耐え兼ねて、底値付近で売却したのではないでしょうか? 投資の世界では、割安だから買い場だという発言には注意が必要ですね。 何をもって割安とするのか?そのあたりの判断がものすごく難しいですから。 株価が下がり続けて、割安だからと買い増しを続けていると、失神する含み損を抱える事になるだけです。 何度も注意喚起をしてますけど、予想屋の言葉を信じて売買すると、資産が減る可能性の方が高いですよ。 頻繁に株価予想を提供するのが仕事ですから、リスクが高くても平気で買い推奨します。 天井園で最後の買い手になるので、他人の投資判断に頼る事はやめましょう。 そもそも 儲かる買い場は最後の買い手となるカモ投資家が、投げ売りする時に訪れる訳ですから、そのチャンスを狙わない限り、利益なんて出せません。 株価予想を探す時点で、アウトです。 年1回は買い場が訪れますよ。 バーゲンセールを、じっと待つのです。 単純に株価が暴落して、お安いと思い買い向かうのはリスクが高いので、等と組み合わせましょう。 超長期のトレンド線にタッチしたので、損切価格を決めた上で買い場を模索 百貨店業界で首位の三越伊勢丹ホールディングスは、百貨店業、クレジット・金融友の会業、小売・専門店業、不動産業の4部門が収益源です。 売上の9割を占める百貨店業が主力事業です。 ただし クレジット・金融友の会事業や不動産業の利益が4割を占め、本業以外で支えている面もありますね。 全国トップクラスの売上を誇る新宿伊勢丹、日本橋三越らの旗艦店以外では苦戦しています。 アベノミクスのインフレ効果で、ここ数年は商売繁盛で売上・利益が維持できています。 ただし 売上予測にも表れていますが成長産業ではなく、今後も急激な業績の伸びが期待できないですね。 株価のバブル的な上昇は、あまり期待できないでしょう。 次に為に、 を見てみましょう。 結論から述べると資金繰りには、問題を感じません。 資金繰りの肝となる本業から現金収入 営業CF は高水準で推移してますし、その範囲内で投資活動の支出や借金の返済を行ってるからです。 投資判断の材料にもなるので、過去チャートも調べてみます。 年間を通して眺めると、実は株価が一定周期で上下動をしているので参考になりますよ。 例えば2009年まで遡ってみると年末頃に株価が底値園を形成して、その後、上昇し始める傾向が強いです。 春先に売り場である天井園になりがちですね。 ですから 日々の株価の動きに一喜一憂せず、年末の買い場をノンビリと待つスタンスで良いと思います。 できるだけを選ぶことをおススメします。 投資判断が簡単になって、利益が安定する事に繋がりますからね。 さて直近チャートを眺めて、具体的な投資判断を考えてみます。 アベノミクスで発生したバブルが崩壊して、猛烈な下落が発生しています。 しかし超長期のを見ると、緩やかな上昇トレンドが継続しています。 実はトレンド線が支持となり株価の上昇が始まるのは、よくある事です。 ですから 基本は年末頃を目途にトレンド線まで株価が下落したら、買い向かう戦略で良いでしょう。 仮に上記方針に沿って2012年10月頃 800円 に300株を購入し、半年後の2013年4月頃 1,500円 に売却すると、 24万円の投資に対して利益が21万円となり、利益率が87%に達します。 年1回のチャンスを利用して事ができれば、巨額な利益になります。 なお 現時点の株価は、ちょうど超長期トレンド線にタッチした形です。 損切価格を必ず決めた上で、買い場を模索すると良いでしょう。 最後に三越伊勢丹ホールディングスと、日経平均株価指数を比較した下記チャートをご覧ください。 市場平均に連動した値動きになっている点がポイントですね。 個別株投資のリスクの一つは、保有銘柄の株価が上がらない事です。 相場好調期の限定的な裏技になりますが、を使って売買すると、儲け損なうリスクを確実に回避できます。 ただし市場全体が下落する時に、上がる株を探すのは非常に難易度が高いです。 できれば投資技術を向上させて、挑戦して頂きたいです。 ただ 初心者はを利用すると、簡単に上がる株に投資した効果を得る事ができますから、参考になさると良いでしょう。 紺色線:三越伊勢丹ホールディングス ピンク色線:日経平均株価指数 2016年9月時点で管理人がチェックした小売業銘柄.

次の

三越伊勢丹の株はどうなる?株価下落も株主優待は超魅力的!株は買い時か?|投資の達人

伊勢丹 株価

・ホテル指定の食事代金、宿泊代金が優待価格となる 300株以上 限度額 40万円 500株以上 限度額 50万円 1,000株以上 限度額 100万円 3,000株以上 限度額 150万円 5,000株以上 限度額 200万円 10,000株以上 限度額 300万円• 株主優待 三越伊勢丹ホールディングス 3099 の株主優待は『株主優待カード』、優待利回りは---、配当利回りは1. 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

配当等について|株主さま・株式関連|株式会社三越伊勢丹ホールディングス

伊勢丹 株価

8 845. 1 0. 4 1,077. 3 0. 0 931. 3 0. 8 1,217. 7 0. 9 857. 1 0. 32 情報提供 株価予想 業績予想.

次の