ロマンスドーン。 ワンピースで『ロマンスドーン』が話題に!

ロマンスドール : 作品情報

ロマンスドーン

海賊船には飼い主のアンも捕まっていた。 シュピールがルフィを攻撃するもゴムの為に効かず。 バルーンの血には妖力が宿っており、それが目当てらしい。 アン 尾田栄一郎短編集 WANTEDより引用 アンは怪鳥バルーンの友達 飼い主 ですね。 アンの声優を担当するのは、 ナミ役の岡村明美さんですね。 アンはナミと見た目がそっくりですし、最適役と言えるでしょう! アンという名前といえば、 ロジャーの嫁でエースの母、ポートガス D ルージュがこんなセリフを残していますね。 女の子ならアン 男の子ならエース この子の名は…ゴール D エース でしたね。 ワンピースの世界では、エースは生まれましたが、 アンが生まれてきてるかは不明です。 ロマンスドーンに出てくるアンは、 "エースとの行き別れた妹" "ロマンスドーンはエースが生まれずアンが生まれた世界線" という目で見てみると、妄想が広がって面白いかもしれませんね。 ワンピースでは、麦わら帽子を被った赤髪のシャンクスがゴムゴムの実を持っていましたね。 ロマンスドーンの、 海賊ガープも四皇クラスの強さを持っていると考えられます。 そして何より驚いたのは、 悪魔の実が50億ベリーになる というのは驚きでしたね。 四皇幹部 約10億ベリー ルフィ 15億ベリー 懸賞金をみると海賊を倒すよりも、悪魔の実を探して売却する方が、ローリスクハイリターンで済みそうですね。 ただ、悪魔の実を一つ求めて海に出て死んで行く冒険者もごまんといる為、一概には言えないですね。

次の

ロマンスドーン読み切り0話がアニメ化!意味や登場人物とDの名も!

ロマンスドーン

* こちらがルフィ。 ワンピースのルフィと殆ど一緒です! ヒロインのアン。 初期のナミに似ていますね。 めちゃくちゃ可愛い! 左下の鳥は親友のバルーンです。 実はワンピースでも、アンは登場します。 ポートガス・D・ルージュ(エースの母親とされています)が、 「女の子なら「アン」、男の子なら「エース」……、彼(ロジャー)がそう決めてた」と言っていました。 ちなみにワンピースのナミは物語初期、Tシャツばかりでした。 (アーロン海賊団の刺青を隠す為) それが物語が進むにつれて(空島、2年後... )、 目のやり場に困る服装を着るようになるんですよね 笑 もちろん男性のみなさまは、もちろん僕も、ナミのような色っぽい美女が大好きだと思います。 しかし、現実世界の街中で遭遇したら、戸惑うと思うのです。 話しかけられても、「お、おう」とどもると思うのです。 程よい巨乳にTシャツ、程よいミニスカートぐらいが、実際、話をするならば適度ではないのかな、と思います。 (16巻でのナミの名言「男をくどくのに許可が必要なの?」) * さて、物語の紹介に戻ります。 敵キャラのシュピールはこちら。 誰からも恐れられている男に、「へんなあたま」と一言。 さすがルフィ。 忖度はしません。 ずどーん。 アンに対して、なぜ攫われたんだ?と尋ねるルフィ。 その答えは、可愛いから! ルフィも「ほんとか?」と少し疑っています。 まあ可愛いです笑 ぼくとしても相手の同意があるなら攫いたい、と思ってしまいました。 ルフィの目的は海賊王になることではなく、良い海賊「ピースメイン」になることのようです。 麦わら帽子もシャンクスからもらったものではなく、おじいさんからもらった設定になっています。 この辺は、連載するにあたって書き換えたのでしょうね。 尾田栄一郎先生は、 「海賊王に おれはなる!!!!」という台詞がワンピースをここまで大きくしたとおっしゃっています。 シャンクスとの関係もありますし、読み切りでの設定を変更したのは連載化にあたっては正解かもしれませんね。 牢屋に閉じ込められていた2人ですがルフィのゴムの力で鍵を奪い脱出。 再びシュピールを煽るルフィ。 しかしアンが撃たれて... ルフィも撃たれてしまいます。 ここですね。 ゴム人間の真価を発揮するシーン。 銃弾を弾き飛ばす! ハンマーで踏み潰されてもダメージを食らいません。 個人的にこの時のアンの顔がめちゃくちゃ可愛い!(右側) そう、ルフィは全身ゴム人間で打撃技が効かないのです! ゴムゴムの、などと技名は言っていませんが、技を決めた後のフォロースルーがかっこいい!! そして、アンが攫われたのは彼女の親友・鳥のルクが原因でした。 泣き出すアンにルフィはこう言います。 このシーンはまさに、ワンピースでナミがルフィに、助けて?と懇願したシーンに似ていますね! そして、空を飛んで逃げるシュピール。 ここでルフィは、手を柱に巻き付けて... 空を飛ぶ!! ワンピース本編でもサンジが空を跳んでいましたね 笑 「もうちょっとで到着するから」 「何がだァ!」 「右手」 かっこよすぎます! ラストシーンは非常にシュールに運ばれていったのでした!笑 さて、ロマンスドーン、いかがでしたでしょうか? 尾田先生はあとがきでこのように記しています。

次の

ワンピース ROMANCE DAWN 冒険の夜明け

ロマンスドーン

* こちらがルフィ。 ワンピースのルフィと殆ど一緒です! ヒロインのアン。 初期のナミに似ていますね。 めちゃくちゃ可愛い! 左下の鳥は親友のバルーンです。 実はワンピースでも、アンは登場します。 ポートガス・D・ルージュ(エースの母親とされています)が、 「女の子なら「アン」、男の子なら「エース」……、彼(ロジャー)がそう決めてた」と言っていました。 ちなみにワンピースのナミは物語初期、Tシャツばかりでした。 (アーロン海賊団の刺青を隠す為) それが物語が進むにつれて(空島、2年後... )、 目のやり場に困る服装を着るようになるんですよね 笑 もちろん男性のみなさまは、もちろん僕も、ナミのような色っぽい美女が大好きだと思います。 しかし、現実世界の街中で遭遇したら、戸惑うと思うのです。 話しかけられても、「お、おう」とどもると思うのです。 程よい巨乳にTシャツ、程よいミニスカートぐらいが、実際、話をするならば適度ではないのかな、と思います。 (16巻でのナミの名言「男をくどくのに許可が必要なの?」) * さて、物語の紹介に戻ります。 敵キャラのシュピールはこちら。 誰からも恐れられている男に、「へんなあたま」と一言。 さすがルフィ。 忖度はしません。 ずどーん。 アンに対して、なぜ攫われたんだ?と尋ねるルフィ。 その答えは、可愛いから! ルフィも「ほんとか?」と少し疑っています。 まあ可愛いです笑 ぼくとしても相手の同意があるなら攫いたい、と思ってしまいました。 ルフィの目的は海賊王になることではなく、良い海賊「ピースメイン」になることのようです。 麦わら帽子もシャンクスからもらったものではなく、おじいさんからもらった設定になっています。 この辺は、連載するにあたって書き換えたのでしょうね。 尾田栄一郎先生は、 「海賊王に おれはなる!!!!」という台詞がワンピースをここまで大きくしたとおっしゃっています。 シャンクスとの関係もありますし、読み切りでの設定を変更したのは連載化にあたっては正解かもしれませんね。 牢屋に閉じ込められていた2人ですがルフィのゴムの力で鍵を奪い脱出。 再びシュピールを煽るルフィ。 しかしアンが撃たれて... ルフィも撃たれてしまいます。 ここですね。 ゴム人間の真価を発揮するシーン。 銃弾を弾き飛ばす! ハンマーで踏み潰されてもダメージを食らいません。 個人的にこの時のアンの顔がめちゃくちゃ可愛い!(右側) そう、ルフィは全身ゴム人間で打撃技が効かないのです! ゴムゴムの、などと技名は言っていませんが、技を決めた後のフォロースルーがかっこいい!! そして、アンが攫われたのは彼女の親友・鳥のルクが原因でした。 泣き出すアンにルフィはこう言います。 このシーンはまさに、ワンピースでナミがルフィに、助けて?と懇願したシーンに似ていますね! そして、空を飛んで逃げるシュピール。 ここでルフィは、手を柱に巻き付けて... 空を飛ぶ!! ワンピース本編でもサンジが空を跳んでいましたね 笑 「もうちょっとで到着するから」 「何がだァ!」 「右手」 かっこよすぎます! ラストシーンは非常にシュールに運ばれていったのでした!笑 さて、ロマンスドーン、いかがでしたでしょうか? 尾田先生はあとがきでこのように記しています。

次の