あれ よ と サニー は 死ん だ の さ。 あれよとサニーは死んだのさ

西友

あれ よ と サニー は 死ん だ の さ

q []. getElementsByTagName o [0];a. parentNode. google-analytics. 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 会場: ザ・スズナリ 東京都• 未就学児童は入場不可。 公演などに関するお問い合わせ先 サンライズプロモーション東京:0570-00-3337 全席指定 5,500円 下記注意事項に同意した方のみ、購入・申込が可能です。 すべてご確認頂き「上記の内容に同意する」ボタンより次画面へお進みください。 毎週 火 ・ 水 2:30~5:30は、システムメンテナンスのためお申し込みいただけません。 チケット料金・各種手数料は税込表示です。 クレジットカード決済には、カードに印字されている数字3桁または4桁のセキュリティコード入力が必要です。 カードをお手元にご準備のうえお手続きください。

次の

あれよとサニーは死んだのさ

あれ よ と サニー は 死ん だ の さ

おばさんが事故った。 事故ったら恋をした。 事故的な恋をした。 してはいけない恋をしたら、知ってはいけないあれこれを知った。 知ってはいけないあれこれを知ったら、知らされてないあれこれも知った。 いかんともしがたい旅の果てに、さあ、おばさんと人々よ、いかに。 もがけばもがくほど絡まりまくる粘着質な糸たち。 「あれよとサニーは死んだのさ」 成熟しない人々の、みじめな物語。 実は、久し振りの18きっぷ日帰り観劇。 このパターン、ホームライナー浜松5号というのがある関係で、わりと帰りも苦なく帰れることが判明したので、やるときは今後もやる所存(笑) 多少の事前情報は入れていたのだが、殆どその内容を知らない、というか、その情報をもとに観始めても、ぶっちゃけ一体どういう落としどころに行くのか、皆目見当がつかない展開。 現実なのか夢なのか、はたまた妄想なのか記憶なのか、一本筋は通っているとは思うのだけれど、そのあたりを行ったり来たり。 そのあたりが何重にも重なる様子は、すごく演劇的で観ていてシンプルに楽しいし、加えて、唐十郎の息子である大鶴さんが出演していたのものあって、どこか唐組のテント芝居のようにも思えてきた。 というか、アングラ風には見せていないにしても、あのテンションの持っていき方はちょっとだけアングラを意識したところがあったかな。 ノゾエさん的アングラ芝居。 「犯罪者の涙はヘドロ」とか、ところどころ突き刺さる名言を散りばめながら、現代社会における介護の問題を、ああいう形でさらっていくのは、ノゾエさんらしいなとも思い、そしてあの味付け方は間違いなく木野さん演出だな~~~って感じだったし、そして役者が全員極上。 ベテランから若手まで、個性と実力のぶつかり合いは、戯曲のテンポもあって観ていて全く飽きない。 その中でも、池谷のぶえさんの幅広っぷりがすごすぎる…。 色気も狂気も自由自在で、でも主役はしっかり引き立てていて。 人間、他人には言いにくい思い出も含めて、誰にだって人生ドラマはあるのだけれど、自分が弱くなった時にそれがどうやって噴出してくるのか、そう思うと、将来どうやって老いていくのか、なんてことをいっぱい笑いつつ、ちょっとホロッともして、そんな感じで考えていた。 痴呆老人の回想と妄言のアングラ仕立てと見せかけて、まさかの最後に、ちょびっと楢山節考みたいなのもズルイ。 まさか、タイトルの「サニー」だって、あんなふうに入ってくると思わんもんね。 1時間50分(って言ってたけど、多分1時間45分くらい)にギュッと凝縮された、贅沢な時間だった。 *エキサイトIDをお持ちでない方はコメントを入れるときに、ご自分でお好きなパスワードを入力してください。 (エキサイトブログはリンク無しでも可)。 お気に入りブログ カテゴリ 以前の記事 タグ 192 148 33 32 32 22 20 20 19 16 10 10 8 7 5 1 検索 最新の記事 at 2020-03-29 00:10 at 2020-01-03 22:31 at 2019-12-31 19:51 at 2019-12-21 22:50 at 2019-12-21 18:42 at 2019-12-14 21:35 at 2019-12-11 16:57 at 2019-11-23 17:01 ブログジャンル.

次の

【VAC会員】先行抽選/月影番外地 その6「あれよとサニーは死んだのさ」

あれ よ と サニー は 死ん だ の さ

2019. 新たな挑戦を前にした高田聖子と竹井亮介の2人に話を聞いてきた。 ——今回の月影番外地は脚本をノゾエ征爾さんが書かれるそうですね。 高田「そうなんです。 今回の舞台では、まず車があって、いろんな人が乗ったり、降りたり、通り過ぎたりする中で、いろいろなことが起きるお話です。 ノゾエさんに書いていただくのは初めて。 勝手にノゾエさんの作品を私が観ていまして、ファンでした。 書いていただくにあたって、どういうふうにしていけばいいかなぁと考えたんですが、とにかく最近一緒にやりたかった人たちにお声かけをして、皆さんに御了解を頂いて…それで、「こういう方たちとやりたいです」とノゾエさんにお話しました。 あと、最近はこういう感じが好きですとかもお話しまして、あとは自由に書いていただこうかと。 前回までの3本を福原充則さんに書いていただいて、その前には千葉雅子さんにも3本書いていただいたんですが、私はお2人ともすごくファン。 大好きなんですけれども、好きな方であっても同じ方と3回連続以上やるのはやめておこう、と決めてるんですね。 密着しすぎずに、次の冒険をしていきたい。 それで、次はノゾエさんだ!となりました。 」 ——もともとファンだったということですが、ノゾエさんの魅力はどういうところ? 高田「ノゾエさんの作品の良さって、今までやってきたこととは少し肌触りが違う感じがして、新しい挑戦ができるんじゃないかと思ったんです。 徐々に物語を構築していく感じとは違って、あるタイミングで物語がキュッとひとつになる瞬間が来るんですね。 そこに思いがけない感動がやってくる感覚がとても快感なんですよ。 そこに惹かれました。 」 ——高田さんからは、先ほど「一緒にやりたかった方」というお言葉がありましたが、竹井さんは今回のお話を受けてどのような印象でしたか? 竹井「とにかくビックリしました。 今まで、客演させていただく機会はたまにあるんですけれど、複数回も呼んで頂くことはそう多くなかったんです。 無くはないんですけど。 だから、また呼んで頂けるとは全く予想していなくて「い、いいんですか!」っていう気持ちでした(笑)。 まだ内容もこれからの部分が多いんですが、期待値がすごく高くて、ノゾエさんの脚本でやるのもはじめてですし、未知の領域に踏み入れる感じでワクワクしています。 」 高田「前々回にご一緒したんですけど、すごく真面目な方なんですよ、竹井さんって。 真面目って、一番大事なことで、真面目に面白いって一番いいじゃないですか? 適当なことをやって笑うよりも、真面目にやって面白い方向に進むのが好きだとおっしゃってたんです。 今回、具体的にコレをやるからこのキャスト、という形ではなかったので…6人ぐらいがいいかな、男性3人なら女性も3人で、男性で少し若い人が1人いるといいかな、とふんわりと考えて行く感じだったんです。 そこで、竹井さんは私たちのスタッフの中でもとても人気者なんです。 」 竹井「(笑)。 そうだったんですか!」 高田「そういうスタッフの声もたくさんあって、お願いしました(笑)。 好きな人や一緒にやりたい人を挙げて行ったらやっぱりキリがないので、いろいろスタッフにも相談していく中で、パズルのピースのようにじゃあこの人かな? といろいろな声が上がるわけです。 その時に、一番人気が高かった(笑)」 ——今回の企画を拝見していると、人が目をそむけたくなるような「みじめさ」に向き合うお話になりそうな気がしましたが、いかがでしょうか。 高田「「みじめ」っていう言葉って難しいですよね。 人が見て「みじめ」なのか、自分で「みじめ」だと思うのか。 今は「みじめ」って何だろう?という気持ちでいます。 ちょっとギャップがあると思うんですよ。 人が誰かを見て「みじめだな」と思うことと、本人の思う「みじめさ」にはちょっと誤差がある。 世間的にはお金もあって幸せそうなんだけど、本人は何かものすごく「みじめ」と感じていたり。 みじめと幸せ、生きていくことはみじめなのか…。 そういうことを考えて行くことや人の感じ方を考えて行くことが、今回のポイントになってくるんじゃないかと思っています。 」 竹井「同じことをしていても、それを「みじめ」と感じる人と、全然それを感じずに幸せだと思う人もいると思うんです。 はっきりした定義が無いんですよね。 感じ方次第、捉え方次第で「みじめ」にもなり「幸せ」にもなる。 本当なら、何でもポジティブに捉えていったほうがいいんでしょうけど、なかなかそうもいかないし。 」 ——今回も演出は木野花さんが手掛けられます。 木野さんらしさ、というのはどういう部分だと感じていらっしゃいますか? 高田「木野さんらしさというか、決まった木野さんのスタイルって、無いと思うんですよ。 蜷川作品の重厚感とか、新感線のインチキくささとか、木野さんは木野さんそのもの、というか。 作品に木野さんがその都度ゼロから真っ向勝負で挑んでるというのが、木野さんの作品の出来上がりになっていると思うんです。 もしかしたら、他の方が観たときには「ここが木野さんっぽいね」というのがあるのかもしれないんですけど、私は長くご一緒しているけど、どれもいつも違う感じがするんです。 一貫していることはもちろんあるんですけど、一目で「これだ!」と言えるものでは無いような気がします。 稽古はいつだって木野さんが先頭で旗をふってくれるんですよ。 ハッと後ろを振り向いたら「早く行けっ!」って顔をしていたり、ある時は遠くで笑っていたり(笑)。 あちらこちらにいろんな木野さんが居る感じです。 」 竹井「結構、ゲラゲラと本当に大笑いされますよね(笑)。 」 ——先頭で旗を振る役でもあり、後ろから尻を叩く役でもあり、観客として笑う役でもあると(笑) 高田「誰よりもお芝居を愛してるんだな、っていう感じがしますね。 」 竹井「大先輩ですよね。 木野さんから出てくるパワーが凄いんです。 みなぎるものが。 感覚もお若いですし、見習わなきゃなというところがたくさんあるんですよ。 尊敬しています。 今回はどんな新たな部分が出てきそうか、予感はありますか? 高田「毎回、出てきて欲しいなと思ってます(笑)。 私はそんなにオープンな人間ではなくて、でもいつだってオープンになりたい。 お芝居をやるときは、もっとオープンな人間でありたいんです。 いつもそう思っています。 服を脱ぐわけじゃないけど、余計なものを取り払いたい。 取り払って、何か出てきたらいいな、と。 何かが出てくる準備を…すぐ脱ぐ準備を(笑)、私もしていかないといけないですね。 脱いでも何も出てこないかもしれないけど、いつでも脱げるようにしていたいです。 」 ——竹井さんは前回出演されてみて、何か新しい自分の発見はありましたか? 竹井「僕は…前に出たときの役が、水虫の菌を持っていてそれを自分で培養している男だったんですね。 体全部に培養できるように、ビニールで蒸れる状態を自分で作っている、というようなことをさせられ…いや、させていただいたんですね(笑)。 そんな突拍子もないこと、僕には想像もつかなかったんだけど、前半でやっている人の役柄と結び付けていかなきゃいけない。 それが大変な作業で、うまく出来たか分からないんですけど、とにかく面白かったんです。 新しい何かが出てきたような気がしますね。 」 ——今回も、どんな新しいお姿が拝見できるか楽しみです。 竹井「短い期間ではありますが、こんなメンバーが集まることはそうそうありません。 映像作品など記録に残るものでもありませんが、こんな演劇人が揃っていれば面白い作品になることは間違いないので、ぜひ生で体感していただきたいと思いますね。 」 高田「完全に手前味噌ですが、月影番外地は関係者からの期待がとても高くて、みんな楽しみにしてくれています。 別に関係者ウケを狙ってやっているわけではないんですが、関係者が良いと思ってくれるのは…だいたい良いんです(笑)。 この6人が揃ったことも期待してくださっているという声をお聞きします。 とはいえ、関係者の目は厳しいですから、それに応えたいと思いますし、初めてご覧いただく方にも楽しんで頂けるように。 絶対に楽しくしますので、ベテランっぽいからって怖がらずに(笑)、ぜひいらしてください。 」 インタビュー・文/宮崎新之 写真/ローソンチケット 【公演概要】 月影番外地 その6『あれよとサニーは死んだのさ』.

次の