赤坂 周辺。 赤坂 (東京都港区)

赤坂 (東京都港区)

赤坂 周辺

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 港区の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 鉄道駅周辺• 人気のある港区の観光スポット• 入場チケット• 港区の人気カテゴリ• ホテル周辺•

次の

赤坂 (東京都港区)

赤坂 周辺

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 赤坂の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 赤坂の人気カテゴリ• 赤坂で検索数の多いキーワード• 入場チケット• 空港周辺• 観光スポット周辺• 大学周辺• ホテル周辺•

次の

2020年 赤坂で絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

赤坂 周辺

「」を参照 東京都港区のうち、旧赤坂区の範囲に当たる、赤坂総合支所(赤坂4-18-13、:107-8516)の管轄下になる区域を赤坂地区と呼ぶ。 赤坂一丁目 - 九丁目、一丁目 - 三丁目、一丁目 - 七丁目、一丁目・二丁目が属する。 歴史 [ ] 地名の由来は、とが多い土壌に幾多の坂があることの二説ある。 紀伊国坂説はまた、この赤坂の地は古くは『茜坂』と呼ばれていて、その名の通りが群生していた赤根山へ上る坂(現在の紀伊国坂)を茜坂と呼んでいたのが赤坂に転訛したというものと、屋が坂に赤いを干したことからの二説がある。 に人継村(ひとつぎむら)が開拓される。 赤坂の地名は以前には見られず、初期に発祥したと考えられ 、現在の元赤坂付近に町屋、が造られたのを皮切りに次第に市街化していくが、年間に建てられた江戸城の門が地元の小字から「」と呼ばれるようになり、ここから赤坂が一帯の地名になったと考えられている。 時代に入り、のにより、この地区はの一つ、赤坂区の一部となった(の前身。 その範囲はおおむね港区の北-西部。 今日「赤坂」あるいは「」を町名に含む地区)。 かつて、多くの大名屋敷や屋敷が存在した高台の地域はや軍人、家庭からなる都心部有数の邸宅街へと発展。 それらの地域以外は庶民の、個人、高級、などが密生していった。 1950年代後半から1980年頃までの赤坂はと並ぶ高級なとして栄華を極め、高級料亭、、、ゴーゴークラブなどが多く集まっていた。 欧米諸国のおよびの駐在員や同じく欧米諸国のが常宿していた高級ホテルが至近だったこと、そして当時の東京と周辺にはが多かったこと、さらに1360-310円だったこともあいまってを挟んだ2丁目を含めシアターの、ナイトクラブの、、の山王飯店、のマノス、ゴーゴークラブのムゲン、ビブロスなどには客が多かった。 赤坂(町名) [ ] 現行行政地名は赤坂一丁目から赤坂九丁目。 は107-0052。 地理 [ ] 赤坂地区の東端に位置し、(・)との区境に当たる。 前には、の本社があり、全国的に知名度も高い。 周辺はやなどが多い。 歴史 [ ] にはが実施され、赤坂一丁目から赤坂九丁目、元赤坂一丁目・元赤坂二丁目が成立し 、には赤坂葵町が二丁目となった。 町名の変遷 [ ] 実施後 実施年月日 実施前(特記なければ各町丁ともその一部) 赤坂一丁目 赤坂溜池町、赤坂田町七丁目、赤坂榎坂町、赤坂霊南坂町 赤坂二丁目 赤坂溜池町、赤坂田町五丁目(全域)、赤坂田町六丁目(全域)、赤坂田町七丁目、赤坂新町三丁目、赤坂福吉町、麻布谷町 赤坂三丁目 赤坂田町一丁目(全域)、赤坂田町二丁目(全域)、赤坂田町三丁目(全域)、赤坂田町四丁目(全域)、赤坂新町一丁目(全域)、赤坂新町二丁目(全域)、赤坂新町三丁目 赤坂四丁目 赤坂表町二丁目、赤坂表町三丁目、赤坂一ツ木町、赤坂丹後町(全域) 赤坂五丁目 赤坂新町三丁目、赤坂新町四丁目(全域)、赤坂一ツ木町 赤坂六丁目 赤坂新町五丁目、赤坂中ノ町(全域)、赤坂氷川町(全域)、赤坂福吉町 赤坂七丁目 赤坂表町三丁目、赤坂台町(全域)、赤坂新町五丁目 赤坂八丁目 赤坂表町四丁目(全域)、赤坂新坂町、赤坂檜町 赤坂九丁目 赤坂檜町 消滅した町名 [ ] 「赤坂」とつく町名である元赤坂一丁目・元赤坂二丁目と赤坂一丁目から赤坂九丁目は、の住居表示実施により誕生した。 これにより、この地に古くから続いていた町名が失われることになった。 現在「赤坂」とつく町域を構成していた旧町名(港区発足直前の町名)を以下に全て挙げる。 元赤坂町など一部例外あり)。 この「赤坂」を冠する町名(以下のカッコ内の町名)は、住居表示実施まで続いた。 広重「」に描かれた江戸末期の溜池。 対岸にの森を望む。 題にある『赤坂桐畑』は、赤坂田町6丁目辺り。 桐は、溜池の補強のために成長が早い木として植えられていた。 溜池はの一部を構成していた。 元々水の湧く所であり、堤を作り水を溜めるようにしたためこの名がある。 その形から別名ひょうたん池とも呼ばれた。 、が整備されるまではこの溜池の水を上水として利用していた。 堤に印のを植えたため、現在からに上る坂道は榎坂と呼ばれる。 年間より断続的に埋め立てられた。 明治21年に完全に埋め立てられて溜池町となった。 昭和初期から昭和40年代にかけてはこの周辺に輸入外車の販売店が集積するようになり、街と呼ばれるようになった。 溜池交差点から山王下までだけでも(、、)・(、)、(、)、(や)、()、()、八洲自動車()などが軒を連ねていた。 輸入車は当時の平均的の生活水準からは極めて高価な存在で、購入するなど思いもつかなかった当時のカーマニアたちは片手に散策を楽しんだ。 しかし、昭和50年代以降は化が進み、今は当時の面影を殆ど残していない。 の住居表示実施に伴う町丁名変更により赤坂一丁目と赤坂二丁目が誕生し、溜池町は消滅。 今日、溜池交差点や、()溜池停留所などに名を残している。 一ツ木町 [ ] 江戸時代にはを務めたの屋敷があった。 大岡邸内にあった豊川稲荷は現在も残り、盗難よけの御利益があるとされ信仰を集めている。 には司令部、があり軍隊の街であった。 にラジオ東京(現:)が一ツ木町に局舎を建設した(当初はのみ入居し、ににあったも赤坂に移転してきた)。 一ツ木通りに名を残す。 赤坂表町 [ ] 赤坂表町の邸 寛永13年 1636 に入国以来、よく務めを果たしたとして南伝馬町の伝馬役3名に褒美として与えられた土地で、初めは赤坂新伝馬町と称し、その後表通りが表伝馬町、裏通りが裏伝馬町となり、明治5年 1872 に赤坂表1~4丁目、同44年 1911 に赤坂表町1〜4丁目となった。 明治時代には、1・2丁目の東半分の表通りは商店街として賑わい、3・4丁目は旧武家屋敷であり官公庁や華族などの邸宅地となった。 1966年に1丁目が元赤坂1丁目に、2丁目が元赤坂1丁目と赤坂4丁目に、3丁目が赤坂4・7丁目に、4丁目が赤坂8丁目に編入された。 赤坂田町 [ ] 赤坂田町は古くは湿地帯で、その後田畑が発達したことから田町と命名された。 家康入府以来の功により南伝馬町の御馬役に大縄地として賜り、の翌1638年に町屋を取り立て、城中の御能の拝見を許され、その際に酒菓を頂戴する特権も許された。 (10年)にはの物干場が設けられ、(10年)にはが見られ、低廉客向けの岡場所も出来て人気を集めた。 時代には1~4丁目(現:赤坂3丁目)は赤坂花柳界の中心地として賑わった。 1966年に赤坂田町1~7丁目が赤坂1~3丁目に変更された。 とみすじ通りの間を平行に走る650mの通りは「赤坂田町通り」と旧町名を残して呼ばれ、繁華街として賑わっていたが、に高級料亭がなくなると荒れた雰囲気となり、が関係する風俗店や飲食店、のビル所有者やテナント料飲店が入居し、「ヤッカン通り」とも呼ばれるようになった。 その後道路整備工事が行われ、現在は「エスプラナード赤坂通り」という商店街になっている。 世帯数と人口 [ ] (令和元年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 赤坂一丁目 300世帯 642人 赤坂二丁目 2,090世帯 3,085人 赤坂三丁目 195世帯 266人 赤坂四丁目 1,358世帯 2,280人 赤坂五丁目 530世帯 901人 赤坂六丁目 2,489世帯 4,003人 赤坂七丁目 1,559世帯 2,553人 赤坂八丁目 1,737世帯 3,293人 赤坂九丁目 1,453世帯 2,157人 計 13,801世帯 19,180人 小・中学校の学区 [ ] 区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 赤坂一丁目 全域 赤坂二丁目 全域 赤坂三丁目 全域 赤坂四丁目 全域 赤坂五丁目 全域 赤坂六丁目 全域 赤坂七丁目 全域 赤坂八丁目 全域 赤坂九丁目 全域 教育 [ ] かつてがTBSや周辺界隈にあったが、1976年にに移転。 は赤坂で創立されたが1957年に傍のに移転し2009年に閉校した。 また、に面して隣接するには1929年以来が所在する。 大学機関• 高等学校• 中学校• 小学校• 幼稚園• 港区立中之町幼稚園 交通 [ ] 鉄道 [ ]• (所在地:)• (所在地:永田町)• (所在地:) 路線バス [ ]• (コミュニティバス)• 赤坂ルート 赤坂小前、赤坂五丁目交番前、赤坂駅前、山王下、赤坂見附駅、豊川稲荷前、赤坂地区総合支所前、赤坂八丁目、山王病院前、乃木公園、赤坂六丁目 道路 [ ]• (環状三号線・)• (外堀通り)• (一ツ木通り・赤坂通り)• ・出入口• 施設 [ ] 公園 [ ]• - 初代の赤坂区役所跡に当たる。 企業・法人 [ ]• 、 - 日本法人本社所在地・内• - 本社所在地• - 本社所在地• - 本社所在地・住友生命赤坂ビル• ジャパン - 日本法人本社所在地• - 本社所在地・内• EPIC - 本社所在地(グループ、現在はソニー・ミュージックレーベルズ(本社は千代田区)の一部門)• - 本社所在地• - 本社所在地・内• - 本社所在地・東京ミッドタウン内• - 本社所在地• - 本社所在地• - 本社所在地• - 本社所在地• - 本社所在地・新内• - 本社所在地(SMEグループ、現在はソニー・ミュージックレーベルズ(本社は千代田区六番町)の一部門)• - 本社所在地・赤坂シグマタワービル内• - 本社所在地• - 本社所在地・赤坂Bizタワー内• - 本店所在地• TBSHD - 本社所在地(TBSグループ)• - 本社所在地(TBSグループ)• - 本社所在地(TBSグループ)• - 本社所在地(TBSグループ)• - 本社所在地• - 日本法人・赤坂Bizタワー内• - 本社所在地• - 本社所在地・赤坂フローラルプラザビル内 (グループ)• JETRO - 本部所在地• - 本社所在地• - 本社所在地・赤坂Bizタワー内• - 本社所在地• - 本社所在地• - 本社所在地・• - 東京支社・赤坂Bizタワー内• - 本社所在地• - 本社所在地・赤坂Bizタワー内(現在はユニバーサルミュージック本社赤坂オフィス)• - 本社所在地・内• - 本社所在地・内• - 本社所在地・赤坂パークビル内• - 本部所在地・ユートピア活動推進館内• - 本部所在地・赤坂光映ビル内 観光 [ ] 赤坂(花街)、奥は国際赤坂ビル• - 赤坂サカス内• - 赤坂サカス内• - 赤坂サカス内• - 旧・跡地• - 内• 大使館 [ ]• - 赤坂1-10-5• - 赤坂7-3-38• - 赤坂8-6-9 赤坂を舞台・背景とした作品 [ ] 楽曲 [ ]• 「」(歌:、作詞:、作曲:G. Selden)• 「」(歌:、(カバー)、作詞:橋本淳、作曲:三原綱木)• 「めぐり逢い赤坂」(歌:・松原のぶえ、作詞:杉本真人、作曲:初信之介)• 「どうするの赤坂」(歌:・、作詞:山田邦子、作曲:高槻正裕)• 「赤坂ブルース」(歌:、作詞:、作曲:) 映画 [ ]• (1972年)未来都市のシーンに赤坂見附の立体交差が登場する。 (1992年)• (2003年) ドラマ [ ]• (2017年 )主人公の再就職先及び転居先が赤坂。 脚注 [ ] []• 港区 2015年10月1日. 2019年9月8日閲覧。 港区 2019年8月1日. 2019年9月8日閲覧。 2019年8月30日閲覧。 総務省. 2018年1月7日閲覧。 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1978。 俵元昭 「赤坂」項(『国史大辞典 1』 吉川弘文館、1979)• 国立国会図書館• 牛垣雄矢[他](国際交通安全学会, 2005-08)• 港区/デジタル港区史• 城所ひとみ、商店街振興組合エスプラナードアカサカ• 港区 2015年4月1日. 2019年9月8日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (所在地:)• (所在地:) 外部リンク [ ]• 港区役所 赤坂.

次の