フリオ セサール チャベス。 さっさと帰れよメキシコにぃ…ダニエル・ジェイコブスvs.フリオ・セサール・チャベス・ジュニア

人生の意味/El César del Boxeo(ボクシング界のシーザー)フリオ・セサール・チャベス

フリオ セサール チャベス

こんにちは管理人です。 今日は1990年ラスベガスで行われた WBC. IBF世界スーパーライト級王座統一戦 WBC王者フリオ・セサール・チャベスvs. IBF王者メルドリック・テイラーの一戦です!! この試合はチャベスの3度目の防衛戦。 メキシコ人初の3階級制覇チャンピオンで歴史に残る名チャンピオンのチャベスはここまで無敗。 メキシコで最も人気のある国民的なスターですな。 テイラーはオリンピック金メダリストのエリートファイター。 ここまで無敗でこれが3度目の防衛戦ですな。 ジェームス・マクガートを下してタイトルを獲得して、ビッグファイトを迎えております。 そしてこの試合はテイラーが開始からスピードでチャベスを圧倒!ボディを効かせるなど圧倒的に優位なまま11ラウンドを迎えましたがここで反撃に遭い、コーナーを間違えるほどのダメージ。 12ラウンドに疲労もあり右フックでダウンさせられると残り2秒でストップ!チャベスが伝説の勝利を挙げました! それではこの試合を振り返ります! 目次• 試合経過 1ラウンド テイラーは半身に構えてジャブをついて下がる。 チャベスは頭を振りながら前に来てプレッシャーをかける。 テイラーは入り際に左フックを狙って前に来られるとクリンチ。 テイラーはジャブをついてガードの上に当てて下がる。 チャベスは前に来るもののサイドに耐えず動くテイラーについていけない。 2ラウンド テイラーはジャブを飛ばしてきてサイドに間合いを取る。 そしてクイックなジャブを飛ばして近づかれると右打ち下ろしを出す。 チャベスは接近して右フックを浅く当ててくる。 テイラーは下がってアッパーを伸ばして顔をかすめる。 チャベスはワンツーを振り回してくるがカウンターを返される。 3ラウンド テイラーはハンドスピードを生かして左右フックを振る。 そしてガードの上に左フック、左右ボディを打ち込む。 チャベスは前に来るものの左アッパーを被弾する。 チャベスは頭をつけての打ち合いがやりたいが逃げられる。 テイラーはジャブを上下に散らしてパンチを出して組み付く。 4ラウンド チャベスは前に出てくるもののスピードで負ける。 テイラーはハンドスピードがめちゃくちゃ速く、チャベスも困惑。 チャベスは右オーバーハンドを浅く当てて歓声が上がる。 さらにインサイドで右アッパーをねじこんでくる。 テイラーは肩をつけて左右ボディを打ち込んでくる。 5ラウンド チャベスは前に出てコンビネーションを出す。 しかしテイラーは下がって打ち合いには応じない。 そして組み付くとボディとフックをガードの外から当てる。 テイラーは頭をつけての打ち合いでも強く、ボディを叩く。 チャベスは左フックを合わせるもののテイラーがサイドに位置を変えるため捉えられない。 6ラウンド チャベスは前に出てきてジャブをコネクトする。 テイラーは左フックを出してきて顔面を軽く弾いてくる。 チャベスはボディを打ち込んできて、テイラーはインサイドでワンツー! テイラーはボディを受けるもののジャブをすぐに返す。 そしてサイドへと回ってアッパーをインサイドで打ち込む。 7ラウンド テイラーは左右ボディからの左フックで綺麗に顔面を弾く! さらにインサイドでも左フックを当てて強さを見せる。 チャベスはボディが効いているようで身をかがめる。 チャベスはフックを振り回してきてインサイドで打ち返す。 テイラーはまともにはもらわずディフェンスもとても冴えている。 8ラウンド チャベスは左フックをリードに使ってガードの外から当てる。 テイラーはしっかりと顎を引いてこれを受ける。 テイラーは右オーバーハンドを出してパンチが速い。 チャベスは右を返すもののテイラーはヘッドスリップ。 そしてすぐに右を返して左右フックを打ち返してくる。 9ラウンド テイラーは早いハンドスピードでコンビネーションを出す。 そして右ストレートを打ち込んでそのままクリンチ! 肩を押し付けてのアッパーで完全にペースを奪ってしまう。 テイラーはインサイドで左右ボディを当ててここまで本当によく戦う。 さらに左フックを振り回してどの間合いでも圧倒。 10ラウンド テイラーは下がって鋭い左アッパーを返してくる。 チャベスは前に来るが左ボディ、フック、右ストレートでふらつく! テイラーはコンビネーションを出すがチャベスも前に出ることで難を逃れる。 チャベスは左フックを打ち返してきてかなりタフ。 テイラーはインサイドに潜って逃げずに撃ち合う。 11ラウンド テイラーはジャブからのフックで前に来るチャベスを迎撃。 チャベスはよく前に来るがかなり劣勢である感が否めない。 それでもインサイドでショートのフックを当てて前に出てくる。 テイラーはインサイドでボディを返してるが少し熱くなっている。 チャベスは右フックを返してここにきてヒット率が上がる。 12ラウンド テイラーはかなり疲れており、インサイドでアッパーを浴びる。 それでも肩を押し付けてのフックとジャブを返してくる。 そして左右ボディを返してくるが自分のパンチでスリップ。 チャベスはボディからのアッパーを返して前に出てくる。 そして右ストレートを当てるとテイラーは足元がふらつく! それでも打ち返してくるテイラーだが熱くなっており、ストレートを被弾。 さらにチャベスはワンツーを当てでふらつかせるとロープに吹き飛ばして打ち返してくるテイラーに右フック!テイラーはダウン! テイラーは立ち上がってきたもののふらふらでレフェリーがストップ!不満なテイラーとセコンドを他所にチャベスが伝説の勝利を挙げました! 所感 ええんちゃうかな… テイラーはさすがで、11ラウンドと12ラウンド以外は全てのラウンドをとっていたと思う。 ただ11ラウンドにノックアウトを狙ったところで流れが変わったな。 チャベスはボクシング史上でも最も打たれ強いかもしれないほどのタフネスおじさん。 テイラーは逆に線が細くて打たれ弱いしこれはスマートではなかった。 問題のストップだけど仕方ないと思う。 テイラーが続けられる状態ではなかったと思うし、続けていて致命打を受けてからでは遅いからなぁ。 海外ボクシングの試合を見るなら WOWOW がおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!.

次の

【結果・ライブ速報】ジェイコブスvsチャベスjr 2019年12月21日

フリオ セサール チャベス

メルドリック・テーラー 基本情報 本名 メルドリック・テーラー 通称 The Kid TNT TNT爆弾 階級 身長 171cm リーチ 168cm 国籍 誕生日 1966-10-19 (53歳) 出身地 スタイル プロボクシング戦績 総試合数 47 勝ち 38 KO勝ち 20 敗け 8 引き分け 1 無効試合 0 獲得メダル 男子 金 メルドリック・テーラー( Meldrick Taylor、 - )は、の。 元世界王者。 元世界王者。 世界2階級制覇王者。 金メダリスト。 スーパーライト級時代には卓越した技巧を武器に活躍した。 ハイライトになったとの2度に渡る激闘で有名 1、2戦ともあわやのところまでチャベスを苦しめている。 中でも第1戦は激闘になりながらも最終12回残り2秒で逆転TKO負けになったが、無敗のチャベスをあわやまで追い詰めたことで知られ、度に選出されている。 来歴 [ ] アマチュア時代の戦績は103戦99勝4敗の戦績を残している。 特にのでオリンピックに登場。 1回戦は5-0の判定勝ち。 2回戦も5-0の判定勝ち、準々決勝は3回TKO勝ち、準決勝と決勝は5-0の判定で完封勝ちで金メダルを獲得した。 11月15日、プロデビューを果たし初回2分31秒TKO勝ちで白星でデビューを飾った。 7月20日、ロベルト・メディナと対戦し6回3-0 2者が60-53、60-54 の判定勝ち。 5月11日、ハロルド・ブレイザーと対戦し10回3-0の判定勝ち。 9月3日、世界王者と対戦し12回2分TKO勝ちで王座獲得に成功した。 1月21日、ジョン・ミーキンスと対戦し7回終了時棄権で初防衛に成功した。 1989年9月11日、コートニー・ハンターと対戦し12回3-0 117-111、2者が118-110 の判定勝ちで2度目の防衛に成功した。 3月17日、で世界スーパーライト級王者と対戦。 技巧を駆使して強打のチャベスを翻弄したが最終12回にKOでしか勝ち目がなかったチャベスは捨て身で反撃を開始し、終了前僅かなところでダウンを奪われ起き上がったがそのままレフェリーがストップした。 最終12回2分58秒TKO負け。 キャリア初黒星となり王座統一に失敗し王座から陥落した。 あと2秒でチャベスの連勝を止めるところだった。 1月19日、世界王者と対戦し12回3-0 115-112、2者が116-111 の判定勝ちで2階級制覇に成功した。 1991年6月1日、ルイス・ガルシアと対戦し12回2-1 118-112、115-113、114-117 の判定勝ちで初防衛に成功した。 1月18日、後の世界王者と対戦し12回3-0 114-113、2者が116-113 の判定勝ちで2度目の防衛に成功した。 1992年5月19日、ウェルター級王座在位のままWBC世界王者と対戦するがノリスの一方的なペースになり4回2分55秒TKO負けで3階級制覇に失敗した。 1992年10月31日、のでと対戦したが8回2分11秒TKO負けを喫し3度目の防衛に失敗し王座から陥落した。 9月17日、でWBC世界スーパーライト級王者フリオ・セサール・チャベスと4年ぶりに対戦。 苦しませる場面を作ったが8回1分41秒TKO負けでIBFに続くスーパーライト級王座獲得に失敗した。 5月31日、ディリオン・カレウと対戦し8回2-1の判定勝ち。 2002年7月30日、ウェイン・マーティンと対戦するが10回0-3 2者が93-97、95-97 の判定負けを最後に現役を引退した。 2019年6月4日、武装をして警察官に抵抗をしたとして逮捕された。 テーラーがアパートからの立ち退きを求めた男性に数日待って欲しいと拳銃を向けてから、アパートに立てこもったため、が呼ばれると90分後に投降したというもので、加重暴行やテロによる脅迫などの容疑がかけられた。 獲得タイトル [ ]• 世界王座 防衛2• 世界 防衛2度 脚注 [ ]• 残り2秒でのレフェリーストップは賛否両論が起こったが、レフェリーを務めたリチャード・スティールは「テーラーがダウンから立ち上がった際、自分は彼に試合を続けられるかどうかを2度訊ねたが、全く返事がなかった。 目も虚ろだったし、ストップに十分値するケースだった。 私はレフェリーであり、タイムキーパーではない。 選手が危険な状態と見たら、タイムにかかわらず試合をストップする。 」と自らの判断は正しかったことを主張した。 Boxing Scene. com 2019年6月4日. 2019年7月16日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 空位 前タイトル保持者 世界王者 1988年9月3日 - 1990年3月17日 次王者 前王者 世界王者 1991年1月19日 - 1992年10月31日 次王者 この項目は、関係者に関連した です。

次の

フリオ・セサール・チャベスJrVSセルヒオ・マルチネス

フリオ セサール チャベス

この名前は、に従っています。 (父方の)は チャベス、(母方の)は カラスコです。 、男性、 - )は、の。 父は伝説の世界王者。 弟はプロボクサーのオマール・チャベス。 偉大な伝説的ボクサーを父に持つことから、「伝説の続き」(La Leyenda Continua)のニックネームで呼ばれる。 来歴 [ ] 当時、世界王者だった父・チャベスSr. と母・アマリア・カラスコとの間に生誕。 幼少の頃より弟オマールとともにチャベスSr. の試合会場に帯同していた。 アマチュアで3戦を経験した後、17歳でプロ転向。 9月26日、プロデビュー。 地元でスーパーフェザー級6回戦に出場し、ジョナサン・ヘルナンデス(メキシコ)に判定勝ちでデビュー戦を白星でスタートさせた。 2006年8月19日、ジャーメイン・ホワイト(アメリカ合衆国)に4RTKO勝ちで、空位のWBC世界を獲得した。 2月9日、ホセ・セラヤ(アメリカ合衆国)に8RTKO勝ちで、空位のWBCアメリカ大陸スーパーウェルター級を獲得した。 2008年4月26日、トビア・ロリガ()に9RKO勝ちで、WBCアメリカ大陸王座初防衛に成功した。 3月28日、WBCラテンアメリカスーパーウェルター級王座決定戦をルシアノ・クエヨ()に判定で勝利し、王座獲得に成功した。 2009年9月12日、ジェイソン・レフリアー(アメリカ合衆国)に1RTKO勝ちで、WBCラテンアメリカ王座初防衛に成功した。 2009年11月14日、トロイ・ローランドに判定勝ちを収めるが、試合後のドーピング検査でチャベス・ジュニアから利尿剤が検出され7ヶ月の試合出場停止処分が下され、試合結果もノーコンテストに変更された。 6月26日、ジョン・ダディ()を大差判定で下し、創設して間もないWBC世界シルバー王座を獲得した。 2010年12月4日、パウェル・ウォラックと対戦予定だったがチャベスは熱がでたとして欠場した。 1月3日、WBCが2010年度の新鋭賞に選出。 2011年1月29日、ビリー・ライル(アメリカ合衆国)を3-0の判定で下し、シルバー王座の初防衛を成功した。 この試合は40万人近い視聴者を集め、ラテン系ケーブルテレビのボクシング番組史上最高視聴率を記録した。 2011年6月4日、WBC世界ミドル級王者()に挑戦。 2-0の判定で王座獲得に成功、30戦無敗の王者に初黒星を付けた。 2011年11月19日、ランキング4位の挑戦者ピーター・マンフレド・ジュニア(アメリカ合衆国)と対戦し、5回1分52秒TKO勝利で初防衛に成功した。 2012年1月22日、ルビオ戦の試合約2週間前にで逮捕され拘置所に入れられる。 2012年2月4日、ので、(メキシコ)と対戦、12回3-0の判定勝ちで2度目の防衛に成功した。 ルビオはチャベス・ジュニアが肘や頭を意図的にぶつけるなど汚いテクニックを使ってきたので同じことをやり返した際に自分だけレフェリーから注意を受けた事でチャベス・ジュニアはプロテクトされていると感じたと試合後に話した。 また、通常は行われることになっている試合前後のドーピング検査が行われなかった事にもチャベス・ジュニア陣営の働きかけがあったのではと不信感を募らせた。 2012年6月16日、のサン・ボウル・スタジアムで元オリンピアンの()と対戦し、7回2分21秒TKO勝ちで3度目の防衛に成功した。 リーのトレーナーのはチャベス・ジュニが前日の計量から体重を20ポンド増やしてリングに上った事とリングサイズが規定よりかなり狭かった事に懸念を示し、前回に続きドーピング検査が行われなかったことに不満を露わにした。 2012年9月15日、のでWBC世界ミドル級王者のと対戦。 マルチネスにスピードと技術でコントロールされてしまい、最終回にダウンを奪うも0-3の判定負けでプロキャリア初黒星を喫し4度目の防衛に失敗すると共に王座から陥落した。 またチャベス・ジュニアは試合後から義務付けられていた薬物検査で、大麻の陽性反応が確認された為この試合日から9ヵ月の出場停止と 、90万ドル(約8500万円)の罰金の支払いを命じられた。 なお、この試合前チャベスはトレーニングをサボることが多くジムにほとんど顔を出さなかった。 代わりにトレーナーのフレディ・ローチをラスベガスの賃貸アパートに来させ、リビングのソファーをどかすなどしてスペースを確保してトレーニングしていた。 7月、チャベス・ジュニアがトレーニングをサボるなどの怠慢が度々あったことで折り合いが悪くなっていたトレーナーのと決別、代わりに父親のフリオ・セサール・チャベスがトレーナーを務めることになる。 2013年9月28日、約1年ぶりとなる復帰戦でブライアン・ベラと対戦。 本来は9月7日に予定されていたが、スパーリング中にチャベス・ジュニアが右眉の上を切ってしまい試合は延期されていた。 最初の契約体重は162ポンドので行われる予定だったが、チャベス・ジュニアが体重を落とせなかったことで、契約体重が何度も変更になり試合3日前に173ポンドで行われることで合意した。 試合は3-0(96-94、97-93、98-92)の判定勝ちを収め、復帰戦を勝利で飾ったが 、ベラが勝っていたとする専門家が多く、ボクシングマスコミ関係者59人のうち53人がベラの勝ちに付け 引き分けが6人 、チャベス・ジュニアの勝ちとしたのは1人もいなかった。 パンチの手数もチャベス・ジュニアの328発中125発的中に対しベラは734発中176発的中と大幅に上回った。 2014年3月1日、前回の試合で体重問題や判定が批判されたことでブライアン・ベラと即再戦が組まれた。 アラモドームにてスーパーミドル級12回戦で対戦し、序盤は足を使いアウトボクシングを見せるが直ぐにいつものスタイルに戻し、今回は明確な差をつけ12回判定勝ちを収めた。 2014年5月、・世界ミドル級王者と同年7月19日に対戦する予定だったが交渉が難航しキャンセルとなった。 4月18日、約1年ぶりの試合。 カリフォルニア州のでの規程体重を4ポンド上回る172ポンドのでとWBCインターナショナル王座決定戦を行い、7回に肩で打撃を加えたとしてフォンファラが減点されるが、9回にチャベスは左フックでボクシングキャリア初のダウンを奪われ、9回終了後にコーナーで足の不調を訴えたチャベスが試合を棄権し王座獲得に失敗した。 試合終了時のジャッジのスコアも2者が80-89、81-88と大きく負け越していた。 試合後チャベスは「 試合を棄権するまでは 試合に勝っていたと思う。 170ポンドで再戦したい」とアピールした。 なお、トレーニングのサボり癖があったチャベスはこの試合前に環境を一新。 トレーナーをジョー・グーセンに変えてで35日間の激しいキャンプを張るなど、まじめにトレーニングしていた。 2015年7月18日、、のでの規程体重を1ポンド上回る169ポンドのでとノンタイトル10回戦を行う予定だったが、前日計量でチャベスが170. 8ポンド(77. 47キロ)を計測し体重超過をしてしまう。 その為、契約体重を170ポンドに上げたものの、それでもチャベスは0. 8ポンド(約360グラム)超過の170. 8ポンド(77. 47キロ)を計測し、罰金を支払う条件で試合は行われた。 試合はチャベスが10回3-0(97-92、98-91、96-93)の判定勝ちを収めたものの前日計量で体重超過があったチャベスは3万ドル(約370万円)の罰金をファイトマネーから徴収された。 再びトレーナーを変え、が付いた。 4月30日、WBC世界スーパーミドル級王者のバドゥ・ジャックに挑戦予定だったが、チャベスが左足のかかとを負傷し延期になった。 2016年12月10日、約1年5ヵ月ぶりの試合をモンテレーでドミニク・ブリッジと対戦し10回判定勝ちを収めた。 5月6日、で世界スーパーウェルター級王者のと164. 5ポンドのキャッチウェイトのノンタイトル12回戦で対戦し、序盤からチャベスは何もできず一方的な展開となり12回0-3(3者とも108-120)の判定負けを喫した。 試合後にチャベスがファンとされている女性数人をホテルの部屋へ連れ込んでベットでイチャつく動画が流出。 しかもその女性たちに高級腕時計や現金を盗まれたことが発覚した。 2018年12月1日、と対戦が決まってたが、チャベスは試合ライセンスを付与されるために必要な健康診断を受けず試合を欠場した。 2019年10月24日にチャベスがカリフォルニア州のワイルドカード・ジムでトレーナーのの下でトレーニングをしていたところに、チャベスが以前に2件のドーピング違反があったため、厳格なドーピング検査の実施を決定したネバダ州アスレチックコミッションにより依頼されたVADAの検査員が来て抜き打ちのドーピング検査を実施しようとするが、チャベスは検査を受けることを拒否する。 チャベスは12月20日にネバダ州のMGMグランド・ガーデン・アリーナでダニエル・ジェイコブスと対戦予定であった為、10月30日にネバダ州アスレチックコミッションは、チャベスが11月20日の公聴会に出席してコミッションからの審理を受けるまで暫定的な資格停止とする処分を下した。 しかし、この試合のプロモーターのは、11月8日に記者会見を開き、試合開催地をネバダ州からアリゾナ州に変更して開催することを発表。 これにネバダ州アスレチックコミッションのエグゼクティブディレクターであるボブ・ベネットは、連邦法のモハメド・アリ法で資格停止中の選手は他州でも試合出場が禁止されると定められているとして、もしアリゾナ州で試合を強行するようなことがあれば、エディー・ハーンのネバダ州でのプロモーターライセンスの交付を見合わせる懲戒処分を下す場合があると警告を出した。 2019年11月20日、ネバダ州アスレチックコミッションの月例会議で、チャベス側は「チャベスのネバダ州アスレチックコミッションのボクシングライセンスは期限切れで失効しており保持していなかったので、ネバダ州アスレチックコミッションのドーピング指針に従う法的義務が無い為、ドーピング検査を拒否した。 またボクシングライセンスを保持していないチャベスに暫定的な資格停止処分を下すのは法的根拠がなく違法である」と主張、これに対してネバダ州アスレチックコミッションは「資格を保持していない選手でもネバダ州で行われる興行に出場する選手は全て管轄の対象になる」と主張して、全会一致でチャベスの暫定的な資格停止処分を延長する決定を下し、次回12月18日の月例会議で再審理することになった。 また、資格停止中の選手のドーピング検査を管轄するのは適切でないとして、VADAがこの試合のドーピング検査から降りたため、エディー・ハーンは代わりにドラッグ・フリー・スポーツ・オーガナイゼイションに試合のドーピング検査を依頼した。 2019年12月2日、チャベスはネバダ州クラーク郡地方裁判所に、暫定的な資格停止処分に対する仮差し止めによる救済を求めて、ネバダ州アスレチックコミッションを提訴した。 2019年12月17日、ネバダ州クラーク郡地方裁判所により仮差し止めによる救済が認められ、ダニエル・ジェイコブスとの試合が行われることが確定した。 2019年12月20日、のでとスーパーミドル級契約で対戦することになっていたが、チャベスが前日計量でスーパーミドル級の規定体重である168ポンドを4. 7ポンド(2. 1キロ)体重超過し計量失格となった為、チャベスが300万ドル(3億2千万円)のファイトマネーから違約金として100万ドルをジェイコブスに支払うことで試合を行い 、5回終了後にチャベスがコーナーで試合を棄権し敗れた。 獲得タイトル [ ]• 世界(防衛0)• WBCアメリカ大陸スーパーウェルター級王座(防衛1)• WBCラテンアメリカスーパーウェルター級王座(防衛1)• WBC世界シルバー王座(防衛1)• WBC世界ミドル級王座(防衛3) 脚注 [ ]• Sports on Earth. com 2013年8月19日. 2013年8月24日閲覧。 ボクシングニュース「Box-on! 」2010年6月28日• 2013年8月25日閲覧。 Fightnews. com 2011年2月4日閲覧• ボクシングニュース「Box-on! 」2011年6月5日• ボクシングニュース「Box-on! 」2011年11月20日• Ring. TV 2012年2月4日. 2013年8月24日閲覧。 ボクシングニュース「Box-on! 」2012年2月5日• Fight Saga. com 2012年2月5日. 2013年8月25日閲覧。 スポニチアネックス 2012年6月17日• East Side Boxing. com 2012年6月19日. 2013年8月25日閲覧。 ボクシングニュース「Box-on! 」2012年9月18日• 日刊スポーツ 2013年3月1日• ボクシングニュース「Box-on! 」 2013年3月2日• ESPN. com 2015年4月16日. 2015年4月19日閲覧。 ESPN. com 2013年7月31日. 2013年8月26日閲覧。 ESPN. com 2013年8月13日. 2013年8月12日閲覧。 ESPN. com 2013年9月26日. 2013年12月19日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年9月29日• Boxing News 2013年9月30日. 2013年12月19日閲覧。 BoxingScene. com 2014年5月14日. 2014年5月14日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月19日• Fight. News. com 2015年4月18日. 2015年4月19日閲覧。 Boxing Scene. com 2015年4月18日. 2015年4月19日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月18日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月19日• Fight News. com 2016年3月9日. 2016年3月10日閲覧。 Boxing Scene. com 2016年3月10日. 2016年3月10日閲覧。 Boxing Scene. com 2016年12月11日. 2017年1月16日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月7日• Boxing Scene. com 2017年5月12日. 2017年7月20日閲覧。 ESPN. com 2018年11月27日. 2019年1月5日閲覧。 ESPN. com 2019年11月2日. 2019年11月13日閲覧。 Yahoo. Sports 2019年11月14日. 2019年11月14日閲覧。 ESPN. com 2019年11月22日. 2020年1月6日閲覧。 Boxing Scene. com 2019年11月20日. 2020年1月6日閲覧。 Boxing Scene. com 2019年12月6日. 2020年1月6日閲覧。 Boxing Scene. com 2019年12月17日. 2020年1月6日閲覧。 ESPN. com 2019年12月18日. 2020年1月6日閲覧。 Boxing Junkie 2019年12月19日. 2020年1月6日閲覧。 ESPN. com 2019年12月20日. 2020年1月6日閲覧。 CBS Sports 2019年12月21日. 2020年1月6日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• jcchavezjr1 -• - (英語) 前王者 世界王者 2011年6月4日 - 2012年9月15日 次王者.

次の