ファビウス 氏族。 カエソ・ファビウス・ウィブラヌス

【軍を動かすこと】の例文集・使い方辞典

ファビウス 氏族

An Entity of Type : , from Named Graph : , within Data Space : 氏族(しぞく、うじぞく、clan)とは、共通の祖先を持つ血縁集団、または、共通の祖先を持つという意識・信仰による連帯感の下に結束した血縁集団のこと。 単系出自集団(unilineal descent group。 特定の祖先から男性または女性のみを通じて親子関係がたどれる子孫の作る集団)の一つ。 特定の男性祖先から男性のみを通じて出自がたどれる子孫から成る集団を父系出自集団といい、特定の女性祖先から女性のみを通じて出自がたどれる子孫から成る集団を女系出自集団という。 これらの集団のうち、成員が互いの系譜関係、あるいは共通祖先との系譜関係を把握している集団はリニエッジ(lineage)といい、伝説上・神話上の共通祖先を持っているという意識・信仰があるのみで、系譜関係がはっきりしない集団をクラン(clan)と呼んで、両者を区別する。 同じ氏族の男女の結婚を禁じる結婚規制が広く見られる(氏族外婚)。 これは、互いの系譜関係がたどれぬ場合であっても同じ氏族であれば血縁関係を擬制して規制することから、必ずしも近親婚の禁止とは重ならない。 Data Table Property Value• 氏族(しぞく、うじぞく、clan)とは、共通の祖先を持つ血縁集団、または、共通の祖先を持つという意識・信仰による連帯感の下に結束した血縁集団のこと。 単系出自集団(unilineal descent group。 特定の祖先から男性または女性のみを通じて親子関係がたどれる子孫の作る集団)の一つ。 特定の男性祖先から男性のみを通じて出自がたどれる子孫から成る集団を父系出自集団といい、特定の女性祖先から女性のみを通じて出自がたどれる子孫から成る集団を女系出自集団という。 これらの集団のうち、成員が互いの系譜関係、あるいは共通祖先との系譜関係を把握している集団はリニエッジ(lineage)といい、伝説上・神話上の共通祖先を持っているという意識・信仰があるのみで、系譜関係がはっきりしない集団をクラン(clan)と呼んで、両者を区別する。 同じ氏族の男女の結婚を禁じる結婚規制が広く見られる(氏族外婚)。 これは、互いの系譜関係がたどれぬ場合であっても同じ氏族であれば血縁関係を擬制して規制することから、必ずしも近親婚の禁止とは重ならない。 276446 xsd:integer• 712 xsd:integer• 22 xsd:integer• 59162906 xsd:integer• 氏族(しぞく、うじぞく、clan)とは、共通の祖先を持つ血縁集団、または、共通の祖先を持つという意識・信仰による連帯感の下に結束した血縁集団のこと。 単系出自集団(unilineal descent group。 特定の祖先から男性または女性のみを通じて親子関係がたどれる子孫の作る集団)の一つ。 特定の男性祖先から男性のみを通じて出自がたどれる子孫から成る集団を父系出自集団といい、特定の女性祖先から女性のみを通じて出自がたどれる子孫から成る集団を女系出自集団という。 これらの集団のうち、成員が互いの系譜関係、あるいは共通祖先との系譜関係を把握している集団はリニエッジ(lineage)といい、伝説上・神話上の共通祖先を持っているという意識・信仰があるのみで、系譜関係がはっきりしない集団をクラン(clan)と呼んで、両者を区別する。 同じ氏族の男女の結婚を禁じる結婚規制が広く見られる(氏族外婚)。 これは、互いの系譜関係がたどれぬ場合であっても同じ氏族であれば血縁関係を擬制して規制することから、必ずしも近親婚の禁止とは重ならない。 is of• is of• is of• is of•

次の

【軍を動かすこと】の例文集・使い方辞典

ファビウス 氏族

ィントゥス・ファビウス・マクシムス、おそらくクィントゥス・ファビウス・マクシムス・サンガ(Quintus Fabius Maximus、Quintus Fabius Maximus Sanga、 - 紀元前45年12月31日)はパトリキ(貴族)出身の共和政ローマの政治家・軍人。 紀元前45年に補充執政官(コンスル・スフェクトゥス)を務めた。. 6 関係: 、、、、、。 ムンダの戦い(ムンダのたたかい、Battaglia di Munda)は、紀元前45年3月17日にヒスパニアのムンダ(現:オスナ)で行われたガイウス・ユリウス・カエサル派と元老院派(ポンペイウス派)との戦いである。. 新しい!! 主に共和政ローマ前期より活躍し、元老院の守護者として名を残す。 共和政ローマを代表する名門氏族だといえる。. 新しい!! ガイウス・ユリウス・カエサルの親戚で、紀元前43年に補充執政官(コンスル・スフェクトゥス)を務めた。. 新しい!! 新しい!! 石版には凱旋式を実施した将軍の名前、父と祖父の名前、勝利した相手または場所、凱旋式実施日、が記録されている。 一部の欠損はあるが、紀元前753年の半ば神話的なロームルスの凱旋式から、紀元前19年のプロコンスル(執政官代理)であるルキウス・コルネリウス・バルブスの凱旋式までが記載されている。 ローマ帝国崩壊後は地中に埋もれていたが、16世紀の中頃におそらくは偶然に発見され、修復が進められた。 現在はカピトリーノ美術館に展示されている。 4つの石版から構成されており、それぞれローマ建国紀元元年-452年、453年-532年、533年-625年、628年-735年に実施された凱旋式が記録されている。 なお、一部に欠損部分があるが、他の資料で凱旋式実施が確認できるものは罫線で囲んで示した。. 新しい!! 伝説上の共和政開始の年紀元前509年から一般に帝政開始の年とされる紀元前27年までを「共和政」の範囲として記載する。 年初の1月1日に就任しその年を名前で呼ばれた正規執政官2名を各年の横に記した。 正規執政官の辞任や死去によって欠員が生じた際に選ばれる補充執政官は「suff. 」以下に記した。 ただし補充執政官は網羅していない。 人名の後ろのローマ数字は補充執政官を含めて何度目の執政官職かを表す。 執政官職が停止されている年はそれに代わるものを記した。 人名は長母音は省略し「ll」「rr」は促音で表記した。. 新しい!! これは、それぞれの概念との関係の簡単な定義を与えます。 これは、概念図の基礎となる巨大なオンライン精神的な地図です。 これを使うのは無料で、各記事やドキュメントをダウンロードすることができます。 それは教師、教育者、生徒や学生が使用できるツール、リソースや勉強、研究、教育、学習や教育のための基準、です。 学問の世界のための:学校、プライマリ、セカンダリ、高校、ミドル、大学、技術的な学位、学部、修士または博士号のために。 論文、報告書、プロジェクト、アイデア、ドキュメント、調査、要約、または論文のために。 ここで定義、説明、またはあなたが情報を必要とする各重要なの意味、および用語集などのそれに関連する概念のリストです。 日本語, 英語, スペイン語, ポルトガル語, 中国の, フランス語, ドイツ語, イタリア語, ポーランド語, オランダ語, ロシア語, アラビア語, ヒンディー語, スウェーデン語, ウクライナ語, ハンガリー語, カタロニア語, チェコ語, ヘブライ語, デンマーク語, フィンランド語, インドネシア語, ノルウェー語, ルーマニア語, トルコ語, ベトナム語, 韓国語, タイ語, ギリシャ語, ブルガリア語, クロアチア語, スロバキア語, リトアニア語, フィリピン人, ラトビア語, エストニア語 と スロベニア語で利用できます。 すぐにその他の言語。 すべての情報は、から抽出し、それがクリエイティブで利用することができます。 Google Play、Android および Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

次の

月の戦士/第3章「戦雲」(3)

ファビウス 氏族

詳細は「」を参照 にローマ最後の王が追放され、ローマに共和政が樹立されると、タルクィニウスの復帰を巡ってクルシウム()王との戦いが起こった()。 しかし、ローマ近郊(北西16キロメートル)のとの間には、平和が保たれていた。 しかし、ローマ内で(貴族)とプレブス(平民)の争いが激化すると、ウェイイはこれに付け込み、から両者の戦争が始まった。 ローマはで大勝するが、両者の敵対関係は続いていた。 当時ローマは多方面に敵を抱えていたため、には元老院に対して、ウェイイとの戦争は、軍事的にも資金的にも彼らの氏族だけで行うことを提案した。 元老院はこれを感謝をもって受け入れた。 ファビウス軍は、の支流のクレメラ川()に野営地を築き、そこからウェイイ領土に嫌がらせ攻撃をかけると共に、ウェイイからローマへの襲撃を撃退していた。 ファビウス軍はとに発生した戦いに勝利していたが、紀元前477年に本格的な戦いが発生することになる。 戦闘 ウェイイはそれまでの失敗を恥じて、ファビウス軍に待ち伏せ攻撃をかけることとした。 伏兵を置き、自軍の戦力を実際より過少にみせた。 田園の一部をあえて荒廃させ、そこが急遽廃棄されたように見せるために、家畜の群れを放った。 これを見たファビウス軍は、ウェイイ軍がもはや彼らの侵攻に耐えられないと過小評価した。 このため、熟慮もせずに、ファビウスの兵達は、家畜を捕まえようと野営地を出た。 ファビウス兵はウェイイの伏兵が隠れている場所を越え家畜を追って散らばっていった。 ウェイイ軍は、機を見て隠れていた場所から飛び出して大声で叫び、弓矢で攻撃し、さらにファビウス軍をびっしりと包囲した。 これでファビウス軍の兵の数の少なさが分かった。 ファビウス軍は組織だった戦闘はできず、楔型隊形を取り、道を切り開いて丘に登るしかなかった。 これは成功し、丘に登ったファビウス軍は一息ついた。 数では劣るものの、高地の優位を利用すれば勝利も可能と思われた。 しかし、ウェイイ軍の分遣隊はファビウス軍を迂回して、その背後から攻撃した。 完全に包囲されたファビウス軍は全滅する。 若年のためにローマに留まっていたのみが、たった一人のファビウス氏族の生き残りとなった。

次の