コール オブ デューティ ワールド ウォー ii。 CoD:MW 攻略Wiki(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア) : ヘイグ攻略まとめWiki

『コール オブ デューティ ワールドウォーII』キャンペーンクリア

コール オブ デューティ ワールド ウォー ii

[10プレイ日記] 聖女の守りの瞬きの宝珠を手に入れたいので、どうやって手に入れるか考えた。 が、結局のところ、雑魚敵からのドロップ入手は現在はないので 1:達人クト報酬 2:試練の門の宝珠ドロップ 3:魔法の迷宮の宝珠ドロップ これらに期待するしかないというのが現状ですかね。 達人クトは、とりあえずクトクリアして報酬にて「光の特技」を選択すれば あとは確率で手に入るのを祈るだけ。 クトを消化する回数が多いほどに、入手の可能性は高まる。 別の色の宝珠が出ることはないので、他のコンテンツでの入手よりも入手確率は高いよね。 週1回しか消化できないので、そこが難点といえば難点。 とりあえずコインボスを倒すなり、通常迷宮に乗り込んでボスを倒せば確率で宝珠入手。 ただし、宝珠の色は選べないし、完全にランダム。 練習札でも宝珠はドロップするので、練習札でもオッケー。 レアボスコインでも宝珠はドロップするので、これでもオッケー。 勿論、普通のボスコインを投入してアクセ作りつつ宝珠集めるのもあり。 効果自体は薄いみたいだけどね。 欲しい宝珠を狙って迷宮に乗り込むなら、使っておいて損はないかも。 試練の門。 基本的には、試練の門も全宝珠がドロップするのかな。 これも週1回消化できるだけだが、完全ランダムなので入手できることもある感じ。 やってみたけど、まあ聖女の守りの瞬きは出ませんでした。 こっちでも効果は薄いが。 宝珠の香水は、エモノ呼びで雑魚敵を呼びまくって宝珠を狙う時が一番効果出るからねえ。 そもそも宝珠ドロップ率の高い迷宮や試練の門では、大した効果にならぬ。 おまけに宝珠も基本は1個しか出ないしね。 でも、限定宝珠で欲しいのがあるなら、使って損はないと思う。 達人クトも、試練の門も週1回しかやれない以上は 魔法の迷宮に乗り込みまくるしかないという感じ。 パープレイで狙うなら サーバー1のグレン城下町の試練門売りに乗っかるのも手かもしれませんな。 あれなら経験値集めつつ、宝珠も狙えるし 魔法の迷宮よりもパー組んでからの回転率は高いような気もするし。 今日帰宅したら、ちょっと寄ってみようかな~と思います。 光の宝珠と闇の宝珠で未入手のものも結構多いので、試練の門回す意味もあると思うしねえ。 運さえ良ければすぐ手に入るんだけどねー。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。

次の

全作品プレイした私がオススメの「コールオブデューティー(ソロ/シングル/キャンペーン)」を紹介。

コール オブ デューティ ワールド ウォー ii

というか、遊びながら書いているんだけどね。 ・TEAM DEATHMATCH チームデスマッチ ・DOMINATION ドミネーション ・HARDPOINT ハードポイント ・WAR ウォー ・MOSHPIT モッシュピット ・KILL CONFIRMED(キルコンファームド。 MOSHPITのプレイリストで登場) 『CoD』シリーズ伝統のチームデスマッチやドミネーションといったモードは、多くのゲームでも採用されていることもあり、ゲーマーにとっては釈迦に説法かもしれないが念のために説明しておきたいと思う。 チームデスマッチはシリーズを遊んでいるゲーマーだけでなく、オンラインシューターを好んで遊んでいる人にとってはお馴染みのモード。 規定のポイントに到達するまで、ひたすら敵陣営のプレイヤーを倒し続けるのが目的。 これらのモードを実際にプレイしたが、先行ベータに収録されていたマップはどれも狭めで、試合開始後に接敵するタイミングもかなり速かった。 近~中距離での銃撃戦が多めということもあり、実際の戦場でも激戦区だった場所で生き続けることが難しいということを考えさせられたりさせられなかったり……。 というか、正直リスポーン位置のバランスどうなんでしょうと思ったりも。 製品版で呼び出したいなぁ。 こちらは、前述の2モードとは打って変わって、ストーリーベースで進行する。 段階的に変わる目標を巡りを、攻撃側と防衛側に分かれて体験するわけだが、ゲームモードの詳細については下記の動画を見ていただければ、理解できるはず。 司令部と橋を占拠し、その後は味方と力を合わて弾薬庫の爆破に成功。 最後は、戦車を護衛しながら目標到達ポイントまでは運ぶことになる。 見事戦車をポイントまで誘導できると、ドイツ軍の高射砲陣地を破壊し勝利となるのだ。 これまでのモードでは感じられなかった、達成感が味わえる。 一方、防衛側でプレイするときは、連合軍に対していかに"イヤラシイ攻撃"を重ね、前線を押し上げさせないかが楽しい。 ひたすら「目標をセンターに入れて、スイッチ」しているだけですわ。 さまざまな目標に対して、チーム一丸となって戦うのは勝っても負けても非常に楽しい。 もちろん、従来の対戦形式も楽しめるのだけど、いまは新たに搭載されたこのモードをじっくりと遊んでいきたいなと思う。 8月中にドイツで行われたGamescomの会場では、プロチームを招き世界初お披露目となる対戦模様が生中継された。 う~~~ん、早く旗を巡って戦いたいなぁ。 ほかにも、名称は違えど過去作で収録されたパークの効果を持つ基礎トレーニングが確認できた。 これ以外にも、サブウェポンの代わりにメインウェポンをもうひとつ持つことができるトレーニングや、ミニマップの表示範囲が広がるトレーニングまで色々なものがある。 使用する師団やプレイスタイルに合わせて、組み合わせていきたいところ。 だが、ファストペースで目まぐるしく展開されていく戦闘は、シリーズ作品に引けを取らないゲームテンポとなっていることは確かだ。 そして、そのコアとなる銃撃戦の部分は過去のシリーズ作品から変わっておらず、遊んでいると"いい意味でも悪い意味でも"「あぁ、『』だねこれ」といった印象を受けた。 まだまだ触れていないキャプチャーザフラッグやゾンビモードなど、ストーリーモード以外にも早く遊んでみたいモードが待ち構えている。 当方の受け入れ体制は整っている。 あとは発売日を待つだけだ。

次の

「コール オブ デューティ ワールドウォーII ゲーム オブ ザ イヤー エディション」店舗特典&商品情報まとめ

コール オブ デューティ ワールド ウォー ii

略称は『 CoD:WWII』。 対応ハードは、、。 概要 [ ] FPS()のの作品。 近年のCoDシリーズは現代や未来の戦いを描いた作品がリリースされていたが、『』以来およそ10年ぶりにを題材にした作品になる。 CoDシリーズは複数の開発会社が数年毎にローテーションで開発しているが、本作は『』を開発したが担当する。 通常版の他、ダウンロードコンテンツのシーズンパスがセットになったデジタルデラックスエディションも同時発売される。 登場人物として俳優のとが出演している。 本作のキャンペーンでは、ヘルスの自動回復はなく、治療したければ仲間の兵士から救急パックを受け取らなければならないといった、リアル志向なゲームデザインが採用されている。 なお、救急パックは上限付きながらストックが可能。 登場人物 [ ] キャンペーンモード [ ] アメリカ陸軍 [ ] 第1歩兵師団第16歩兵連隊 1st Infantry Division 16th Infantry Regiment [ ] ロナルド・レッド・ダニエルズ上等兵 Pfc. 生まれの19歳。 ゲーム終了までにへと昇進する。 ウィリアム・ピアソン一等軍曹 Tsgt. William Pierson 演 - 第一歩兵師団の。 を経験したベテラン兵士。 任務遂行を第一と考え、任務の為ならば部下の命も惜しまない。 その為、ターナーとはよく対立する。 ロバード・ザスマン上等兵 Pfc. Robert Zussman 演 - ダニエルズの親友。。 ジョセフ・ターナー中尉 1Lt. Joseph Turner 演 - 部下の命を第一と考える為、ピアソン軍曹とはよく対立する。 ドリュー・スタイルズ二等兵 Pvt. Drew Stiles 演 - ダニエルズの戦友。 眼鏡が特徴。 スーパーマンの、に似ている。 のになろうとしている。 彼のみ大卒である。 Frank Aiello 演 - ダニエルズの戦友。 チュニジア戦線を経験した古参兵。 ハワード伍長 Cpl. Howard 演 - 黒人の工兵。 デイビス大佐 Col. Davis 演 - アメリカ陸軍第1歩兵師団の大佐。 第745戦車大隊 745th Tank Battalion [ ] オーグスティン・ペレズ二等軍曹 Ssgt. Augustine Perez 演 - 戦車兵。 ラブソン Rabson 戦車兵で、ドイツ戦車との交戦で戦死。 ミルズ Mills 戦車兵で、ペレズの相棒。 の攻撃によって戦死する。 アメリカ陸軍航空軍 [ ] ローバー・ジョー Rover Joe アメリカ陸軍航空軍の司令官。 第509戦闘航空隊 509th Fighter Squadron [ ] マシュー・ウェバー少尉 2Lt. Matthew Weber のパイロット。 所属のレジスタンスの女性兵士で、ナチスによって両親と夫と息子を殺害されている。 「解放」においてはナチスドイツの駐在武官「ゲルダ・シュナイダー」として潜入する。 特殊作戦執行部 [ ] アーサー・クロウリー少佐 Maj. Arthur Crowley 演 - 特殊作戦執行部に所属する英国軍兵士。 ビビアン Vivian 演 - クロウリーの部下である女性兵士。 ナチスドイツ [ ] ハインリッヒ Heinrich 演 - ルソーの家族を奪った親衛隊少将。。 カール・フィッシャー Karl Fischer 演 - クロウリーの協力者であるドイツ軍大佐。 パリ解放の為に爆弾を用意する。 メッツ Metz ドイツ軍の将校。 強制収容所の監督をしている。 民間人 [ ] ポール・ダニエルズ Paul Daniels 演 - 主人公の兄。。 ヘイゼル・ダニエルズ Hazel Daniels 主人公の妻。 ゾンビモード [ ] マリー・フィッシャー 演 - 盗まれた絵画を取り戻しに来た一団の協力者。 ジェファーソン・ポッツ 演 - 絵画を取り戻しに来た一団の一人で、肉体的にも精神的も強靭である。 オリビア・デュラン 演 - 絵画を取り戻しに来た一団の一人。 にての専門家として勤務していた経験があるほか、兵器にも精通している。 ドロスタン・ハインド 演 - 盗まれた絵画を取り戻しに来た一団の協力者で、絵画泥棒の前科を清算するために協力させられている。 シングルプレイ ステージ [ ] 1. 「」1944年6月6日 場所:・地方・ 2. 「」1944年7月25日 場所:フランス・カルヴァドス県 3. 「要塞」1944年7月26日 場所:フランス・マリニー 4. 「特殊作戦執行部」1944年8月20日 場所:フランス・付近 5. 「」1944年8月25日 場所:フランス・・本部 6. 「」1944年10月18日 場所:・ 7. 「」1944年11月14日 場所:ドイツ・ベルギー国境地域・ () 8. 「493高地」1944年11月14日 場所:ドイツ・ヒュルトゲン・493高地 9. 「」1944年12月25日 場所:・国境地域・ 10. 「待ち伏せ」1944年12月27日 場所:ベルギー・アルデンヌ 11. 「」1945年3月7日 場所:ドイツ・・ 12. 「エピローグ」1945年4月5日 場所:ドイツ・ベルガ捕虜収容所 ゲームモード [ ] キャンペーンモード、マルチプレイヤーモード、協力プレイモードがある。 ゾンビモード [ ] プレイヤーは、第二次世界大戦のさなかにが盗んだ絵画を回収するために、のにあるを訪れた団体の一人を操作してゲームを進めていく。 2017年4月27日午前2時(日本時間)にSledgehammer Gamesの代表・グレン・スコフィールドが発表したところによると、本作のゾンビモードは第二次世界大戦末期のが軍隊を作ろうと努力する物語であるとされている。 備考 [ ]• 日本語版は日本語吹き替え版となっている。 ただし、デモシーンのセリフによっては英語音声になっていることもある。 CODシリーズ恒例のいわゆる集めものは今作にも存在する。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の