加藤 シゲアキ。 NEWS加藤シゲアキの実家の場所は?父親や母親やプロフィールの謎にも迫る!

加藤シゲアキは頭いいけど性格悪い!?出身大学の学部が相当ヤバい!

加藤 シゲアキ

もくじ• 加藤シゲアキさんのプロフィール 生年月日 1987年7月11日(27歳) 出生地 大阪府 血液型 A型 職業 アイドル歌手(NEWS 、タレント、俳優、小説家 ジャンル 音楽番組、バラエティー、ドラマ、映画、CM 事務所 浅井企画 小説家加藤シゲアキとしての評価・文才は? NEWSのメンバーとしてだけでなく、 ドラマ、バラエティーなどにも 度々出演するようになり、 遅咲きながらも ブレイクし始めている加藤シゲアキさん。 やはり、 彼が注目され始めたのは、 未来シアター出演が、 大きな要因となっていることでしょう。 彼自身が、NEWSメンバーの中でも 3番手くらいと言っていますし、 人気があるとは言えないというのですから、 それまでは、 全く彼のことを知らないという人もいたでしょう。 事実、僕は、未来シアター出演以前は、 手越祐也さんのことは知っていましたが、 彼のことは全く知りませんでした。 しかし、バラエティー出演や、 小説家としてデビューなど、 メディア露出が増え、 いろんなことが変わり、 その結果、 今のブレイクにつながっているようです。 blog11. fc2. html(ブログ:特撮!萌え散らかし劇場) いろいろ調べてみると、 彼の小説がすごく評価されていることが分かりました。 多少時間移動が前後するところはあるものの、 文章構成力、文体、話の進め方や意外性など、 あらゆる要素で、下手な作家を既に凌駕していると、 多くの読者から評価されているのです。 あくまでキッカケは アイドルが出した小説ということで、 読まれているみたいですが、 改めて読んでみて 凄く良かったと感じた人が多かったようです。 僕自身まだ彼の小説を読んでいないので、 なんとも言えない部分は否めませんが、 話を聞く限り、 湊かなえ先生のようなスタイルで、 読者に想像力を与えるような 物語を小説の中で描いているのだと思います。 湊かなえ先生の作品も、 【Nのために】をはじめ、 多くの作品が、賛否両論となり、 評価も別れていますが、 読者に想像させてくれる素晴らしい 作品を描かれています。 榮倉奈々さん主演ドラマとしても放送された【Nのために】 きっと加藤さんの小説も、 じっくり読む読書好きの人には、 たまらない作品となっているのでしょう。 このようなスタイルで小説を書くとなると、 相当文才が無いと支離滅裂になってしまいます。 読者の評価を踏まえて考えても、 彼は相当文才のある方なのだと思います。 そういえば、同じNEWSのメンバーである 小山慶一郎さんからインタビューを受ける ニュース映像もありましたね。 どこか照れくさいような雰囲気もあり、 ある意味ちょっと違和感もありましたが、 それだけ他ジャンルでNEWSのメンバーが、 それぞれのジャンルで活躍されているのだと、 感じさせられたような気がします。 ちなみに、加藤シゲアキさんの文章能力は、 独学によるものみたいです。 子供の頃からジャニーズとして活動し、 その経験を活かして小説を書きながら、 少しずつ文章能力に磨きをあげていったようです。 そんな加藤さんは、既に3冊の小説を執筆し、 目標が、全国の書店に 【加藤シゲアキ】のプレートが付くことだとか… 目標達成までの道のりは厳しいかもしれませんが、 きっと彼なら、その目標も達成できると思いますよ。 ぜひ、一度機会を設けて、 加藤シゲアキさんの【ピンクとブルー】を 読んでみたいと思う次第です。 加藤シゲアキさんが芸名を変えた本当の理由は? NEWS加藤シゲアキさんが、 小説家としてデビューした頃、 彼は現在の名前に改名されていますよね。 元々は、 加藤成亮という名前で彼は活動していたのですが、 ちょうど、同じタイミングで改名しているため、 一部では、 小説家としてデビューするために、 改名したと言われています。 しかし、本当の理由は別にありました。 実は、未来シアターに レギュラー出演し始めたことや、 小説家デビューしたこと、 さらには、 2011年には、 山下智久さんと錦戸亮さんの脱退もあり、 ここ数年、 彼の中で大きな変化が起こったことが 大きな転機となり、 彼は名前も分かりやすい カタカナ表記に変更したのです。 blog49. fc2. html(ブログ:奇跡ヲ起コセ!! ただ、先程もお話ししたように、 小説家デビューと、 ほぼ同じタイミングでの改名となったため、 何故かそのことだけ取り上げられ、 小説家デビューのために改名したと、 噂されてしまったのが、事の真相です。 少なくともこの改名は、 彼にとって大きな出来事となったはずです。 そして、改名したことで、 よりファンから愛されるアイドルとして、 芸能界で注目され始めています。 今後、未来シアターだけでなく、 多くのメディアで彼が見られるように、 多方面での活躍を期待しています。

次の

加藤シゲアキ(NEWS) Narrative 歌詞

加藤 シゲアキ

追記です。 残念ですが、 6月28日までの東京・大阪の全公演の中止が決まりました。 新型コロナウイルス感染の拡大に伴う公演中止のお知らせ(5月1日現在) 「染、色」は、2020年5月1日現在の新型コロナウイルスの感染状況と、それに伴う政府の緊急事態宣言の発令や地方自治体の対応を鑑み、6月28日(日)までの東京・大阪全公演を中止することといたしました。 【東京公演】6月4日(木)~6月21日(日) 東京グローブ座 【大阪公演】6月25日(木)~6月28日(日) エブノ泉の森ホール これまで、公演を開催できるよう協議を行ってまいりましたが、現在の情勢において、十分な準備期間を確保できないこと、また、お客様をはじめ、出演者・スタッフの安全を第一に考え、このような結論となりました。 ご観劇を心待ちにしてくださっていた皆様には、このようなお知らせとなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。 大変心苦しい限りではございますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。 東京グローブ座 引用: 『染、色』は、加藤シゲアキさんの小説短編集『傘をもたない蟻たちは』に収められている『染色』が原作です。 しかし、今回の舞台『染、色』と原作の『染色』はストーリーが異なる、と加藤シゲアキさんは話されています。 どんなストーリーになるのか気になりますね。 ここでは、『染、色』の原作である『染色』のあらすじと、口コミ感想をご紹介します。 舞台の『染、色』と原作の『染色』、どのように内容が異なるのか楽しみにしたいところですね。 加藤シゲアキ脚本の舞台『染、色』の原作『染色』あらすじ紹介 美大生の日常と葛藤を描いた青春ストーリーとなっています。 登場人物紹介 メインの登場人物は次の3人です。• 主人公:市村 文登(いちむら ふみと)• 主人公の彼女:橋本 杏奈(はしもと あんな)• 謎の美大生:橋本 美優(はしもと みゆ) Wikipediaにそれぞれの人物紹介がありましたので、これを紹介します。 市村 文登(いちむら ふみと) 美大の3年生。 仲間内では「優等生」でとおっている。 杏奈には「いっちゃん」と呼ばれている。• 橋本 杏奈(はしもと あんな) 市村の彼女。 人との距離感をつかむのが上手。• 橋本 美優(はしもと みゆ) 市村と同じ美大に通っている。 一人暮らしで、ボロいアパートの1階に2部屋を借り、1つをベッドルーム、1つをアトリエとして利用している。 描いている途中で違うものを描きたくなってしまうため、描きかけの絵ばかりが部屋にある。 橋脚に絵を描くようになったのは、短時間で描かなければならないグラフィティなら描きあげられるのではと考えたため。 いつも両腕をカラースプレーで染めており、その色は日によって異なる。 精神安定のために必要な行為で、逆に色が付いてないと気分が変になるらしく、一度ちょっとした興味で市村がカラースプレーを隠した時は顔面蒼白になり、最後には泣き出してしまった。 引用: あらすじ紹介 美大生特有の葛藤を描いたこの作品は、加藤シゲアキさんの経験や想像で書かれたものではなく、実際に知人の方から美大に関する情報を収集して執筆。 そのため、 美大生の現実が如実に描かれていると話題になりました。 美大は「好き」という気持ちだけでは非常に難しい世界なんですね。• 才能があるために周囲から距離を置かれる• 周囲と自分の才能の差を感じる こういう心の葛藤を描いている作品のようです。 から簡単にあらすじをご紹介します。 主人公の市村は美大生で、才能もあり、彼女もいて周りから見ると何不自由なく過ごしているように見えます。 しかし、市村自身は毎日が退屈に感じていました。 そんなある日、市村は壁にグラフィティアートを落書きする謎の美大生(橋本 美優)に出会います。 お互い惹かれあうようになり、市村は彼女と行動を共にするようになります。 そして、退屈だった日々が変化していきます。 舞台『染、色』の詳細、主人公の市村を演じる正門良規さんのプロフィールはこちらからご覧いただけます。 Wikipediaにもう少し詳しいあらすじがありましたので、こちらもご紹介します。 美大に通う市村は、彼女の橋本杏奈を連れて母校の芸術祭をまわっていた。 杏奈は自分と同じ苗字である生徒が描いた作品を絶賛していたが、市村には途中でさじを投げてしまった作品のように思えた。 芸術祭の後、1人で何気なく土手を歩き続けた市村は、その張本人・橋本美優が午前2時にも関わらず橋脚にカラースプレーでグラフィティアートを描いているところに遭遇する。 聞くと美優も芸術祭の中で市村の作品が最も印象的だったという。 美優のアパートを訪れるとそこには描きかけの作品がたくさんあり、互いの作品の意図を理解しあっているとわかった2人は結ばれる。 その日から、杏奈との関係も続けながら毎日のように美優のアパートを訪れるようになる市村だったが、美優がいつも自分の腕にカラースプレーを吹き付ける行為の重要性だけは理解できなかった。 橋脚に描いたグラフィティはどんどん増え、いつからか「HANDS」と呼ばれて謎の覆面アーティスト集団としてネットやテレビで話題になるが、2月半ばのある日、美優から学校を辞めてロンドンに行くことにしたと告げられ、2人の関係は終わる。 卒業式の日、美優を初めて見かけた店の壁に美優の名前を含んだURLが描かれたハガキを見つけた市村はアクセスしてみるが、そこには見覚えのある作品は1つもなかった。 美優が住んでいたアパートは当然のように今は空室で、市村はそこで美優のことを思い出しながら自慰をするが絶頂は迎えられず、あの日々の色彩はどこへ行ってしまったのだろうと考えながら、「今から会えないかな」と杏奈に電話をする。 引用: 心の葛藤を描いた作品は数多くありますが、「美大生の現実が如実に描かれていると話題になった」ということが気になります。 身近に美大生もいませんし、見たことも、聞いたことも、経験したこともない世界を感じられるかもしれません。 原作本『染色』の口コミ感想 実際に原作を読んだ人の口コミ感想を紹介します。 短編集なので他の作品も収められていますが、ここでは『染色』についての感想だけ紹介しています。 【染色】 感覚と衝撃 色と欲求 若い時の激流のような・・・ グラフィックアートの杏奈に惹かれた僕の束の間の出来事。 恋というより、アートを介した依存?のような関係。 鮮やかだけど読了後は色あせている。 橋げたにこっそりアートを描いている女性との出会いと別れ。 これは若者の平均的な生活の欠片のようだが、今時感がたっぷり。 引用: Amazonや、セブンネットショッピングでは『染色』単体の感想ではなく、短編集である『傘をもたない蟻たちは』の感想であったため、楽天ブックスのみの紹介とさせていただきました。 次はTwitterの口コミを紹介します。 【おすすめ】 美大生の主人公の日々が生々しく脳裏に焼きついて印象に残る作品です。 短編ながらも想像力を広げれば、長編を超えるほど内容が濃い作品とも感じました。 染色されていくのは世界か、己か。 じわじわと湧き出る何かがたまりません。 一枚の薄い壁が、どれほど破る事が困難か… 突きつけられる現実。 — さくさくや sakusakuya08 原作を読んだ感想を なんて表していいのかわからない、 読んでいて、気持ちよくて、苦しい、 こんな気持ちになったのは初めてかもしれない。 決して明るい青春物語ではないようですが、心の葛藤を描いているこの作品は、もしかしたらどこか同じような悩み葛藤を抱いていたら共感できるものかもしれません。 悩んでもがいているのは自分一人ではない、みんな苦しい思いを抱いている、そういうメッセージが込められているのかもしれません。 さて、舞台の『染、色』はこれまでご紹介してきた原作の『染色』とは違う内容になるそうで、加藤シゲアキさんが「『染色』であり『染色』ではない。 」とコメントされています。 原作と舞台の両方の『染色』がどう変わるのか、楽しみですね。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

加藤シゲアキ脚本の舞台『染、色』の原作あらすじと口コミ感想を紹介!

加藤 シゲアキ

加藤シゲアキについて 加藤シゲアキは、1999年4月18日、小学6年生の時にジャニーズ事務所に入所。 同年の『怖い日曜日』で俳優デビューを果たした。 さらに2001年『3年B組金八先生』で連続ドラマに初出演した。 2003年9月にNEWSのメンバーとなり、シングル「NEWSニッポン」でCDデビュー。 さらに2008年『こんなんやってみました』で舞台初出演。 2010年『トラブルマン』で連続ドラマ初主演を果たした。 さらに、2011年11月22日、活動名を加藤成亮から加藤シゲアキに変更して小説家としてデビューすることを発表。 2012年1月28日に『ピンクとグレー』を発売して、作家デビューを果たした。 そして2016年に『ピンクとグレー』が映画化され、『傘をもたない蟻たちは』も連続ドラマ化された。 そして2015年3月からは『白熱ライブ ビビット』の金曜レギュラーとなり、コメンテーターを務めて、さらに活動の幅を広げた。 2018年6月7日、未成年に飲酒を強要したという報道に関連して厳重注意処分となった。 基本プロフィール 2008年12月に発売された『週刊女性』で、加藤シゲアキと谷村奈南が目黒の和食屋でデートをしているところが報道された。 しかし、写真などもなく2人は青山学院大学の同級生であることから、単に仲の良い友達である可能性が高いと言われている。 好きなタイプ 加藤シゲアキの好みのタイプは、考え方がしっかりしている女性。 精神年齢が自分より上で上品な女性が好き。 以前出演した番組で、女性の好きな仕草について「例えば薬剤師さんとか、歯科助士さんが昼の時間になった時に、その制服のままちょっと大きめの財布を持ってコンビニに行くみたいな」とマニアックな回答をしている。 性格 加藤シゲアキは、ジャニーズ事務所入所後に中学受験のため長期間の休暇申請した。 当時は入所して間もなかったこともあり、事務所に復帰した時は生意気だという印象もあったが、実際には幼少期からの数回の転校により率直に意見を言うことが身についていただけであり、むしろ人の気持ちを考えることが出来る優しい性格だった。 一方でかなりの人見知り。 電話が苦手で出前の電話もかけられない。 また、「バスタオルは毛が立つようにたたむ」「お風呂上がりは毎回鏡と蛇口を拭く」など私生活の細かいこだわりもある。 また、涙もろい一面もあり、加藤があまりに泣くので他メンバーまでつられて泣くこともある。 趣味 加藤シゲアキの趣味は、釣りと写真である。 釣り好きでマグロを釣りたいと思っている。 釣り好きで有名な嵐の大野とも交流があり、過去には大野と共に「24時間釣り」なる娯楽の域を出たとんでもないことを決行したこともある。 ちなみに加藤は、疑似餌を見ると「チョー可愛い!」を女子高生並みに連発して、魚が釣れるとはしゃぐ。 写真に関してはカメラを複数台所有している。 また、梅干が好きで2010年からは自宅で漬けている。 「梅干を漬けている加藤シゲアキ」の略で「ウメアキ」という愛称が誕生したほど。 特技 加藤シゲアキの特技は、小説を書くことである。 青山学院大学法学部卒の頭脳派で知識も豊富。 ジャニーズ初の小説家として知られている。 刊行されている作品は次の通りである。 『ピンクとグレー』 2012年1月28日発売 『閃光スクランブル』 2013年3月1日発売 『Burn.-バーン-』 2014年3月24日発売 『傘をもたない蟻たちは』 2015年6月1日発売 『チュベローズで待ってる Age 22, 32』 2017年12月12日発売 デビュー前の経歴 加藤シゲアキは、子供の頃から芸能界に興味を持っており、母親がジャニーズ好きの友人に相談し、小学4年生の時にジャニーズ事務所に履歴書を送った。 その後、小学6年生になった1999年に連絡が来てオーディションを経て入所したが、中学受験を控えた時期であったため入所後すぐに休みを願い出ることとなった。 その結果、事務所内では生意気だと思われてしまい、受験後に事務所に連絡してもなかなか社長には取り次いでもらえなかった。 その後、ようやく理解を示してくれた社長から、当時慶應義塾大学に通っていた嵐の櫻井翔を紹介してもらったというエピソードがある。 そのような経緯を経て、無事に青山学院中等部・高等部に進み、事務所でレッスンを開始し、2003年にNEWSとしてデビューを果たした。 出身・家族・学歴.

次の