塚田 一郎 失言。 「私は忖度します」問題が、メディアに大きく取り上げられる意外

塚田一郎国交副大臣道路整備めぐる忖度発言!辞任後の新潟県議選挙への影響は?

塚田 一郎 失言

塚田一郎国交副大臣の「私は忖度します」発言に関して、 「どうせまた、これまでの自民議員のどんな不祥事もスルーされたように、今回も話題にならずクローズするのだろう」 と、半ばヤサぐれた思いで書いていたのだが、どうやら今回は、少し様相が違うようだ。 上の記事は、この失言問題は、新元号祭りを引きずっているマスコミが、それほど時間を割いて取り上げることはないだろうと予想して、ニュースからではなく、直接国会の動画を見てまとめたものだ。 ブログを更新した頃、夜のマスコミの報道が次々とネットにアップされ、それらを見て、軽い驚きを覚えた。 まず、NHKが問題の発言内容を、当時の録音音声を使って、7時と9時の両方の枠で報じたのだ。 しかも、ニュースウオッチ9に至っては「トップニュース」である。 これまでのNHKとは思えない報道ぶりで、見ているこちらが狼狽する。 他の民放も講演の音声を使って報じているので、「一部を切り取った」「誤解」という、失言でのスタンダードな言い訳は通用しない。 また、朝日新聞にあるように、自民党内はもちろん、官邸からまで厳しい声が上がっている。 「辞めたほうがいい」(官邸幹部) 「国会で徹底追及される。 辞めさせたほうがいい」(自民党参院幹部) (4月3日朝日新聞) すでに統一地方選が公示されている、政治家にとっては「特別な時期」であることが大きいのはもちろんなのだが、なにか自民党内の「政局」のにおいも否めない。 問題発言の舞台が、まさに地元自民党と中央の麻生派が対立している分裂選挙、福岡県知事選の応援の場だったからだ。 そして塚田氏が、もし「辞任」ということになれば、なにより氏本人が、窮地に追い込まれる。 氏は、今年7月の参院選の改選メンバーだ。 新潟県は前回から定数が1人区になり、前回2人区で一位当選した塚田氏だが、野党が統一候補をぶつけてくれば、楽ではない戦いになる。 そういう選挙を数か月後に控えての、役職辞任は相当痛いだろう。 ひょっとしたら、この事件を皮切りに、これからの選挙では、なにかいつもと違うことが起きるかもしれない。 台東区では、3月に行われた区議選で、各党派に所属する候補が全員当選したのに、自民党だけが現職2人を含め5人落選という珍事がすでに起きている。 今年の選挙は、少し面白いことになりそうな予感がしてきた。

次の

塚田国交副大臣「忖度」発言の詳細

塚田 一郎 失言

Contents• 塚田一郎の経歴、学歴がすごい! 塚田一郎さんは新潟県新潟市出身で1963年12月27日生れの55歳です。 自民党所属の参議院議員でこれまで当選2回を果たしてるそうです。 現在、内閣府副大臣・国土交通副大臣・復興副大臣を務めているということなのでかなり優秀な方なのでしょうね。 学歴は高校が 國學院高等学校です。 國學院高等学校は偏差値65ということでレベルが高い学校のようです。 難関大学とかの進学者も多いようですし、優秀な人物を多数輩出しているそうですよ。 この学校の出身の有名人にはさだまさしさん、ふかわりょうさん、小林麻央さん、小林麻耶さんなどがいるそうです。 塚田一郎さんの出身大学は 中央大学の法学部です。 大学を卒業後、 アメリカ合衆国ボストン大学大学院国際関係学科修士課程を修了しているそうです。 アメリカの大学院を修了しているということなのでかなりすごい学歴ですね。 その後、1990年にさくら銀行(現三井住友銀行)に入行したそうです。 そして、2000年に銀行を辞めて、麻生太郎議員の秘書になったそうです。 当選2回なのにかなりいい役職についているのは麻生さんのお気に入りみたいな感じなのかもしれませんね。 2002年と2004年の選挙には落選し、2007年に3度目の出馬で初当選しました。 2013年にも参議院選に自民党公認で出馬し当選を果たしました。 2018年から国土交通副大臣を任されているということなのでかなり政治力とかはありそうですね。 塚田一郎の嫁(夫人)は元女子アナ? 塚田一郎さんの奥さんは元女子アナなんだそうです。 奥様は 元新潟テレビ21アナウンサーの村山志保さんという方なんだそうです。 お二人は 2003年に結婚したそうです。 街で偶然何度も出会った運命の出会いだったらしいですよ。 同じ新潟県出身ということで同郷意識とかもあって、意気投合しやすかったとかもありそうですね。 村山志保さんの妹は村山千代さんというアナウンサーをしてる女性なんだそうです。 年齢は村山千代さんが現在37歳で姉は10歳上ということなので村山志保さんは現在47歳ですね。 村山志保さんは早稲田を卒業しているそうなので夫婦で高学歴ですね。 志保さんは現在はアナウンサーとしては活動していないようなので、専業主婦のような感じで夫を支えているのかもしれませんね。 政治家の奥さんとかは結構大変そうですし、やりがいとかもありそうですね。 Sponsored Link 塚田一郎に子供はいる? 塚田一郎さんと志保さんとの間には息子さんが一人いるそうです。 2011年3月に誕生したということなので現在は8歳ですね。 小学校に通う年齢ですが、どこの小学校かの情報はとくにないようです。 両親がともに高学歴で社会的なステータスもかなり高いということなので、有名私立の小学校に通っている可能性が高いかもしれませんね。 将来的にはやっぱり塚田一郎さんの跡を次いで議員になるのでしょうかね。 世襲議員とかちょっと微妙ですけどね。 塚田一郎さんは今回の失言でいろいろ批判されているようですが、経歴とか学歴を見る限り優秀な人物っぽいですし、失言には気を付けて頑張ってほしいですね。 個人的には私は自民党を支持しているので、足を引っ張るだけの野党には屈しないでほしいなと思います。 忖度とか失言は良くないですが、二重国籍問題とか関西生コンとか帰化議員とかのほうが問題な気がしますね。 国籍不明の蓮舫議員や、皇室を侮辱した辻元議員らが塚田一郎国交副大臣の辞任を要求している。 やめる必要など全くない。 塚田副大臣は拉致問題に熱心で、膨大な英文書類を読み込み策を練るなど地道に取り組んできた。 面会したとき誠実な人柄に魅了された。 ガンバレ塚田先生! — 加藤 健 JapanLobby 塚田一郎さんはこれまで熱心に政治活動をしてきて頑張ってきたようですし、これからも頑張ってほしいですね。

次の

塚田一郎の経歴、学歴がすごい!嫁(夫人)は元女子アナ?子供はいる?

塚田 一郎 失言

塚田一郎国土交通副大臣(自民党参院議員)は1日夜、北九州市の集会で、同市と山口県下関市を新たに結ぶ「下関北九州道路」(下北道路)を巡り、本年度から事業化に向け国直轄調査に移行する決定をしたことについて「総理とか副総理が言えないので、私が忖度(そんたく)した」と述べた。 塚田氏は2日、「発言は事実と異なるため撤回し、謝罪申し上げます」との談話を発表した。 塚田氏発言の主な内容は次の通り。 最初の総裁選は大変でした。 その時代から、麻生太郎命、一筋でやってきた。 筋金入りの麻生派です。 実は公務で(福岡県に)来ました。 福岡空港の民営化の開設式です。 私は新潟の自民県連会長もやっているので、50人の同士の応援要請があったが、かわいい弟分の大家敏志参院議員(麻生派)の要請があり、おやじ(麻生氏)の顔が浮かんで足を運びました。 麻生派は渡世の義理だけで動いている。 ほとんどやせ我慢の団体です。 私は夏に参院選があるが、自分の票を削って北九州に参りました。 国交副大臣なのでちょっとだけ仕事の話を。 大家さんが私が逆らえない吉田博美・自民参院幹事長と一緒に「地元の要望がある」と副大臣室に来た。 下関北九州道路(の要請)です。 これにはいきさつがありまして、11年前に凍結されています。 総理は悪夢のようだと言ったがその通りです。 何とかしないといけないと。 下関と北九州ですよ。 よく考えてください。 下関は誰の地盤ですか? 安倍晋三総理です。 麻生副総理の地元でもある北九州への道路事業が止まっている。 吉田先生が私の顔をみて、「塚田、分かっているな」と。 「これは総理の地元と副総理の地元の事業なんだよ」と。 「俺が何で来たか分かるか」と。 私は物わかりがいい。 すぐ忖度(そんたく)します。 「分かりました」と。 そりゃ総理とか副総理はそんなこと言えません。 私は忖度しました。 この事業を再スタートするには、いったん国で調査を引き取らせてもらいます、と。 今回の新年度の予算で国直轄の調査計画に引き上げました。 別に知事に頼まれたからではありません。 大家敏志が言ってきた、そして私が忖度したということですので。 いろいろ計画があります。 トンネルが良いという人がいるが、橋がいいのではないかということで、おそらく橋を架ける形で調査を進めて、できるだけ早く、みなさまのもとに橋が通っていけるように頑張りたい。

次の