ダイジェット ギャラドス。 ギャラドス

【ギャラドス育成論】全てを貫く「じしんかじょう×いのちのたま」/対策と弱点も解説|ポケモット

ダイジェット ギャラドス

こんにちは、HANZOです。 今回は剣盾の構築記事です(初ダブル記事です)。 ランクシーズン7及び全国予選で使ったPTになります。 においては初めて自分の考えだけで組んだPTなので、まだまだ改善点や立ち回りを煮詰める余地はあると考えています。 非常に拙い内容ですが、一読いただけたら嬉しいです。 タイプ一致ダイジェットでS上昇させつつ、相手を倒しながらAも上昇し、そうなった場合誰も手を付けられないと思ったからです。 このを通して勝つようにPTを組み始めました。 まずギャラの居座り性能を高めるピッピはすぐに決まりました。 この4体が構築の核になります。 この段階で相手の構築が非常に重く感じたので、それらに強いを探しました。 候補としては、、アーマーガア、を考えましたが、PTにイエッサンがおり、のが打てない場面や、に隙を見せやすいことから、は不採用。 また相手の水を考慮するとアーマーガア、は不採用となり、を採用しました。 最後の1体はいろいろ試しましたが、いまだにしっくりくるに出会えていません。 とりあえず特殊攻撃のエースを考えていたので、ジュラルドンやが候補に挙がっていました。 はに何もできずに倒されてしまう未来が見えたので、ジュラルドンを採用しました。 こうすることで、ピッピジュラルドンの並びも獲得し、ブリムオンの選出をある程度けん制することを狙いました(効果があったかは不明)。 もっといい案があれば教えてください笑。 これによって非常に高い特殊耐久を手に入れ、横にピッピがいる場合、たいていの電気技を耐えてくれるようになりました。 技はタイプ一致の、とびはねる、相手の水への打点となるパワーウイップは確定。 最後は電気(ストリンダー、パッチラゴン)への打点としてじしんを採用しました。 地面技を所持させることで、ドラパルトセキタンザンの裏の交代を読む必要がなく、セキタンザンに4倍弱点を付けるのが非常に好ポイントでした(弱点保険は発動しますが、Sを上げずに済みます)。 また単純に全体技の打点としても重宝しました。 Sそんなに遅くて大丈夫?と思われるかもしれませんが、使ってみた感じ不便には感じませんでした。 ただ、ダイジェットの回数とその時のS実数値ラインは把握しながら立ち回る必要はあると思います。 フレンード最強!!初手からサイチェンで攪乱したり、てだすけでの初撃の火力を補ったり、後発で出す場合は味方ののHPを確保したり、本当に強いサポートだと思います。 バンギを見たかったので、採用。 持ち物は居座り詰ませ性能のある食べ残し。 てっぺきは迷いましたが、鋼技欲しい場面もあったので、今回は外しました。 大会中のやどりぎの命中率6割くらいでした。。。 主にイエッサンと共に先発で出して相手全体に圧力をかけていきます。 、、マジカイムは即採用。 ラス1はなんでもよかったのですが、適当に電光石火にしました。 1回も打ってません(改善点1つ目)。 構築的にできればされたくないので、初手にが出てきたときはワイドフォースとで処理していました。 イエッサンにも言えることですが、全体攻撃技は先発での後発でも相手に大きな圧力をかけられるので、非常に強いだと感じました。 強いですが、私ジュラルドン使うの苦手かもしれません。。。 あまり活躍させてあげられなかった。 ただまもるの使い勝手は悪くなかったように思います。 Sを準速を抜く調整としましたが、生きる場面が少なく、Cぶっぱした方が良かったと思う場面もあったので、この辺をもう少し練るべきかと思っています(改善点2つ目)。 なんでこんな微妙な配分にしたのか自分でも不明。 育成ミスってる。。。 皆さんはひかえめもしくはれいせい最遅で育成した方がいいと思います。 まあHBCDさえしっかりしていれば問題なく運用できるので、目をつむってください。。。 さて気を取り直して、と共に先発出しすることが多かったです。 また後発に回っても、この指でサポートできつつ自身もワイドブレーで負荷をかけていけるので、思いのほか使い勝手が良かったです。 もしかしたら一番仕事してたかも。 マジカイムはへの打点と初手のブリムオンへのけん制で使用していました。 非常に使い勝手が良かったです。 パーティによってはてだすけもいいと思います。 この子は本当にワイドフォースで可能性が広がったと思うので、もっと考察を深めていきたいです。 スタートは11連勝を決め30戦終了時点で1680程度レートがあったので、本当に悔しかったです。 怖さもありますが、非常に楽しみでもあります。 友人がswitch譲ってくれました。 今まではswitch light2台でやっていましたが、これにより動画サイトを通した放送なんかもやっていこうと思っているので、暇な時は遊びに来てくれると嬉しいです。 7月中には開設したいなぁ笑 今回は以上です。 ご質問・ご意見は paisenegir までお気軽にどうぞ。 ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

次の

ギャラドス/対策

ダイジェット ギャラドス

これらのポケモンに全てを倒せるポテンシャルがあるポケモン ローブシン最強説!!! まさかの脳筋 格闘単タイプのこのポケモンは、鈍足ながら広い技範囲と高い攻撃力、物理耐久を兼ね備えているが、特殊方面はからっきしのいわゆる脳筋である。 なぜこの脳筋ポケモンが、この環境トップ達に太刀打ちできるのだろうか。 鈍足のローブシンでも上から叩ける。 カビゴンのHP種族値が高いため、ドレインパンチでの回復量がとても高い。 カビゴン側の勝ち筋 耐久が高すぎるため、一撃で落とせない。 カビゴン側の勝ち筋は「カウンター」か「のろい」を先に積んでおく事。 特性「こんじょう」補正込みの「マッハパンチ」は、無振サザンドラなら7割近くダメージを入れれる。 サザンドラの勝ち筋 他ポケモンで削りを入れれば、マッハパンチで縛れるが、対面で「りゅうせいぐん」を打たれると一撃で落ちてしまう。 トリックルームがないと負けてしまうが、トリックルームがあれば良いので有利です。 トゲキッスの勝ち筋 トリックルームが展開されていない状況。 対面で「ダイジェット」を打ち込まれたら負けてしまうが、こちらも「ダイサンダー」を打てば、相手のダイジェットを耐え、対面でも勝てるため有利。 またギャラドス入りの構築を相手にする場合、有利対面では、積極的に「かみなりパンチ」を押して行きたい。 ギャラドスの勝ち筋 「いのちのたま」を持たせれば、ダイマックスしたHAローブシンならば確定1発。 あとトリックルームがなければ「じしんかじょう」で攻撃力を上げていれば勝てる。 無振ドリュウズなら、特性「こんじょう」補正込みの「マッハパンチ」で7割近く。 「ドレインパンチ」ならば確定1発をとれる。 高い確率で引いてくるので、裏を考えて交代読みするのはあり。 ドリュウズの勝ち筋 もはや無い。

次の

【ギャラドス育成論】全てを貫く「じしんかじょう×いのちのたま」/対策と弱点も解説|ポケモット

ダイジェット ギャラドス

特性 効果 いかく 戦闘に出ると、相手の 攻撃を1段階下げる。 隠 じしんかじょう 自分の技で相手を倒すと、 自分の攻撃が1段階上がる。 弱点は電気と岩のみ。 攻撃が高く、他の種族値も高水準です。 物理技をメインに攻める型がほとんどですが、中にはゴツゴツメットを持った受け型もいます。 さらにごくまれに、特殊型も存在します。 特性はどちらもステータスに影響するもので、どちらも優秀な効果を持っています。 ランクバトル、シーズン5の使用率ランキングでは、 7位に入っています。 特性について• いかくは、場に出た時に発動する特性で、相手の攻撃を1段階下げます。 これにより 物理耐久を疑似的に上げることができます。 使いやすく強力な特性です。 シーズン5の採用率は 23. じしんかじょうは、自身が相手を倒したときに、攻撃が1段階上がる特性です。 強力な技が使えるダイマックスと相性がよく、相手をポケモンを連続で倒すのに効果的で す。 シーズン5の採用率は 76. でんきタイプ 4倍弱点のでんきタイプで攻撃するのが、単純ですが効果的です。 しかし中途半端な威力では、ダイマックスで余裕を持って耐えられてしまうので、 パッチラゴンや フォルムチェンジロトムなどで、強力なでんき技で攻撃したいです。 ウォッシュロトムにはくさタイプが抜群ですが、ダイマックスすればギャラドスのダイソウゲンを耐えられます。 ダイマックスしてダイサンダーを撃つ前提なら、素早さで勝っている ジュラルドンも有効です。 有利な高耐久ポケモン ナットレイ みず、くさタイプを半減し、ひこうタイプを等倍で受けられるナットレイなら、ギャラドスの攻撃を受けとめることができます。 安全に耐えられるように、特防ではなく防御に特化して育成しておきたいですね。 サニーゴ ガラル 高い耐久を持つ、しんかのきせき持ちサニーゴであれば、ギャラドスの攻撃を数発は耐えることができます。 特にサニーゴは おにびや ちからをすいとるが使えるため、物理アタッカー相手にはかなり有利です。 ちょうはつには注意。 ドヒドイデ くろいきりを使えるドヒドイデなら、ギャラドスの能力上昇をリセットできます。 くろいヘドロとじこさいせいで回復でき、ギャラドスでの突破は困難です。 こちらもちょうはつには注意。 データから持ち物を予測する シーズン5では、ギャラドスの持ち物は、多い順に、 いのちのたま 38. いのちのたまとラムのみで8割近くを占めています。 やけどさせても、ラムのみで回復される可能性が高いことは覚えておきましょう。 おまけ 炎統一における対策 私は普段、炎統一でランクバトルに潜っています。 一見、相性で不利なギャラドスですが、倒す方法はあります。 ここでは、炎ポケモンでの、ギャラドスの対策を紹介します。 弱点保険ウインディ ウインディは素早さ種族値でギャラドスに勝っており、先制で おにびをいれることができます。 ウインディでみず技を受け、 じゃくてんほけんを発動させれば、ダイマックス状態のギャラドスでもダイサンダー ワイルドボルト で倒すことができます。 スカーフヒートロトム ヒートロトムのかみなりで、ダイマックス状態の無振りギャラドスを乱数1発 95. 9~113. ダイジェットで素早さが1段階上がっていても、ヒートロトムにこだわりスカーフを持たせていれば、抜くことができます。 タスキカウンター ギャラドスはほぼ物理型なので、エースバーンやリザードンのカウンターで、大ダメージを与えることができます。 ただしギャラドスのHPによっては、ダイマックス状態のギャラドスを倒しきれないことがあります。 おわりに 能力が上昇すると手が付けられなくなるギャラドス。 うまく弱点を突いて戦っていきたいですね。 今後も、新たな対策が見つかれば、追加していきます。

次の