富士フイルム 株価 上がら ない。 アビガンの富士フィルム株価は思ったほど上昇しない?そのワケとは

富士フイルムホールディングス (4901) : 株価診断・理論株価 [FUJIFILM Holdings]

富士フイルム 株価 上がら ない

富士フイルムホールディングスのみんかぶ目標株価は「5,129円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 4,723円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 5,942円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 3,706円 と判断されています。 富士フイルムホールディングスは、【01銘柄、エボラ出血熱関連、写真フィルム】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

アビガンがコロナに効いても富士フイルムが「大もうけ」とはいかない理由

富士フイルム 株価 上がら ない

9日の東京株式市場でが大幅に続落。 証券大手のメリルリンチ日本証券が投資判断と目標株価を引き下げたことなどが材料になった。 一方、富士フイルムは抗インフルエンザ薬「アビガン」の新型コロナウイルス向けの臨床試験を今週、米国で始めると発表した。 富士フイルムのこの日の安値となる前日比406円(7. 08%)安の5326円で取引を終えた。 これで3日続落となった。 メリルリンチ日本は8日付で、富士フイルムの投資判断を従来の「買い」から「アンダーパフォーム」に2段階引き下げた。 アビガンは物質特許が切れていることから業績への寄与は一過性であると分析し、楽観的ケースでも営業利益の押上効果は990億円にとどまるとの見方を示した。 また複合機について、テレワークの拡大で中期的な需要縮小リスクが見過ごされているとした。 目標株価も従来の6000円から5100円に引き下げている。 富士フイルムはアビガンの需要増加への期待で、6日に上場来高値となる6420円を付けていた。 この水準からこの日の安値までの下落率は17%を超える。 アビガンの原料のマロン酸ジエチルを生産するも続落した。 終値は130円(4. 77%)安の2598円。 富士フイルムの子会社である富士フイルム富山化学は「含窒素複素環カルボキサミド誘導体またはその塩並びにそれらを含有する抗ウイルス剤」に関する特許を保有していた。 これはアビガンの有効成分であるファビピラビルを保護する物質特許で、20年の存続期間が2019年8月に満了している。 米でアビガンの新型コロナ向け臨床試験 富士フイルムはこの日、日本に次いで米国で新型コロナウイルスを治療する臨床試験を今週始めると発表した。 インフル薬として製造販売承認を得ている日本では、3月末から富士フイルム富山化学で第3相臨床試験を実施している。 未承認の米国では第2相から始め、治療効果と安全性を確認する。 一方、中国政府は3月17日、アビガンの新型コロナウイルスへの有効性を臨床研究で確認したと発表している。 中国・湖北省武漢市と広東省深セン市の病院で計200人の患者を対象に行われた臨床試験は、投与した患者の方が短期間に陽性から陰性になり、肺炎症状なども改善した。 中国政府はアビガンを医療現場の治療に使うよう正式に推薦する方針と伝えられた。 本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありません。 本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。 また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。 投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。 本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。 無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。 取引画面にてご確認ください。 ただしFXは一般社団法人金融先物取引業協会が算出した為替リスク想定比率以上となります。 為替リスク想定比率は金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出されます。 株式CFD取引・両替・口座管理・出金の各手数料、ライブデータ・チャートの各利用料、スワップポイント、調達コスト、配当金相当額、借株コスト、ノースリッページ注文保証料、ノックアウトプレミアム。

次の

アビガンの富士フィルム株価は思ったほど上昇しない?そのワケとは

富士フイルム 株価 上がら ない

銀行の株価は低い 現在、日本の銀行の株価は軒並み低い状態が続いています。 PBRが1倍割れといった銀行もめずらしくありません。 PBRが1倍いかということは、その企業の本来の価値以上に株価が割安であるということを表していることになります。 メガバンクも低い水準 また地方銀行に限らずメガバンクにおいても株価は冴えません。 メガバンクといえば三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のことですね。 日本を代表するこれらの企業ですが、アベノミクス以降他の業種の株価に比べ成長が鈍化傾向にあります。 なぜ銀行の株価はこのような割安な状態で放置しているのでしょうか? 【関連記事】 銀行の株価が低い理由 低金利による収益減少 銀行の株価が低い理由に日本の低金利環境が挙げられます。 銀行は預金者から預かった資金で国債を買い、その国債の金利を主な収益源としてきました。 しかしながら現在は 日銀の金融緩和により市場の金利水準は0%近い状態まで下落しています。 参照:三井住友銀行 0%近い水準であるため国債による運用をしても銀行は収益を稼げなくなってしまったのです。 よって銀行は従来のビジネスモデルでの収益源を失った結果、株価に対してもネガティブな影響が働き、株価が上昇しないという状況になっているということです。 【関連記事】 ネット銀行の登場 また新興勢力である ネット銀行の参入なども、銀行業の経営を圧迫する要因となっています。 店舗を持たない銀行は、それだけ人件費がかかりませんので、ATMの無償化やインターネットに特化したサービスを提供できるのです。 IT寄りの銀行だからこそ、IT化が進んだ現代において、ネット銀行は顧客の需要をうまく取り込めているとも言えますね。 今後、更に銀行のIT化が進むにつれて従来の銀行からネット銀行への遷移は増えていくことが予想されるでしょう。 まとめ 銀行の株価の今後 今後、銀行業界では統廃合が起こり、 金利収入による今のビジネスモデルを展開できない銀行は早々に潰れていくことが予想されます。 地方銀行においては経営難から実際に統廃合をする銀行も現れ始めました。 三十三フィナンシャルグループ(FG)は30日、傘下の三重銀行(三重県四日市市)と第三銀行(同県松阪市)を2021年5月1日に合併させると発表した。 新銀行名は「三十三銀行」とし、本店は四日市市に置く。 引用:福井新聞 今後、このような流れは急速に進み、銀行自体の数が日本全国で減少していくでしょう。

次の