アメリカ 抗体 検査 コロナ。 コロナ抗体検査がまだ不完全でも絶対必要な訳 感染状況を推定しつつ感染爆発を防ぐために

アメリカで抗体検査を検討、抗体検査とPCR検査の違い、経済活動の早期回復狙う

アメリカ 抗体 検査 コロナ

ソフトバンクグループは、先月中旬から今月8日までに、社員や取引先、それに医療機関の関係者ら4万4066人を対象に新型コロナウイルスに感染したことがあるかを調べる抗体検査を行い、結果を公表しました。 それによりますと、191人、0. 43%が陽性だったということです。 このうち、医療機関の関係者は5850人のうち105人、1. 79%が陽性、社員や取引先の関係者は3万8216人のうち86人、0. 23%が陽性でした。 新型コロナウイルスの抗体検査は、厚生労働省が今月から1万人規模で実施しているほか、民間の診療所などでも行われていますが、精度に課題があるほか、抗体があると再び感染するのを防げるかどうかなどは、まだわかっていませんが、地域での感染の広がりを把握することなどに役立つと考えられています。 ソフトバンクグループが9日夜、行ったネット配信の中で国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長は、「PCR検査も含め、症状がある人が早く検査を受けられる環境づくりが最優先で、いわゆる第2波への対策のためにも大事だ」と述べました。 孫正義社長は「企業として試行錯誤しながら対策に取り組んでいる。 多くの専門家からアドバイスをいただき、よりよい対策につなげたい」と述べました。

次の

アメリカ新型コロナ、人口の1/3が感染「済み」抗体検査陽性との結果に-MA州の町で

アメリカ 抗体 検査 コロナ

・ AP アメリカでの感染拡大が収まるところを知りません。 4月18日までの時点で、公式な発表では、感染確認数が 71万人を超え、死亡者数は 3万7000人を超えています。 これだけでもかなりの数ですが、カリフォルニア州のサンタクララ郡で、3000人規模となる初めてとなる大規模「抗体テスト」がスタンフォード大学によって行われ、その結果、 「検査した人の 2. 5〜 4. 2%が抗体を持っていた」 ことがわかりました。 これが意味するところは、たとえば、人口 200万人のこの郡では、 「 4万8,000〜8万1,000人の過去の感染経験者がいる」 という計算になるのです。 あるいは、もっと範囲を大きくして考えれば、たとえば 、人口 4000万人のカリフォルニア州には「 100万人から 160万人程度の感染経験者がいる」ということにもなるかもしれないのです。 そして、これが、人口 3億人を超えるアメリカ全土の規模で考えるなら…。 このテスト結果を受けて、調査をしたスタンフォード大学の科学者は、 「アメリカでは公式に報告されているより 50倍から 80倍多い感染があった可能性があります」 と述べています。 何しろ、発症しない人の多い感染症ですので(では、約 60%が発症していません)、どのように感染が拡大しているのかわかりにくいものなのです。 症状があまり出ないことが事態を複雑にしている部分もある新型コロナウイルスですが、それを報じたアメリカ ABC ニュースをご紹介します。 カリフォルニアの 2つの研究チームが、ボランティアの軍隊の援助により、この免疫と抗体の問題に答えるために着手した。 その 最初の結果は、意外なものだった。 カリフォルニア州サンタクララ郡で 3,300人を対象にした最初の大規模なコミュニティテストでは、テストされた 2. 5〜 4. 2%が抗体陽性であることがわかったのだ。 これは、公式に報告されている数よりも、過去に新型コロナウイルスに感染した人の数が、はるかに高いことを示唆している。 このデータに基づいて、研究者たちは、ウイルス感染した可能性のある人の範囲は、人口 200万人の サンタクララ郡で 4万8,000人から 8万1,000人であると推定した。 研究を主導したスタンフォード大学医学部のエラン・ベンダヴィッド(Eran Bendavid)准教授は以下のように述べた。 「この調査結果は、私たちのサンタクララ郡では、公衆衛生部門によって報告されたものよりも多くの症例があったことを示唆しており、アメリカ全体でも、公式の数値より 50倍から 80倍多い感染がある可能性を示しています」 この結果に対し、ボストン小児病院の疫学者であるジョン・ブラウンスタイン博士(Dr. John Brownstein)は、カリフォルニア州の結果は、必ずしもアメリカ全体の感染傾向を表すものではないと警告している。 しかし、ブラウンスタイン博士は、この結果から「私たちが予測していた以上に多くの感染事例があるということを示しているとは思います」と述べる。 抗体検査は、アメリカがいつ正常な生活に戻ることができるかを判断するためのツールとして、公衆衛生の専門家からしばしば提言される。 過去にウイルスにさらされたかどうかを判断することにより、どのくらいのアメリカ人が抗体、免疫を持っているかが示されるためだ。 しかし、抗体を持っている場合でも、それが長期の免疫となるいう保証はない。 しかし、抗体を持つ人がある程度の免疫保護を獲得することを医療関係者たちは望んでいる。 ベンダヴィッド准教授は、2. 5〜 4. 2%が抗体を持っているということは、逆にいえば、「調査した郡の大部分の約 95%の人にはまだ抗体がない」ことも意味する。 この調査を受けて、アメリカ社会が正常に戻る機会を探ることが厳しい選択と共にあることが示され始めている。

次の

アメリカで新型コロナの抗体検査をしたところ、14パーセントの人が持っていた...

アメリカ 抗体 検査 コロナ

・ AP アメリカでの感染拡大が収まるところを知りません。 4月18日までの時点で、公式な発表では、感染確認数が 71万人を超え、死亡者数は 3万7000人を超えています。 これだけでもかなりの数ですが、カリフォルニア州のサンタクララ郡で、3000人規模となる初めてとなる大規模「抗体テスト」がスタンフォード大学によって行われ、その結果、 「検査した人の 2. 5〜 4. 2%が抗体を持っていた」 ことがわかりました。 これが意味するところは、たとえば、人口 200万人のこの郡では、 「 4万8,000〜8万1,000人の過去の感染経験者がいる」 という計算になるのです。 あるいは、もっと範囲を大きくして考えれば、たとえば 、人口 4000万人のカリフォルニア州には「 100万人から 160万人程度の感染経験者がいる」ということにもなるかもしれないのです。 そして、これが、人口 3億人を超えるアメリカ全土の規模で考えるなら…。 このテスト結果を受けて、調査をしたスタンフォード大学の科学者は、 「アメリカでは公式に報告されているより 50倍から 80倍多い感染があった可能性があります」 と述べています。 何しろ、発症しない人の多い感染症ですので(では、約 60%が発症していません)、どのように感染が拡大しているのかわかりにくいものなのです。 症状があまり出ないことが事態を複雑にしている部分もある新型コロナウイルスですが、それを報じたアメリカ ABC ニュースをご紹介します。 カリフォルニアの 2つの研究チームが、ボランティアの軍隊の援助により、この免疫と抗体の問題に答えるために着手した。 その 最初の結果は、意外なものだった。 カリフォルニア州サンタクララ郡で 3,300人を対象にした最初の大規模なコミュニティテストでは、テストされた 2. 5〜 4. 2%が抗体陽性であることがわかったのだ。 これは、公式に報告されている数よりも、過去に新型コロナウイルスに感染した人の数が、はるかに高いことを示唆している。 このデータに基づいて、研究者たちは、ウイルス感染した可能性のある人の範囲は、人口 200万人の サンタクララ郡で 4万8,000人から 8万1,000人であると推定した。 研究を主導したスタンフォード大学医学部のエラン・ベンダヴィッド(Eran Bendavid)准教授は以下のように述べた。 「この調査結果は、私たちのサンタクララ郡では、公衆衛生部門によって報告されたものよりも多くの症例があったことを示唆しており、アメリカ全体でも、公式の数値より 50倍から 80倍多い感染がある可能性を示しています」 この結果に対し、ボストン小児病院の疫学者であるジョン・ブラウンスタイン博士(Dr. John Brownstein)は、カリフォルニア州の結果は、必ずしもアメリカ全体の感染傾向を表すものではないと警告している。 しかし、ブラウンスタイン博士は、この結果から「私たちが予測していた以上に多くの感染事例があるということを示しているとは思います」と述べる。 抗体検査は、アメリカがいつ正常な生活に戻ることができるかを判断するためのツールとして、公衆衛生の専門家からしばしば提言される。 過去にウイルスにさらされたかどうかを判断することにより、どのくらいのアメリカ人が抗体、免疫を持っているかが示されるためだ。 しかし、抗体を持っている場合でも、それが長期の免疫となるいう保証はない。 しかし、抗体を持つ人がある程度の免疫保護を獲得することを医療関係者たちは望んでいる。 ベンダヴィッド准教授は、2. 5〜 4. 2%が抗体を持っているということは、逆にいえば、「調査した郡の大部分の約 95%の人にはまだ抗体がない」ことも意味する。 この調査を受けて、アメリカ社会が正常に戻る機会を探ることが厳しい選択と共にあることが示され始めている。

次の