けんちん汁 由来。 茨城県の郷土料理けんちんそばを作ってみた|まめJOHO

【新潟県】【のっぺい汁】とは?由来・発祥と作り方を解説

けんちん汁 由来

私(筆者)の住んでいる地域では、節分に 「けんちん汁」を食べる習慣があります。 最近は節分というと恵方巻きが有名ですよね。 元々恵方巻きは関西圏の食文化です。 私の住んでいる地域は関西なので、節分では恵方巻きが一般的です。 しかし、関東では節分の料理としてけんちん汁を食べるようですね。 なぜそうなったのでしょうか? 関西人の私としてはとても興味があります。 関東でも、限られた地域だけ、節分の頃に「しもつかれ」という料理を食べるようですね。 この「しもつかれ」という馴染みの薄い料理にも、実は深い意味があるんですよね。 ということで、今回は「けんちん汁」と「しもつかれ」の由来と作り方を調べてみました。 それでは早速見ていきましょう! 目次• 節分にけんちん汁を食べるようになったのは何故? 説1:中国が発祥 関東のけんちん汁は、節分だけでなく、寒い時期の行事ではよく食べられるようです。 節分だからけんちん汁というよりは、 冬の行事につきものの暖かい汁物だと理解しておきましょう。 けんちん汁の発祥の由来には2つの説があります。 1つは、 中国伝来のケンチュンと呼ばれる料理です。 肉も魚も使わない料理で、けんちん汁と同じです。 この 「ケンチュン」が、 「けんちん」に変わったとされています。 説2:建長寺で作られた精進料理 もう1つは、 建長寺(けんちょうじ)というお寺の精進料理からという説です。 この説は結構有名ですよね。 ちなみに場所はこちらです。 けんちん汁は、このお寺の 蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が、崩れたお豆腐や、あまりの野菜を使って美味しい汁物を作ったものが起源だとされています。 この建長寺の 建長汁から、けんちん汁ができたと言われています。 けんちん汁は、大根、人参、ゴボウ、里芋、こんにゃく、お豆腐などを、一旦ごま油で炒めてから煮込む汁物です。 油分の効果でとても暖かくなるため、寒い季節にはピッタリの料理となります。 そんな、けんちん汁の作り方を分かりやすく説明している動画がありましたので、併せてご覧ください。 からご覧ください。 ) 「しもつかれ」ってどんな食べ物? どこで何のために食べるもの? 「しもつかれ」とは…… 1. 細かく切った鮭の頭を骨が柔らかくなるまでアクを取り煮込む。 2. 外皮をとった炒り豆(大豆)と、鬼おろしで荒くおろした大根と人参を加える。 3. 酒粕・砂糖・醤油を入れて味を整えてさらに煮込む。 4. 冷まして味が染み込んだら出来上がり。 ざっとこんな感じですが、分量とかは結構、ざっくりな感じが多いですので、特に 3. の分量だけ気をつけてれば大丈夫です。 地域によっては油揚げを刻んで入れることもあるようです。 調味料を一切用いず、一般的には鮭や酒粕の量を加減することで味を調整するようです。 また、栃木県の真岡市地方では、これらの材料に少量の酢を入れることもあるようです。 肝心の味は? さて、その味はというと、どうなのでしょう? 正直、食べた感想は 「微妙……。 」な感じでした。 何って言うんでしょうか……味が非常に表現しづらく、冷たいのが災いしているのか、個人的には 「酒粕の混ぜ合わせ」を食べている感じです。 おそらくこれは、食べる前に、否応なく目に入る 「食欲をなくすような外見」が影響していると思います。 前述に画像を貼っていますが、実際の料理としての外見がどのようなものかは、ネットの画像などで確認してみてください。 関東の節分の食べ物「けんちん汁」と「しもつかれ」 まとめ いかがでしたでしょうか? 「けんちん汁」の「けんちん」とか「しもつかれ」といった言葉は、全く意味不明ですが、そ の由来を辿れば、どことなくうなずけるものがありますね。 けんちん汁は精進料理です。 その材料や作り方をみれば頷けますが、「しもつかれ」の作り方を調べてみれば、ごった煮のような感じですね。 けんちん汁とは対照的だと思います。 それにしても、私にとっては、どちらも節分の時しか食べないものなので、今回調べて、とても興味をもちました。 いつか、 関東の中で一番「けんちん汁」がうまい地域と一番「しもつかれ」がうまい地域に行って、それぞれの伝統料理を食べてみたいものです。

次の

「けんちん汁」と「豚汁」の違い!由来や作り方・具材を比較

けんちん汁 由来

今日は、けんちん汁と豚汁の違いをテーマにしていきたいと思います^^ また、圧力鍋でつくることができますが、材料にはどんなものを入れたらよいのか、 また由来などについてまとめていきます。 けんちん汁と豚汁の違いとは?由来が関係ある? けんちん汁と豚汁、名前は違いますが、 正直見た目にそこまで違いがないような気がしますよね。 けんちん汁も豚汁も同じ豚肉を使用しているし、 何が違うの!? という感じですが、 実は、 調理法と由来が違うのです。 けんちん汁の発祥は、 神奈川県・鎌倉市にある 建長寺が発祥とされています。 全国から修行僧が集まり、ここで 精進料理 として出されていたのが けんちん汁とされています。 そして、けんちん汁という呼び名、 これは 建長寺汁というのが由来であるとされています。 たしかに似ていますね~。 もともとは精進料理だったために、 魚やお肉は入っていなかったようですが、 時間がたって、豚肉などもいれるようになりました。 一方の豚汁の由来は、定かではありません。 諸説あるようですが、 明治時代に 味噌汁に豚肉を混ぜてつくるようになったのではないかとも 言われています。 sponserd link 調理法の違い けんちん汁と豚汁は、発祥だけではなく、 調理法が少し異なります。 けんちん汁は、最初にごぼうや大根などの野菜をゴマ油で炒め、 そして、鰹節や煮干しなどのだしは使わずに、 昆布やシイタケのだしを使っていました。 そして最後に 醤油 で味付けをします。 豚汁の場合は、 味噌 で味付けをします。 というわけで、だしや味付け、発祥など、 見た目は似ていますが、実は、結構違いがあるのです^^ 豚汁もけんちん汁も、冬の寒い時期に体を温めるのに 最適ですね。 圧力鍋でつくるオススメの材料 けんちん汁も豚汁も、簡単に圧力鍋でつくることができます^^ そして、けんちん汁も豚汁も基本的に 材料をそこまで変えることなく、 作ることができます。 なので、最悪、材料を切っておいて、 あとから、変えよう!となっても作れるのでとても便利です^^ しかも圧力鍋で作れるので基本的に放置でOKというわけです。 そんなけんちん汁、豚汁ともに、おススメの材料としては、 大根・ごぼう・人参・こんにゃく・しいたけ・油揚げ・豆腐です。 ちなみに、けんちん汁の場合は、 鶏肉を用いても美味しくできます。 まとめ 今回は、けんちん汁と豚汁の違いや由来などについて まとめました。 けんちん汁と、豚汁、見た目はほとんど変わりませんが、 由来そして、調味料などが違うんですね。 けんちん汁も豚汁も、野菜がたくさん入っていて、 優しい味つけで、体も温まるので、 寒い冬の時期には最適ですね。 そして味付けのポイントとして、 すりおろした生姜を一緒にいれると、 より美味しくなります。 生姜がある方は、ぜひお試しください^^ Sponsord Link.

次の

茨城名物料理のけんちんそばの始まりや由来は?いつ頃から食べていたのか?

けんちん汁 由来

Contents• けんちんそばの由来 けんちんそばとは 茨城県常陸太田市金砂郷地区で古くから食されている郷土料理の一つで、けんちん汁に蕎麦を通して食べるつけ麺風そばです。 けんちん汁とは大根や人参、ごぼう、こんにゃくや豆腐などをごま油で炒めて出汁を入れて煮た豚汁のような汁ものです。 元々は精進料理なため肉や魚えず、出汁も魚類ではなく昆布や椎茸から取るものが多いそうです。 けんちん汁自体の語源は諸説あり定かではありませんが、主なものに以下の二つが挙げられます。 さて、そんな神奈川が発祥のけんちん汁ですが、何故茨城県の郷土料理を担っているのでしょうか。 何か理由があるのかと調べてみましたが、残念ながら明確な答えは分からず仕舞いでした。 恐らく茨城県は 蕎麦の生産は全国で5、6番目に位置することや、常陸太田市金砂郷地区は 常陸秋そばの発祥の地でもあることが関係しているのだと思います。 話はやや脱線しますが、けんちん汁の具材の一つである 「蒟蒻」は現在、主産地の90%近くを群馬県が占めておりますが、生産第3位の茨城県が製法の起源となっていることがわかりました。 蒟蒻の材料であるコンニャク芋は腐りやすく、以前は遠方への流通が難しい食べ物でした。 しかし江戸時代に水戸藩那珂郡に住む 中島藤右衛門という農民が芋を粉末状にして水に戻すという製法を考え、大量生産生産・保存することに成功しました。 この技術により蒟蒻は全国に手軽に流通されるようになり、水戸藩は蒟蒻を専売品にして大きな利益を出しました。 そんな蒟蒻業界の始祖である中島藤右衛門を祀った 「蒟蒻神社」が茨城県大子町にあるほど、茨城はこんにゃくと縁があるのです。 蒟蒻をたくさん使ったけんちん蕎麦。 もしかしたら以前は蕎麦にも蒟蒻が入っていたかもしれませんね。 [ad co-1] けんちん蕎麦のレシピ 基本は普通のけんちん汁に蕎麦を通して食べるだけです。 醤油ベースではなく、味噌を使うこともあるようで意外にもそばにあうそうです。 あとは好みで入れたり入れなかったり出来ます。 自分はガッツリ食べたかったので本来は炒れない肉を入れてみました。 完成! つけけんちんではなく、かけけんちんにしてみました。 味もよくしみていて、翌日になったらさらに美味しくなりました。 色々な具材が入っている為栄養価も高いでしょうし、寒い冬には温かいけんちん汁が体を温めてくれます。 この機会にぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

次の