空母いぶき 12巻 ネタバレ。 【最新刊12巻ネタバレ】漫画村・zipの代わりに「空母いぶき」を無料で読める方法をご紹介!

空母いぶき

空母いぶき 12巻 ネタバレ

もくじ• 空母いぶき最終回103話のあらすじ (注:ネタバレあり・画バレなし) 甲板にて向き合う激闘を終えた両艦長 「広東」の甲板に降り立つ秋月艦長。 秋津に降り立った意図を問う劉艦長であったのです。 撃沈か着艦制動装置の破壊への指示か問う劉艦長に対して、秋津はこう答えるのでした。 隊の最終目標は、 「撃沈にあらず。 」 更に対話を交わす2人であったが、与那国・石垣両民間空港への緊急着陸の提案は、日本政府や自衛隊上層部からの命令ではなく、戦争現場からの柔軟な発想であり、秋津艦長の提案ではないかと推測する劉艦長であったのです。 思いは共有する2人 劉艦長の問いに、静かに語りだす秋津艦長。 中国の広大な国土と民族への畏怖と敬意を口にし、だがそんな国土を代表する人民解放軍が守ろうとしていたのは、人民でもなく国土でもなく、党であったと確信する秋津艦長であったが、その党と軍にとっては屈辱でしかない提案を最後に受け入れたのは、そう誰でもない劉艦長であったのです。 劉艦長が守ろうとしたのは最後に党でもなく搭乗員を、 「つまり、国民を守ろうとした」のでありました。 もし仮にこの侵攻作戦で残った戦闘機を失っていれば、もはや後には退けぬ、戦争に拡大するしか方法はなかったのでありました。 劉艦長は。 両国の戦争を最後で回避の道を選びました。 2 人の向き合う艦長の戦争への道を回避した思いは同じであったのです。 戦闘の終結 「広東」艦内のスパロウ隊、池谷隊長、清水隊員を見舞う秋津艦長。 戦闘終結という大戦果をねぎらい、中国人パイロットとの交換交渉を待つように伝えるのでした。 そして、またお互いのルーツを語り合う秋津艦長と劉艦長であったのでしたが、秋津は1989年のベルリンの壁の崩壊、劉は同年の天安門事件。 同じ年、2人の少年が目にしたのは、 東西冷戦の終結と共に、時代を動かした人の力でもあったのです。 東京都心周辺では、深夜を回っても、戦闘終結に沸き返る群衆。 多良間・与那国両島の島民の解放の報告を受けて、湧き上がる首相官邸。 与那国島比川地区では、約2週間の軟禁状態を耐え、1人の傷病者も出さずに解放を喜ぶ島民と陸上自衛隊。 ついには、尖閣諸島から撤退撤収する中国軍でありました。 終わりの始まり、政治のテーブルへ 尖閣からの中国軍撤退に沸き返る日本国民でしたが、新たな交渉への始まりでもありました。 中国機の処遇をめぐり、対応に追われる垂水総理大臣でしたが、交渉は簡単ではなく、中国だけではなく、アメリカやロシアなどの大国を相手にしての難しい交渉が予想されるのでした。 そんな中、戦闘責任をマスコミに問われる垂水宗次大臣であったが、垂水は国土防衛のための「防衛出動」であり、戦闘は避けられぬものであったと説明するのでありました。 垂水総理大臣は、今後の難しい交渉を予感しつつも、国民に対して宣言するのでした。 「私はこの戦闘で死傷した人々と、共に在ることを。 」 「いぶき」甲板で秋津の行動の真意を推測する湧井群司令と新波副長であったが、おそらく行動の真意は、パイロットの見舞いのみならず今後も同じ海域で相対するであろう中国海軍を肌で感じるためのものでなかったかと予想した。 ならびにこれから徹底的な検証が必要であると感じるのでありました。 明日の日本の防衛のために。 いよいよラストシーン。 与那国島で偶然はち合ってしまう自衛隊員と中国軍人。 それぞれ停戦の意を表し、それぞれの国の言葉でこう交わすのでありました。 「お疲れさん…」 空母いぶき最終回103話の感想・考察 ついに両雄から本音が語られる。 いよいよ最終話ということで、向き合う秋津艦長と劉艦長でしたが、これまで激しい戦闘を繰り広げてきた両雄が、実は最終最後で回避しようと考えていた終わりなき戦争への拒否。 そんな2人に共通するのは、ベルリンの壁の崩壊と天安門事件を生で目撃した少年たちが目撃した人間たちの力でした。 2人の信念のようなものと平和への思いのようなものも感じられて非常に良い最終話と感じました。 2人の意思を疎通するように、総理官邸や尖閣諸島の現場も無事、戦闘の終結へと向かい、最後の場面の両国の自衛隊員と人民解放軍兵士のやり取りに凝縮されたような気がします。 今号で発表されていましたが、次号から新編が続くということもあり、毎回かわぐち先生の作品にはいつも考えさせられるものがあり、次号からの新編にも期待したいと思っております。 かわぐち先生の体調不良も心配ですが、作品が末永く続いていくことを祈って、感想を締めくくりたいと思います。 長くお付き合いいただき、ありがとうございました。 関連記事: ジャンプ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ マガジン系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ サンデー系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ チャンピオン系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 講談社男性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 講談社女性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 集英社女性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ スクエニ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ KADOKAWA系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

【空母いぶき】最終回103話(12月25日号)ネタバレと感想

空母いぶき 12巻 ネタバレ

Contents• 前回の内容の振り返り 【本日発売】 誰にでも、忘れられない人がいる。 数の上では、『いぶき』が圧倒的に不利です。 このため、迫水は、たった5機で前衛を務めることになりました。 敵の前衛は、20機。 苦しい戦いですね。 前衛・迫水のピンチ 敵は、20機。 上下で10機ずつに分かれて、迫水の隊を挟み撃ちにしました。 低空を飛んでいるほうのたいが、迫水をロックオン。 ミサイル20基を放とうとします。 しかし、迫水は、慌てません。 敵が討ってくるのは、赤外線ホーミングではない。 レーダーホーミングです。 赤外線だと、上空にいる味方に当たる恐れがありますからね。 まず、レーダーホーミングに間違いありません。 だとしたら、レーダーを妨害すればいいわけです。 距離2000で、チャフ(レーダー探知を妨害電波)を選択! チャフを奴らの鼻先に蒔きます。 しかし、迫水が出した指示は、それだけではありませんでした。 攪乱と同時にミサイル発射だ! 逃げるだけでなく、攻撃する、というのです。 そして、この作戦は、大成功でした。 敵はパニックに陥り、5機もの機体を失ってしまいました。 後衛も交戦へ 空母『広東』への攻撃が任務である池谷。 レーダーに引っ掛からないように、低空飛行で『広東』へ接近します。 途中、前方から敵と遭遇しました。 空母『いぶき』撃沈を命じられている部隊ですね。 池谷は、交戦しないつもりでした。 事前に、交戦しないよう指示を受けていましたからね。 数の上で不利なことを考えても、スルーするのが賢明です。 が、敵はそれを許してくれませんでした。 針路変更をして、池谷の隊へ接近してきます。 池谷は、腹をくくります。 まず、こいつらを蹴散らす。 全機接近戦だ、対応せよ! 広東への道は、各機、自分で切り開け!! 首相官邸の論争 その頃、首相官邸では、もめていました。 総理が、この戦闘を公表しようと言い出したからです。 官僚たちは、大反対です。 万が一、日本が負ければ、国民が大パニックになります。 勝ったとしても、中国国民の反日感情が強まるだけでしょう。 それでも、総理は、世界にこの事実を知ってもらうべきだと言います。 戦闘だけではない。 西太平洋に起こっている現状をも公表する。 現在、アメリカの艦隊がこちらへ向かっています。 もし、中国国民がこれを知ったら、どう思うでしょうか? 少しでも国民が騒いでくれれば、中国政府も、この戦闘を考え直してくれるかもしれません。 総理としては、そこに期待しているのです。 スポンサーリンク 漫画『空母いぶき』最新話94話 ネタバレ・考察 空母いぶき 11巻 その緻密な作画と重厚な物語は圧巻の一言。 息飲む展開に、読み終わった後の放心感がスゴい。 現実に護衛艦の改修が行われることから日本も空母を持つようになるけれど、ぜひともフィクションであって欲しい。 そう思わせるくらいの内容であると言えよう。 — ippaku23 ippaku23 6対15の戦い 空母『広東』への攻撃役である池谷。 道半ばで、敵襲を受けてしまいました。 敵もまた、空母迎撃隊です。 なぜか、空母迎撃を中断し、池谷たちへ迫っています。 池谷は、交戦を選択しました。 6対15の戦闘になります。 広東への道は、各機で切り開け! 離脱したら、広東は落とせませんからね。 それしか選択肢がないのです。 しかし、妙ですね。 なぜ、敵は、池谷たちを狙うのでしょう? 空母を落としたほうが勝ちなのですから、池谷たちのことなんて無視するはずです。 なにか、考えがあるのでしょうか? 違和感を覚える池谷ですが、目の前の敵に対処するので精一杯です。 この混戦の中、池谷率いるスパロウ隊は、貴重な1機失ってしまいました。 敵の作戦 場面転換。 空母『いぶき』では、秋津たちが戦況を見守っています。 状態は混戦になりました。 一同はモニターを見つめます。 混戦は望むところかと。 淵上は、自信を持って言い切りました。 格闘戦は、機体の性能以上に、搭乗員の技量や気力がものを言います。 我が隊の気合は、十分だと信じています。 それに、敵編隊には攻守の混乱が見られます。 が、我が隊は冷静に対応をしているのです。 その点からいっても、日本が有利である、と言うわけですね。 しかし、秋津はそうは思いませんでした。 この『混乱』こそが、敵の作戦だ、と言うのです。 実際、細かい戦況を現場に確認しようとしても、各隊員がいっぱいいっぱいで、把握できません。 この混乱は、敵味方ともに予測不能の混沌を生んでいる。 つまり、この混戦は、敵の作戦だ。 おそらく、もうすぐ予測外の方向から、攻撃が来ます! この秋津の読みは、当たりました。 なんと、『いぶき』を狙う迎撃隊は、もう一つあったのです。 池谷たちが混戦している今も、人知れず『いぶき』に接近し続けています。 はたして、秋津たちはこれにどうやって対応するのでしょうか? 総理の会見 場面転換。 総理が会見を開きました。 突然決まった会見に、緊張感がただよいます。 総理は、簡単な挨拶を終えた後、さっそく本題へ入りました。 政府より、重大な発表があります。 本日午後6時10分、尖閣諸島海域において、わが陸海空自衛隊は、最終的な戦闘に入りました。 その事実を、国民すべてが共有すべきと考え、公表します。 戦っているのは、自衛隊だけではない。 この有事を、すべての国民が当事者として受け止めていただきたいからです。 関連記事: 94話の感想 敵の術中にハマっているみたいですね。 秋津たちは、このピンチを回避できるのでしょうか? そして、総理の会見を聞いた国民たちの反応も気になります。 これが終戦へ向かうキッカケなるといいですね。 アメリカ出てきた! このまま、薄情で役立たずの同盟国のままで終わるかと思てたのに(笑い) 主人公たち自衛官の活躍が素晴らしい。 中国サイドの士官もなかなか。 あほな反中漫画やあらへんで(笑い) — 桜きさらぎ Miyuko0213 『空母いぶき』は、一応雑誌の方でも見てる派なんですが。 大人買いしちゃったよ。 このサービスでは、最新漫画だけでなく、最新の映画・ドラマ・週刊誌なども業界トップクラスで配信されています。 また、U-NEXTを利用するメリットとしては、• 最新雑誌が70誌以上が読み放題• 雑誌はスマホにダウンロードしておけるので、オフライン環境でも読めます• サービスを複数人で利用する事も可能• 無料で読める漫画が多数配信されている• 会員の方には、毎月ポイントがプレゼントされます• 立ち読み機能もあり、最新刊でも20~30ページ読める作品もあります• 発売されたばかりの最新刊を無料で読むことも可能 にあります。 何より、U-NEXTをオススメする最大の理由は、 31日間無料キャンペーンというとてもお得なキャンペーンを実施してからです。 U-NEXTの登録手順 U-NEXTの登録手順は、 簡単4ステップで登録完了!• まずは下記の公式ホームページにアクセスします。 そして『31日間無料体験』をクリックします。 必要事項を入力し『次へ』をクリックします。 無料キャンペーンとなりますが、クレジットカード情報を入力し、『送信』をクリックし、登録完了です! 空母いぶき ネタバレ 94話 まとめ P-1の低空飛行ですが、このタイミングで『空母いぶき』の新刊がこれ 笑。 — カリス TeamCaris 2019年1月25日発売のビックコミック掲載漫画『空母いぶき』最新話94話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした? 今回は、迎撃隊である池谷たちが戦闘に入りました。 これにより混戦状態となり、敵味方ともに戦況を把握できなくなってしまいました。 これを見た秋津は、この混戦こそが敵の作戦だと気づきます。 次回では、秋津が敵の作戦をどのように打破するかが鍵を握るのかもしれませんね。 スポンサーリンク.

次の

大ヒット作『空母いぶき』作者のかわぐちかいじが大病を経て得た「仕事観」 (1/2)

空母いぶき 12巻 ネタバレ

20XX年10月4日、3人の中国人男性が尖閣諸島のひとつ、南小島に上陸したのを契機に、この壮大かつスリリングな物語の幕が開きます。 救助に向かった海保特警隊員に対し、漂着した中国人男性は「ここは我が国の領土!! 俺たちは自国の救助を待つ!! 」と主張。 中国による尖閣諸島の武力占領作戦の火蓋が切って落とされるのです。 そんな中国の動きを阻止すべく、日本政府は自衛隊に史上初の防衛出動を命令。 そして、自衛隊初の空母「いぶき」の艦長・秋津竜太が率いる第5護衛隊群が作戦に乗り出します。 2019年に西島秀俊主演で映画化された本作。 『沈黙の艦隊』(講談社)や『ジパング』(講談社)のかわぐちかいじ先生作品だけあって、スケールは壮大で物語の展開はどこまでも緻密、そしてすべての登場人物がかっこいい……! さまざまな政治的意図がからみあい、作戦シーンでは専門用語が飛び交うため、最初は少し取っつきにくいかもしれません。 しかし、一度物語に入り込んでしまえば、そこからはノンストップ。 実現不可能にも思える試練の数々に立ち向かう、政治家や自衛隊員たちの勇気と知略が力強く描かれています。 また、実際の政治情勢にも通じるシビアなシチュエーションや自衛隊のあり方など、考えさせられることの多い作品であり、最先端技術を搭載した艦や戦闘機がぶつかり合う様に心躍る極上のエンターテイメントです!• Posted by ブクログ 2020年03月02日 艦隊シリーズの傑作、沈黙の艦隊に続くシリーズ。 日中関係が悪化した尖閣問題をとらえて、専守防衛を国是とする日本がいぶきを発艦させる。 島民の安全と国土の奪還を目的とした作戦が決行、政治と戦争、国民世論と海外との関係を、リアルな展開と描写で描く作品。 仕事をしている身では、総理大臣と艦長という2人の対比 的なリーダー像が物語を支えていることに気がつく。 理想からブレない、現場でもっとも難しいことだけど、それをいかにして成し遂げるか。 リスクと決断を常に求められるが、だれのために、で答えが変わる。 重さに耐えられる強さは、自身のためではない何かのためなのだという、メッセージだろうか。

次の