生理がこない 更年期 妊娠。 身体が変わる!閉経期、更年期に起こること

更年期の疑問 これって妊娠? それとも閉経?

生理がこない 更年期 妊娠

更年期に入ると、生理なのか生理じゃないのかわからない不正出血以外に 生理が終わらない、止まらない という症状がよくみられます。 私も経験者の1人です。 生理は来なければ来ないで気になりますが、それが10日も2週間も続けば逆に 「私の体どうしちゃったの???」 「この生理いつ終わるの???」 と非常に不安になります。 どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。 更年期に入って生理がいつまでも止まらない 今まで順調に定期的にきていた生理に更年期に入ると突然生理不順が起きたり、生理以外の不正出血などいろいろな生理を経て閉経に向かってゆきます。 更年期の生理は稀発生理になったり、頻発生理になったり長引くこともありますが、ほかの病気ではないとは言い切れません。 そこが厄介なところですよね。 一番の原因として考えられるのはやはり更年期によるホルモンの分泌バランスが崩れていることです。 更年期に生理が何日も続く場合には、排卵がないことが考えられます。 いわゆる無排卵月経です。 何日も生理が続けばそれだけ体内から血液が失われている、ということでもあり 貧血を起こしてしまうこともあるので、生理が10日以上続いたなら 婦人科に受診することが一番です。 更年期に生理の出血が止まらない場合に考えられる婦人病 更年期に生理の出血が止まらない、生理が終わらない場合に考えられるのは 【 子宮筋腫】です。 ただ、これも個人差があるようで、私の母が子宮筋腫でしたが 生理が長引く、出血が止まらないのではなく 生理の経血量が異常に多い日が3日くらい続き、生理は1週間程度で終わるというものでした。 が、1か月半に1度生理が来るという頻発月経になっていたようです。 次に考えられるのが 【 ポリープ】です。 ポリープは大きさや発症箇所・種類にもよりますが 軽度の場合には経過観察、ということで特に治療をせず様子を診ることとなります。 最近では内視鏡を使いポリープを切除する方法もあります。 内視鏡での切除は身体の負担も少なく入院も不必要なことから比較的、医師と相談し内視鏡手術でポリープを切除する女性も多いようです。 更年期の期間に生理による出血が止まらない、ということで医師に相談する場合 現状の生理がいつ来たのか、ここ数か月はどうであったか といったことが必要となります。 毎月、いつ生理が来ているのか、程度は把握しておきましょう。 できれば基礎体温をつけておくとなおよいですね。 生理が止まらない・終わらない 私の経験 つい先月、私も生理が2週間以上続くという経験をしました。 それまで生理はきちんと月に1度。 若干、生理周期が短くなってきたかな~??という程度でしたが それは突然きました。 生理予定日よりも5日ほど早かったので 以前、1度だけあった不正出血かな?と思ったんですね。 その時は不正出血がちょっとだけあって、以後出血はなく1週間後生理がきました。 なので、またそれかな~?と思っていたのですが 違いました。 最初は不正出血程度のものが10日ほど続きました。 その間に生理予定日があったので、ん~、、、、これは生理なのかな、、、、 悩みながらも経血量はその10日は本当に少ないものでした。 が、10日過ぎたころから、生理特有の腰の重さ、下腹部痛が起きてきて 経血量も生理と同じくらいになりました。 そしたらそれはそれで不安ですね~・・・ 「これ生理なのかな?この出血量がいつまで続くんだろう・・・」 と。 さすがにのんきな私も不安になったのですが、結局16日くらい出血があって終わりました。 こうなるとですね、基礎体温も何もあったものではないですね。 終わったはいいけど、次の生理はあるのか? いつくるのか? と思っていたら、生理が終わったちょうど1ケ月後にまたきました。 こうして更年期にはさまざまな生理が起こるものなのだな~と実感しています。 本当だったら婦人科に行くべきだったんだと思うのですが ついつい日数だけ過ぎてしまいました。 次にこのようなことが起きたら婦人科に行こうと思います。

次の

身体が変わる!閉経期、更年期に起こること

生理がこない 更年期 妊娠

更年期に関する映画やコマーシャルを見たことがあれば、更年期とは生殖機能が働きを終える長い期間だと思っているかもしれません。 ですが、実際のところ、更年期とは、周閉経期と呼ばれる長い移行期の後に生じる時期を指しています。 「周閉経期には生理が乱れてきますが、まだ生理はあります」 と、ボストン大学産科婦人科の助教授であるケイト・ホワイト氏は述べています。 生理は不規則になり、これまでとは違ってきます。 変化がやって来ることの兆しです。 」 更年期と周閉経期は生殖周期において自然なことですが、楽しいものではありません。 「患者さんに更年期について話すとき、私はよく、生理が不規則になること、けいれんが起こること、肌のトラブルがあることのほかに、10代のときに戻ったような感じがすると説明します」 と、ホワイト氏は述べています。 それでも、人生の次のステージに移行するこの段階で何が起こるのかを知っておくことで、その変化に対してしっかりと準備を整えることができます。 更年期とは? 更年期とは月経が終わる自然な生物学的過程です。 卵巣が生理の中心的な役割を果たすホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の生成を自然に止めるとこの時期がやって来ます。 エストロゲンとプロゲステロンが生成されなくなり排卵が止まるため、更年期は生理そして妊娠する能力の永久的な終わりと見なされます。 また、エストロゲンは骨を保護し、コレステロール値を正常に保つ重要な役割を担っているため、更年期を機に、女性の骨粗しょうや心臓病などの疾患のリスクが高まります。 更年期を迎える時期は女性によってさまざまですが、一般的には40代か50代でやって来ます。 アメリカでの平均年齢は51歳です。 生理が12ヵ月続けてこなければ、正式に更年期に達したことになります。 更年期に達するまでの移行期は周閉経期と呼ばれ、更年期の後の期間は閉経後と呼ばれます。 しかし、この3つの過程全体が単に「更年期」と呼ばれることもあります。 「診断されるとほとんどの人が『更年期』という言葉を使います」とホワイト医師は言います。 変化が終わったことを意味して「閉経後」という言葉を使う人もいます。 例えば、「可燃性」と「引火性」との間にあまり違いがないように、「更年期」と「閉経後」は同じようなことなのです。 変化の3つのステージ:周閉経期、更年期、閉経後 「閉経の経験は、電気のスイッチをオフにするようなものではありません」とホワイト医師は言います。 「更年期」と言う言葉は、3つのステージにわたって進む段階的な変化を意味するからです。 周閉経期 は、多くの女性が思っているよりもずっと早く始まることもあります。 通常は40代半ばから後半に始まります。 この時期には、卵巣が生成するエストロゲンの量が徐々に減り、最後の1~2年でその生成量は大幅に減少します。 多くの女性はこの移行期にはまだ定期的な生理があり、妊娠する可能性もありますが、何らかの症状(後述)を体験し始めます。 周閉経期は卵巣が完全に排卵を止めた時点で終わり、その時点で更年期が始まります。 更年期 は、卵巣が排卵を止め、エストロゲンをほとんど生成しなくなり、12ヵ月続けて生理がこなかった後の時期です。 閉経後 は、更年期の後の期間を指し、これまで経験してきた症状がおさまります。 閉経後の女性は、骨と心臓の健康を保つために重要な役割を果たすエストロゲンのレベルが低いため、骨粗鬆症や循環器系疾患のリスクが高くなります。 一般的な更年期の症状 更年期に関連する症状は、実際には周閉経期に現れ始めます。 女性は一人ひとり異なるため、その兆候や症状も異なる場合がありますが、通常それらの症状に共通する原因はエストロゲンレベルの低下です。 エストロゲンは身体のたくさんの場所でさまざまな機能のために使われるため、そのレベルが低下し、身体のさまざまなシステムがその影響を受けます。 生理の変化 :女性によっては、これが更年期が近づいている最初のサインとなります。 生理が長くなったり、短くなったり、重くなったり、軽くなったりします。 こうした変化は正常ですが、次のような場合や心配がある場合は医師に相談してください。 大量の出血がある• 不正出血(スポッティング)がある• 生理の周期が非常に短い• 生理が1週間以上続く• 生理が1年以上なかったのにまた始まった• ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ): エストロゲンレベルの変化によって、顔や胸部、もしくは体全体が突然熱く感じることがあります。 これはホットフラッシュと呼ばれています。 また、胸部、背中、腕に赤い斑点が出たり、大量の汗をかいたり、悪寒がするという女性もいます。 ホットフラッシュは、30秒から10分間続き、何度も起こったり(1時間に数回)散発的に起こったり(1週間に1~2回)します。 大量の寝汗をかくという女性もいます。 膣と排尿コントロールの変化 :エストロゲンレベルが低下するため、膣の乾燥によってセックスで不快感を感じる女性もいます。 膣や膀胱の感染症にかかったり、失禁(排尿コントロールの損失)により運動中、くしゃみや笑ったときなどに失禁したり、尿意切迫感を経験する女性もいます。 性欲の変化 :周閉経期や更年期に性欲が弱まる女性もいます。 一方、更年期が近づいたり更年期になると、性欲が強まる女性もいます。 更年期の後に妊娠することはありませんが、性感染症(STI)のリスクはあることを覚えておくことが重要です。 性感染症の感染リスクは、あなた以外の人とセックスしている相手とセックスすると高まりますので、自分自身を守る最善の方法について医師に相談しましょう。 気分の変化 :更年期に近づくとイライラしやすくなったり、気分のむらが激しくなるという女性もいますが、誰もがそうではありません。 身体の変化 :更年期に近づくと筋肉が落ちて脂肪が増えたり、筋肉や関節の痛みや凝りを覚える女性もいます。 女性は一人ひとり異なりますから、症状もまちまちです。 更年期症状を管理する方法 周閉経期や更年期の症状が日常生活に影響を与える場合、医師に相談すれば、ホルモンのレベルを安定させるための薬やホットフラッシュを抑える薬を処方してもらうことができます。 ただし、生活習慣を変えることで症状を管理できる女性もいます。 次のような方法を試すことができます。 ホットフラッシュが出始めたら脱げるように重ね着する• 瞑想、深呼吸、ヨガを行う• 症状を悪化させるアルコール、カフェイン、辛い物を避ける• ホットフラッシュのために小さな携帯型扇風機を購入する• サポートが必要な場合は、Fitbit アプリを使うことができます。 睡眠の目標、睡眠のスケジュール、就寝時のリマインダーなどの必要な機能のすべてが備わっています。 このような方法で生活習慣を変えても更年期の症状が緩和されず、気分のむら、性的な問題、排尿コントロール、その他の症状がある場合には、医師に相談してください。 This information is for educational purposes only and is not intended as a substitute for medical diagnosis or treatment. You should not use this information to diagnose or treat a health problem or condition. Always check with your doctor before changing your diet, altering your sleep habits, taking supplements, or starting a new fitness routine. Michelle is a San Francisco-based journalist, marketing specialist, ghostwriter, manatee enthusiast, and pop culture fiend.

次の

更年期に生理の出血が止まらない・生理が終わらない理由と原因

生理がこない 更年期 妊娠

自分の生理周期がどれくらいかわかると、妊娠の可能性を確かめやすくなります。 でも、案外自分の生理周期がぼんやりとしかわからないという人は多いもの。 まず、生理周期の数え方をおさらいしておきましょう。 生理周期とは増殖期(卵胞期)・排卵期・分泌期(黄体期)・月経期のサイクルのことです。 生理周期は人によって個人差がありますが、正常な周期は25~38日とされています。 毎月必ず同じ周期で生理になるという人は少なく、健康な人でも2、3日予定日がズレることは珍しくありません。 ストレスや睡眠不足などで1週間遅れることもあるので、妊娠ではなく単に生理が遅れているだけという可能性もあります。 このように生理周期は月によって変わることもあるため、正確なサイクルを知るにはスケジュール帳などで記録しておくことが大切です。 生理周期を何ヵ月分か記録しておき、平均的な生理周期が何日間か、また、遅れる頻度はどのくらいかといったことをチェックしておくと、いざというとき役に立ちますよ。 生理周期のどの時期が妊娠しやすいかを知っていると、性交渉があった時期と見比べることで妊娠の可能性を予測できます。 生理周期のうち、最も妊娠しやすいのが排卵期です。 排卵日は卵巣の中にある卵胞に脳下垂体からの指令が出て、卵胞が破れ卵子が腹腔内に飛び出す日のことです。 卵子が精子と出会って受精したのち、子宮内膜に着床すると妊娠が成立します。 卵子が受精できるのは12~24時間と限られていますが、精子は平均して3~4日、元気なものは5日も生きることができます。 排卵日の前後4~5日が最も妊娠しやすい時期だということがわかりますね。 一般に排卵日の前後のことを「危険日」と呼ぶのはそのためです。 排卵日は、基礎体温から予測することができます。 この基礎体温は普通の体温計よりも目盛りが細かい婦人体温計を使って計測します。 測るタイミングは、毎朝目が覚めたとき。 ベッドに入ったまま測りましょう。 普通、生理が始まってから14日間の低温期があり、ガクンと基礎体温が下がった後、14日間の高温期に入ります。 基礎体温が一度急激に下がってから上昇するのが排卵のサインです。 排卵期を「危険日」と呼ぶのに対し、高温期4日目から次の生理が始まるまでを「安全日」と呼ぶことがあります。 これはその期間が比較的妊娠しにくい時期だからです。 でも、安全日だからといって、絶対に妊娠しないわけではありません。 女性のカラダはとてもデリケートなので、少しの変化で排卵日がズレることがあります。 排卵日を特定するのは難しいので、いつでも妊娠の可能性はありえます。 妊娠したかもしれないと思ったら、妊娠の初期症状にどれくらい当てはまるかチェックしてみましょう。 妊娠初期とは妊娠4ヵ月までの時期のことですが、妊娠2~4週からカラダの変化を感じ始める人がいます。 ちなみに、妊娠週の数え方は少し複雑です。 妊娠前の最後の生理の週を起点として妊娠0週と考えます。 排卵が起きて受精するのが妊娠2週、実際に子宮内膜に受精卵が着床して妊娠が成立するのは妊娠3週です。 妊娠すると女性のココロとカラダにはさまざまな変化が生じます。 初期症状は月経前症候群(生理前症候群)(PMS)と似ていますが、いつもの生理前の症状より、胸が張る・イライラする・眠気が強いといった症状を訴える人がいます。 また、風邪とよく似ていて間違いやすいのが、カラダがだるい・熱っぽいなどの症状です。 妊娠5~6週からはつわりの症状も出始め、胃がもたれたり、においに敏感になったりします。 50~80%ほどの女性が妊娠初期の特徴であるつわりを感じます。 ただし、初期症状は個人差があり、出ない人もいます。 症状がないから妊娠していないだろうと自己判断するのは危険なので、きちんと経過を観察することが必要です。 妊娠中や授乳中に生理がストップするのは自然なことですが、それ以外の時期に生理が遅れるのは要注意です。 正常な生理周期は25~38日で、これより短かったり長かったりする場合は生理不順のサインです。 生理不順はストレスが原因で引き起こされることが少なくありません。 強いストレスにさらされると脳の視床下部や脳下垂体が影響を受け、女性ホルモンの分泌が抑制されがちです。 ストレスを減らすために、自分なりのリラックス方法を見つけておくことが大切です。 過度なダイエットも生理不順を引き起こします。 食事を抜くなどの極端なダイエットで栄養が不足すると、カラダは危機感を感じます。 生命維持を優先するため生理をストップさせてしまうのです。 健やかな生理周期を取り戻すには、栄養バランスの整った食事が欠かせません。 ダイエットをする場合は、間食を控えたり、適度な運動を取り入れたりして、健康的なダイエットを心がけましょう。 慢性的な疲れや冷えも避けるべき要素です。 疲れは女性ホルモンの働きを鈍らせ、ホルモンバランスを崩してしまいます。 また、冷えは血液の循環を悪くし生理不順を引き起こすことがあります。 冷たい食べ物や飲み物を控えることや、お風呂に入ってリラックスしながらカラダを温めるなどの工夫をしましょう。 妊娠しているかもしれないと思ったら、妊娠検査薬でセルフチェックしてみましょう。 一般的な妊娠検査薬は500円前後でドラッグストアで売られています。 病院の妊娠検査薬は精度が少し高めで3,000円ほどします。 一般の妊娠検査薬は、尿の中のホルモン量で妊娠しているか調べるシステムです。 妊娠すると女性の体内ではhCGホルモンが分泌され始めます。 このホルモンは尿の中にも出てくるようになり、生理予定日を1週間過ぎる時期には陽性反応が出るようになります。 もともと生理不順で生理予定日がわかりにくいという場合には、性交渉があってから2週間以上後に検査してみましょう。 直後の場合、まだhCGホルモンが陽性反応値に達していないことがあるからです。 妊娠検査薬の使い方は、尿採取部分に直接尿をかけることもできますし、コップなどに尿を入れその中に検査薬を浸す方法もあります。 スティック状になっている妊娠検査薬には検査が終了したことを示す終了窓と、判定結果が出る判定窓があります。 既定の判定時間を待って終了窓に線が出れば、判定が出たということです。 終了窓に線が出ない場合は尿の量が間違っていたということなので、新しい検査薬でやり直しましょう。 判定窓に線が出ていれば陽性、出ていなければ陰性です。 一般の妊娠検査薬の精度はかなり高いですが、検査時期が適切でなかった場合や、hCGホルモン濃度が不足していたなどの理由で正確な結果が出ないケースもあります。 妊娠検査薬の結果だけで判断するのではなく、医療機関での診察を受けましょう。 生理がいつもより遅れているなど、妊娠が疑われる場合にはまず生理周期と照らし合わせ、妊娠初期症状が出ていないかチェックしましょう。 妊娠検査薬を使ってセルフチェックすると安心です。 妊娠検査薬で陽性反応が出た場合は、出来るだけ早く病院に行く必要があります。 妊娠初期はとてもデリケートで大切な時期です。 妊娠しているなら早めに病院に行って、子宮外妊娠などの異常がないか確認することが必要です。 早めに妊娠に気がつくことができれば、トラブルがあった場合も対処しやすくなります。 検査薬だけでの判断は危険なので、陰性反応が出た場合にも、懸念点がある場合は病院に行くようにしましょう。 いずれにせよ日頃から生理周期を確認し、カラダの状態をチェックしておくと、妊娠にも早く気づくことができるでしょう。

次の